QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 2012年04月
-別アーカイブ  [ 2012-04- ] 

<< 前- |  2012-04-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Shake For Me - John Hammond with Duane Allman 【60年代ロック】

【60年代洋楽ロックの名曲】


Shake For Me


ちょい渋いとこからチョイス♪

たまたまデュアン・オールマンの『Anthology』を聴いてたもので・・・

ジョン・ハモンドwithデュアン・オールマンによる
ファンクなグルーヴが堪らないギターロックナンバー
「Shake For Me」をどうぞ♪





Shake for Me - Duane Allman: An AnthologyShake For Me - ジョン・ハモンドwithデュアン・オールマン
アルバム『Southern Fried』 1969年



関連記事
スポンサーサイト

ワンダーフォーゲル - くるり 【ロック】

奏 - スキマスイッチ 【バラード】







スキマスイッチの音楽を最初に耳にしたのは、
この2ndシングルとなった「奏(かなで)」をFMで聴いたときである。
久方ぶりに「いい曲だなぁ」と本気で思えた作品だった。


2000年以降に買った数少ない日本人アーティストのアルバム
『夏雲ノイズ』を、ある日の早朝、友人たちとのドライブ前に六本木TSUTAYAで購入し、
ついでにCDウォークマンのバッタ物とクルマ用AC電源をドンキで仕入れ、
車内で聴いたことを思い出す。



奏 - スキマスイッチ
1stアルバム『夏雲ノイズ』 2004年



関連記事

キレイだ - スキマスイッチ 【ロック】

キレイだ





2000年代に入ってからの国産バンド系アーティストでは
まず3本指に入るデュオ「スキマスイッチ」。

W-indsなるアイドルユニット?に提供した
スキマスイッチのロックチューン「キレイだ」をチョイス♪
※おっ!!でも・・・何気にW-indsってのも歌うまいなぁ!!


2005年リリースの『空創クリップ』に収録されているナンバーだが、
大橋卓弥の場合、レコーディングのヴォーカルエフェクトが極端に少ないので、
ライブで聴いたときにさほどギャップを感じない。


ライブになった瞬間、「誰?」って思っちゃうアーティストって実は結構多い・・・
ましてや、小さなライブハウスのマイクのクオリティじゃぁ、多分歌にすらならない・・・
そういう中ではホンモノですね。スキマスイッチの場合☆


このライブアレンジはベースが際立ってて実にクール☆



キレイだ - スキマスイッチ
メジャー2ndアルバム『空創クリップ』 2005年



関連記事

HABANA EXPRESS - 寺尾聰 【AOR】

HABANA EXPRESS


たしかボクが中学1年生のとき、何かの音楽ランキング番組(ザ・トップテンだったか?)
に出演し、後に大ヒットする「ルビーの指環」を初披露した寺尾聰氏。


翌日だったか、隣の女の子が「すごくいい歌だよね♪」
と言ったのを聞いてちょい驚いた!
その頃、相当にロック寄りだったボク的には、
特別何とも思わない曲だったからである。
※逆に「やぼったい曲だなぁ」と思ったくらいだ。


しかし、アルバムを含めて記録的な大ヒットとなったことを考えれば、
その女の子は確かな眼力を持っていたんでしょうなぁ。


ボクがアルバム『Reflections』をフルで聴いたのは、
20歳を過ぎてから。。。というより30歳手前くらいだったろうか?


あまりにも完璧なナンバーが揃っていて、
改めて当時の女の子の眼力に驚かされたのである・・・
間違いなく日本の音楽史に残る名盤でしょう。


では、アルバムの冒頭を飾ったラテン系アレンジのナンバー
「HABANA EXPRESS」をどうぞ☆



HABANA EXPRESS - 寺尾聰
アルバム『Reflections』 1981年



関連記事

MOON LIGHT STORY - Cornelius 【ポップス】

MOON LIGHT STORY



オザケンの1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』リリースの翌年、
コーネリアスこと小山田圭吾がリリースした1994年の1stアルバム
『THE FIRST QUESTION AWARD』から、
ボクが好きなナンバー「MOON LIGHT STORY」です♪


まぁ、このアルバムって「WHAT YOU WANT」みたいな
ハードなリフを押し出したナンバーもありますが、
全体的にロックというよりはギターポップサウンドの名曲が揃った名盤ですね☆


このアルバム聴いて、やっぱ「小山田のほうがスゴイのか!」と思いきや、
同年リリースされたオザケン2ndアルバム『LIFE』が大ヒットしちゃって。。。
残念ながら、コーネリアスの2nd以降は、あまりパッとしませんでした・・・

う~ん。。。
この両者ってライバルなのか何なのか良く分からない関係ですけどね・・・



MOON LIGHT STORY - Cornelius
1stアルバム『THE FIRST QUESTION AWARD』 1994年



関連記事

恋とマシンガン - Flipper's Guitar 【ポップス】

恋とマシンガン





オザケンは後年、スウィング系の音楽に向かった訳だが、
考えてみたら、フリッパーズギター時代の代表曲「恋とマシンガン」って、
モロにスウィングやらスキャットしまくってたわね☆


この当時、小山田圭吾のほうが後のオザケン寄りのサウンドへ
向かうんだろうなあと思ってたのだが・・・
ちょいギターロック方面に向かいましたな。
まぁ、それはそれで正解ではあったが。


恋とマシンガン - Flipper's Guitar
2ndアルバム『カメラ・トーク』 1990年



関連記事

指さえも - 小沢健二 【ポップス】

指さえも





90年代のジャパニーズポップシーンを席捲したオザケンこと小沢健二氏。
ん?彼ってボクと同じ歳なんだぁ・・・
たしか最近だったか、中野サンプラザで復活公演してたような・・・


まぁ、彼の場合2ndアルバム『LIFE』の大ヒットで一躍ブレイクしたが、
※個人的には1st『犬は吠えるがキャラバンは進む』も好きです☆
その後、何故かスウィング系の音楽へと向かっていってしまったですね。。。


少なくとも、コーネリアスよりもポップセンスははるかに上だったのに、
なんかものすご~く勿体ない気がします。


そんなオザケンのミディアムスローなラブソング
「指さえも」をどうぞ♪



指さえも - 小沢健二 1997年
関連記事

最後の雨 - 中西保志 【バラード】

最後の雨



カラオケ的に。中西といえば、圭三か保志を指します☆
ボクら世代でカラオケ行くと、中西保志氏の「最後の雨」を
歌って欲しいと言われることって結構あります。


まぁ結局、彼はこの歌くらいしかヒット曲がないのですが・・・

この曲が歌うところの男女間におけるシチュエーションってのは、
多くの女性の心に少なからず共感を与えてるのだろうなぁ~と思います。

しかしながら・・・
20代ならば出ていたであろう音域だが、
さすがにもう出ないだろうなぁ。。。。



最後の雨 - 中西保志
1stアルバム『VOICE PEAKS』 1992年



関連記事

手のひら - 中西圭三  【バラード】

眠れぬ想い - 中西圭三 【バラード】

THE BLUE BUS BLUES - 爆風スランプ  【ロック】

THE BLUE BUS BLUES


ぜんぜん爆風スランプが良いと思ったことはなかったのだが。。。

たまたま友人が聴いてたアルバムに入ってたこの曲はとても好き☆
まぁ、売れないバンド時代を歌ったものでしょうけど、誰もが通りそうな
若かりし貧乏時代が蘇る名曲「THE BLUE BUS BLUES」です♪


ホーンセクションとビートアレンジが良いですね♪



ボクも20歳そこそこで、金は無くても、な~んとなく面白かった
青春時代を思い返します。。。


以前はオリジナルver.がYになかったんで、
初音ミクver.を聴いてましたが・・・

そっちのほうが無くなりましたね。
結構、好きだったんですが・・・

オリジナルもUp後7ヶ月か・・・
微妙なとこですなぁ。。。削除されるかな?



THE BLUE BUS BLUES - 爆風スランプ
5thアルバム『HIGH LANDER』 1988年



関連記事

Tonight - 早見優 【ロック】

Tonight


Tonightといえば。。。
早見優さんを思い出しました!!
この曲はジャパニーズロックの名曲だと思いますね。


たしかNOBODYのプロデュースだった気がします。
ちなみに・・・オリジナルが見つからないんで、英語ver.です☆


まぁ。さすがバイリンガルなだけに、
English ver.も難なくこなしてますね☆


でも、当時は何とも思いませんでしたが、
早見優さんって、年齢とともに美しくなりましたなぁ☆


Tonight - 早見優 1985年
関連記事

I Did It For Your Love - Glenn Frey 【80年代バラード】

Second Hand Store - Joe Walsh 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Second Hand Store


イーグルスのジョー・ウォルシュが1978年にリリースした
5thアルバム『But Seriously, Folks』 から、
ウェストコースト系テイストを強烈に感じさせる名曲
「Second Hand Store」を選曲です♪


ジョー・ウォルシュ作品の中では、
ちょっと趣きが違う味わい深いナンバーですね。

しかし・・・ITuneってのは、なんで同じアーティスト作品でも
取り扱ってないアルバムが多いのだろうか?
レーベルの違いって訳でもなさそうだし・・・謎っす!!





Second Hand Store - But Seriously, Folks...Second Hand Store - ジョー・ウォルシュ
5thアルバム『But Seriously, Folks』 1978年



関連記事

The End Of The Innocence - Don Henley 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


The End Of The Innocence





グラミー受賞となったイーグルスのドン・ヘンリーが1989年にリリースした
3rdアルバム『End of Innocence』 からタイトルナンバー
「The End Of The Innocence」をチョイス♪

これでドン・ヘンリーもようやくグレン・フライに並んだか?
ん?ソロとしての実績は、やっぱグレン・フライのほうが上か???
何とも言えないところですなぁ・・・





The End of the Innocence - The End of InnocenceThe End Of The Innocence - ドン・ヘンリー
3rdアルバム『End of Innocence』 1989年



関連記事

Fooled Around and Fell in Love - Elvin Bishop 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Fooled Around and Fell in Love


かつてはジャズ寄りなブルースギターで、有名どころとセッションアルバム等をリリースしていた
エルヴィン・ビショップのヒットナンバー「Fooled Around and Fell in Love」♪
ミディアムスローのオーソドックスなアメリカン・ロッカバラードです☆


名盤とされるマイク・ブルームフィールド&アル・クーパーとのセッションアルバム
『The Live Adventures』も聴いた気がするケド・・・
印象にありません。。。



Fooled Around and Fell in Love - エルヴィン・ビショップ
6thアルバム『Struttin' My Stuff』 1975年




関連記事

The Smile Has Left Your Eyes - Asia 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


The Smile Has Left Your Eyes


エイジアの2ndアルバムから、中期クィーンのバラードっぽい
美しいメロディが清々しい気分にさせる「The Smile Has Left Your Eyes」♪

エイジアは、やっぱ1stアルバムの『Asia』が良すぎたせいか、
やっぱリリース毎にエナジーが薄れていく印象は拭えませんがねぇ。

でも80年以降のバンド系バラードソングの中では、この曲はかなり良いす☆

ちなみに・・・デリモには、まだ今のところPVありました。
でも・・・デリモはLodingが遅過ぎですね。






The Smile Has Left Your Eyes - AlphaThe Smile Has Left Your Eyes - エイジア
2ndアルバム『Alpha』 1983年



関連記事

世界でいちばん頑張ってる君に - HARCO 【ポップス】

世界でいちばん頑張ってる君に





まぁ、2000年代のジャパニーズポップスで一番メジャー?なのは、
やっぱこの曲でしょうね。
万人が聴いたことあるフレーズという意味では。。。ですが(笑)


さて。
某自動車のCMで使用されたHARCOの「世界でいちばん頑張ってる君に」。
もしボクが結婚式で歌うなら、この歌かなぁ・・・

何気に歌詞も素晴らしい!!
素直に名曲だと思います☆


※スイマセン。。。
90年以降の曲は聴いていない的な発言を以前したよぉな気がしますが、
聴くには聴いてます・・・ただし、2000年に入ってから以降で、
音楽作品を購入したことはあまりありません。



世界でいちばん頑張ってる君に - HARCO
アルバム『Portable Tunes』 2006年



関連記事

同じ空を見てた - 染谷俊 【バラード】

Turn The Beat Around - Vicki Sue Robinson 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Turn The Beat Around





70年代半ばから女性アーティストによるディスコソングが
大ブレイクし始めます。

その当時の楽曲は、最近でもCM等で使用されてますので、
皆さんにも馴染みの曲が多いと思います。


そんな中から、ベースラインとリズムアレンジが超クールだと思うナンバー
ヴィッキー・スー・ロビンソンの「Turn The Beat Around」をチョイス♪
まじでカッチョイイ。。。ヴォーカルもすごい!!!



今のダンス系と称される方々には、是非とも
こういうファンキーでグルーヴィなチューンを作ってもらいたいもんす・・・


Turn The Beat Around - ヴィッキー・スー・ロビンソン
1stアルバム『Never Gonna Let You Go』 1976年



関連記事

Top Of The World - Carpenters 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Top Of The World





当ブログで、かれこれ数百曲の名曲を出しておいて、今更ながら
カーペンターズの「Top Of The World」を選曲です☆

この曲を初めて聴いたのは、たぶん小学校3~4年の頃、
ボクの記憶が確かならば「メッツ」というドリンクのCMで流れてたような・・・
※間違ってたらスイマセン・・・


この曲のすごいところは、ものすごくハッピーなオーラを発散してるところ。
たぶん、よほどスレまくってない限り、誰もが幸せになれる曲ではないでしょうか?

正直、今聴いても泣けそうになります。(ん?)
いやぁ・・・懐かしさのあまり、泣けそうになります☆

この曲が出てしまったら、当サイトの
ポップスの名曲ランキングを更新せねばならんでしょうね。





Top of the World - A Song for YouTop Of The World - カーペンターズ
4thアルバム『A Song for You』 1972年



関連記事

Waterloo - ABBA 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Waterloo


アバが1974年にリリースした2ndアルバム『Waterloo』から、
アップテンポなビートがノリノリで心地よいアルバムタイトルナンバー
「Waterloo」をどうぞ♪


まぁ・・・この当時のアーティストのベスト盤や企画盤をこぞって
各レコードレーベルはリリースしまくっている訳であるが、
当時、ベスト盤なんてのがほとんど出ていなかった時代、
さらには当然ながら曲の視聴なんて出来なかった時代に、
ボクらは少ない小遣いで、高価なアルバムをそれこそ真剣勝負で買っていた。

無論、ハズレたときの衝撃は計り知れないものがあった・・・

でも、そういうアーティストとリスナー間における
ある種の信頼や裏切り?みたいな関係こそ本来あるべき姿勢だったと思う。
「次ダメならもう買わない!」みたいなノリでしょうか?

※まぁ情報社会の現代では成立しない関係であろうが・・・


だからこそ、ボクはベスト盤に含まれない「隠れ名曲」を非常に重視する。





Waterloo - Waterloo (Remastered)Waterloo - ABBA
2ndアルバム『Waterloo』 1974年



関連記事
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。