QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【未来に残したい日本の名曲】 > 恋する二人に捧ぐ > 【インスパイヤー】 魔法の鏡 / 荒井由実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【インスパイヤー】 魔法の鏡 / 荒井由実

【もしよろしければ、「魔法の鏡/荒井由実」をBGMにお読みくださいませ】


クレゾール石鹸液の匂いが、
力いっぱい張られたピアノ線みたいに、
透明な緊張感を絶えず感情の内側にもたらしている。

まだ嬉しそうに笑っていた頃のわたしと、
その隣で、わたしの左肩をはしゃいで抱いてる彼を見つめた。

彼との三年間の思い出を封じ込めた、なんてことのない、
けれど夢のように過ぎ去りし日々の記憶が、時間とともに切り取られ、
それはとても小さな平面空間のなかにあって、
こうして溢れんばかりの幸せな色彩をすぐ傍らに充たしていた。

三つ年下の妹からもらった木目のきれいなフォトフレームのずっと向こう、
淡いヴェールを編み込みながら白糸は、たゆたう波影の縁をそよめき、
ピュアブルーの海のみなもを、ダイヤモンドの粒たちが水平線まできらめいている。


ベッドに仰向けになったまま、
使い馴れた真鍮製の手鏡に映し出されるわたしを見つめた。
痩せたな……
そう思うほかには、外見上のさしたる変化を鏡のなかには探せなかった。


タクちゃん。
18年の人生に、わたしが残した二つの後悔を教えてあげるよ。

それは、「絶望」という足かせをはめられた、
こんなわたしが慰めるほど、いつだって動揺を隠せず、
病室で泣き伏す母の涙を全然消せないこと。

そして……あなたに嘘をついたまま、
あなたの前から突然姿を消してしまったことだよ。

でもね、わたしもすぐに治ると思ってたんだ。
タクちゃんの誕生日までには元気になってるつもりだったんだ。
だから「退院したら電話するね」って、あのとき笑っていったんだから。
タクちゃんに嘘をつくつもりなんてなかったんだよ。

今だってさぁ、全然信じられないし、まだ全然信じてないんだけど……
だけどね、なんだかわたし、もう退院できそうもないみたいなんだよ。

会いたいよ、タクちゃん……
ものすごく会いたいけど……

もし会えなくても、せめてタクちゃんの声だけでもいいからね、
聴きたいなっていつも思うんだけど……
どうしてもね、電話できないんだ。

だって、なに話していいのかなんて分かんないじゃん。

「春休みのディズニーランド、すごく楽しかったね」とか
「去年、伊豆の海で見た星空、ものすごいキレイだったね」
とかさぁ、なんだか全部が過去形になっちゃいそうで、
ものすごい嫌なんだよ。

だからね、おとといの夜、タクちゃんに手紙を書いたんだ。
そこにわたしの想いをね、全部書いといたから。

ホントは今日じゅうに、妹に渡してもらうはずだったんだ。
だけどあの子、部活で忙しいらしくってね。
たぶんタクちゃんのとこに届くのは、
早くてもあさってくらいになっちゃうのかな。

そういえば手紙なんて、
今までちゃんと書いたことなんてなかったよね。
だからきっと、それがさぁ、
最初で最後のわたしからの手紙になると思うよ。

わたしはね、本当はタクちゃんと、ずっと――――

と、突然、薄黄色のカーテンの向こうから声がした。

「お姉ちゃん、起きてる?」
小さな花束を抱えた妹が、ベッドの足元から顔を覗かせた。

「あぁ、キヨ、来てくれたんだ。もう遅いから今日はこないと思ったよ。そうそう、あの手紙さぁ」

「あっ、ちょっと待って」
妹のキヨミは、ニッコリと笑窪を浮かべると、小さな顔を引っ込めた。

まったくお見舞いに来るんだったら、
タクちゃんに手紙を渡しに行って欲しかったのに、
わたしはそういう風に思って少しだけムッとした。

そしてまた、ベッドの脇に置いてあった手鏡で、やつれた顔をぼんやり眺めた。

「読んだよ。手紙……」

「えっ」その声に思わず驚き見上げると、
制服姿のタクちゃんがそこに立っていた。

「だからさぁ、ちゃんと読んだから……手紙」

「どうして……」
わたしは一番想像していなかった現実に、
つい病気のことなど忘れていた。

「妹さんが学校の校門のとこにいてさぁ、そしたら『一緒に病院に来て』って」

タクちゃんは茶色い髪をかき上げて、窓際のほうへ歩いて来た。
近づくほどにタクちゃんの顔は滲んで見えなくなってゆく。

「タクちゃん……わたしね、もう……わたし」

タクちゃんはベッドの脇に座るなり、
わたしの右手から手鏡をそっと取り上げた。

「俺はね、後悔しないために……最後までお前と一緒にいたい。だからお前もさぁ」

タクちゃんは突然声を震わせ、
わたしの手のひらをギュウッと強く握りしめた。

「頼むから最後まで俺の彼女でいてくれよ。頼むから最後まで諦めないでくれよ……生きてる限り……」

そう呟くと、タクちゃんはわたしの右手を頬に押し当て号泣し始めた。
彼の泣き顔を見つめながら、わたしの胸元に詰まっていた様々な想いが……
タクちゃんと会わなくなってから、ずっと溜め込んできた哀しみの結晶が、
体から全部溶け出し瞳に溢れた。

あとどれだけ生きられるのかなんて分からない。

けれど、これまで一度も感じたことのない、愛しい涙の暖かさに、
わたしは生まれて初めて本当の恋を知ったのだ。

タクちゃん……ホントにいいんだよね。
じゃぁさぁ、甘えちゃうからね。

大変かもしれないけれど……
最後まで一緒にいてね。

わたしがこの世にいられる限り……
わたしが生きていられる限り……
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。