QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 【未来に残したい日本の名曲】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【インスパイヤー】 魔法の鏡 / 荒井由実

【もしよろしければ、「魔法の鏡/荒井由実」をBGMにお読みくださいませ】


クレゾール石鹸液の匂いが、
力いっぱい張られたピアノ線みたいに、
透明な緊張感を絶えず感情の内側にもたらしている。

まだ嬉しそうに笑っていた頃のわたしと、
その隣で、わたしの左肩をはしゃいで抱いてる彼を見つめた。

彼との三年間の思い出を封じ込めた、なんてことのない、
けれど夢のように過ぎ去りし日々の記憶が、時間とともに切り取られ、
それはとても小さな平面空間のなかにあって、
こうして溢れんばかりの幸せな色彩をすぐ傍らに充たしていた。

三つ年下の妹からもらった木目のきれいなフォトフレームのずっと向こう、
淡いヴェールを編み込みながら白糸は、たゆたう波影の縁をそよめき、
ピュアブルーの海のみなもを、ダイヤモンドの粒たちが水平線まできらめいている。


ベッドに仰向けになったまま、
使い馴れた真鍮製の手鏡に映し出されるわたしを見つめた。
痩せたな……
そう思うほかには、外見上のさしたる変化を鏡のなかには探せなかった。


タクちゃん。
18年の人生に、わたしが残した二つの後悔を教えてあげるよ。

それは、「絶望」という足かせをはめられた、
こんなわたしが慰めるほど、いつだって動揺を隠せず、
病室で泣き伏す母の涙を全然消せないこと。

そして……あなたに嘘をついたまま、
あなたの前から突然姿を消してしまったことだよ。

でもね、わたしもすぐに治ると思ってたんだ。
タクちゃんの誕生日までには元気になってるつもりだったんだ。
だから「退院したら電話するね」って、あのとき笑っていったんだから。
タクちゃんに嘘をつくつもりなんてなかったんだよ。

今だってさぁ、全然信じられないし、まだ全然信じてないんだけど……
だけどね、なんだかわたし、もう退院できそうもないみたいなんだよ。

会いたいよ、タクちゃん……
ものすごく会いたいけど……

もし会えなくても、せめてタクちゃんの声だけでもいいからね、
聴きたいなっていつも思うんだけど……
どうしてもね、電話できないんだ。

だって、なに話していいのかなんて分かんないじゃん。

「春休みのディズニーランド、すごく楽しかったね」とか
「去年、伊豆の海で見た星空、ものすごいキレイだったね」
とかさぁ、なんだか全部が過去形になっちゃいそうで、
ものすごい嫌なんだよ。

だからね、おとといの夜、タクちゃんに手紙を書いたんだ。
そこにわたしの想いをね、全部書いといたから。

ホントは今日じゅうに、妹に渡してもらうはずだったんだ。
だけどあの子、部活で忙しいらしくってね。
たぶんタクちゃんのとこに届くのは、
早くてもあさってくらいになっちゃうのかな。

そういえば手紙なんて、
今までちゃんと書いたことなんてなかったよね。
だからきっと、それがさぁ、
最初で最後のわたしからの手紙になると思うよ。

わたしはね、本当はタクちゃんと、ずっと――――

と、突然、薄黄色のカーテンの向こうから声がした。

「お姉ちゃん、起きてる?」
小さな花束を抱えた妹が、ベッドの足元から顔を覗かせた。

「あぁ、キヨ、来てくれたんだ。もう遅いから今日はこないと思ったよ。そうそう、あの手紙さぁ」

「あっ、ちょっと待って」
妹のキヨミは、ニッコリと笑窪を浮かべると、小さな顔を引っ込めた。

まったくお見舞いに来るんだったら、
タクちゃんに手紙を渡しに行って欲しかったのに、
わたしはそういう風に思って少しだけムッとした。

そしてまた、ベッドの脇に置いてあった手鏡で、やつれた顔をぼんやり眺めた。

「読んだよ。手紙……」

「えっ」その声に思わず驚き見上げると、
制服姿のタクちゃんがそこに立っていた。

「だからさぁ、ちゃんと読んだから……手紙」

「どうして……」
わたしは一番想像していなかった現実に、
つい病気のことなど忘れていた。

「妹さんが学校の校門のとこにいてさぁ、そしたら『一緒に病院に来て』って」

タクちゃんは茶色い髪をかき上げて、窓際のほうへ歩いて来た。
近づくほどにタクちゃんの顔は滲んで見えなくなってゆく。

「タクちゃん……わたしね、もう……わたし」

タクちゃんはベッドの脇に座るなり、
わたしの右手から手鏡をそっと取り上げた。

「俺はね、後悔しないために……最後までお前と一緒にいたい。だからお前もさぁ」

タクちゃんは突然声を震わせ、
わたしの手のひらをギュウッと強く握りしめた。

「頼むから最後まで俺の彼女でいてくれよ。頼むから最後まで諦めないでくれよ……生きてる限り……」

そう呟くと、タクちゃんはわたしの右手を頬に押し当て号泣し始めた。
彼の泣き顔を見つめながら、わたしの胸元に詰まっていた様々な想いが……
タクちゃんと会わなくなってから、ずっと溜め込んできた哀しみの結晶が、
体から全部溶け出し瞳に溢れた。

あとどれだけ生きられるのかなんて分からない。

けれど、これまで一度も感じたことのない、愛しい涙の暖かさに、
わたしは生まれて初めて本当の恋を知ったのだ。

タクちゃん……ホントにいいんだよね。
じゃぁさぁ、甘えちゃうからね。

大変かもしれないけれど……
最後まで一緒にいてね。

わたしがこの世にいられる限り……
わたしが生きていられる限り……
スポンサーサイト

【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】 サンタさん - ももいろクローバーZ 【ポップスの名曲】

【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】【ポップスの名曲】


サンタさん





昨日12月23日、埼玉・西武ドームでクリスマスライブを開催した
ももクロこと、ももいろクローバーZの皆々様☆

無論、彼女らの楽曲に関してはボク自身、さほど詳しくはないのですけどね。
この曲を聴いた瞬間、「なんだかももクロっぽいなぁ」って感じてしまうということは、
すでに彼女らが確立された独自の音楽的な世界観を持っている!
ということなんでしょうかね(笑

作曲経験者であればお分かりかと存じますが、
ももクロ作品というものは、非常に難解なメロディの構成でございます。
まぁ、アバンギャルドというべきか実験音楽とでもいうべきなのか。。。

通常のメロディ構成であれば、Aメロ― Bメロ― Cメロ― サビetc...

だったりしますが、
彼女たちの曲の場合、この辺りの約束ごとが完全に無視されていて、
「各々好き勝手に歌ってる」的アドリブ感を大いに感じさせます。
要するに、「容易くカラオケで歌わせない!」という姿勢が貫かれておりますです☆

っていうか、
彼女らはある意味でアイドルという既成概念を完全に「突き抜けてしまっている」というか、
アイドル的な「やらされ感」をまったく感じさせないグループなんだなぁ。。。
と個人的には思います☆


まぁ、現在、某国民的大所帯アイドルグループに唯一対抗しうる彼女たちですが、
もはやエネルギーのベクトルが明らかに上回ってしまってるようにも思えます。





サンタさん - ももいろクローバーZ 
6thシングル「労働讃歌」カップリング



【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】 クリスマス - JUDY AND MARY 【ロックの名曲】

【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】【邦楽ロックの名曲】


クリスマス





個人的に。。。
ジュディマリのYUKIさんという御方、まぁ、ある意味「理想の女性像」としての
いくつかのファクターを見事クリアしておりまして、デビュー当時から
妙に惹かれておりましたわなぁ☆・・・あくまで個人的に。。。ですけども

さて!
そんな彼女率いるJUDY AND MARYが1994年にリリースした名盤アルバム
『ORANGE SUNSHINE』から、ロックテイストのキャッチーなクリスマスソング
「クリスマス」をチョイスっす♪ ん? 名詞がちっとかぶったか? まぁいいか。。。





クリスマス - JUDY AND MARY
2ndアルバム『ORANGE SUNSHINE』 1994年


【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】 今、伝えたいこと - CODE-V 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


今、伝えたいこと





つい最近。
たまたま、なにかの音楽ランキング番組を観るでもなく観ていたときに、
ふとテレビから聴こえてきたフレーズ。

どうやら韓国のCODE-Vという方々の歌だったみたいで。。。

メジャーコードの儚いピアノの調べに乗せ、恋人同士が織り成す冬の情景が
見事に美しく描き出された非常に秀逸なバラードでございます☆

う~。。。
やっぱ、ストリングスってシンセじゃなくって生音のほうが心に染みますね。

っつうか、

この歌声に折り重なるドラマティックで荘厳なオーケストレーションはハンパじゃない。。。

久々に聴くホンモノの音楽の重厚さに、ちと感動しました☆
きっとこんなの生演奏で聴いたら「ウルウル」しちゃいそうっす(笑




今、伝えたいこと - CODE-V
2ndアルバム『代々木』 2013年



【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】【Re-Edit】 12月のエイプリル・フール - EPO 【バラードの名曲】

【Re-Edit】【邦楽バラードの名曲】


12月のエイプリル・フール





このEPOさんの「12月のエイプリル・フール」がリリースされたのって1985年。
もう28年も前だったんですねぇ(驚

まぁ、まだボクは高校生だったわけですがねぇ、
あの当時はじめてこの曲を聴いたときは、
さほど心に「ググッ」と響いたりなんぞしなかったように思います。


でも、・・・あれから30年近く経って改めてこの曲を聴いてみると、
メロディの美しさも、丁寧に作り込まれたアレンジの巧みさにも驚かされます。

高校時代の彼女と、いまからしてみればあまりにも幼いときめきを
互いの心に抱き合い過ごしたクリスマスの出来事が、なんだかふと思い出されますねぇ☆



【2013.02.27 記事原文】

ちょっと季節はズレますけどね・・・

EPOさんが1985年にリリースした
「12月のエイプリル・フール」をチョイス☆
この曲にも いろんな思い出がありますね。。。


彼女の楽曲って 相当な数がCMやTV番組でタイアップされてるんですけど
それは やはり彼女には 卓越したポップセンスがあった!
っつうことなんだと思いますね。

例えばこの「12月のエイプリル・フール」にしたって
こんなに上質なアレンジって 最近の楽曲には皆無な訳で・・・

こうした"生音の温もり"っていうのは
コンピューターじゃぁ絶対に再現できないんだろうなぁ~
と思うんですよね☆

アコギ弾き語りでも ピアノ弾き語りでも
もし この曲をすんごくシンプルなアレンジで聴いたら
超感動しちゃいそうな名曲です☆


ウソっぽくないナチュラル系ボイスも大変宜しい☆





12月のエイプリル・フール (Acoustic Version) - ゴールデン☆ベスト EPO (EMI YEARS)12月のエイプリル・フール - EPO 
ベスト盤『ゴールデン☆ベスト』




【2013 Rakiが選ぶクリスマスソング】 Can't Wait 'Til Christmas - 宇多田ヒカル 【バラードの名曲】

【邦楽バラードの名曲】


Can't Wait 'Til Christmas





相変わらずご無沙汰しております☆

さてさて。いやがおうにも街はクリスマスへと向かって
夜の風情を変化させていくわけですね。
まぁ、ここ数年、大して盛り上がりもせずに
ぼんやりクリスマスを過ごしてきたボクですけど、
この季節の慎ましやかな喧騒は、決してキライじゃありません。

個人的には、仲間と大騒ぎっていうノリよりは、キャンドルの炎を眺めて
静かな音楽に浸る。。。みたいな過ごし方が好きですが(笑

では、来週あたりまでは、ちょっとクリスマスっぽい選曲をしてみようかと。

まずは、宇多田ヒカルさんが2010年にリリースしたベストアルバム
『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』から、せつないピアノの旋律に
気取らずありのままの感情を綴った歌詞が妙に心をシンミリさせる
「Can't Wait 'Til Christmas」をチョイス♪

彼女の声ってナチュラルですごく良いですなぁ☆







Can't Wait 'Til Christmas - 宇多田ヒカル 
ベスト盤『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』 2010年




【Re-Edit】 幸せになりたい - 内田有紀 【バラード】

【Re-Edit】【90年代バラード】


幸せになりたい



内田有紀 / 幸せになりたい


Epi-27

 誰かに聞いたような気がする。

「7秒のあいだに存在する過去と未来の中心が現在である」のだ。と、……

 いや、もしかしたら「7秒づつの過去と未来の接点が現在である」だったかもしれない。
 でもそれ以来「現在」ってのは、わずか7秒間の出来事をさすものなのだ、と勝手に覚えてしまったし、なんとなくその数字には納得できた。

「1秒先が未来である」とか「1秒前が過去である」とかって物理学的な時間の単位で「現在」は定義されるものだ。――とかっていわれても、あまりにありきたり過ぎてしまって、いまひとつピンとはこない。なんら根拠がなかろうと、「7秒」という単位には、なんとなく説得力みたいなものを感じたんだ。

 けれど、もしそれが正しいとしても、間違いだったとしても、すぐ目の前に見えている、たった1秒先の未来にボクらが追いつくことは決してない。それだけは確かだ。ボクらの意思とは無関係に、常に1秒づつの過去を永遠に積み重ねていきながらボクらの「いま」は、ただ一方向、未来へとだけ流れ続ける。わずか7秒のあいだに現実と理想を共有させ合いながら、ボクらはただ、ひたすら「いま」を生きている。……

 1983年6月15日(水) 中学3年の一学期
 夕方の午後3時半頃

 最初にその病名と聞いたときにはちょっとだけ安心したんだ。
 ボクの親戚にもその病気にかかってる人は何人かいるけど、普通に食事もしてるし平気で酒も飲んでたから。――
 川澄マレンもどことなくほっとした様子だったが、彼女のお母さんは結局、しばらく入院することになったみたいだ。彼女に父親がいないということは、去年、羽田空港で彼女がこぼした言葉からなんとなく察してはいた。けれど、その理由をボクからは一度もマレンに訊いたことはないし、彼女から話したこともない。

「お母さんが入院してるあいだってさぁ、川澄はひとりで家にいるの?」

 梅雨晴れの空、南からの生暖かい風が、ボクの言葉を彼女のほうへと運んでいった。

「あたしねぇ。ちょっとだけおばあちゃん家に住むんだよ」

 その風に長い黒髪をもて遊ばれながらマレンはそういう。

「ん? おばあちゃん家ってどこだっけ?」

 と、ボクは訊ねる。

「鎌倉なんだけどねぇ。まぁ、ちょっとのあいだだからさぁ、学校まで電車で通うんだよ」

 長い黒髪をピンク色のヘアゴムで結びなおして、マレンは電車通学ができることを少し自慢げに笑った。どうやら鎌倉からは大体1時間くらいで学校まで通えるのだという。

「あぁ! もうヤダぁ!」

 時折強く吹きつける潮風のせいで、なかなか上手くいかずに彼女は何度も横に垂れ下がる髪の束をヘアゴムで結びなおしている。

「あっ」と叫び、ボクの横顔を見つめてマレンは突然、話題を変えた。

「そういえば修学旅行ってさぁ、カミュちゃんとは違うグループなんだよ。あたしさぁ、カミュちゃんのグループのほうに行っちゃおうかな」

 そういって、マレンは「クククッ」と笑った。

「いいじゃん。どうせ夜のホテルは同じなんだからさぁ、昼は別々でも」

 秋に行く予定の修学旅行は、どういうわけだか偶数クラスと奇数クラスに日中の行動が分けられてしまっていた。ボクは偶数、彼女は奇数クラスだったんで、宿泊するホテルは一緒だけれど、昼間はそれぞれが別々の場所へ行くことになるらしい。彼女はなんだかそのことが納得できないようだった。

「え~っ、つまんないじゃん。それじゃぁ意味ないじゃん」

 と、マレンは少しふてくされる。

「ホテルで夜遊べばいいんじゃねぇの?」

 と、ボクは彼女の横顔にささやく。

「だって部屋が違うでしょ?」

 しばらくマレンは「ブツブツ」いっていたけれど、やがてなにかを思い出し、いつものように薄茶色の大きな瞳を輝かせる。

「でもさぁ。ディズニーランドには絶対に行こうね!」

 そういえば今年、ディズニーランドが千葉のほうにオープンしたらしい。ついこないだ夏休みにマレンと一緒に行こうって約束をしたばかりだった。

(でも、はたして夏休みに行ったところで、何時間も待たされるような乗り物なんて、ほとんどなにも乗れないんじゃないのかな)

「いま行っても、すげぇ混んでるんでしょ? まぁ、あと10年もすれば、だいぶ客とかも少なくなるだろうけどねぇ」

 ボクはちょっと意地悪くそういって笑う。マレンは予想通り、大きな瞳に哀しみを浮かべた。なんだか可哀想になったんで、しょんぼりした彼女の右肩を軽く叩いて、

「冗談だって! わかったよ。いいよ、夏休みに行こうよ」

 と、笑いかけた。マレンはすぐに笑顔へ戻り、ボクの左腕に「ニッコリ」微笑んだまま、顔ごとしがみついてきた。

 夕暮れの風には新緑の香りと微かな潮の匂いが混ざり合っている。それはきっと、この街にしかない独特の風味なんだろうなって思う。――――



【2012.05.14 記事原文】

内田有紀さんも宮沢りえさんもそうだが。。。
なんで歌うのかね???とは率直に思う。

でも、この「幸せになりたい」を初めて聴いたとき、
まぁ当時のボクを取り巻くシチュエーションもあったんだろうが、
静寂のなかに漂う哀しさ?みたいなものがダイレクトに伝わってきて、
ものすんごく胸を締め付けられたのである。


無論、広瀬香美さんの楽曲センスも無論良いんだろうけど、
冬の痛いくらいの寒さを思い出させる一曲です☆

まぁ内田さんの場合、デビュー曲がねぇ・・・あれですからねぇ・・・
でも最近、彼女はキレイになったなぁと感じます!



幸せになりたい - 内田有紀
4thアルバム『nakitakunalu』 1996年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。