QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > 【70年代】きっと名曲☆_バラード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

A Song For You - Gram Parsons 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


A Song For You





I selected "A Song For You"
from 1st album "GP" of
Gram Parsons released in 1973.



バーズを脱退後、クリス・ヒルマンとともにフライング・ブリトー・ブラザーズを結成し
バンドを1971年に解散してからソロとして2枚のアルバムを残したグラム・パーソンズ氏。


彼の代表曲である「She」は ホントいつ聴いても泣けますね・・・


さて。

彼は 1966年に音楽活動をスタートし バーズ フライング・ブリトー・ブラザーズ
を経由してからソロとなるのですけど 1973年にリリースされた
1stアルバム『GP』を発表後 24歳の若さでこの世を去ったようです。

何でも死因はドラッグの過剰摂取とのこと・・・う~む・・・

つまり実質 数年しか音楽活動してなかったということですね。
でも・・・なんか彼の名前って 聞き覚えあるんですよねぇ☆


では。

そんなアルバムから優しいフォークバラードナンバー
「A Song For You」をチョイス☆




A Song for You - GpA Song For You - グラム・パーソンズ
1stアルバム『GP』 1973年



関連記事
スポンサーサイト

I Write The Songs - Barry Manilow 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


I Write The Songs





I selected "I Write The Songs "
from 3rd album "Tryin' to Get the Feeling"
of Barry Manilow released in 1975.



1976年の洋楽ヒットチャートから


ボク個人的に・・・
バリー・マニロウ氏のサウンドに
ググっと惹かれることは全くないのですが・・・

少なくともビルボードのアダルトコンテンポラリーチャートにおいては
デビュー以降1位の獲得率が非常に高いということからも
彼はAC系の優れたアーティストだということにはなるんでしょうね。。。

1974年のデビューシングル「Mandy(哀しみのマンディ)」が
いきなり全米No.1ヒットとなりますが・・・
でも面白いのは この曲が収録されたアルバムはデビューアルバムじゃなくって
2ndアルバム『Barry Manilow II』だったんですね。。。


どうやら1973年にベル・レコードから1stアルバム『Barry Manilow』
をリリースするんですけど 作品自体はイマイチ ヒットしなかったようです。

その翌年 社名をアリスタ・レコードと変更してからリリースされた
「Mandy(哀しみのマンディ)」収録の2ndアルバム『Barry Manilow II』は
アルバムチャートで見事ベスト10入り(最高9位)を果たします。


そのスマッシュヒットに便乗するかたちで 会社の意向によって
1stアルバム『Barry Manilow』が再リリースされたものだから
この1stからシングルカットされたナンバー「Could It Be Magic」は
実際 2ndアルバム『Barry Manilow II』リリース後の1975年に
発表されるという 云わば入れ替わり現象が起こる訳でして。。。


だから 何とな~くホントは1stアルバムなのに2ndっぽい印象を与えてる!
ということのようなのです。

ややこし過ぎてボクもよく分からないんですが・・・
まぁ。かなり粗~くWikiを直訳をすれば・・・そんな感じみたいですわねぇ。


さらにWikiを読むと 全米No.1大ヒットの「Mandy(哀しみのマンディ)」の作者が
バリー氏本人ではなかったために 彼的にはこの曲を歌うことに対して
かなり抵抗があったがようなんですけどね・・・

そんな彼が1975年にリリースし 再びビルボードのシングルチャートで
No.1に輝いたのが「I Write the Songs」☆

でも。。。このバラードソングも彼のライティング作品ではなくって
ザ・ビーチ・ボーイズのブルース・ジョンストン氏が書いてるようです。。。

ん?なんか矛盾してねぇか???
と思い よくよく彼の作品のクレジットを見てみると。。。
結構な頻度で彼以外の方々がライティングしておるようです。

なんじゃい?彼はどっちかといえばプロデューサーなのかい???
まぁ。別にさほど彼には興味ありませんのでどっちでも良いことなんですけどね☆
ちょっと意外でした・・・




I Write the Songs - Ultimate ManilowI Write The Songs - バリー・マニロウ
3rdアルバム『Tryin' to Get the Feeling』 1975年

関連記事

Just Like You - Roxy Music 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Just Like You


ロキシーミュージックが1973年にリリースした
3rdアルバム『Stranded』 から、しっとりめなミディアムスローのナンバー
「Just Like You」をチョイス♪

このアルバムってUKチャートでは初のNo.1を獲得してますが、
全米チャートでは全く売れてなかったんですね・・・
このアルバム・ジャケットは、かな~り前から見覚えがあったので、
もっと売れてるものと思ってました。。。

というより、ロキシーミュージックって全米ではセールスが
イマイチ伸びてないですね。
へぇ~。。。名前は良く聞いたんですけどね・・・
ちょっと意外でした☆



Just Like You - ロキシーミュージック
3rdアルバム『Stranded』 1973年



関連記事

Come In From The Rain - Carole Bayer Sager 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Come In From The Rain


もうひとり女性アーティストを紹介しましょう♪

70年代後半から優れたソング・ライティング能力を発揮し、
様々な音楽賞を受賞した天才肌のキャロル・ベイヤー・セイガー。

彼女は基本的にバラードを得意とするライターだが、
巷がいうところのAOR系シンガーかというと、ちょっと違うような気もする。


まぁ個人の尺度によりますが・・・
彼女の声はぶっちゃけヴォーカルとしてのクオリティは低いっす。
※それを「味」だという見方をしたとしても・・・ちょいと・・・ねぇ・・・
作品のクオリティが高いので、違うヴォーカルが歌ってたら、
もっと評価も高かったとも感じる。(十分高いですケドね。。)


そんな彼女の1st&2ndアルバムは、まさに名盤と呼ぶべき仕上がり!
ですので名曲をチョイスしようにも、ほとんど捨てるべき要素がありません・・・


まぁそんな訳で1曲目から順にご紹介(笑)
まずは、ピアノの調べにのせて優しく歌い上げる「Come In From The Rain」です♪


Come In From The Rain - キャロル・ベイヤー・セイガー
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 1977年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



関連記事

Painted Bells - Boz Scaggs 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Painted Bells


さて。ボズ・スキャッグスがAORへとサウンド変化するのは、
1976年にリリースされた7thアルバム『Silk Degrees』 あたりから。

それ以前の彼の作品は、やはりR&B色が強いのでAORというジャンルに属さないのですが、
まぁ1971年にリリースされた3rdアルバム『Moments』あたりから選曲を始めましょう。


まずは、バロックっぽい調べが爽やかなライトテイストなバラードソング
「Painted Bells」をどうぞ♪






Painted Bells - Moments

Painted Bells - ボズ・スキャッグス
3rdアルバム『Moments』 1971年



関連記事

Rock'N Roll With Me - David Bowie 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Rock'N Roll With Me


そういえば・・・デヴィッド・ボウイの名曲特集をしてたんですがね。。。
どうにも脱線が多いので、まぁ。あまりこだわらないで、
節々に挿入していくことにしますわ。


ボウイ1974年リリースの7thアルバム『Diamond Dogs』から、
非常にシンプルなロッカバラードの「Rock'N Roll With Me」をチョイス♪
彼の中期における難解な作品のなかでは、とてもシンプルなナンバーっす。


Rock'N Roll With Me - デヴィッド・ボウイ
7thアルバム『Diamond Dogs』 1974年



関連記事

Lady Stardust - David Bowie 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Lady Stardust


さて。
そういえば現在、デヴィッド・ボウイの名曲特集をやっている最中だったのでございます。



では早速再開しましょう!!


デヴィッド・ボウイの5thアルバム『The Rise and Fall of Ziggy Stardust
and the Spiders from Mars』 から、ちょいサイケ時代のビートルズっぽさも漂う
アコースティックなバラードナンバー「Lady Stardust」をチョイス♪





Lady Stardust - The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (Remastered)
Lady Stardust - デヴィッド・ボウイ
5thアルバム『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders
from Mars』 1972年 アルバムお勧め度「☆名盤です☆」




関連記事

Sad and Deep as You - Dave Mason 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Sad and Deep as You


今日は、かつてボクが良く聴いていたアーティストのアルバムから
まとめてチョイスしていこうかなぁ・・・

では、お気に入りのデイヴ・メイスンからいきましょう!!
1970年リリースのアルバム『Alone Together』 から、
ひとりでズンっと浸りたいときに聴きたいフォーキーでシンプルな
哀愁のバラードナンバー「Sad and Deep as You」をチョイスっす♪
・・・ちょっと暗すぎたかな???


Sad and Deep as You - デイヴ・メイスン
アルバム『Alone Together』 1970年




関連記事
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。