QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【 90年代以上 洋楽の名曲 】 > バラードの名曲 > 【Re-Edit】 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代バラード】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代バラード】

【Re-Edit】【90年代洋楽バラードの名曲】


Save the Best for Last






1984年2月4日(土)

おそらくは、メイから借りたのであろうキャラクターがプリントされた薄いピンクのトレーナーとスウェットに着替え、まだ濡れた髪のままの倉田ユカリが杖をつき、先に一階の応接間へと戻ってきた。メイだって相当細いはずなのに、ユカリが着ると袖口やウエストまわりが、やけにダブついて見える。

「なんだかお湯が熱くって、ちょっとノボせちゃったみたいです」

ほんのりピンク色に頬を染め、ユカリがそういって笑う。

「李さんは? まだお風呂入ってるの?」

部屋の一番奥に置かれていた、去年はじめてメイの家にきたとき、無理やりユカリに弾かされたピアノの椅子の背もたれに右ひじをかけたまま、ボクはユカリのほうを振り返る。濡れた前髪を青っぽいバスタオルで拭いながら、

「せっかくだからシーナ君も私たちと一階にお風呂入ればよかったのに、混浴気分で」

と、ユカリはニンマリ笑って、そんな冗談をいった。

「あ~、そいつは残念だったわ。オレもね、さっきそのことでかなり悩んでたんだけどね。せめて2人を覗きくらいには行こうかなって」

椅子から立ちあがると、ボクは応接セットのテーブルへ向かい、オレンジジュースをグラスに半分ほど満たしてからユカリを見つめて、それをそっと差し出す。

「あぁ、ありがとう」

グラスを受け取ったユカリがソファへゆっくり沈み込む。しばらくすると扉が静かに押し開かれ、白いバスタオルで髪の毛を包んだメイが、少しばかりの恥じらいを口元に浮かべながら応接間へと入ってきた。

「お待たせ」

そんなのあたりまえのことだけど、彼女らの、ほんわか頬を火照らす白い素顔や、しっとり潤(うる)んだ濡れ髪なんて、いままで一度も見たことなんてあるはずもない。おもわずボクは照れてしまってメイから視線を逸らす。そしてまた、奥に置かれた黒いピアノを見つめる。――

あの日ユカリに促され、仕方なくこの場所でピアノを弾いてから、マレンを失い、虚ろな日々をぼんやり過ごしていたボクの生活は一気に変化していったのだ。

マレンに贈った曲の間奏の手前でミスってしまい、はにかみながらうしろを振り返ったとき、ボクはメイの瞳からこぼれ落ちてゆく透明な涙の雫(しずく)をはっきり見たんだ。あのとき、なんで彼女が泣いていたのかなんてこと、いままでまったく考えたことなどなかった。けれど、ボクは確かにあのとき感じたんだ。――

普段、感情の起伏をまったく表情に浮かばすことのなかったメイの閉ざされた心の奥のほうまで辿り着ける光のような音楽を、もし作ることができるのならば、きっとありとあらゆる人々の感情をも、音楽の力で揺さぶることができるんだろうなって。――そう、音楽だけは唯一、人の心の一番深いところまで光を射し込ませることができるんだ。って、はっきりと、あのときボクは感じてたんだ。

「シーナ君、なにか一曲弾いてくださいよ」

バスタオルをあたまに乗せながらユカリが、そういって笑う。

「さすがにもう遅いからね、それに倉田さんは明日、さんざんオレらのピアノ聴くことになるんだから」

ボクは深々と茶色いソファにもたれて微笑む。

「卒業ライブのときって、何曲くらいシーナ君が作った曲を演奏するんですか?」

ユカリは、つぶらな瞳をボクへと向ける。ボクはユカリの隣でオレンジジュースを口にするメイを見つめてささやいた。

「今回は、かなり演るよ。まぁ、メンバーの誰かがぶっ倒れるまでは、ね。だから李さんも覚悟しといて。明日の譜面作りも多分、相当大変になるだろうからね」

湿った艶やかな髪を指先でとかしながら、素顔のメイが静かに頷く。彼女は普段、教室でそれほど濃い化粧をしてるわけじゃない。せいぜいリップスティックで、きれいな形の唇を潤(うる)ます程度だろう。けれど、いつだってほかの子よりも大人びて見えるはずのメイが、なんだかいまは、ごく普通の15歳の少女にしか思えなかったんだ。――

玄関を入ってすぐ左にある応接間とは通路を挟んだ反対側に六畳ほどの客間があって、どうやらそこに布団が敷かれているみたいだった。すでに深夜の1時をまわり、さっきからユカリも半分目を閉じてしまってたので、そろそろボクは帰ろうと思った。

「えぇっ、シーナ君帰っちゃうんですか? 私たちと一緒に寝てかないんですか?」

と、ユカリは少々駄々をこねてたけど、どうやら彼女も眠気には勝てなかったようで、ボクが客間へ連れてくと、そのまま掛け布団のなかへ寒そうにしながら潜り込んだ。二階には、ちゃんとメイの部屋があるようだけど、どうやらメイも今夜はここでユカリと一緒に寝るらしい。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.12 記事原文】

ちょいと90年代で印象に残ったバラードを2曲ほどご紹介!

まずは、美しいメロディラインが心に残る名曲
ヴァネッサ・ウィリアムズの「Save the Best for Last」をどうぞ♪







Save the Best for Last - ヴァネッサ・ウィリアムズ
2ndアルバム『The Comfort Zone』 1991年


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。