QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > スポンサー広告> 【未来に残したい日本の名曲】 > ノスタルジックな想い > 【Re-Edit】 スピーチバルーン - 大滝詠一 【バラードの名曲】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 スピーチバルーン - 大滝詠一 【バラードの名曲】

【Re-Edit】【バラードの名曲】


スピーチバルーン






1982年4月16日(金)


昨日の激しい豪雨は、幻だったのだろうか?

瞼(まぶた)を突き刺す春の陽射しに、ボクはぼんやり目覚めさせられてゆく。南側一面がガラス張りで大きく開放された教室の窓際に並んだ木製机の表面が、あまりにも艶やかにコーティングされているせいで、こぼれるほどに強烈な可視光線が机上ではねっ返り、部屋じゅうを眩(まばゆ)い白光で満たしている。

正確にはそれほど長い時間ではなかっただろう。昼食を終え、ウォークマンを聴いているうちに、どうやらボクは眠ってしまったようだ。まだ眩しさに慣れてない両目をこすり海のほうを眺めてみると、湘南海岸に沿って走る国道134号線は、相変わらず渋滞し続けていた。中学2年になってから教室が海側の3階に移動したせいなのだろうか? 濃い藍色の水面(みなも)を白銀に光輝かせている湘南の海の色味が、なんとなくいつも以上にキレイに思えた。――

隣の女の子がなにかをいっている。

「それ見つかったらヤバイよ」

ボクはボリュームを落とし、彼女の言葉に小さく頷く。彼女がいうよう、もし厄介な教師にでもバレたとすれば、どんな目に遭うのかなんて、なんとなくわかっていた。

「カチャッ」と、微かな金属音が響き、やがてカセットは自動的にリバース再生される。

しばらくしてから、大滝詠一が去年リリースしたアルバム『ア・ロング・バケイション(A LONG VACATION)』のB面に収録された「雨のウェンズデイ」のイントロが流れ始めた。ボクが小6のときに親から買ってもらった、山下達郎のアルバム『ライド・オン・タイム(RIDE ON TIME)』も、当時は相当に聴いていたけれど、この『ア・ロング・バケイション』も、このところ毎日のように、ずっとウォークマンで聴いていたんだ。

トロピカルなジャケットが物語るよう、このアルバムにはリゾートカラーが色濃く反映された楽曲が多数収められている。漠然とハワイへの憧れを抱き始めていたボクは、まだ見ぬ楽園の情景を、その流れゆく音楽のなかに描いたりしていた。――

そういえば、つい先月、大滝詠一は新たなユニットを結成し、ニューアルバム、『ナイアガラ・トライアングル・ヴォリュームツー(NIAGARA TRIANGLE Vol.2)』をリリースしたばかりだ。

(今日、学校から帰ったら買いに行こうかな)

そんなことを考えながらボクは窓の外に目をやり、雲の欠片すらも見当たらない仲春(ちゅうしゅん)の青い空をずっと見上げていた。

――ふと、誰かの視線を感じたような気がし、廊下のほうに視線を移すと、やがてひとりの少女と目が合う。南側の窓から射し込んだうららかな春の陽射しは、ちょうど彼女が座る机のあたりまでを柔らかく照らし出している。

ボクが少しだけ微笑むと、大きな瞳でボクを見つめたまま、彼女も口元に小さな笑みを浮かべた。その子とは中学2年ではじめてクラスメイトになったんだけれど、すでにボクは、ずっと前から彼女のことを知っていた。

海風に揺蕩(たゆた)うような「スピーチ・バルーン」の心地よいメロディが、ちょっとだけノスタルジックな気分にさせたせいかもしれないけれど、ボクはなんとなく、はじめて彼女と出会った日のことを思い出していたんだ。――


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.06.05 記事原文】

当時、中学生だったボクにハワイへの憧れを抱かせたのが
大滝詠一氏が1981年にリリースしたアルバム『A LONG VACATION』 です☆

果たしてジャケがハワイをモチーフにしたのかどうかは定かではない・・・
が、トロピカルリゾート感に溢れたそのジャケットは、アンスリウムの花とともに
数年間ボクの部屋に飾られ続けた。

そんなアルバムから一番好きだったナンバー「スピーチバルーン」をチョイス♪
大滝氏の音楽からボクの中で勝手なイメージが作られたハワイであったが、
初めて行ったオアフには・・・ちょい(ん?かなり)失望したものである。。。

ラハイナやヒロあたりならば、まだ当時のイメージに近いハワイがある気もするが。。。





スピーチバルーン - 大滝詠一 
アルバム『A LONG VACATION』 1981年



関連記事
スポンサーサイト
今日も暑いですね~
このアルバム、良い曲ばかりで私も当時かなり聴きましたよ♪

ホントにどれも良いですよね!

ジャケットのプールサイドの風景にも憧れましたv-301

[ 2013/08/11 14:56 ] [ 編集 ]
Re: 今日も暑いですね~

akko♡ さん☆

そうですわねぇ☆
いまの時期にしか聴けない、まさに旬な一枚だと思います☆
[ 2013/08/13 10:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【スピーチバルーン - 大滝詠一 【バラードの名曲】】
【バラードの名曲】スピーチバルーン当時、中学生だったボクにハワイへの憧れを抱かせたのが大滝詠一氏が1981年にリリースしたアルバム『A LONG VACATION』 です☆果たしてジャケがハワイ
[2012/06/08 10:57] まとめwoネタ速neo
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。