QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【 90年代以上 洋楽の名曲 】 > バラードの名曲 > 【Re×2-Edit】 The First Time - Surface 【90年代バラード】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re×2-Edit】 The First Time - Surface 【90年代バラード】

【Re×2-Edit】【90年代洋楽バラードの名曲】


The First Time





I selected "The First Tim"
from 1st album "3Deep" of
Surface released in 1990.



1991年の洋楽ヒットチャートから



1984年2月4日(土)

やがて、ボクたちは南口のバスターミナルの前で、細野と竹内カナエの2人と別れる。

去年の誕生日、

「どうもお待たせー!」

そういって、ワインレッドのフード付きコートに白い毛糸の帽子姿で、大きな紙袋を片手に抱えたマレンが自転車で姿を現した、駅前通りの暗がりのほうをなんとなくボクは見つめた。――

街灯の蒼(あお)く滲(にじ)んだ光彩がぼんやり寂しく路面に浮かんだ路地裏で、

「実は今夜ね、私、これからメイの家に泊まるんですけど」

ユカリはフロスト状に霞(かす)む言葉を純白のマフラーの上にくゆらせる。そして、彼女のうしろをメイと並んで歩くボクのほうを振り返り、

「シーナ君も、今夜一緒に泊まりませんか?」

ユカリは、楽しそうに「ニコリ」と笑った。

はじめて彼女と話した9月のあの日もそうだった。ユカリはメイになんら承諾も得ず、いきなりボクのことをメイの家へ一緒にくるよう誘ってきたんだ。

「だって家族の人とかいるんでしょ?」

冗談半分に笑いながらボクは白い息をユカリのほうへと吐き出した。果たしてユカリにそう訊いたのか、それとも隣で微笑むメイに対する問いかけだったのかはよくわからなかったけど。……(それにメイの兄貴、リケンだっているんだろうに、――)

「お母さんはね、今夜親戚の家に出掛けてるの。それにお兄ちゃんは最近、あまり家には帰ってきてないから」

薄いピンク色のマフラーを巻きなおし、メイは静かに微笑んだ。

「そうですよ! だからシーナ君がきたって大丈夫ですって」

ユカリは、相変わらずうしろを向いたまま「アハハ」と、可愛らしい声で笑った。

「けど、いくらなんでも、さすがにオレが泊まるのはヤバいでしょ」

ユカリの車椅子をゆっくり押しながら、ボクは隣を歩くメイの横顔を見つめる。

メイは少しだけ目を細め、北風が通り過ぎるのを待っていた。過ぎ去る風の音を見送ると、彼女は蒼い街灯の光に照らし出されたリップクリームの仄(ほの)かな光沢を唇に漂わせ、柔らかな口調でささやきはじめる。

「もしあとで帰りたくなったら、帰っても構わないからね、――今夜だけはもう少し、ワタシたちと一緒にいて欲しい。せめて日付が変わるまで、……シーナ君の誕生日が終わるまではね、みんなで一緒にいたいの」

メイにそういわれてしまったら、断る理由なんて見つけられやしない。

「私、もしかしたらお邪魔虫ですかね? でも、私も2人と一緒にいたいんです。たった1日だけでいいので、メイとシーナ君、――この3人だけで一緒の時間を過ごしたいんです」

そんなユカリのささやかな願いは、乳白色に揺らぐ薄霧の吐息となって真冬の空へ浮かんでいった。

「いったいどうしちゃったのさ? 2人とも」

なんだかボクは、ちょっとだけ恥ずかしくなった。

「去年、みんなが修学旅行へ行ってるとき、シーナ君と2人でデートしたでしょ? 本当はメイも『修学旅行には行かない』っていってたけど、結局、あのとき私が怒ってメイのこと、強引に行かせちゃったじゃない? 私もね、あの頃は少しだけ旅行に参加できなかったってことを悔やんだりしてたけど、でもね、……もしメイやシーナ君たちと一緒に行けないのなら、『修学旅行になんて行かなくてよかったな』って、そういまは思ってるんです」

正面を見つめたままユカリがつま先のほうへ、そう言葉を吹きかける。ユカリのか細い肩先へ、いたわるようにメイがそっと声をかける。

「ユカ、……そんなこと、――」

ユカリはメイの言葉を柔らかく遮った。

「もうすぐ私たち卒業しちゃうでしょ? でも結局、この3年間で、メイとシーナ君だけしかいなかったんだもの。――-私の車椅子を、ふたりきりのときに押してくれた人はね。――私、どちらかが一緒じゃなかったら、絶対そんな遠くになんか行けないなって思ったの」

ボクたちがなにもいえずにいると、ユカリは微笑みながら振り返る。そして、いつものイタズラっぽい表情で、ちょっと嬉しそうにささやいた。

「私にとってはね、シーナ君ってなんとなくお兄さんみたいで、メイって、なんだかお母さんさんみたいなんですよねぇ。だから、2人にはいつだって甘えたり、わがままいえたりしちゃうんですよ」

メイは、少しだけ口元を緩ませ、

「なんでワタシがユカのお母さんになっちゃうの? せめてワタシもお姉さんくらいにしてよ」

と、いって笑った。

「いや、絶対にメイはお母さん」

ユカリはそうささやくと、群青(ぐんじょう)の夜空、微かに片影(へんえい)を覗かす細い三日月を見つめた。

「ホントはね、いつまでもずっと3人で一緒に暮らしていけたら、すごく幸せなんだろうなぁって思うんです。もし、地球上に私たち3人だけしかいなくっても、――ううん、もし3人だけしかいなければ、きっとすごく幸せなんだろうって、本当にそんなふうに思えるの。別に三角関係って意味じゃないですよ。――シーナ君は、きっと私たちのことを一生守ってくれるだろうし、――メイもね、ずっと私たちのことを優しく見つめ続けてくれる。……まぁ、絶対に無理なんでしょうけどね。だけど、シーナ君やメイがね、私の家族だったら、どんなに幸せだろうって、ときどき本気で考えちゃうんです」

するとメイが「フッ」と笑って、うっすら閉ざした瞳のような三日月にささやいた。

「そうなれたら本当に幸せなのかもしれない」

ユカリの言葉を聞いてるうちに、なんとなく、そんな暮らしができるならボクもなんだかそれでもいいように思えてきたんだ。

「わかったよ、しょうがないからとりあえず今夜は妹が眠るまでは一緒にいるよ。考えてみればオレも修学旅行に行ってないんだしね、――じゃあさあ、3人で修学旅行気分でも味わおうか。枕投げでもしながら。ねぇ? お母さん」

そういってメイのほうへ笑いかけると、彼女は一瞬、少しだけ唇を尖らせてから、緩やかに微笑みへと変えていった。――


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】


【2013.04.06 記事原文】

さて。以前この曲を紹介したのは 去年の3月ってことなんで
ボクがこのブログを始めた当初ってことになりますね。

つまりは それだけ個人的な評価の高いバラードってことでしょう。

コンテンポラリー系のコーラスグループであるサーフェスが
1990年にリリースし 突如ビルボードのシングルチャートで
No.1を獲得したのが このスーパーメロウなバラードナンバー
「The First Time」でした☆

特に90年代初期には バブルに湧く恋人たちを
トロけさせるような スイートバラードの名曲が
数多く生み出されるんですけど まあこれも
そんなナンバーのひとつでしょうかねぇ☆




【2012.03.12 原文】


90年代のバラードソングからもう1曲!
まぁ、名曲に認定すべきかギリギリの線ですが。。。


サーフェスの「The First Time」をチョイス♪
こてっこての甘いナンバーっすが…







The First Time - サーフェス
1stアルバム『3Deep』 1990年(たぶん廃盤かな)





関連記事
スポンサーサイト
いい曲をありがとうございます
なんだか、妙にツボりました。
フフフ、消費材だな・・・と思いきや、な〜〜〜んか妙にひっかかります

なんだろう?
[ 2013/10/04 00:32 ] [ 編集 ]
Re:どなどな道夏 さま
こんばんは。
コメントありがとうございます☆
てっきりロック嗜好なお方かと勝手に思っておりましたが、(笑

まぁ、秋の夜長、雨音でも眺めつつ、ハニースイートなバラードも、
しっとりお楽しみいただければ幸いです☆
[ 2013/10/04 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。