QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【未来に残したい日本の名曲】 > 夕陽が見えるホテルで > 時代遅れの恋心 - 大沢誉志幸 【バラードの名曲】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時代遅れの恋心 - 大沢誉志幸 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


時代遅れの恋心





1983年7月17日(日)



夕方――
ボクらは七里ガ浜の駅のホームで別れる。
単線のこの駅のホームへ先に到着したのはボクが乗る電車のほうだった。ボクたちは、扉が閉じる直前まで、ずっとホームで手を握り合っていた。なんだかどうしてもマレンの指先を簡単には手放すことができなかった。ホントは彼女が帰る鎌倉方面の電車を「ボクが見送る」っていったんだけど、彼女は少しだけ首を横に振りながら、こういった。

「じゃぁ、先にきたほうがさぁ。その電車に乗ろうよ」って――
やがて扉は静かに閉ざされていく。
ガラスの向う側で小さく微笑みながらマレンが手を振る。霧雨を降らし続けていた雲間からようやくこぼれ落ちてきた7月の太陽は、彼女の髪を夕暮れ色に染めてゆく。そう――いつだってマレンの長い髪は海風にそよぎ、青空と踊り、暮れゆくオレンジ色の夕陽を浴びながら光輝いていたんだ。

江ノ電はゆっくりと動き出す。
ホームで手を振るマレンが最後になにかを呟いた。3つに区切られたその彼女の唇の動き――はっきりと聞こえやしなかったけれど、ボクにはなんとなくわかった。もしかしたら違うかもしれないけれど、きっと彼女はこういったんだと思う。

【アイ・ラブ・ユー】って……

ボクが同じように唇を動かそうとしたとき、ひとりホームに佇みながら右手を振っていた彼女の姿は、緩やかなカーブの向こう側へと消えていってしまった――

「もしね……アタシたちが同じ喜びを感じていけるんだとすれば、アタシはもう、ほかにはなにもいらないんだ。だからね。アタシと同じくらい、カミュちゃんが2人で一緒に暮らせることに喜びを感じてくれているのならね。アタシはどんなところで暮らしたってホントにいいんだよ。

もしそこが、たとえ宇宙だって無人島だっていいの。

お金なんていらない。親友だっていらない……

カミュちゃんがいてくれるんなら、アタシはそれだけで全然いいんだから――」

さっきマレンがいっていた言葉が、ずっとあたまから離れずにいた。ボクはマレンと一緒に暮らせることに、果たして彼女と同じだけの喜びを感じられているのだろうか……

(彼女と2人で、ずっと一生暮らしていきたい)

ボクは本心からそう思えているんだろうか? でも、いまはそんなことなんてどうだっていい。とにかくマレンを、もうボクの前で泣かせたくないだけだ。お母さんの病気のことで悩み続ける彼女のことを、これ以上悲しませてはならない。もし、いまの彼女を喜ばせられるのならば、ボクはきっとなんだってできる。結婚だって……きっとできるさ――

ボクはウォークマンの再生ボタンを押した。こないだイトコの姉ちゃんから借りた中島みゆきの『予感』。このアルバムの2曲目に収録されている「夏土産」という曲のメロディが、いまだに心の奥のほうで、仄(ほの)かな余韻を残し続けている。カセットを早送りし「夏土産」のイントロを待つ。江ノ島駅を過ぎてしまうと、濃藍色に染まる湘南の海が江ノ電の車窓に映し出されることは、もうなかった――

「小学校時代に行ったスイミングスクールの夏休み合宿の帰りにね――」

穏やかな七里ガ浜の海に、数名のサーファーたちが浮かんでいる。マレンは彼らのずっと先にある水平線のほうを見ながらいった。

「あのときさぁ、帰りに電車が止まっちゃって、カミュちゃんのお父さんが夜、車で迎えにきてくれたでしょ。覚えてる? そのときカミュちゃんと、うしろの席でさぁ。アタシたち一緒のタオルケットで寝たんだよ」

マレンは、そういって笑った。

「そうだったっけ?」

「カミュちゃんのお父さんがね。そのとき1枚だけしかタオルケット持ってきてなかったから……結局、その1枚に一緒に包まって寝たんだよ」

「そういわれれば、なんとなくそんな気もするなぁ」

ボクはそういいながら、嬉しそうに潮風を浴びているマレンの横顔を見つめた。

「アタシね。そのときカミュちゃんと『いつか結婚したいな』って思ったんだぁ」

ボクのほうに大きな瞳を向けながらマレンはいった。

「え、あの合宿のとき? 2人で一緒に寝たからか?」

ボクは、少しだけ慌てながら訊ねた。

マレンは優しく微笑んだまま、首を横に一度だけ振った。

「ううん、違うよ――明け方ね、なんだかちょっと寒くって、アタシ、ふと目を覚ましちゃったんだ。きっとタオルケットが膝まで落ちちゃってたんだと思うんだけどさぁ。そのときカミュちゃんがね。アタシを起こさないようにしながらね。タオルケットをそっと肩までかけなおしてくれてたんだよ。そのときアタシ思ったんだ。『カミュちゃんは、きっとすごく優しいんだなぁ』って。こんな優しい人と、いつか結婚できたらいいなぁって……」

「だってさぁ、それってただ、タオルケットをかけなおしたってだけでしょ?」

と、ボクはマレンを見つめ返す。すると、マレンは乳白色の曇り空を見上げた。

「違うよぉ。アタシのことを起こさないようにしながらね、アタシに気づかれないように、そっと優しくかけなおしてくれたんだよ。そういう優しさっていうのはね。全然『だけ』なんかじゃないんだから……『カミュちゃんは誰にも気づかれないように、自然と優しさを出せる人なんだな』って……

だからカミュちゃんとね、『いつか結婚できたらいいなぁ』って、そのとき思ったんだ。その気持ちはね。いまも全然変わってないよ――ううん、これからだって、ずっと変わらないんだよ。絶対に……」

そういうと、マレンは大きな瞳を一瞬眩しそうに薄く閉ざし、そしてボクを静かに見つめて微笑んだ――





【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



時代遅れの恋心 - 大沢誉志幸 
セルフカヴァーアルバム『Collage』 1994年





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。