QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 夕陽が見えるホテルで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時代遅れの恋心 - 大沢誉志幸 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


時代遅れの恋心





1983年7月17日(日)



夕方――
ボクらは七里ガ浜の駅のホームで別れる。
単線のこの駅のホームへ先に到着したのはボクが乗る電車のほうだった。ボクたちは、扉が閉じる直前まで、ずっとホームで手を握り合っていた。なんだかどうしてもマレンの指先を簡単には手放すことができなかった。ホントは彼女が帰る鎌倉方面の電車を「ボクが見送る」っていったんだけど、彼女は少しだけ首を横に振りながら、こういった。

「じゃぁ、先にきたほうがさぁ。その電車に乗ろうよ」って――
やがて扉は静かに閉ざされていく。
ガラスの向う側で小さく微笑みながらマレンが手を振る。霧雨を降らし続けていた雲間からようやくこぼれ落ちてきた7月の太陽は、彼女の髪を夕暮れ色に染めてゆく。そう――いつだってマレンの長い髪は海風にそよぎ、青空と踊り、暮れゆくオレンジ色の夕陽を浴びながら光輝いていたんだ。

江ノ電はゆっくりと動き出す。
ホームで手を振るマレンが最後になにかを呟いた。3つに区切られたその彼女の唇の動き――はっきりと聞こえやしなかったけれど、ボクにはなんとなくわかった。もしかしたら違うかもしれないけれど、きっと彼女はこういったんだと思う。

【アイ・ラブ・ユー】って……

ボクが同じように唇を動かそうとしたとき、ひとりホームに佇みながら右手を振っていた彼女の姿は、緩やかなカーブの向こう側へと消えていってしまった――

「もしね……アタシたちが同じ喜びを感じていけるんだとすれば、アタシはもう、ほかにはなにもいらないんだ。だからね。アタシと同じくらい、カミュちゃんが2人で一緒に暮らせることに喜びを感じてくれているのならね。アタシはどんなところで暮らしたってホントにいいんだよ。

もしそこが、たとえ宇宙だって無人島だっていいの。

お金なんていらない。親友だっていらない……

カミュちゃんがいてくれるんなら、アタシはそれだけで全然いいんだから――」

さっきマレンがいっていた言葉が、ずっとあたまから離れずにいた。ボクはマレンと一緒に暮らせることに、果たして彼女と同じだけの喜びを感じられているのだろうか……

(彼女と2人で、ずっと一生暮らしていきたい)

ボクは本心からそう思えているんだろうか? でも、いまはそんなことなんてどうだっていい。とにかくマレンを、もうボクの前で泣かせたくないだけだ。お母さんの病気のことで悩み続ける彼女のことを、これ以上悲しませてはならない。もし、いまの彼女を喜ばせられるのならば、ボクはきっとなんだってできる。結婚だって……きっとできるさ――

ボクはウォークマンの再生ボタンを押した。こないだイトコの姉ちゃんから借りた中島みゆきの『予感』。このアルバムの2曲目に収録されている「夏土産」という曲のメロディが、いまだに心の奥のほうで、仄(ほの)かな余韻を残し続けている。カセットを早送りし「夏土産」のイントロを待つ。江ノ島駅を過ぎてしまうと、濃藍色に染まる湘南の海が江ノ電の車窓に映し出されることは、もうなかった――

「小学校時代に行ったスイミングスクールの夏休み合宿の帰りにね――」

穏やかな七里ガ浜の海に、数名のサーファーたちが浮かんでいる。マレンは彼らのずっと先にある水平線のほうを見ながらいった。

「あのときさぁ、帰りに電車が止まっちゃって、カミュちゃんのお父さんが夜、車で迎えにきてくれたでしょ。覚えてる? そのときカミュちゃんと、うしろの席でさぁ。アタシたち一緒のタオルケットで寝たんだよ」

マレンは、そういって笑った。

「そうだったっけ?」

「カミュちゃんのお父さんがね。そのとき1枚だけしかタオルケット持ってきてなかったから……結局、その1枚に一緒に包まって寝たんだよ」

「そういわれれば、なんとなくそんな気もするなぁ」

ボクはそういいながら、嬉しそうに潮風を浴びているマレンの横顔を見つめた。

「アタシね。そのときカミュちゃんと『いつか結婚したいな』って思ったんだぁ」

ボクのほうに大きな瞳を向けながらマレンはいった。

「え、あの合宿のとき? 2人で一緒に寝たからか?」

ボクは、少しだけ慌てながら訊ねた。

マレンは優しく微笑んだまま、首を横に一度だけ振った。

「ううん、違うよ――明け方ね、なんだかちょっと寒くって、アタシ、ふと目を覚ましちゃったんだ。きっとタオルケットが膝まで落ちちゃってたんだと思うんだけどさぁ。そのときカミュちゃんがね。アタシを起こさないようにしながらね。タオルケットをそっと肩までかけなおしてくれてたんだよ。そのときアタシ思ったんだ。『カミュちゃんは、きっとすごく優しいんだなぁ』って。こんな優しい人と、いつか結婚できたらいいなぁって……」

「だってさぁ、それってただ、タオルケットをかけなおしたってだけでしょ?」

と、ボクはマレンを見つめ返す。すると、マレンは乳白色の曇り空を見上げた。

「違うよぉ。アタシのことを起こさないようにしながらね、アタシに気づかれないように、そっと優しくかけなおしてくれたんだよ。そういう優しさっていうのはね。全然『だけ』なんかじゃないんだから……『カミュちゃんは誰にも気づかれないように、自然と優しさを出せる人なんだな』って……

だからカミュちゃんとね、『いつか結婚できたらいいなぁ』って、そのとき思ったんだ。その気持ちはね。いまも全然変わってないよ――ううん、これからだって、ずっと変わらないんだよ。絶対に……」

そういうと、マレンは大きな瞳を一瞬眩しそうに薄く閉ざし、そしてボクを静かに見つめて微笑んだ――





【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



時代遅れの恋心 - 大沢誉志幸 
セルフカヴァーアルバム『Collage』 1994年





スポンサーサイト

今宵の月のように - エレファントカシマシ 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


今宵の月のように






浜野ナオは今年に入り、中目黒のアパートで一人暮らしを始めていた。
中目黒の駅から東横線のガードに沿って祐天寺方面へと向かった
ちょうど2駅の中間あたりに真新しい彼女のアパートはあった――


合コンで出会って、何度か彼女と二人で飲みに行ったりしているうちに、
ボクらはなんとなく”そんな感じ”の間柄になっていた。

といっても、互いの年齢からしてみれば、
いまだに割とプラトニックな付き合い方が維持されたままで、
男女の関係に容易く陥ったというわけでもない。


ナオは、去年ボクと初めて飲みに行ってから数日後、
付き合っていた年上の彼氏と別れたらしい。
結局、「その彼の子供が出来た」ということは黙ったままで別れたと。
いつだか、うっすらと微笑みながら話していた。

ボクは、その翌週あたりに彼女が下した”決断”に対しては何も言わなかったし、
彼女が自らそのことを決断したあとも、特にボクらの関係に変化などはなかった。

それは、あくまで彼女が……
いや厳密には彼女とその彼とで決めるべきことだと思ったからだ。



去年まで、彼女は新宿始発の私鉄の沿線にある実家に住んでいた。
したがってボクらは大抵の場合、その電車の終電時間までしか
一緒に過ごすこともなかったんだ。

”ただ一緒に飲んで笑い合う”

そんな程度のボクらの関係は、おもいのほか長く続いていたんだろうと思う。


だから、ナオが知り合いの大家のツテで中目黒に引っ越したときも、

”今までよりも、彼女と一緒にいられる時間が多少は増える”

ただ、それくらいにしか思っていなかったんだ。


ある日の金曜日。
ボクらはいつものように互いの仕事が終わってから渋谷駅で待ち合わせ、
何度か一緒に来たことのある飲食店で数時間ほど過ごした。

やがて、ボクがそろそろ終電の時間を気にし始めたとき、ナオは微笑を浮かべ、
独特のオリエンタリズムを漂わす丸みを帯びたフォルムの、
まるで大理石の彫刻像のような瞳を緩やかに細めながらボクを見つめてささやく。

「今日って、やっぱり帰らなきゃダメ?」と……

無論、ナオのその言葉に含まれている意味合いはすぐに理解できた。
ボクはその頃、付き合っていた彼女と都内で半同棲のような生活を送っていたから、
「どうしてもボクがそこに帰らなければならないのか」どうかを、
程好くまぶたの力が抜けた、柔らかく大きな眼差しで問いかけてきたんだろう。


去年、ナオと出会ってからは、まだ一度も朝まで一緒に過ごしたことなどはない。
そう。互いにプラトニックさを保つことで、ボクらの関係は
あくまで「飲み友達同士」として括られ、躊躇うことなく継続されていたに過ぎない。

かといって、それがイコール「彼女に惹かれていない」ということでは無論ない。
それは、あくまで”理性の強さ”の問題であり、
ボクがどうにか理性的になろうとしていたというだけのことだ。

一度踏み越えてしまえば、まるで風に彷徨う風船のようにして、
目的なんて持たず本能の赴くままに、ボクの心がどこまでも
彼女のほうへと飛んでいってしまうことなど、すでにずっと前から分かっていた。

結局ボクはずっと、ナオの儚げな魅力に惹かれていたのだ――


うっすらと微笑み続ける彼女の瞳には、
すでに、そんなボクの本当の気持ちなんてものは
とっくに見透かされてしまっていたのかもしれない。

今までナオが何も云わなかったのは、
それはきっと彼女なりの理性だ。

互いに無理やり抑え込んできた、そうした男女間の本能的な希求なんてものは、
握り締めたその理性のたずなから、どちらか一方が手を離してしまえば、
もはや片方だけで支え続けることなどは出来ない。

不自然なくらい健全に保たれてきた距離感を、
どちらか一方が踏み越えた瞬間に、その距離そのものが完全消失する。

ずっとその距離感を保つために心で反発させ合ってきた
同一極の磁極は、ナオの言葉によってバランスを失い、
互いをN極とS極へと変化させながら瞬く間に二人を引き寄せたのだ。

あくまでそれが「自然な感情」なのだといってしまえば、
たぶん、きっとそれまでのことだろう。もはや、それ以上でもそれ以下でもない。

ボクらはその瞬間、相手に対する想いを「恋愛感情」へと昇華させてしまった……
ただそれだけのことだ。


恵比寿から地下鉄日比谷線に乗り、ボクらは中目黒駅で降りた。
ナオのアパートのほうへと向かう東横線のガード下の薄暗い通り沿いに、
一軒のCDショップの明かりを見つけた。

「こんな時間まで開いてるんだね」
ボクは独り言のように呟いた。

「ちょっと入ってみる?」
と、ナオはその小さな店の扉を開く。

正直、さほど売れてるようにも思えない店内の新作コーナーに
数枚並べられていたエレファントカシマシのニューアルバムに目が止まる。
ボクはCDを手にとって裏面を眺めていた。

やがて、店内を見回し終えたナオが脇からそれを覗き込む。

「この『今宵の月のように』って、結構いい曲なんだよね」
と、ボクがジャケットの裏面を眺めたままで云うと、
ナオのしなやかな指先が、ゆっくりとボクからそのCDを取りあげた。

「じゃぁ買おうかな?」
と、彼女は笑った。

店を出ると、ふたたびボクらは東横線のガード下の薄暗い通りを歩き出した。
さっき見たアルバムジャケットのようなその青白い景色が、なんだかものすごく
寂しげに思えた。

それはきっと、付き合っている今の彼女に対する罪悪感と、ナオが時折漂わす
淡い刹那さが入り混じりながらボクの心に生み出した風景そのものだったのかもしれない。

街明かりの届かない夜空に星はほとんど見えなかった。
ただ南西の方角に、美しい満月だけが光輝いていたんだ。




今宵の月のように - 明日に向かって走れ-月夜の歌-今宵の月のように - エレファントカシマシ 
9thアルバム『明日に向かって走れ -月夜の歌-』 1997年



Seed - Time Fellowship 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


Seed





全く期待していなかったけど観たらハマってしまったというドラマ。
たまにそういう作品に出会うことがあります。

2001年に放送された深田恭子さん主演のドラマ『Fighting Girl』☆
別にフカキョンは全く好きではなかったケド、ボクはこのドラマには
見事にハマってしまったのですね。


まずドラマ音楽を担当したスーパーヴァイオリニスト中西俊博氏の
オープニングテーマにヤラれました♪

少なくともあの衝撃的クオリティのナンバーを越えたインスト作品には
現在でも出会ったことがありません。

彼は数多くのアーティストへの楽曲提供や、
様々なアルバム等へのゲスト参加などで引っ張りだこ状態みたいですね。

もはやクラシックのみならず日本における
コンテンポラリーフュージョン系サウンドの
第一人者といえるかのもしれません。



ニコニコ動画にTVのオープニングがあったので久々に聴きましたが、
やはりトリハダものでした!
観れる方はどうぞ → http://www.nicovideo.jp/watch/sm14604512
また背景のサイケなBGVもすんごく好きでしたね☆


さて。このドラマのエンディングを担当したのが
Time Fellowshipというグループです。

2001年リリースの彼らのデビューアルバム『Humanized』は
たしか一度くらい聴いたことがあります。

この方たちの楽曲も相当にクオリティ高かったように記憶してます。


では、ドラマ『Fighting Girl』のエンディングテーマで使用された
透明な夏の夕暮れの風が漂うかのようなバラードナンバー「Seed」をどうぞ♪

う~・・・でもやっぱ中西さんのサントラを聴きたいなぁ。。。
というかドラマを是非ともまた観たいですね!!



Seed - Time Fellowship
1stアルバム『Humanized』 2001年





オリジナル・サウンドトラック『ファイティング・ガール』 2001年

いつか風になる日 - 元ちとせ 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


いつか風になる日





THE BOOMの「島唄」のヒット以降、大手ツアー会社や
航空会社の沖縄キャンペーンなどが一気に盛んになり、
ある種の一大沖縄ブームが生まれました。

沖縄を訪れた人の約半分は、都会とは違った時計の進み方に感化され、
すっかり彼の地にハマって帰ってくることになります。


さて。
沖縄からほど近い奄美大島出身の元ちとせさん。

彼女の奄美民謡をベースとした独特の歌唱法は、
まるで大海原を渡ってきた清らかな潮風のように
自然とボクの心を和ませてくれるのです。


では、そんな彼女のナンバーから
「いつか風になる日」をチョイス♪

この歌の歌詞って人はやがていつかは死ぬという
運命を歌ったものなんでしょうかね。

あまりにも美しく そしてどこか儚い歌です・・・
そして。。。なぜか沖縄に行きたくなる歌でもありますね☆



いつか風になる日 - 元ちとせ 
2ndアルバム『ノマド・ソウル』 2003年

Christmas Time In Blue - 佐野元春 【ポップスの名曲】

【邦楽ポップスの名曲】


Christmas Time In Blue


佐野元春氏の初期アルバム3作品は個人的にも評価はかな~り高いのだが、
1984年の4thアルバム『VISITORS』あたりからの中期以降は
ほとんど聴いてません。。。イマイチつまらないのでね・・・

でも。。。
この曲だけはスゴイ好きです☆
1985年に12インチCDでリリースされた
「Christmas Time In Blue - 聖なる夜に口笛吹いて」☆


全く季節感は無視してますが。。。
まぁ...毎日暑いんでね☆


だけど。。。おそらく日本の音楽史に残る名曲だろうとは思いますね♪


ちなみに・・・
翌1996年にKUWATA BANDが同じレゲエテイストのクリスマスソング??
「MERRY X'MAS IN SUMMER」をリリースしてますが、
アレンジを含む全ての面で佐野氏の曲のほうが上だと感じます。
桑田さんの曲も好きですけどね☆



Christmas Time In Blue - 佐野元春
12インチシングルCD
ん?プレミアか・・・




ベスト盤『佐野元春 ベスト・オブ・ベスト』
こっちにも入ってるみたいですね。。。

今夜はブギー・バック - 小沢健二featuringスチャダラパー 【ダンスの名曲】

【ダンスの名曲】


今夜はブギー・バック


小沢健二氏は、実によ~く音楽を研究しているなぁ~と感じたのは。。。
スチャダラパーをftした、個人的には日本ダンスミュージックシーンの最高傑作
「今夜はブギー・バック」を聴いたときですね。

彼の楽曲には、ツウしか知らないオールドテイストなリフやサンプリングが
隠しスパイス(モロもありますが・・・)結構使われているのですが、
この曲には2つの洋楽が組み合わされているというのは、結構有名ですね。


まずリズムパートですが・・・
これは謎のファンクグループであるスカル・スナップスが唯一リリースした
1974年のアルバム『Skull Snaps』収録の「It's A New Day」のオリジナルを
ほぼそのまま使用してますね。

It's A New Day



そしてメロディは、女性ソウルグループのアン・ヴォーグが1992年にリリースの
ヒットナンバー「Give It Up, Turn It Loose」がベースだと言われとります。

Give It Up, Turn It Loose



スカル・スナップスなんぞを引っ張り出すあたり・・・
さすがと云うべきか☆


ついでに・・・アルバムジャケットの「lIFE」のロゴは。。。
スライ&ザ・ファミリーストーンのアルバム『LIFE』を引用・・・らしいですよ。

LIFE

やりますなぁ;;;




今夜はブギー・バック - 小沢健二featuringスチャダラパー
2ndアルバム『LIFE』 1994年

神様の宝石でできた島 - MIYA & YAMI 【レゲエの名曲】

【Rakiのカラオケソング/レゲエの名曲】



神様の宝石でできた島






デビュー当時は青春系ポップスバンドだと思ったTHE BOOM ☆
しかし大ヒット曲「島唄」を境に、その音楽性が何故か南国モードへと向かうのである。

そんなヴォーカル宮沢和史氏がレゲエシンガーのヤミボロ氏とリリースした
「神様の宝石でできた島」をチョイス♪

ん?この曲って以前ブログで紹介してなかったかな???
とも思ったが、どうやらしてなかったっぽいので改めてご紹介!

この曲はピピ島のリゾートエリアで出会ったイングランド人カップルと、
夜、地元の漁船をチャーターして島の逆側にある街まで出かけたとき、
月明かりに照らされた船の上で歌った曲!
ん>?何かこのくだり・・・書いた覚えがあるなぁ・・・

あ!長渕氏の「何の矛盾もない」紹介のときか!!

今聴いてもホントに名曲だよなぁ~☆



神様の宝石でできた島 - MIYA & YAMI 
ミニアルバム『LOVE IS DANGEROUS』 1994年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。