QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【未来に残したい日本の名曲】 > 若かりし日々の思い出 > 【素敵なクリスマスのために☆】 あおぞら - 椎名林檎 【ポップスの名曲】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【素敵なクリスマスのために☆】 あおぞら - 椎名林檎 【ポップスの名曲】

【邦楽ポップスの名曲】


あおぞら

↑ Pideo動画へリンク☆


さて。
私事ではありますが・・・
当ブログも間もなく開設から2000記事めを更新しようとしております☆

何度か挫折しそうになりながらも
良くもまぁ年内で達成出来たものだと・・・
※これが1998記事めなんでまだ達成しておりません。

あと3記事でちょうど2000記事となりますので
残り3曲は何を選ぼうか結構悩みました。。。

悩んだのですが・・・
特に記念になりそうな曲が浮かびません。
ですんで。とりあえず

・妙にボクの心に残ったメロディ
・今まで当ブログでご紹介していないアーティストの楽曲
・まぁクリスマスにもマッチしそうな曲


という観点からチョイスします☆

「今まで当ブログでご紹介していないアーティストの楽曲」となれば
おのずと著作規制の非常に厳しいアーティスト作品ってことになります。


まずは椎名林檎さんの作品からチョイス☆
林檎さんの作品も数年前からYではほとんど見かけなくなってきましたね。。。

彼女のアーティストとしてのスタンスって日本では非常に珍しいように思えます。
1st『無罪モラトリアム』と2nd『勝訴ストリップ』初期2作のアルバムが
ともに爆発的にヒットした彼女。

その気になればこの路線を継承しつつ
確実に売れるクリエイティビティを持ちながらも
どこか商業主義的な発想ではない方向性に敢えて向かったというのか・・。
まぁ。つまりは非営利目的な音楽を追求していったように思えます。

デビュー当時のセンチメンタルな繁華街の裏通り風音楽が好きなボクとしては
ちょっと残念な気もしますケドね。。。

さて。
初期の彼女のシングルはB面に隠れ名曲が多いのも特徴です。
※個人的にはA面よりも名曲だと思えるものも御座います?

そんな1曲が1999年にリリースされた4thシングル
「本能」のB面に収録された「あおぞら」☆

彼女の楽曲中、最も異色とも言える
キュートなボサノヴァ風のポップナンバーですが
なんだかすんごく印象に残ったメロディですねぇ☆

ちなみに・・・
ライブだとロック・アレンジで演奏されとりますね☆
でもやっぱり。。。ボクはオリジナル・アレンジのほうが良いです☆




あおぞら - 私と放電あおぞら - 椎名林檎 
ベスト盤『私と放電』 2008年



追記:

当音楽ブログを始めたときに比べれば
違法DL法だの何だの業界保護の動きが急加速し、
ボクが以前紹介した楽曲も相当数リンク切れしてるものかと存じます。

そうした市場のトレンドに関しては
何度か当ブログでも個人的見解を述べておりますので
この場では割愛させて頂きます。。。

さて。ボクのブログも同様ですが。
一応、多くの音楽ブロガーの方々はアフェリエイト登録をしておる訳です。
しかし当然ながら それで食べていけるような方は皆無に等しいでしょう。
ボクも2000記事を目前にしながらも
アフェリの収入はといえば・・・全くお話になりません。

では「何でこんなサイトを継続してるのか?」

と尋ねられたならば・・・

「名曲というものを歴史の中に埋没させないための個人的努力ないし趣味」

である。と答えるしかありません。

ボクのブロともをはじめとする多くの音楽系ブロガーが
日々、記事更新している大きな理由も
おそらくは同じなのではなかろうかな?
と勝手に思う次第です。


ひとつだけ確かであろうと思うのは。。。
全く昔の音楽を知らない人たちが
そういう過去の名曲に出会える場所というのは
断じてレコード業界を含む音楽関連サイトでは無いということです。
業界は過去にどんな名曲があったかなんてことは一切教えてくれません。

すなわち

「個人ブロガーたちの趣味によって名曲は守られてきている。」

法的にどうこうという話とは別にして
ボクは勝手にそう思っております。


これまで多くの方々から当ブログに対する講評を頂戴しました。
概ね好意的なご意見が多く そうした励ましに支えられつつ
どうにかこうにか本日までやってこれたので御座います。

いつも当ブログをご覧になってくださっている方々にも
この場をお借りして御礼申し上げます。
※まだ2000記事達成しておりませんケド・・・
関連記事
スポンサーサイト
おめでとうございます!
rakiさん
こんばんは!

もうすぐ2000記事、おめでとうございます!
後半の追記部分、まったくおっしゃるとおりですね!

前半の林檎さんの記事も同感です(笑)
私も椎名林檎さん、大好きだったです。
(最近は聴いてないので過去形です)
特に「繁華街の裏通り風音楽」の頃…
私は「歌舞伎町の女王」からファンになりました。

[ 2012/12/20 21:13 ] [ 編集 ]
Re: おめでとうございます!
ありがとう御座います☆

林檎さんが切り開いた演歌的な匂いのする場末風ロックと
ネオ・ジャパネスクでアングラな文学的芸術性というものは
追従する多くの二番煎じ的な女性アーティストを生み出した訳ですが・・・


まぁ出来ることならば「繁華街の裏通り風音楽」をまた聴きたいですね☆



[ 2012/12/20 21:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。