QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【 70年代 洋楽の名曲 】 > 泣きたいとき > 【Re-Edit】 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代バラード】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代バラード】

【Re-Edit】【70年代洋楽バラードの名曲】


Falling





I chose "Falling" from Le Blanc & Carr's 1st album
"Midnight Light" released in 1978.



1983年9月13日(火)


ショウカの肩を、そっと抱きしめ続けるメイの姿をしばらく見つめていたボクは、何気なく、楼上(ろうじょう)の上から、建長寺の総門のほうへと目を向ける。すると、石畳の向こうから歩いてくるウチの制服を着たひとりの女子生徒の姿を高欄(こうらん)の、丸太の透き間に見つけだす。

(小山――ミチコ、か?)

山吹く風に、少しだけ天然パーマのかかった黒髪をゆるがせ、こちらのほうへ向かってくるミチコが、石畳の通路にそびえる山門の上層を見上げたとき、――楼上の回廊から彼女のことを見つめていたボクと目が合う。おもわず立ち止まり、驚きの表情を浮かべたミチコの小さな顔に、ほんのりと安堵の色が灯されたような、――なんとなくそんな気がしたんだ。

隣に座っていたメイが、ボクの僅(わず)かな顔色の変化に気づく。やがて彼女は、ずっとボクが見下ろし続けてる視線の先を、みずからの肩越しに辿っていった。

「ミチコ?」

メイがそうつぶやくとショウカも顔をあげ、瞳を潤ませたまま山門の下に佇むミチコのほうへ視線を落とした。


「ミチコたちのグループも、北鎌倉のほうへきてるのかしら」

静かにメイは、そうつぶやく。

「でもさぁ、ほかのヤツらがひとりも見当たらないんだけどね」

と、いって、ボクは立ち上がり境内を見渡した。

山門の上からずっと見られていることに、とうとう堪えきれなくなったのか、やがてミチコはうつむくと、ふたたび足早に歩きはじめた。楼上にいるボクらのちょうど真下をミチコが通り抜けようとしたとき、――

「小山さん!」

と、いきなり田代がミチコの名を大声で叫んだ。「ハッ」とミチコは驚き、おもわずその声を見上げる。いままでほとんど言葉を発することなく、ひとり離れて回廊の角に立っていた田代がミチコに声をかけた。――そのあまりに予想外な出来事にボクたちも驚き、みな一斉に田代の顔を見つめた。

「あのさぁ、……ダメかな。彼女をここに呼んだら」

と、田代は小さな声でいいながら上目遣いにボクらのほうを見返してきた。

「えぇっ! 別にほっとけばいいじゃん。ミチコのことなんて」

まだ、鼻をぐずつかせながらショウカがそう口を開くのと、ほとんど同時に、

「小山さん! ひとりなの? よかったらこっちにきなよ」

ボクは高欄(こうらん)から身を乗り出すようにし、ミチコに向かってそう声をかけた。

「ちょっ、ちょっとシーナ君、ミチコのことなんて、――」

まぁ、ショウカにしてみれば、中学に入ってから、ずっと学年中のヤツらにシカトされ、教室では毎日のように谷川らにイジめられ続けてるミチコのことなんて、『いまさら自分たちが気にする必要なんてない』と思うのは、当然のことなのかもしれない。そのことは否定しやしない。けれど、ボクはショウカの涙色に染まった瞳に、微笑みながらいったんだ。

「オレはね、もしかしたらキミにならわかると思ったんだけどね。『小山さんがどういう気持ちで、毎日学校に通っているのか』ってことをさ」

そして、なにもいわず、押し黙ったままボクらを見上げているミチコに向かってふたたび笑いかけた。

「キミさぁ、どうせ、ほかのみんなとはぐれちゃったんだろ? だったらオレらと一緒にくればいいよ。別にいまさらグループなんて関係ねぇんだから」

するとメイが立ち上がり、高欄(こうらん)に手をつくと、躊躇(ためら)うミチコを見つめた。そして、そっと唇を動かす。

「こっちにおいで。――ミチコ」

そう呼びかけると、古寂びた板張りの回廊に座り込むショウカの横顔にささやく。

「ショウカ、――ワタシたちが、もし同じことをしてしまったら、――ショウカが小学生の頃、クラスメイトたちからされたのと、まったく同じようなことをね、もし、いまワタシたちがほかの誰かにしてしまったとするならば、きっと『本当の正しさ』なんてものは、どこにもなかったってことになっちゃう」

メイの口調はいつもの通り冷静だった。だけど、微(かす)かな優しさを端々(はしばし)に漂わせている。

「ワタシたちが小学校の頃、学校でされてきたことを、もし『みんながしていたことのほうが正しかったんだ』って、肯定しちゃったら、ワタシたちが毎日、感じ続けてきたあの哀しみや悔しさを、『ホントはそんなこと感じちゃいけなかったんだ』って、否定しなければならなくなる。そんなの絶対に間違ってるでしょ? ワタシやショウカ、それに田代君がね、いまのミチコの気持ちをわからないはずなんてない。――あの頃、みんながワタシたちにしてきたことを、ワタシたちが誰かにしてはいけないと思う。――違う? ショウカ。アナタはあの頃、みんながアナタにしてきたことを肯定できるの?」



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】


【2012.06.25 記事原文】

「レニー・ルブラン」と聞いて知ってる人は結構なAORツウですね。

彼が70年代後半にピート・カーと組んだデュオ「ルブラン&カー」名義で
リリースした唯一のアルバム『Midnight Light』は、AORファンのあいだで
非常に評価の高い1枚とされております。

彼はソロ転向後、クリスチャン系ミュージックを中心とした
楽曲をリリースしていくことになります。

ボクは、昨日あたりからすっかりソッチ系の癒しサウンドに
浸っておりますです。。。まぁ、クリスチャン系SSWの作品には、
素人に毛が生えた程度のものも多いのですが、彼のサウンドは、
かなり高いクオリティを維持しておりますです。

さて。ひとつの謎がありまして・・・
ネット上でこのアルバムを紹介してる多くの方々が、リリース年度を
1977年としております。しかし、Wiki、Amazon、さらにはオフィシャルサイトでも
リリース年度が1978年となってますので、そっちを信じることにします☆
何が原因なんでしょうかね???

と思ってWiki読んでたら。。。
シングルヒットした「Falling」のリリースがきっと1977年なんですね。
ですんでアルバムリリースが翌年だった!ということならば納得です☆


ではルブラン&カーのアルバムから、まるで刹那に浮かび上がる愛の灯火のように
淡い涙を誘うメランコリックなバラードナンバー「Falling」をチョイス♪
なんでこんなにも切なくなるんだろう・・・と思ったらシチュエーションが冬だからか?



Falling - ルブラン&カー
1stアルバム『Midnight Light』 1978年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。