QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【未来に残したい日本の名曲】 > 恋する二人に捧ぐ > 【素敵なクリスマスのために☆】 隔たり - Mr.Children 【バラードの名曲】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【素敵なクリスマスのために☆】 隔たり - Mr.Children 【バラードの名曲】

【素敵なクリスマスのために☆】【邦楽バラードの名曲】


隔たり





ミスチルのナンバーからもう1曲☆

2005年にリリースされた12thアルバム『I ♥ U』 から
こちらも桜井氏ならではの歌詞だなぁ~と感じるバラードナンバー
「隔たり」をチョイス♪

結局のところ 恋愛感情を表現しようとすれば
大抵の場合 誰が作っても同じようなモチーフや言葉を選んでしまいます。
逆に 誰もまず選ばないキーワードも存在してる訳ですね。

例えば・・・まぁ男女間の自然な成り行きである「SEX」という行為。。。
ほとんどのアーティストは この最終過程を精密に歌詞化しておりません。
云わば「寸止め」な内容の歌詞ばかり・・・

結局は「抱きしめる」という言葉で これらの行為全て代弁させてしまいます。
せいぜい「裸のままで抱き合う」とかっていうのが精一杯でしょう。
※メジャーどころで言い切ってるのって岡村靖幸氏くらいでしょうかね?

桜井氏もそのまんまズバリの単語を使っていませんが
「コンドーム」というものをモチーフにした歌詞っていうのは
逆に それこそ他の邦楽作品ではボクは知りません。

桜井氏はエイズのチャリティの中心人物ですんで
当然ながら性行為というものを啓発する側からのメッセージを発信せねばなりません。
従って彼の歌詞に「コンドーム」が出てくること自体は特に違和感を覚えません・・・

が。この「隔たり」で歌われている内容は あくまで避妊をしない性行為。。。
すなわち薄いゴムによって双方に作られた「隔たり」を取り除く!
ことを歌っております。

もし歌詞というものが文学的芸術作品であるとすれば 人間の性的欲望を
露骨に描写する際にはどうしても避けられない内容が当然あります。
しかしながら邦楽界の歴史のなかで露骨な描写がタブー視されてきたのだとすれば
正直 もう古いんじゃない?という気もします。

オブラートに包んではいますが この「隔たり」はある意味で
すごく挑戦的な作品であると同時に 男女が恋愛感情の果てに
現実世界で着飾った理性を脱ぎ去れば誰もが必然的にそうなるであろう
行為を歌っただけのピュアな純愛ソングなんだろうなぁとは思います♪

従ってこの曲が「猥雑に聴こえるか?」といえば全くそうではなく
純粋に切なくも美しいラブバラードを書いたもんだなぁと感じるんですよね。。。


単に「君を抱きしめる」という安易な表現にばかり依存するのは
果たして誰に対する配慮なんだろう?
と思いますけどね・・・

最近のTeenはボクらが思ってる以上にアバンギャルドかつドライなんで
ぼやけた人間感情ばかりのキレイめなラブソングなどには共感などしてくれません。
まぁボクら世代向けなのであれば それでも良いですがねぇ・・・



隔たり - Mr.Children 
12thアルバム『I ♥ U』 2005年


関連記事
スポンサーサイト
ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://daisuke0927.seesaa.net/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)
[ 2012/12/23 11:07 ] [ 編集 ]
コメント御礼
ダイスケ 様

ご訪問&コメント頂戴しありがとう御座います☆
まぁとりとめも無い話をダラダラ書いてるブログですが
今後ともヨロシクお願い致します☆☆☆



[ 2012/12/23 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。