QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 【70年代】きっと名曲☆_ロック/パンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

High Fashion Queen - The Flying Burrito Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


High Fashion Queen





I selected "High Fashion Queen"
from 2nd album "Burrito Deluxe" of
The Flying Burrito Brothers released in 1970.



ウエストコースト系サウンドの元祖ともいえる
フォーク・ロック・バンドの「バーズ」☆

1968年にバーズのメンバーだったグラム・パーソンズ氏とクリス・ヒルマン氏
によって結成されたのがフライング・ブリトー・ブラザーズ☆

まぁ彼らのサウンドは 基本的に
陽気なオールド・アメリカンフィールが色濃くって
懐かしい心地よさを覚えたりします☆

では彼らが1970年にリリースした2ndアルバム『Burrito Deluxe』から☆
ロックンロール系のベースラインにカントリーウエスタン調の
メロディを重ねた「High Fashion Queen」をチョイス♪

なんとなくディズニーランドの 熊が演奏してる
" あの辺 " で掛かってそうっすね♪




High Fashion Queen - The Guilded Palace of Sin / Burritos Deluxe
High Fashion Queen - フライング・ブリトー・ブラザーズ
2ndアルバム『Burrito Deluxe』 1970年
もしかしたら廃盤???



関連記事
スポンサーサイト

Tulsa County - Jesse Davis 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Tulsa County





I selected "Tulsa County"
from 1st album "Jesse Davis"
of Jesse Davis released in 1970.



俗に " スワンプ・ロック "と呼ばれる
サウスフィール漂う「泥臭さ」を感じさせる70'sサウンド。

でも ぶっちゃければウエストコースト系以外のロックは
ほとんど それに該当しちゃってると思うのですけど。。。


さて。ネイティブ・インディアンであるジェシ・デイヴィス氏が
エリック・クラプトンやリオン・ラッセル氏などの豪華ゲスト陣を
擁して製作された1970年リリースの1stアルバム
『Jesse Davis(ジェシ・デイヴィスの世界)』 ☆

このアルバムを評する声で圧倒的に多いのが

「70年代を代表する" スワンプ・ロック "の傑作」

というキャッチですね。


聴けば " なるほどそうなのかもな "って感じもするんですけど
どうにも" スワンプ・ロック "の定義が曖昧すぎて
そんなに賞賛されるアルバムなのかどうかは
ちょっと個人的には???です。

ただ 純粋に聴き流せば 脳裏に浮かぶ光景は
アメリカ南部の乾いた大地の はるか向うに地平線を見ている。
シボレーの錆付いたピック・アップトラックのフロントガラス越しに・・・

たしかにまぁ そんな気分にはなります☆

では アルバムから そんな南部の一本道を
まったりのんびりドライブ気分な「Tulsa County」をチョイス☆

まぁ。最近のボクの音楽嗜好としては
70年代の こんな感じのサウンドに心地よさを感じておるところです♪

ん?まぁ 俗称" スワンプ・ロック "ってヤツに☆




Tulsa County - Jesse Davis!Tulsa County - ジェシ・デイヴィス
1stアルバム『Jesse Davis』 1970年


関連記事

Squeeze Box - The Who 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Squeeze Box






I selected "Squeeze Box"
from 7th album "The Who by Numbers"
of The Who released in 1975.



1976年の洋楽ヒットチャートから


ザ・フーといえば・・・
なんだかすんごく60年代のバンドというイメージしかないんですけどね・・・
実際 彼らは何度か活動停止期間を挟みつつも 未だに現役バンドなんですねぇ!
※そういえば・・・昨年のロンドンオリンピックでも登場してましたなぁ。。。


ぶっちゃけ個人的には彼らの70年代以降の楽曲って
ほとんど興味がない訳なんですね。。。
まぁピート・タウンゼント氏のソロ作品は 結構気に入ってましたけどもねぇ☆


そんな彼らが1975年にリリースした7thアルバム『The Who by Numbers』から♪
ビルボードのシングルチャートで最高16位のスマッシュヒットとなった
「Squeeze Box」をチョイス☆

シンプルでフォーキーなドライブ系ロックナンバーっす♪
後半パートでインしてくるバンジョーの音色がなかなかによろす☆




Squeeze Box - The Who By Numbers (Remastered)Squeeze Box - ザ・フー
7thアルバム『The Who by Numbers』 1975年

関連記事

The Loser in the End - Queen 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】



The Loser in the End






I selected "The Loser in the End"
from 2nd album "Queen II"
of Queen released in 1974.



実際にところ・・・
クイーンのアルバムに関して言えば
そんなにハマったという記憶はないんです。。。

ボクが中学生の頃 自分で買ったLPは
1981年のベスト盤『GREATEST HITS』だけ。

も~っとずっと大人になってから買った
彼らのCDも1stアルバム『Queen』だけですかね。
他にも何枚かCD棚にあるんですけども・・・
ん???一体これって誰のCD???もしかして借りっぱか???
。。。まぁいいでしょう。。。


正直 彼らの楽曲における8割がたの代表曲は
『GREATEST HITS』に収録されております。


その後『GREATEST HITS vol.2』なるアルバムをリリースしたようですけど
一度も聴いたことありませんね。


そもそも クイーンのメンバー4人の名前を全部言え!
といわれたら。。。

フレディ、ブライアン・メイ、でもってロジャー・テイラーまでは出てきますよね。
そう。問題はベースの方のお名前です・・・

ジョン・ディーコンなんて微妙な名前だから覚えられないのか
そもそも覚える気がボクにないのか判りませんけど
とにかくボクの中では彼の印象が皆無です。。。

でも実際はマルチミュージシャンとしてクイーンの楽曲を
下支えしておりますし 何よりベースが重要となる中期クイーンの楽曲で
誰もが知ってる"あのベースライン"を弾いておられますのでね。
そろそろ覚えてあげなければ・・・とちょい思ったり☆


さて。。。
1974年にリリースされた2ndアルバム『Queen II』☆
このアルバムのA面をブライアン・メイが
そしてB面をフレディ・マーキュリー氏がライティングするという
実に珍しい形式のアルバムだったようですね。


そんなブライアン氏サイドから!
ドラムのロジャー・テイラー氏がリードを取ったという
実に意外なグラムっぽいロックナンバー「The Loser in the End」をチョイス♪
何気にハイトーンの抜けが良いのにはちと驚きです!!




The Loser In the End (Remastered) - Queen II (Remastered)The Loser in the End - クイーン
2ndアルバム『Queen II』1974年

関連記事

Keep On Smilin - Wet Willie 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Keep On Smilin





I selected "Keep On Smilin"
from Best album "Millennium Collection" of Wet Willie.



1974年の洋楽ヒットチャートから


ボクも35歳を過ぎたあたりから ひたすらに70年代のCDを割と聴いておるんですが・・・
やはり持ってないアルバムのほうが圧倒的に多いんだなぁ~と
当時のヒットチャートを追いつつ改めて認識しておる次第です;;;

1971年デビューのサザンロック系バンドであるウェット・ウィリー☆
彼らのアルバムってのも聴いたことないですなぁ。。。

そんな彼らにとって唯一の全米シングルチャートでの
ベスト10入り(最高10位)ナンバーが
1974年にリリースされた「Keep On Smilin」です☆

まぁサザンロックというよりは初期モータウンっぽいソウルちっくな
リズム&ベースにちょいとメロディを乗っけてみた!
的なシンプルなナンバーに思えますがねぇ♪




Keep On Smiling - Hot Southern NightsKeep On Smilin - ウェット・ウィリー
ベスト盤『Millennium Collection』

関連記事

Hocus Pocus - Focus 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Hocus Pocus





I selected "Hocus Pocus"
from 2nd album "Moving Waves"
of Focus released in 1971.



1973年の洋楽ヒットチャートから


だいぶ前に当ブログでも一度紹介しようかとも思いましたが
あまりにもクセ?が強すぎて見送ったというナンバーです☆


でもまぁ1973年チャートのヒットソングということならば
ハズす訳にもいかないのでご紹介☆


オランダのプログレ系ロックバンドであるフォーカスが1971年にリリースした
2ndアルバム『Moving Waves』からのシングルカットで、全米9位となった
彼ら唯一のヒットソング「Hocus Pocus」をチョイス♪

邦題は「悪魔の呪文」との事ですがねぇ・・・
イントロや間奏のギターワークは非常にイカしてるんですよ☆
しかし・・・一転してヨーデルが絡んでくる!
という何ともアバンギャルドな作品なんですわねぇ。。。

「シュルレアリスムっぽい」と言うならば、まぁ確かにそうでしょう。
UKでは大いに賞賛され、何と本場イギリスのメロディ・メーカー誌での人気投票で
10年間連続でギタリスト部門のトップにいたエリック・クラプトンを抜いて、
フォーカスのギタリストであるヤン・アッカーマンがトップとなった!
との事ですから尋常ではありません。

まぁ間奏のソロを聴く限り、悪くはないですけどもねぇ。。。
このアルバムでバリバリにロックしてるのはこの曲だけですからねぇ。。。
この1曲のギタープレイだけでクラプトンを超えちゃうっちゅうのがスゴいです☆





Hocus Pocus - Moving WavesHocus Pocus - フォーカス
2ndアルバム『Moving Waves』 1971年

関連記事

Rock and Roll Fantasy - Bad Company 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Rock 'n' Roll Fantasy


I selected "Rock 'n' Roll Fantasy"
from 5th album "Desolation Angels"
of Bad Company released in 1979.



前作となる4thアルバム『Burnin' Sky』がセールス的にもイマイチだった
バッド・カンパニーが1979年にリリースし、全米アルバムチャートで
久々ベスト3に食い込んだ5thアルバム『Desolation Angels』 ☆

ではアルバムのOPを飾った骨太系のロックナンバー
「Rock 'n' Roll Fantasy」をどうぞ♪
といっても、ドラムシンセサイザーっぽい音が聴こえてきたり
今聴くとものすんごくチープなロックと言えなくもないですけどね。。。

まぁ70年代のサウンドということで納得しましょう☆
それはさておき・・・何なんでしょうか?
このモダンなジャケは???
ジャケのモチーフからは全くアルバムの内容が伝わらないんですけど。。。



Rock 'n' Roll Fantasy - バッド・カンパニー
5thアルバム『Desolation Angels』 1979年



関連記事

Cool It Down - The Velvet Underground 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Cool It Down



ロックのボーカリストとして、
個人的にどうしても受け入れ難いのがルー・リード氏。。。

そんなルー・リード氏が1965年に結成したバンドが
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド☆

まぁ、その名のとおり、かな~りアングラ・ロックな世界を展開し、
未だに熱烈なファンが多い伝説的バンドである。


そんなヴェルヴェット・アンダーグラウンドが
1970年にリリースした4thアルバム『Loaded』 から
ダブリングがイカす「Cool It Down」をチョイス♪



Cool It Down - ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 
4thアルバム『Loaded』 1970年



関連記事
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。