QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> インストルメンタルな名曲 > 【Re-Edit】 Say It (Over And Over Again) - John Coltrane 【60年代ジャズ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Say It (Over And Over Again) - John Coltrane 【60年代ジャズ】

【60年代洋楽ジャズの名曲】


Say It (Over And Over Again)






首都高速2号線を行き交うヘッドライトとテールランプの揺らめき。
滞ることなく、なだらかに流れゆく光彩の帯を眼下に見つめながら、
コルトレーンの奏でる豊潤なサックスの色香に包まれてみる――


僕がその職種を選んだ理由――

「幼い頃に見た、羽田空港の『誘導ランプ』の淡い光があまりにもキレイだったから」

きっとそれだけのことだ。

美術系と建築系――
そのどちらを専攻すべきかでは随分と悩んだが、
結局、建築学部を選んだボクは卒業と同時に、
躊躇うことなくライティングデザイナーの道を選択していた。


ずっと考えていたんだ。
「あらゆる人々をいっぺんに感動させられるものってなんなのだろうか」と。

ようやく辿り着いたひとつの答え。
それが「星空」だ。

降り注ぐ星々は、宇宙という広大なる存在そのものを示す輝き。
自らを光輝かせる恒星たちと、その恒星の光を映し出す惑星たちとで織り成される
偶然という名の奇跡の色彩を見上げるとき、人々は個々の存在であることを暫し忘れ、
「地球」という共通概念の元に一元化される。

オランダの哲学者、バールーフ・デ・スピノザが、
その著書『エチカ』にて定義した共通概念の、
最も高い普遍性をベクトル方向に探求してみた場合、
3次元ユークリッド空間上にその共有性を突き詰めていけば、
結局、最後は「地球」へと辿りつき、やがてそこで止まる。

誰も自らを「地球人」などとは呼ばない。
けれど、無数にきらめく星空を見上げた瞬間、
僕らは確かに共通概念としての「地球人」であることに気づく。



僕がその職種を選んだ本当の理由――

それは、限りなく星空の輝きに近いであろう人工造形物「夜景」。
きっと、そんなものを作ってみたくなったからだ。

「あらゆる人々を感動させられる人工的共有物」
それはきっと、偶然という名の奇跡の灯火が、
寄り集まって地上にきらめくこの街の明かりたちなのだろう……


東側の小窓から、赤々とした輝きを纏う東京タワーを眺める。
コルトレーンの奏でる都会的な音色の余韻と、たしかにその風景は
撹拌(かくはん)するように交じり合っている。

アルクール・カットされたバカラのタンブラーに
18年もののマッカランを薄く注ぎ込むと、
そのずっしりとした重みにいくらか心地よさを覚えながら、
グラスをそっと東側の小窓のほうに透かす。

いにしえのフランス貴族たちが目にした、
いっさい不純物のないピュアクリアな風景が、
この透明なクリスタルグラスの向こう側には、
煌々(こうこう)として揺らぎ続けていた。




【2012.05.16 記事原文】

さて。本日も、まもなく黄昏時を迎えようとしてます☆

とりあえず、そんな時間帯に一人で聴きたいナンバー♪
サックスの巨匠!ジョン・コルトレーンが1962年リリースの超名盤『Ballads』から、
彼の代表的なナンバー「Say It(Over And Over Again)」をチョイス♪

個人的には、サックスよりもマッコイ・タイナーのピアノにグっとハマりますねぇ。。。





Say It (Over and Over Again) - Ballads (Deluxe Edition)Say It(Over And Over Again) - ジョン・コルトレーン
アルバム『Ballads』 1962年



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。