QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 朝日が差し込む部屋で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水色の朝 - 松田聖子 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


水色の朝






Epi-21

 1983年6月11日(土) 中学3年の一学期
 午後7時半過ぎ


 その日の夜、マレンを送る帰り道、
 しばらく黙り込んでた彼女は少しだけ複雑な微笑みを浮かべながら、やがてボクを見つめた。

「あたしさぁ、カミュちゃんの家にいつか一緒に住んでもいいのかなぁ?」

 そういった彼女の口元に浮かんだ微笑が、なんだかやけに儚(はかな)く思えた。

「ウチ? 別にいいんじゃない」

 少しだけ語尾をゆるませボクは笑ってそう答える。 彼女の言葉が意味するところは、なんとなくだが理解できた。すると、突然マレンは不安そうな顔をして、

「――ウチのお母さんね、来週、精密検査するみたいなんだけどさぁ」

 と、小さな声でつぶやいた。

「えっ? 検査って病気の検査ってこと?」

 ちょっと驚き、ボクは訊ねる。

「うん。まだよくわかんないけど、……お母さんさぁ、少し前からなんだかすごく疲れやすかったみたいでね、こないだ病院に行ったんだけど、……血液検査の結果が悪かったんで、もう一回ちゃんと検査するみたいなんだよ」

 そういうと、マレンは大きな瞳を曇らせた。

「まぁ、たぶん大丈夫でしょ。オレも最近疲れやすいし」

「……大丈夫だよ、ね?」

 と、みずからを説得するようマレンは付加疑問系でそうつぶやいた。が、その言葉に含まれたわずかな不安がきっかけとなって、急速に膨らみはじめたネガティブな空想が、マレンの笑顔を跡形もなく心の内へと吸い込んでいってしまうような、――なんだかそんな気がしたボクは、彼女を引き戻そうと慌てて言葉を探し出す。

「まぁ、もしさぁ、――」

 とっさに、そういってはみたけど、次の言葉がすぐには思い浮かばない。あとに続くボクの言葉がなんであれ、お母さんの検査結果が悪かった場合の慰めになるだけだろうと思ったからだ。――マレンも、しつこくその先までを聞こうとはしなかった。

「カミュちゃんは、アタシのこと好き?」

 ふいにマレンは話をそらす。

「え? あぁ、……たぶんね。」

「あたしはね、……ずっとカミュちゃんが大好き。――」

 いつもの、そんな他愛ないやりとりにさえ奇妙な空白が断片的に混じり込む。
 南からの潮風が彼女の長い黒髪や制服のスカートを「さらさら」と、優しく揺すった。
 うしろで手を組み、ボクの少し前をゆっくり歩きながら、やがてマレンは、わずかに口調を変化させた。

「アタシね、もしかしたら来年から働こうかなって、ちょっと思ってるんだよねぇ。だからね。もしいつかアタシと結婚してもカミュちゃんの迷惑にはならないと思うよ」

 そういうと、ボクを見つめて彼女は微笑んだ。

 いまの言葉が、「マレンは高校へ行かない」ってことを意味するものなのか、すぐ聞き返そうとしたんだけれど、その意味を訊ねるよりも先に「結婚」というふた文字が、一瞬なんだかものすごく重たいものに感じられ、ついボクは言葉に詰まってしまう。別にマレンと結婚するってことが嫌だったわけではない。けれど、その響きがやけに重たかったんだ。

(もし去年のクリスマスの夜ならば、きっといますぐここで結婚の約束なんて簡単にできたんだろうな。……そういえばあの感情は、また最近、すっかり影を潜めてしまった気がする)

 もしマレンと一緒に暮らすのなら、それでもいいとは思ったが、「結婚」というリアルな言葉を含む返答がどうしてもこの場ですぐにはできなかった。さっき感じた「重たさ」は、彼女の人生そのものの重さだったのだろうか? それともボクの人生に対する微かな不安の表れだったのだろうか。――

「将来、なにをしようか」なんて、まだ一度も真剣に考えたことはない。けれど、「彼女がボクのそばからいなくなってしまう」なんてことも、いままで一度も考えたことなどはない。

(まぁ、もしさぁ、……)

 途中までいいかけて、やめてしまったさっきの言葉。……もしあのままの勢いで続けてたなら、きっと、こういってたことだろう。

(まぁ、もしさぁ、どんなことになってもね、川澄のことはオレが守るから! だからなにも心配しなくていいよ)って。――

 決してその場しのぎの慰めなんかじゃなくって、限りなくそれがボクの本心に近い言葉のはずなんだ。けれど、そうかと思えば、「やっぱり、いますぐ結婚するかどうかなんて決められない」というためらいが、「ふつふつ」と沸きあがってくる。

「結婚してもいい」って思う気持ちと「まだ結婚なんて決められない」と思う気持ち。――相反する、そんな二つの想いが「ぐるぐる」と心のなかでまわり続ける。
 もし、いますぐそのどちらか一方の答えに決められなくても、

「マレンと一緒に暮らしてもいい」

 っていう想いだけは同じだったはずなのに、どうしても、そのときボクにはなにも答えることができなかった。――――


【2012.04.14 記事原文】

ボクが中学時代、やはりひとり熱狂的な聖子ファンの友人がいた。
当時、洋楽カブレしてたボクは、全く興味なかったが、
アルバムを無理やり貸されたので、仕方なく聴いてみた。


そんな中で、ものすごく曲から情景が浮かんだのが
この「水色の朝」だ。
今聴いても名曲だと素直に思う。


ほぉ~財津さんが作ってたんだ!
ってか、これも30年以上前のアルバムなんだぁ。。。


そりゃ老けますわいな・・・ボクも聖子ちゃんも・・・






水色の朝 - 松田聖子
5thアルバム『Pineapple』1982年



スポンサーサイト

サマータイム グラフィティ - TOM★CAT 【ポップスの名曲】

【邦楽ポップスの名曲】


サマータイム グラフィティ






さてさて。。。洋楽ファンの方々には申し訳ないですけど・・・
しばらくは ボクの心に残った邦楽の名曲を 思い出すままに続けます☆


え~っと・・・
「ポプコン」出身の女性アーティストといったら
どうしても女性3人組みのコーラス・グループだった
Sugarを思い出してしまいます☆

でも・・・どういう訳か
楽曲のプロテクトがすんごく厳しいようでして。。。
まぁ しばらくしてまだ残ってるようなら ご紹介するとして・・・



「ふられ気分でRock'n' Roll」が1984年の第15回世界歌謡祭で
グランプリを受賞したTOM★CAT☆

こちらの方々も超インパクトがありましたわねぇ。。。

ふ~ん。TOMさんって言うんですね。ボーカルの御方は・・・

まぁ その後の吉川晃司氏あたりのファッションに
大きな影響を与えた?かもしれない
前衛的なファッションが実に印象的でした☆

さて。
そんな彼女たちの2ndリリースナンバーが
「サマータイム グラフィティ 」☆

80年代中期において このシンセ絡みのロックを
バンド形態で実践してたところが 今にして思えばスゴイ☆

すんごくキャッチーで 良い曲だなと思いますね♪




サマータイム グラフィティ - サマータイム グラフィティ - Singleサマータイム グラフィティ - TOM★CAT 
ベスト盤『TOM☆CAT ベスト』


強く儚い者たち - Cocco 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


強く儚い者たち







さて。
Coccoさんといったら!

やっぱり彼女のブレイクソングとなった1997年リリースの2ndシングル
「強く儚い者たち」でしょうねぇ。

「JALハワイ・キャンペーン」のCMタイアップソングとなった
涼しげなレゲエテイスト・アレンジの名曲で御座んす♪


でも・・・この曲って歌詞の内容と 淡くて強いメロディが
すんごくミスマッチしてるんですけど
実は 作曲したのって Coccoさんじゃなかったんですねぇ。。。



ちなみに。。。

この曲が収録された2ndアルバム『クムイウタ』ですけどね。。。
彼女のイメージからすれば アコースティックでアーシーな
サウンドがメインなのかなぁ~かと思いきや
結構な比率で ヘヴィなロックテイスト作品も含んでおりましてねぇ。。。

ちょっと意外でした・・・




強く儚い者たち - クムイウタ強く儚い者たち - Cocco 
2ndアルバム『クムイウタ』 1998年


【Re-Edit】 SOULS - bird 【ダンスの名曲】

【Re-Edit】【邦楽ダンスの名曲】


SOULS





大沢伸一氏のプロデュースによって1999年にリリースされた
birdの1stアルバム『bird』の収録曲には
様々なタイアップが付くことになるんですが。。。

まぁ彼女の1stから4thシングルまでをこのアルバムに収めてりゃぁ納得ですわねぇ☆


さて。

birdの1stシングルとなった「SOULS」ですけど。。。
この曲も初めて聴いたときは ぶったまげましたねぇ☆

如何せん この曲って構成パート音が極端に少ない。
イントロのピアノにリズムトラックとシンセ&ストリングス・・・

ときどきスクラッチとちょいアコギの爪弾き。。。

ベースラインがキック音と同化してるんで ほとんど聴いてて分からないっつうのも
普通ならば ありえないんですけどね。。。

まぁ従来の音楽セオリーからすれば あまり試されたことのない感じの
R&Bテイストでアダルトシックなナンバーですね。




【2012.04.20 原文】

MONDO GROSSOの大沢伸一がプロデュースしたbirdの1stシングルとなった名曲「Souls」♪
まさに大沢ワールドの結晶ともいえる珠玉のナンバーです。


1.intro〜bird's nest〜(0:49)
2.SOULS(6:29)
3.空の瞳(6:24)
4.君の音が聴こえる場所へ(5:29)
5.deep breath(0:59)
6.REALIZE feat. SUIKEN+DEV LARGE(6:06)
7.パズル(3:48)
8.rainterlude(2:02)
9.雨の優しさを(6:14)
10.BEATS(6:18)
11.満ちてゆく唇(Album Swing Mix)(5:59)
12.約束(5:18)
13.outro〜greetings from murphy〜(1:46)




Souls - bird
1stアルバム『bird』 1999年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



【Re-Edit】 Life - Mondo Grosso feat. bird  【ダンスの名曲】

【Re-Edit】【ダンスの名曲】


Life






さて。。。
せっかくですんで大沢伸一氏と朝本浩文氏のプロデュース作品を少々・・・

やはり大沢伸一氏といえば・・・
どうしたって ご自身のバンド" モンド・グロッソ "を連想しちゃうので御座います☆

そんなMONDO GROSSO時代に彼が発掘した
女性シンガーが かのbirdだったんですね☆

この「Life」は アコギのアルペジオとラテン系パーカッションに乗せた
疾走感のあるボサノヴァテイストなメロディが超シンクロした傑作ナンバーでしょうね☆




【2012.04.20 原文】

90年代中期以降のジャパニーズミュージックシーンの牽引者のひとりである大沢伸一。
彼率いるMONDO GROSSOは、当時主流となりつつあったエレクトリックサウンドとは
一線を画し、ワールドミュージックのエッセンスを現代流にアレンジしつつ、
エッジの効いた生音のソリッド感を最大限に引き出す楽曲を生み出していった。


こうしたあらゆる音楽ジャンルのパーツを一度分解し、新たに組み直された
ミクスチャー・ロックは、「渋谷系」と呼ばれるアーティストを生み出しながら、
FM局のプッシュアップによって、ひとつのニューエイジ・ムーブメントを形成してゆくことになる。


そんなMONDO GROSSOがヴォーカルでbirdをフューチャさせたナンバー
「Life」をどうぞ♪




Life - Mondo Grosso feat. bird
アルバム『MG4』 2000年
アルバムお勧め度「一度聴いてみては?」



牡牛座ラプソディ - キリンジ 【ポップスの名曲】

【邦楽ポップスの名曲】


牡牛座ラプソディ



当時TVKの邦楽PV番組かなんかで観たのが一番最初だったと思いますが・・・
この曲を聴いたときの衝撃って邦楽ソングのなかでもダントツだった気がします。

1999年リリースの2ndアルバム『47'45"』からのシングルナンバー
「牡牛座ラプソディ」☆

この曲に1発でハマってしまいアルバム買っちゃいましたねぇ。。。
もしこれをカラオケでハズさずに歌えたんなら相当に音感が良い御方だろうと・・・


良く覚えてないんですが。。。たしかPVの内容もアルバムジャケみたく
走ってるランナーをインタビュアが追いかけてたような・・・
勘違いかもしれませんケド。


兄弟系ユニットの中では明和電機とキリンジは次元の違う国内最高峰の
ホンモノとしてのプレミアムを持つアーティストなんだろうなぁと思います。


さて。
こないだ録画しといた小田和正氏のクリスマス番組を観てたとき
キリンジの「エイリアンズ」をJUJUとか松たか子さんと共にカヴァーしとりましたが
堀込(弟)の歌声って何となく若かりし時代の小田氏に似ておりますな。。。
こちらのナンバーも超Chic&Momentaryで好きなんすが・・・
衝撃の度合いからすれば「牡牛座ラプソディ」には及びませんねぇ;;;

ちなみに。。。彼らも著作規制がすんごくキビシめなんで削除されたらスンマセン・・・
ご視聴はお早めに☆





牡牛座ラプソディ - SINGLES BEST -Archives- (Partial Album)牡牛座ラプソディ - キリンジ 
2ndアルバム『47'45"』 1999年

願い - Perfume 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


願い 





まぁ割と最近の楽曲から!
個人的には映画のエンディングに使用したくなるナンバーを☆


テクノポップユニットであるPerfumeが2008年にリリースした
3rdアルバム『⊿(トライアングル)』から!!
メロウなメロディと彼女たちにしてはシリアスな歌詞が印象的な
「願い」をチョイス♪

この曲はエレガントでイノセントな空気感が漂う
ものすごい名曲だと思います☆

無論、全部を聴いたという訳ではないにせよ。。。
シングルでリリースされた楽曲よりは
圧倒的に完成度の高い作品だと思います☆
※この曲は何かのB面に収録されてるようですけど。


歌とは全く関係ありませんが・・・
彼女たちは脚がキレイですねぇ☆



願い - Perfume
3rdアルバム『⊿(トライアングル)』 2008年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。