QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 【80年代】まあ名曲☆☆_ロック/パンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 マジック - レインボー 【80年代ロック】

【Re-Edit】 【80年代洋楽ロックの名曲】


Magic






Epi-17

 1983年4月18日(月) 中学3年の一学期
 夕方の3時少し過ぎ


「新しいクラスはどう? 面白い?」

 放課後、桜の花びらで埋め尽くされた正門までの道を楽しそうに歩きながら、川澄マレンはずっと微笑んでいる。

「あたしのクラスはねぇ、なんだか大人しい子ばっかりでイマイチなんだよねぇ」

「2年のときのヤツとかは? 誰か一緒のクラスになったんだっけ?」

 と、ボクは彼女の横顔に訊ねる。

「う~んと、まぁ、何人かいるけどさぁ。でも、あまりその子たちとは仲良くなかったからねぇ」

 と、いいながら、マレンは満開を少し過ぎたばかりの枝先に目を向ける。白々とおぼろな春光がマレンをほんのり照らし出す。優しく霞(かす)んだ霧状の光を浴びてる彼女がなんだかやけにキレイに思えた。

「ふぅーん。オレのクラスもそんなに面白くはないけどね。ウゼェ野郎連中が休み時間とかに騒いでて、なんだかスゲェうるせえしさぁ」

 吹き抜ける春風に桜の薄片が「フワッ」と一斉に舞いあがる。浮遊する淡い桜色の雨は、やがてボクらの上に「ヒラヒラ」と舞い降り、そのたびにマレンの艶やかな黒髪にはピンク色の花びらが数片づつ残されていく。

「あたしさぁ、パルのこと、これから『カミュちゃん』って呼ぼうかな」

 マレンは相変わらず微笑みながらそういって、「チラチラ」降り落ちてくる薄桃色の花びらに手をかざした。

「まぁ別にいいんじゃねぇの。……じゃぁオレは『マレンちん』って呼ぼうかな」

 と、ボクはなんとなく彼女のことをからかってみる。

「なんで『ちん』なのよ」

 と、マレンは予想通り、少しだけ「プクッ」と頬を膨らます。

「なんとなく、……」

「いやだ!」

「いいじゃん『マレンちん』で、別に」

「絶対にイ・ヤ・だ!」

 彼女は頬を膨らませたままでボクの左腕をつねってきた。ボクは彼女の左頬を指先で押しながら笑う。海にほど近い、この界隈に建ち並ぶ大きな屋敷の庭先には、パステルカラーの花々と新緑の若葉が眩しく咲き誇っている。ほんのり暖かな風のなか、ただようそれらの香りが、風景の彩りを淡色に変化させてゆく。新しい季節の到来を告げるその春風は、たゆたいながらマレンの長い黒髪をなびかせ続けていた。――――

 マレンを家のほうまで送ってから自宅へ帰ると、すぐ二階へあがりレコード棚をあさる。
 昼間、竹内カナエと話したせいかもしれないが、無性にレインボー5枚目のアルバム『アイ・サレンダー(Difficult to Cure)』が聴きたくなったんだ。このLPも、中1のときにはよく聴いていたけれど、最近ほとんど聴いてなかった。

 ようやく棚のなかから見つけ出すと、ジャケットを広げレコード盤を取り出した。新しい印刷物に似たようなレコード特有の濃密な異香(いこう)がほんのりただよう。――
 どことなく上品なこの匂いがボクはすごく好きだ。さすがにちょっと汚れてたけど、構わずプレーヤーにセットし針を落とした。

 1曲目のタイトルトラック「アイ・サレンダー(I Surrender)」のイントロがステレオの両脇に置かれてる大きなスピーカーから鳴り響いてくる。ボクはさらに少しだけボリュームをあげる。ジョー・リン・ターナーのボーカルは、この曲のメロディには合ってると思う。でも新たなドラマー、ボビー・ロンデイネリの音は、やはりコージー・パウエルとは明らかに質感が違う。もしコージーのキックをこのボリュームで聴いたとすれば、もっと「ズシン」との重低音が体に響き渡るはずだ。ボクは部屋の壁に立てかけてあったエレキギターを数ヶ月振りに手にした。弦は少しサビついてたが、適当にペグをまわしてチューニングし、埃を被ったアンプにプラグを差し込み電源を入れる。

 そして、いったんレコードの針を持ちあげ、ふたたび「アイ・サレンダー」をあたまから聴いた。

(この曲は、去年、よく練習したんだよな)

 イントロのリフをギターで同時に弾きはじめる。しばらくはリッチーのリフに合わせて弾くことができた。でもサビの前でコードを数箇所間違えると、もはやそのあとの音を追えなくなってしまった。やはりブランクのせいで指先が全然動かない。――アルバムは2曲目の「スポットライト・キッド(spotlight kid)」に変わった。久しぶりに聴いたんだけど、この曲の間奏部分のリードとシンセのソロパートは、やはりすごい。

 ギターを床に置き、なんとなく竹内カナエのことをぼんやりと思いはじめる。別に「好き」とかそういうんじゃないんだろうけど、「一度彼女の演奏を生で聴いてみたいな」って思ったんだ。

 展開が激しい3曲目の「ノー・リリース(No Release)」が終わると、ドラマティックな「マジック(Magic)」のイントロフレーズが流れてくる。

(この曲もむかしは、すごく好きだったな)

 ボクは寝転がって天井を見上げる。なんだか中学1年の頃が、ものすごく懐かしく感じられた。あのときって、どんな気持ちでこのアルバムを聴いてたんだろう。たかだか2年しか経ってないが、なんだか、なにもかも変わってしまったような気がする。ボクは窓際に寝転がり、射し込む太陽の残光を浴びて、金色っぽく変色した長い前髪を一束摘みあげると、しばらくは鼻先でその色を眺め続けていた。――――




【2012.03.12 記事原文】

リッチー・ブラックモア率いるレインボー1981年のアルバム
『Difficult to Cure』から、
イントロが爽やかなロックナンバー「Magic」をどうぞ♪







Magic - レインボー
5thアルバム『Difficult to Cure(アイ・サレンダー)』 1981年



関連記事
スポンサーサイト

Pink Houses - John Mellencamp 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Pink Houses





I selected "Pink Houses"
from 7th album "Uh-huh" of John Mellencamp released in 1983.



1984年の洋楽ヒットチャートから


さて。
ボクが聴いてた中学生当時は、まだ「ジョン・クーガー」と呼ばれていた
ジョン・メレンキャンプ氏なのではございますケド・・・

正直、ボクが作品として持っていたのは、
彼の代表作でもある1982年リリースの6thアルバム『American Fool』のみでして・・・
それ以前に関しては、まったく知らず、それ以降の作品については、
MTV等々でPVを観たときに「あぁ~彼!」と思う程度でした。

あれから30余年・・・・
ん?おいおい!ホントかよぉ~っって気もしますが、
そう。すっかり永い歳月が過ぎてしまったのですね。

ジョン氏の楽曲は、基本的にスタンダード&クラシカルなR&Rがベースなのですが、
30年経て、改めて聴いてみると、やはりしっくり馴染みます。
ボクが「追いついた」ってわけじゃないですけど、
音楽に古いだの新しいだのって概念がないことをつくづく実感します。

音楽には、「いい作品」か「まぁどうでもいい作品」の
2種類しかないのでしょう。そこに時間的な定義などは不必要なんですね☆


では、ジョン氏が1983年にリリースした7thアルバム『Uh-huh』から、
ビルボードのシングルチャートで最高8位を獲得した
ミディアムスローなフォーク・ロック「Pink Houses」をチョイス☆





Pink Houses - The Best That I Could Do (1978 - 1988)

Pink Houses - ジョン・メレンキャンプ
7thアルバム『Uh-huh』 1983年


関連記事

Your Love Is Driving Me Crazy - Sammy Hagar 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Your Love Is Driving Me Crazy





I selected "Your Love Is Driving Me Crazy"
from album "Three Lock Box"
of Sammy Hagar released in 1982.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて。
ボクがマトモに洋楽を聴き始めた80年代・・・
いやいや ボクが洋楽史上 最も驚いた出来事はと聴かれたら・・・


やはり サミー・ヘイガー氏がヴォーカルとして
電撃的にヴァン・ヘイレンへ加入したことです☆

大物同士のデュエットやらコンセプト的なマッチングは
いくつもありましたけど このサミー・ヘイガー氏のヴァン・ヘイレン入りは
当時 ものすご~くギャップ感を感じたんですよねぇ。

その理由は サミー氏が そこまでメジャーな訳じゃなかったこと。
でもって 最大の理由は サミー氏は大して歌が上手くなかった!!
ってことっすかね。


果たしてどうなることかと思いきや・・・
ヴァン・ヘイレンにとって初の全米No.1アルバム『5150』が
生み出されることになったんですけども。。。まぁ それは結果論です(笑


さて。

そんなサミー・ヘイガー氏の音楽キャリアは
すでに70年代前半にスタートしてるみたいです。

ソロ転向も70年代半ばですんで
かなりの下積み時代を経験してきたっつうことですね。


ボクが彼の名前を初めて知ったのは
1982年リリースのアルバム『Three Lock Box』からのシングルカットで
ビルボード シングルチャート初のベスト20入り(最高13位)
を記録した「Your Love Is Driving Me Crazy」が
スマッシュヒットしてからですね。

まぁ 正直 ヒット曲と呼べるのって この曲くらいしかなかったのに
いきなりヴァン・ヘイレン・・・って言われてもねぇ。。。


でもこの曲って・・・
何となく新生ヴァン・ヘイレンっぽいテイストが
感じられなくもない気がしますね☆



Your Love Is Driving Me Crazy - サミー・ヘイガー 
アルバム『Three Lock Box』 1982年

関連記事

【Re-Edit】 Goody Two Shoes - Adam Ant 【80年代ロック】

【Re-Edit】【80年代洋楽ロックの名曲】


Goody Two Shoes




I selected "Goody Two Shoes"
from 1st album "Friend or Foe"
of Adam Ant released in 1982.



1983年の洋楽ヒットチャートから


まぁ 中学生当時は個人的にハードロック嗜好が強く
あまりUKのニューウエイブっぽいサウンドには興味なかったんですけどね。

でもまぁ周りのUK好きなヤツからいろいろ聴かされたもんです。
そんな中にアダム&ジ・アンツの『プリンス・チャーミング』も入っておりました。

正直 全くもって受け入れ拒否って感じに
ボクの嗜好性と乖離しておったんで 結局カセット半身だけしか聴いてません。


さて。
そんなアダム&ジ・アンツのフロントマンアダム・アント氏が
1982年にリリースした1stソロアルバム『Friend Or Foe』からカットされ
1983年のビルボード シングルチャートで
彼自身 初のヒットチャート入りを果たしたのが「Goody Two Shoes」☆

たしか・・・いつだかスマップ出演のcmで使用されてたような???


激しいオープニングからのタムプレイに
ライトなホーンフレーズが絡む
NEOロカビリーちっくなナンバーなんですわねぇ。。。


まぁこの曲をセレクトするなんざ大したモンす。
おそらくこの規模のCMを仕掛けるとすりゃぁ
広告代理店D社なんでしょうけどね・・・






【2012.03.30 記事原文】

こちらもフレンド推しのナンバー♪
ソロとなったアダム・アントのちょっとひねったR&Rナンバー
「Goody Two Shoes」です♪♪

2ndアルバムの「Strip」は持ってたけど、この1stは持ってなかったな。
たしかに・・・こっちのアルバムのほうが良さそうだな!




Goody Two Shoes - The Essential Adam AntGoody Two Shoes - アダム・アント
1stアルバム『Friend Or Foe』 1982年


関連記事

Crumblin' Down - John Mellencamp 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Crumblin' Down





I selected "Crumblin' Down"
from 7th album "Uh-huh"
of John Mellencamp released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


ジョン・メレンキャンプが1983年にリリースした7thアルバム『Uh-huh』
のオープニングトラックにしてビルボードのシングルチャートで
最高9位を獲得した「Crumblin' Down」をチョイス☆


彼は80年代半ば過ぎまでコンスタントに
全米ベスト10入りの作品をリリースしていくんですけど ・・・

この「Crumblin' Down」は 初期ストーンズっぽい
フォーキーのR&Bコードに バリバリ スタンダードな
ロック系8ビートのリズム&ベースが絡まるっつう

まぁ 実にどっちつかずのナンバーで御座います☆


でも PVを観ればお判りのとおり
奏者であるジョン氏のノり方は
明らかにロックンロールのノリです。。。

う~む・・・もしリズムとベースが中間音を中抜きしてたら
間違いなくR&Bってことになるんでしょうけどね。

まぁ なかなかナイスなグルーヴ感を感じるナンバーではあります☆




Crumblin' Down - The Best That I Could Do (1978 - 1988)Crumblin' Down - ジョン・メレンキャンプ
7thアルバム『Uh-huh』 1983年


関連記事

(She's) Sexy + 17 - Stray Cats 【80年代R&R】

【80年代洋楽R&Rの名曲】


(She's) Sexy + 17




I selected "(She's) Sexy + 17"
from 3rd album "Rant N' Rave with the Stray Cats"
of Stray Cats released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


セクシーなフロントマン ブライアン・セッツァー氏を中心に結成された
アメリカンR&Rバンド ストレイ・キャッツ☆

まぁ 何度か書いてることですけど・・・
ホントにこの1983年あたりに洋楽は一日中聴いてましたからねぇ。。。

こうして数十年ぶりにPV観ると 実に感慨深いものが御座います☆


まぁ当時R&R寄りのファッションに憧れてたボクにとって
理想とするヘアスタイルは ブライアン・セッツァー氏と
ダリル・ホール氏だったんですけどね☆

そんなストレイ・キャッツが1983年のビルボード シングルチャートで
最高5位まで上昇させたのが コテコテなR&Rコードで
ヘヴイなベースが打ち鳴らされる「(She's) Sexy + 17」☆


まぁ このロカビリー系のギター音に関しては
やっぱ " グレッチ " にしか出せないんだろうって思いますねぇ☆

後年 ブランキーの浅井健一もミッシェルのチバユウスケも
最終的には " グレッチ " の音に落ち着いていくわけなんですわね。

当時 ボクの周りで " グレッチ " を持ってたヤツは
さすがにいなかったんですけど あのオールドヴィンテージ感漂う形状や
ボディカラーは やっぱ格別な趣きを感じますです☆




(She's) Sexy + 17 - Rant N' Rave With the Stray Cats(She's) Sexy + 17 - ストレイ・キャッツ 
3rdアルバム『Rant N' Rave with the Stray Cats』 1983年



関連記事

Don't Cry - Asia 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Don't Cry





I selected "Don't Cry"
from 2nd album "Alpha" of Asia released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


当時中学生だったボクらには " プログレ " なるサウンドが
果たして どんなものかなんてことは知る由もなかったわけですね・・・

ただ このエイジアがデビューし 爆発的な大ヒットを記録させた
1982年リリースのデビューアルバム『Asia』 を称して
一様にして " プログレ " だと言っていたことから
ボクらは 勝手にシンセが大々的にフューチャーされたサウンドを指すものだと
理解しておったわけです☆

まぁ 当たらずといえども遠からず・・・でしょうけどね☆

ぶっちゃければ 構成メンバーに元プログレ系バンド出身者が多かった。
っつう言い方もできるかもしれません。

そんなエイジアが1983年にリリースした
2ndアルバム『Alpha』からのシングルカットナンバー☆

ビルボードのシングルチャートで最高10位となった
まぁ " プログレッシヴ " なロックチューン「Don't Cry」 をチョイス♪

でもまぁデビューアルバムのインパクトからすれば
ややマンネリな音。。。とも言えますかねぇ:::




Don't Cry - アルファDon't Cry - エイジア
2ndアルバム『Alpha』 1983年



関連記事

【Re-Edit】 Owner Of A Lonely Heart - Yes 【80年代ロック】

【Re-Edit】【80年代洋楽ロックの名曲】


Owner Of A Lonely Heart





I selected "Owner Of A Lonely Heart"
from album "90125" of Yes released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて。

当ブログでは たま~に70年代~90年代あたりの洋楽ヒットチャートから
名曲をご紹介しておるのですけどね。


80年代に関しては 現在1983年のビルボードチャートからの
選曲をしておりやす☆

今から ちょうど30年前の1983年くらいって
まぁ 当時 中学生だったボクが 最も洋楽に傾倒していた時代とも言えます。
また同時に PVにやたらと金掛け始めた時代でもあります☆


ですんで 当ブログでも過去に相当楽曲を紹介してますけど
とりあえず再編集がてらご紹介☆


まずは 60年代デビューのUKプログレバンドであるイエスが
1983年にビルボード シングルチャートで初にして唯一の
Mo.1を獲得したソリッドなロックチューン
「Owner Of A Lonely Heart」をチョイス♪

曲以上にPVの印象が強烈でしたわねぇ~
「なんじゃこりゃ???」って内容ですけども・・・

さて!見事に全米チャートを制したにも関わらず
なぜかご地元のUKチャートでは28位止まりだったようで・・・

つうかシングルに関しては UK&USともに
彼らって さして売れておりませんなぁ。。。



【2012.03.22 記事原文】

70年代ブリティッシュ・プログレバンドといえば。。。
ひとつ、イエスについても少々。。。


クリムゾンもイエスも、メンバーチェンジが非常に激しい。
メンバー総入替え?みたいなノリの時期もあったりする。
※ギターのスティーヴ・ハウ等は、後にエイジアを結成する。


初期イエス作品は、長くて聴くのも面倒臭い?ものばっかり。。。
そんなイエスが復活させたのが83年にビルボードNO.1ヒットとなった
「Owner Of A Lonely Heart」である。

グログロなPVの完成度が非常に高かったですね。






Owner of a Lonely Heart - 90125Owner Of A Lonely Heart - イエス
アルバム『90125』 1983年



関連記事

She's A Beauty - The Tubes 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


She's A Beauty





I selected "She's A Beauty"
from album "Outside Inside"
of The Tubes released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


チューブスというバンド。
ボクは良く知らないんですけどね・・・

どうやら70年代中期のデビュー当時は
かなり過激でアヴァンギャルドなぶっ飛んだステージで
評判になってたようですねぇ☆

そんな彼らが 音楽的な方向性を真逆に変えたのが
80年代に入って あのデイヴィッド・フォスター氏を
プロデューサーに迎えてからのようです。

まぁ・・・何てったって" デイヴィッド・フォスター "ですから・・・

決してアヴァンギャルドに走ることなく
収まりの良い トレンドにマッチした
ニューロマンティック系のシンセロックを
あっさりと書いちゃうんですわね・・・


当然 稀代のヒットメイカーが書いた作品に
売れないロックバンドが逆らえるはずもなく・・・

ものすごくキャッチーなサウンドへと
劇的な変貌を遂げることになったみたいです。


でもまぁ 結果的に1983年にリリースしたアルバム
『Outside Inside』からのカットナンバー
「She's A Beauty」はビルボードのシングルチャートで
唯一のトップ10(最高10位)をGETいたします☆


さて。このアルバムナンバーを数曲Yで視聴してみたんですけど
たしかにキャッチーなメロディではありますが
決して" 媚びた音 "っていう感じじゃなくって
すんごく爽やかな気持ちのいいロックナンバーって感じでしたね♪

ボクはアルバム聴いてもいいかな?って思いましたけどね☆


まぁ・・・
何だかんだで トップ10ヒットを持てたっつうことが
彼らにとっても 結果的には良かったんじゃなかろうかな?
とは思いますけどね☆




She's a Beauty - The Best of The TubesShe's A Beauty - チューブス 
アルバム『Outside Inside』 1983年


関連記事

Affair of the Heart - Rick Springfield 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Affair of the Heart - Rick Springfield





I selected "Affair of the Heart"
from album "Living in Oz"
of Rick Springfield released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


ボクらがリアルにその名を知ったのは 無論80年代中期なんですけど・・・

60年代後半から すでに音楽キャリアをスタートさせていた
リック・スプリングフィールド氏☆
ボク的には 彼がこんなに前から活動してたっつうのが すんごく意外でしたねぇ。。。
※つうかすっかり80年代デビューだとばっかり思ってましたが。。。


さて。そんな彼ですけんども
70年代初期は俳優としても そこそこ活躍してたようですけど
80年代に入るとロックミュージシャンとしての活動に力を注ぎ始めます☆

そんな彼が1983年にリリースし ビルボードのシングルチャートで
最高9位となったのが「Affair of the Heart」です☆

割とライトめなロックナンバーを主としていたロック氏にしてみれば
かなりハードリフを聴かせる80'sエレクトリック系ロックってな感じですな♪




Affair of the Heart - The Best of Rick SpringfieldAffair of the Heart - リック・スプリングフィールド
アルバム『Living in Oz』 1983年

関連記事
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。