QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【 70年代 洋楽の名曲 】 > 泣きたいとき > 【Re-Edit】 Let It Be - The Beatles 【70年代バラード】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Let It Be - The Beatles 【70年代バラード】

【Re-Edit】【70年代洋楽バラードの名曲】


Let It Be





I selected "Let It Be"
from 12th album "Let It Be"
of The Beatles released in 1970.



1970年の洋楽ヒットチャートから


こないだ別の小説ブログでちょっとビートルズねたを取り上げたんでね。
つい聴きたくなってしまいました。

UKでのラストシングルとなった「Let It Be」☆

Wikiによれば US&JPNでのラストリリースは
「The Long And Winding Road」だということですね。


彼らにとっては唯一 UKで70年代にシングルリリースされた作品ですけど
1970年のUKチャートではなぜか2位止まりだったんですね・・・

無論 ビルボードのシングルチャートではNo.1となってますけど♪



さて。
今さら四の五の言うまでもない この超有名曲☆

世代も年代も超えて 少なからず誰もが何となく知ってるであろう
洋楽曲の もしかしたらNo.1ソングかも知れませんよね。


ボクも今までは 何となく聴き流してただけだったんですけどね。

別小説の影響で 最近は後ろの演奏がやけに気になっておりまして
改めて アレンジという視点でこの曲を聴いてみたんですけど・・・

いやはや驚きますよねぇ。

1番はピアノの伴奏のみですけど2番に入ってからは
バックアレンジが絶えず変化していくんですねぇ。


特に リンゴ氏のリズムがこんなにも変化していたことに
今さらながらビックリしております。

2番に入ってから ハットの余韻を引きずり残すような
抑揚をつけた叩き方もスゴイですねぇ。

そんでもってサビ前のフィルインなんて すんごくイカしてますしねぇ☆


さて。

個人的な印象では 3番のAメロ2ターン目終盤の

" Mother Mary Comes to Me "

の際 あたまのピアノの音が 純粋なマイナーコードの
" Am " ぽく聴こえない気がしてたんですけど
ネットでコードとか見ても進行上は " Am " って事になってます。

まぁギターは " Am " 弾いてる感じしますけど
ピアノは一音だけ " Adim7 " っぽいセブンスのような音が
一瞬混ざる印象をずっと受けておりました。

まぁ 個人的には その部分の変化がすんごくイカしてると思ってたんですけどね。

どなたか知ってる方おられたら その辺の真相をご教示くださいませ☆






【2012.05.15 記事原文】

当ブログでは、これまでビートルズの名曲って1曲しか紹介してません。
(「I Saw Her Standing There」だけですね。。。)
まぁ、「今更ビートルズから選曲するのもなぁ~」ってのもどっかにあります。
それに「60年代だしなぁ・・・」という思いもチラっとあります。


でも、この曲って70年代にリリースされてたんですね。
※スイマセン。。。ビートルズにはウトいもので・・・

では、ビートルズ通算12枚目(13枚目?とも書かれてますが・・・)の
ラストアルバム『Let It Be』から最後のシングルとなった
タイトルナンバー「Let It Be」を選曲しましょう♪

時代を超越した超名曲なのは、もはや言うまでもありません。


※キリストではなくて、マリア様からのお告げを歌ったところが斬新だったのかな?


ちなみに。。。
ビートルズを全く聴かなかった訳ではありません。
ベスト盤は企画モノを含めてかなり持ってました。。。

でも、聴く曲はいつも数曲だけでしたがね・・・
まぁ、そのうちボクが聴くビートルズナンバーでも特集しますかね?
でも、あんまりヒネりはないでしょうね。。。このバンドの場合は・・・






Let It Be - Let It BeLet It Be - ビートルズ
12thアルバム『Let It Be』 1970年



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。