QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > ポップス・AORの名曲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit/3rd】 いとしのシェリー - ムービング・ピクチャーズ 【80年代ポップス】

【Re-Edit/3rd】【80年代洋楽ポップスの名曲】


Sweet Cherie





I selected "What About Me"
from 1st album "Days of Innocence"
of Moving Pictures released in 1982.




Epi-23 

1983年8月7日(土) 中学3年の夏休み
 夕方の午後5時過ぎ、

 不思議と人の気配が薄れてしまった夕暮れどき。あらゆる物音は、かげろうのように揺らめきながら、そこらじゅう存在してはいるけれど、 降り注ぐ太陽熱に溶かされて住宅街の風景とすっかり融和しているみたいだ。 ――
 
 日暮れのビーチに残されたサンオイルのねっとり人工的でどこか不自然な甘み、草木の吐き出す真新しい息吹きや生き物たちが蠢(うごめ)く微かな余香。――それらが複雑に交じり合いつつ調合されて、一斉に大気へ放出されてるせいなのだろうか? この季節の風にだけは、唯一「夏色」とでも呼ぶべき青く滲んだ光の色味を感じ取ることができるような、――そんな気がする。

 小学校のときクラスメイトだった佐藤マキコとは、中学3年になってからふたたび同じ教室のなかで出会う。川澄マレンも顔立ちがすごくはっきりしてたけれど、佐藤マキコは小学生の頃から外国人のように透き通る色白の肌と大きな二重まぶたがものすごく印象的な女の子だった。

 それに「フワッ」と天然カールした金に近い茶色い髪を授業中、うしろに束ねている様は、まるでどこか英国あたりのテニス好きな令嬢のようでもある。
 
 去年の夏休み、中学に入ってからは一度も同じクラスになったことのない、……いや、ほとんどまともに会話すらしていなかったマキコから突然電話がかかってきて、

「どこかへ遊びに行こう」

 と誘われたことがある。――ボクが覚えている限り、それがマキコからもらったはじめての電話だったろうと思う。そのときはまだ川澄マレンとつき合ってたんで、結局どこにも行ってはいないが、そんな誘いの電話からちょうど一年が過ぎようとしていた今日の夕方、昼寝をしてると、ふたたび彼女から電話がかかってきた。

「盆踊りを見に行かない?」

 マキコはそう切り出すと、一年前に受話器の向こうでささやいた台詞を少し変化させながら最後に笑ってこういった。


「マレンと別れたんなら、もう遊びに行っても怒られないでしょ?」って。――

(そういえばクラスは違ったけど、マキコもマレンのことは小学校の頃から知ってるんだよな)

 寝ぼけながらボクは、つい、

「べつに行ってもいいんだけどね、……」

 って、答えてしまったもののあまり気乗りはしていなかった。

(っていうか、はたしてマレンとは、完全にもう別れてしまったのだろうか? ……)

 佐藤マキコのことが嫌いなわけではないけれど、ボクの心のなかはまだマレンの面影の欠片(かけら)ばかりで満ち溢れてしまってたんだ。しかも激烈な後悔の余情を伴いながら、……
 
 きっといまならば「はじめて誰かを失ってしまった」喪失感をボクに残して去っていったマレンに伝えられる言葉なんていくらでもあるんだろうな、とは思う。――――



 1983年9月2日(金) 中学3年の二学期
 5時間目の授業が終わる頃、

 オーストラリアのバンド、ムービング・ピクチャーズが去年リリースしたデビューアルバム『デイズ・オブ・イノセンス(Days Of Innocence)』の7曲目に収録された「いとしのシェリー(Sweet Cherie)」のエンディングフレーズがフェードアウトしていった。――

 ウォークマンの停止ボタンを押すとヘッドフォンを外し、ボクは南側の窓から晴れ渡る空を見つめた。
(しかし、昨日降った大雨はすごかったな。あの雨で、一瞬のうちに街の汚れがすべて洗い流されてしまったような気がする)

 このアルバム自体、まともに最後まで聴いたことなんてないけれど、中2のとき、ラジオから流れてきた「いとしのシェリー」を、はじめて聴いたマレンが、

「この曲ってさぁ、なんだか、すごくせつなくなる曲だねぇ」

 と、やけに気に入ってたんで、なんとなくLPを買ってみたんだ。たまたま今朝、カセットを選んでるとき、ふと、そんなマレンの言葉があたまをよぎった。そして、最近ほとんど聴くこともなくなってたこのアルバムのカセットを、ケースの奥のほうから探し出し、ウォークマンに挿し込んだんだ。――





【2013.05.10 記事原文】

オージー系ロックバンドであるムービング・ピクチャーズが
1982年にリリースしたUS1stアルバム『Days of Innocence』 ☆

ボクがこのアルバムを買った最大の理由は・・・
単にこの曲が聴きたかったからですねぇ☆

「Sweet Cherie」

まぁ今聴けば何てことない気もしますけど・・・
やはり当時の思い出のシーンと併せて記憶された曲って
どうしたって心に深く刻まれててしまうもんですわ♪


このアルバムジャケットって
当時 " ベストヒットUSA " で良く見た気がするんですけどね。

この曲自体は ビルボードチャートにランクインしてなかったんですね・・・

まぁ 確かにベストヒットって
「ラジオ&レコーズ」のチャートがベースだったんですけど

はて? 

この曲ってソッチのチャートではランクインしてたんだろうか???


まぁ どうでも良いです。。。


いずれにしたって 「Sweet Cherie」のイントロが流れると
この曲のメロディの中に染み込まれた中2のときのセピアカラーな思い出が
心の中に蘇り 何だか鼻の奥をくすぐられるような 
そんな郷愁の想いに駆られてしまいます・・・




【2012.03.21 記事原文】

軽~い演奏なのに ちょいギャップのあるシャウトめなヴォーカル。
何となく印象に残ってたのでムービング・ピクチャーズの
「Sweet Cherie」をご紹介しておきます。

どことなくチェッカーズのナンバーっぽくも聴こえるケドねぇ。




Sweet Cherie - ムービング・ピクチャーズ
1stアルバム『Days of Innocence』 1982年

スポンサーサイト

Twist of fate - Olivia Newton-John 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Twist of fate





I selected "Twist of fate"
from Soundtrack album "Two of a Kind"
of Olivia Newton-John released in 1983.



1984年の洋楽ヒットチャートから


オリビア・ニュートン・ジョンさん&ジョン・トラボルタ氏が
1978年公開の『Grease(グリース)』以来、ふたたび競演を果たした
1983年の映画『セカンド・チャンス』の主題歌でオリビアさんが歌い、
ビルボードのシングルチャート最高5位を獲得のナンバー
「Twist of fate」をチョイス☆

なんとも80’sなエレクトリック系ダンサンブル・チューンですけどもね。
ライティングを手がけたのは、かのデイヴィッド・フォスター氏なんでござんす♪


ちなみに・・・
映画のほうの興行収益は相当に悲惨だったようで、
Wikiを引用すれば

”この失敗はトラボルタのキャリアにも影を落とし、
のちの『パルプ・フィクション』(1994年)で
再浮上を果たすまで約10年の歳月を要している”

ということのようですな。
オリビアさんのほうも・・・
コレ以降、主役級での出演はないようで。。。

まぁ、仕方ないっしょ☆



Twist of fate - オリビア・ニュートン・ジョン
オリジナルサウンドトラック『Two of a Kind』 1983年


You Got Lucky - Tom Petty and the Heartbreakers 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


You Got Lucky





I selected "You Got Lucky" from 5th album
"Long After Dark" of Tom Petty and the Heartbreakers released in 1983



1983年の洋楽ヒットチャートから


70年代中期にデビューし アメリカ音楽シーンに
多大な影響を与えてきたトム・ペティ氏☆


彼率いる トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが1983年にリリースした
5thアルバム『Long After Dark』から ビルボード シングルチャートで
最高20位のスマッシュヒットを記録したエレクトリックポップナンバー
「You Got Lucky」をチョイス☆

アンニュイなシンセコードが異様に目立つ一曲ですわねぇ・・・

ボク自身 70年代音楽を聴くようになり始めた30代後半から
かなりのアーティスト作品は聴いてきたつもりなんですけど
重鎮のひとりであるトム・ペティ氏の作品に関しては
ベストアルバムを一枚だけしか持ってませんでしたね。

まぁ・・・個人的な嗜好からすれば
彼の声色が何となく好きではないもんでしてねぇ;;;




You Got Lucky - Long After DarkYou Got Lucky - トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ 
5thアルバム『Long After Dark』 1983年



Lawyers in Love - Jackson Browne 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Lawyers in Love





I selected "Lawyers in Love"
from 7th album "Lawyers in Love"
of Jackson Browne released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


70年代アメリカ音楽シーンで最も重要な役割を果たした
SSWのひとりであるジャクソン・ブラウン氏☆

彼が70年代にリリースした5枚のアルバムまでは持ってますけど
80年代以降の作品は ほとんど聴いた覚えがありません。


まぁジャクソン氏の曲っていうのは
基本 ピアノ一台あれば弾き語り可能な曲でなくっちゃぁアカンていう
個人的主観がありますんでね。。。

あまり時代のトレンドに迎合して欲しくもなかったんですけども・・・

1983年にリリースした7thアルバム『Lawyers in Love』の
タイトルトラックにしてビルボードチャートで最高13位の
スマッシュヒットとなったナンバー「Lawyers in Love 」をチョイス☆



アメリカの陰に吐息を吐き出すような哀歌を得意としてきた
彼の作品を聴き慣れたボクらには 違和感を感じるくらいに明るいナンバーっすね;;;




Lawyers In Love - Lawyers In LoveLawyers in Love - ジャクソン・ブラウン
7thアルバム『Lawyers in Love』 1983年



Take Me to Heart - Quarterflash 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Take Me to Heart





I selected "Take Me to Heart"
from 2nd album "Take Another Picture"
of Quarterflash released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて・・・この前曲で
なしてキム・カーンズ女史の「Bette Davis Eyes」を再登場させたかというと。。。

何となくこの曲にイントロイメージが似てるってことをですね。
まぁ言いたかっただけっつのか・・・



80年代前半 ロス夫妻を中心に結成された
アメリカのロック系バンドのクォーターフラッシュ☆


そんな彼らが1983年リリースの2ndアルバム
『Take Another Picture』からビルボードのシングルチャートで
最高12位まで上昇した「Take Me to Heart」をチョイス♪

でも 正直 彼らの楽曲は1981年にリリースされたデビューシングル
Harden My Heart」しか知りません・・・

な~んとなく名前が似てるんで てっきり同じ曲かと思ってました;;;


さて。。。この曲を聴いた第一印象としては・・・

キム・カーンズ女史の「Bette Davis Eyes」と
スティーヴィー・ニックス女史の「Stand Back」を
足して2で割ったような感じ?っていうような・・・

まぁ「Stand Back」に関しては同じ1983年リリースですんで
どっちのリリースが早かったのかまでは判りませんけどね。。。

いずれにせよ80年代を代表する女性シンガーの
全米N0.1ヒット曲に似てれば。。。そこそこ売れるんでしょうけどね☆



Take Me to Heart - クォーターフラッシュ
2ndアルバム『Take Another Picture』 1983年





【Re-Edit】 Bette Davis Eyes - Kim Carnes 【80年代ポップス】

【Re-Edit】【80年代洋楽ポップスの名曲】


Bette Davis Eyes





I selected "Bette Davis Eyes"
from 6thalbum "Mistaken Identity"
of Kim Carnes released in 1981.



1981年の洋楽ヒットチャートから


別の曲を紹介しようと思ったんですけどね。。。

何となく 気分的に・・・

70年代中期デビューのキム・カーンズ女史は
2000年代までシングルリリースを続けていくんですけどね。。。


唯一突然変異的にこの一曲のみが
1981年 ビルボードのシングルチャートでNo.1を獲得いたします☆
「Bette Davis Eyes(ベティ・ディビスの瞳)」♪


無論 当時のトレンドを考えれば
絶対売れるんだろうとは思えるサウンドアレンジですけどね。。。

ホントWikiとかのディスコグラフィを眺めてみると
この曲だけ ポッカリ?一桁ヒットが含まれてるって感じっす;;;



【2012.03.29 記事原文】

80年代に入り、突如として洋楽チャートを駆け上がった
キム・カーンズ唯一のメガヒット「Bette Davis Eyes」を選曲です♪


まぁ、キム・カーンズ=この曲
みたいな方程式があるので、曲選びに迷うことはありませんが、
そこまで売れるか?と思うくらいに大ヒットしましたね。


面倒くさそうに歌ってるよぉな倦怠感が良かったのか、
はたまた酒焼けしたかの如くザラついたヴォーカルが
とてもセクシーだった!からなのかは分かりませんが・・・






Bette Davis Eyes - Mistaken IdentityBette Davis Eyes - キム・カーンズ
6thアルバム『Mistaken Identity』 1981年



I'm Still Standing - Elton John 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


I'm Still Standing





I selected "I'm Still Standing"
from album "Too Low for Zero" of Elton John released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


エルトン・ジョン氏 1983年のアルバム『Too Low for Zero』から
シングルカットされ ビルボードのシングルチャートで最高12位を記録した
ダンサンブルなビートポップ「I'm Still Standing」をチョイス♪

まぁ エルトン氏って メロディアスポップ系シンガーかと思いきや
やっぱ根底には ロックスピリッツみたいなものが
何とな~く流れてるんでしょうねぇ。

シャッフルビートっぽいアップテンポなリズムが心地いいっす。

でも メジャーコードのR&Rが 一転してサビでマイナー調な
メロに変化するってのには さすがにち~とばかり意表を突かれますな☆



I'm Still Standing - トゥ・ロウ・フォー・ゼロ+3
I'm Still Standing - エルトン・ジョン
アルバム『Too Low for Zero』 1983年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。