QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 【80年代】きっと名曲☆_ポップス/AOR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Take Me to Heart - Quarterflash 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Take Me to Heart





I selected "Take Me to Heart"
from 2nd album "Take Another Picture"
of Quarterflash released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて・・・この前曲で
なしてキム・カーンズ女史の「Bette Davis Eyes」を再登場させたかというと。。。

何となくこの曲にイントロイメージが似てるってことをですね。
まぁ言いたかっただけっつのか・・・



80年代前半 ロス夫妻を中心に結成された
アメリカのロック系バンドのクォーターフラッシュ☆


そんな彼らが1983年リリースの2ndアルバム
『Take Another Picture』からビルボードのシングルチャートで
最高12位まで上昇した「Take Me to Heart」をチョイス♪

でも 正直 彼らの楽曲は1981年にリリースされたデビューシングル
Harden My Heart」しか知りません・・・

な~んとなく名前が似てるんで てっきり同じ曲かと思ってました;;;


さて。。。この曲を聴いた第一印象としては・・・

キム・カーンズ女史の「Bette Davis Eyes」と
スティーヴィー・ニックス女史の「Stand Back」を
足して2で割ったような感じ?っていうような・・・

まぁ「Stand Back」に関しては同じ1983年リリースですんで
どっちのリリースが早かったのかまでは判りませんけどね。。。

いずれにせよ80年代を代表する女性シンガーの
全米N0.1ヒット曲に似てれば。。。そこそこ売れるんでしょうけどね☆



Take Me to Heart - クォーターフラッシュ
2ndアルバム『Take Another Picture』 1983年





関連記事
スポンサーサイト

King Of Pain - The Police 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


King Of Pain





I selected "King Of Pain"
from 5th album "Synchronicity"
of The Police released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


全米だけで800万枚超えのアルバムセールスを記録した
まさに80年代初期を代表するアルバムのひとつ。


ポリスのラストリリースとなった5thアルバム
『Synchronicity』からの US 2ndカットナンバーにして
ビルボードのシングルチャートで最高3位をGetした
「King Of Pain」をチョイス♪



まぁ・・・正直 中学時代のボクにとっちゃぁ
このアングラなニューウェイブ系アルバムは
すんごく受け入れがたいものがあったんですけどね・・・・

Every Breath You Take(見つめていたい)

くらいしか聴く曲なかったもんでして・・・


でも このアルバムは グラミーの
「最優秀ロック・グループ・パフォーマンス賞」
を受賞したみたいですね☆

ちなみに「Every Breath You Take」のほうは
1984年のグラミーで「最優秀楽曲賞」と「最優秀ポップ・デュオ/グループ」
の2冠を達成しとります☆


さて。
この「King Of Pain」ですけど・・・

イントロからAメロ1番までのアンニュイなメロディのバックトラックには
ひたすらピアノとマリンバの音色だけしか聴こえていません。

しっかし・・・かなり難解なコード和音で作られてますね。

でも2番からバックトラックにベースとリズムが乗っかると
" 不思議ポップ " なサウンドに変化します。




King of Pain - Synchronicity (Remastered)King Of Pain - ポリス 
5thアルバム『Synchronicity』 1983年

関連記事

Same Old Scene - Roxy Music 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Same Old Scene







I selected "Same Old Scene"
from 7th album "Flesh and Blood"
of Roxy Music released in 1980.



名前は知ってるけど 代表曲は知らない・・・

まぁ世間的には そんな感じで括られてそうな
グループであるロキシー・ミュージック☆

それは UKチャートには たまに顔出しても
アメリカでは シングル&アルバムとも
全く相手にされなかったからなんでしょうかね。


まぁ 彼らをニューウェイブと呼ぶのは簡単ですけど
普通の感性しか持ってない方が聴いても・・・

2回 同じアルバムをリピートしたいとは思わないような
作品が多いのも事実でしょう☆

基本 フロントマンのナルシスト ブライアン・フェリー氏が描き出す
" よう分からん系 "な 世界感を具現化させた作品。。。

という見識が正しいように思えます。


さて・・・

そんな彼らがUKアルバムチャートでは 久々に1位を獲得した
1980年にリリースの7thアルバム『Flesh and Blood』☆

さすがに80年代に入ると 遊んでばかりはいられなくなったようで
サウンド面でもトレンドを採り入れ始めます。

そんな80'sなフィーリングが色濃いエレクトリックポなップナンバー
「Same Old Scene」をチョイス☆

といっても エレクトリック一辺倒じゃなくって
ホーンセクションも効いててなかなかゴージャスっす☆




セイム・オールド・シーン - Flesh + BloodSame Old Scene - ロキシー・ミュージック
7thアルバム『Flesh and Blood』 1980年


関連記事

Back On The Chain Gang - The Pretenders 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Back On The Chain Gang





I selected "Back On The Chain Gang"
from 3rd album "Learning to Crawl"
of The Pretenders released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


女性リードヴォーカルであるクリッシー・ハインドさん率いる
UKのロック&ポップ系バンドのプリテンダーズ☆

そんな彼女たちがUK1983年(US1984年)にリリースした
3rdアルバム『Learning to Crawl』から
唯一のビルボード シングルチャートでベスト10ヒット(最高5位)
となった「Back On The Chain Gang」をチョイス♪

アコギベースのスウェディッシュ・ポップな爽やかさを放つナンバーっす♪
※でも・・・野郎系の"うっ" とか "あっ" みたいなコーラスフィルインは別に要らん!!


この曲はマーティン・スコセッシ監督&ロバート・デ・ニーロ氏という
『タクシードライバー』コンビが再びタッグを組んだ1983年公開の映画
『キング・オブ・コメディ』のサントラにも収録されてるようですが。。。
このサントラに収録されたその他のアーティストも
リッキー・リー・ジョーンズさんやトーキング・ヘッズなどなど
まさに音楽を知ってるヒト好みのチョイスです☆





Back On the Chain Gang - Learning to Crawl (Remastered)

Back On The Chain Gang - プリテンダーズ
3rdアルバム『Learning to Crawl』 1983年(UK)

関連記事

Runaway - Mr. Mister 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Runaway





I selected "Runaway"
from 2nd album "I Wear the Face"
of Mr. Mister released in 1984.



ペイジズ解散から3年後の1984年、
リチャード・ペイジ氏を中心に結成されたロックバンドのMr. ミスター☆


同年リリースのデビューアルバム『I Wear the Face』は
アルバムチャート170位と ギリギリ200位圏内をクリアするに止まります。

全体的なサウンドとしては 1981年にリリースされた
ペイジズ時代のラストアルバム『Pages』 のほうが
どちらかといえば洗練されてたかな?
という感じはしますna。


まぁリチャード・ペイジ氏がMr. ミスターにおいて
デビュー当初に求めた音楽的な方向性ってのは
若干ニューロマンティックでエレクトリックなエッセンスが含まれた
ロックサウンドだったんでしょうけどね。。。


でも。。。結果的にペイジズ時代の濃密なAORとしての
アダルトテイスト感は薄らぎ 誰にでもつくれそうな?
至極ありがちな安物ポップサウンドになってしまった気がしますね。


まぁ。彼らは翌1985年リリースの2ndアルバム
『Welcome to the Real World』で
世界的に大ブレイクすることになるんですが。。。

その最大の勝因は チープなエレクトリック・ロック路線から早めに軌道修正し
リチャード・ペイジ氏が最も得意とするアダルトで緻密なサウンドエッセンスを
強調したっつうことが大きいんでしょうね。


そんな彼らの1stアルバム『I Wear the Face』から☆
かなりライトなサウンドながらも疾走感のあるポップンロックなナンバー
「Runaway」をチョイス☆

メロディ・ベースは中期のポリスっぽい感じなのかな???




Runaway - Mr. ミスター
1stアルバム『I Wear the Face』 1984年

関連記事

Young Turks - Rod Stewart 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Young Turks





I selected "Young Turks"
from 11th album "Tonight I'm Yours"
of Rod Stewart released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


80年代に入ってから ロッド・スチュワート氏のサウンドも
かなり時代のトレンドに迎合してしまうんですけど・・・

まぁその最たる例的なナンバーが1981年にリリースされ
ビルボードのシングルチャートで5位となった
エレクトリックポップなナンバー「Young Turks」☆

一言で評するならば「軽い」
もうちょい足すならば「軽い。軽すぎる・・・」

でも80年代初期の彼はヘアスタイルも含めてホントにSexyでしたね☆
間違いなく世界で最も色気のあるヴォーカリストだったでしょう☆




Young Turks - Tonight I'm Yours (Extended Version)Young Turks - ロッド・スチュワート
11thアルバム『Tonight I'm Yours』 1981年

関連記事

Freeze Frame - J. Geils Band 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Freeze Frame





I selected "Freeze Frame"
from 12th album "Freeze Frame"
of The J. Geils Band released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


Centerfold(堕ちた天使)」の大ヒットで一躍80年代初期に
ブレイクしたJ・ガイルズ・バンド☆

このナンバー収録の12thアルバム『Freeze Frame』から2ndカットされたのが
アルバムのタイトルトラックにしてオープニングを飾ったポップチューン
「Freeze Frame」でした☆

ビルボードのシングルチャートで最高4位まで上昇します。が・・・
まぁ。ボクら80年代洋楽世代からしてみればアルバム買って
実質的に彼らのサウンドを初めて聴くことになったこの曲。
当時の感想を正直に書けば。。。

「大して面白くない歌だなぁ・・・」

だったよぉ~な。。。
コレって・・・もはやロックではないですからねぇ。。。
ただ。今聴けば80'sな音だなぁ~。と
懐かしく思えるのも確かではあります☆

彼らも結果的には この曲を最後に
徐々にシングルチャートとは疎遠になっていくのですね;;;




Freeze-Frame - Best of the J. Geils Band (Remastered)Freeze Frame - J・ガイルズ・バンド
12thアルバム『Freeze Frame』 1981年

関連記事

To Know What You've Got - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


To Know What You've Got


AORといえば「ボビー・コールドウェル」か「ボズ・スキャッグス」と言われますケド。。。
実際ボビーさんの場合、2nd&3rd&4thアルバムは、あまり面白くありません。
あくまで1stアルバム『What You Won't Do for Love』 と
5thアルバム『Heart of Mine』がAORの名盤だということですね☆

同様に、ボズさんの場合も7thアルバムの『Silk Degrees』が
AORの名盤だった!ということでしょう☆


まぁ、そんな細かい話はさておいて、
ボビー・コールドウェル 1980年リリースの2ndアルバム『Cat in the Hat』から
イントロギターが80年代のフォリナーっぽいシンプルアレンジなナンバー
「To Know What You've Got」をチョイス♪

However...This album isnt interesting...





To Know What You've Got - Cat In the Hat (ロマンティック・キャット)To Know What You've Got - ボビー・コールドウェル
2ndアルバム『Cat in the Hat』 1980年



関連記事

Under Pressure- Queen Feat. David Bowie 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Under Pressure


まぁ。おまけみたいなもんですが・・・
クイーンとデヴィッド・ボウイによる「Under Pressure」をチョイス♪

しかし・・・コレもジャンル不明な曲っすね。
そういう場合、以前ならば「ニューウェイブ」と称したんですがねぇ。。。

なぜ、この組み合わせで、このサウンドを生み出したんだろうか?
名曲といえるかどうかは判りませんが。。。
まぁ、おまけということで☆


そんなこんなで、これにてデヴィッド・ボウイの名曲紹介も完了です☆





Under Pressure (feat. David Bowie) - Hot Space (Remastered)Under Pressure - クイーン & デヴィッド・ボウイ
10thアルバム『Hot Space』 1982年



関連記事
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。