QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Yes イエス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 スモーク・オン・ザ・ウォーター - ディープ・パープル 【70年代ロック】

【Re-Edit】【70年代洋楽ロックの名曲】


Smoke on the Water





Epi-18


 1983年4月19日(火) 中学3年の一学期
 夕方の午後3時過ぎ

 放課後、――
 ボクは音楽室へ向かっていた。校舎を繋ぐ三階の渡り廊下から西のほうを眺めてみると、海沿いの街並みが一望に見渡せる。そのずっと地平の先、箱根の山々の向こうには、ほぼシンメトリーな美しいシルエットを描いた富士山が、まだ残雪を冠したままにそびえていた。富士山はボクの家のベランダからも見えるけど、駅の北口にいま建設中の商業施設が完全にできあがる頃には、ほとんどがその建物の陰に隠れてしまうことだろう。

 さっきまで小雨がパラついていた渡り廊下を通り抜けてく夕風があまりに清らかで心地いい。この吹き抜けの通路は、ボクがこの学校で、唯一「好きだ」と思える場所かもしれない。――

 敷地のなかに三棟連なって並び建つ、一番北側の校舎三階に音楽室はある。一度だけ中1の音楽の授業で合唱曲を歌わされたことはなんとなく覚えているが、それ以外でこの部屋に行ったという記憶はない。そもそも中学時代、ボクがなにも部活動をしてなかったせいもあるんだろうけど、文化系のクラブに所属している部員のほか、放課後、この北館に用事がある生徒なんてほとんどいなかった。

 音楽室の入り口扉のガラス窓からなかをのぞき込む。数名、部員らしき学生の姿が見える。どうやら彼らは吹奏楽系の楽器を手入れしているようだった。けれど、竹内カナエの姿はそこにはない。と、そのとき、隣の音楽準備室のほうからアコースティックギターの音色が聴こえてきた。ボクは音楽準備室のほうへと向かい、ノックもせずに横開きの扉を開け放つ。

 が、あまりにレールのすべりがよすぎたせいで、鉄製枠に扉の縁がおもいきりぶち当たり「バーン」と大きな音を、ひとけのない北館三階の廊下じゅうに響き渡らせる。

(これじゃぁ、まるで道場破りか討ち入りだわな、……)

 顔は知っているけど名前までは知らない同学年の男子生徒ら数名がギターを手にしたままボクのほうを振り返り、一斉に驚きの表情を浮かべた。彼らと談笑していた竹内カナエも、思わず、

「えっ、どうしたの? シーナ君」

 と、いきなりボクが現れたことに少し驚く。

「まぁ、……なんとなくね。どんなとこなのか見たくなってさ」

 部屋へ入ると、ボクは音楽準備室のなかを見まわしながら彼女に答えた。黒い布カバーに包まれた吹奏楽系と思われる楽器に混じって、数台置かれた大きなアンプの隣にエレキギターやベースが数本づつ並べられており、中央付近にはドラムセットまで置かれている。まるで、いますぐにでも、この場でライブができてしまえそうな設備が整っていた。

「へぇ、この学校ってドラムまであったんだ」

 ドラムセットの前で立ち止まり、ボクは思わず感嘆の声を漏らした。

「あぁ、なんだか、むかしからあったみたいよ。でも最近、うちの部員にもほとんど叩ける人がいないんだけどねぇ」

 と、カナエはアコースティックギターをひざに抱えたままで、静かに答える。

「ふーん、すごいんだねぇ」

 ボクはハイハットを人差し指の爪先で何度かはじく。
 そして部屋の隅へと歩いていき、何本かあるうちのエレキギターのなかから一本引っ張りあげる。それはかなり年季の入った『リッケンバッカー』だった。

「もし弾きたければ弾いてもいいよ」

 座ったままでボクにピックを差し出してカナエは微笑む。オープンで何度かダウンストロークしてみると、どうやらチューニングは狂っていないようだ。ようやくボクの存在にも慣れてきたのか、ほかの男子生徒たちも円陣を組むよう椅子に座り、お互い顔を見合ってタイミングを計り、ギターで曲を弾きはじめた。

 カナエはちょっと前傾姿勢で椅子に座って少し足を開き気味にし、ひざのうえにギターを抱えていた。長いストレートの前髪を右のほうだけ垂れ下げながら、耳のうしろにかけた左の黒髪越しにクールな一重の視線をギターのネックあたりに向けている彼女。その姿が、なんだかやたらと様(さま)になっていた。――

 どうやらビートルズの「イエスタデイ(Yesterday)」をギターの重奏用にアレンジし、彼らは演奏しているようだ。カナエはリードギターでメロディパートを弾いていたが、出だしの数音、アルペジオで弦をはじいただけですぐにわかった。彼女は本当に驚くほどギターが上手い。ボクは腕を組み、しばらく彼らの演奏に聴き入っていた。――

 夕暮れを舞う浜風が、また降り出した春雨(しゅんう)の微粒を窓のほうへと吹きつける。「パチパチ」と、ガラスをはじく雨粒の微かな律動にボクは目をやる。

「シーナ君って、なにが弾けるの?」

 音合わせの休憩中、カナエが笑って話しかけてきた。

「あぁ、たぶん指がもう動かないんだけどね」

 手にしたリッケンバッカーで「スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke on the Water)」のイントロリフを弾きながらボクは照れ笑いを浮かべた。急にカナエは椅子から立ちあがり、部屋の隅に立てかけられてた黒いケースを手に戻ってくるなり、なかからベースを取り出して、微笑みながらボクを見つめた。

「シーナ君、ちょっとこっちにきて」

 彼女は棚からシールドケーブルを二本選ぶと、巨大なアンプが並べられている窓際のほうへとボクをクールな眼差しで誘(いざな)う。そしてシールドをギターとベース、それぞれに接続してから入力プラグをマーシャルアンプのインプットジャックへ差し込んだ。

 電源を入れるとすぐ、「ヴゥーン」と、低周波の低い通電ノイズが唸りはじめる。左右の鼓膜を小刻みに震わされ、「これはきっと相当なワット数なんだろうな」と思いつつ、ボクは巨大アンプの下に組み込まれたスピーカーを眺めた。

「さっきの、もう一回弾いてみて」

 振り向くとボクを見つめてカナエはいった。

「えっ? 『スモーク・オン・ザ・ウォーター』?」

 思わず聞き返す。

「そう。もう一回弾いて」

 そうカナエに促され、ボクはふたたびリッケンバッカーを手にすると、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のイントロ・リフを弾きはじめた。――瞬時にマーシャルの巨大アンプは、部屋の空気を「ブワッ」と揺さぶり、凄まじい音圧で一気にボクの弾いたギター音を外へと押し出す。やがてカナエのベースラインがボクのリフに重なってくると、重低音が弾丸みたいに背中を叩いていった。――

 その残響が音楽準備室の窓ガラスを「ビリビリ」揺さぶる。――ボクの家にあるポータブルアンプとは、まったくもって次元の違う凄まじいほどの出力、もはやこれは単なる音ではない。音振動の衝撃波にカラダを直撃されているような感覚だった。

――――これが、……ライブの音なのか、―――― 

 ボクは、大音量で室内の空気を揺さぶり続けるこの巨大アンプの前に立ち、それまで感じたことのない快感と興奮に酔いしれていたんだ。

「じゃぁ、オレがリズム入れようかな?」

 そういって、ひとりの男子生徒がスティックを手にしながらドラムセットの丸椅子に腰かける。ボクらはふたたびイントロから「スモーク・オン・ザ・ウォーター」をセッションしはじめる。ボクの奏でるリフに、イントロ3ターン目で16ビートのハイハットが刻み込まれ、4ターン目でスネアの打音が響き出す。そして5ターン目からキックとカナエの重いベースラインが乗っかってきた。――

 それはものすごくシンプルな音だった。けれど、それは紛れもなくバンドサウンドだったんだ。実際に大音量で演奏してみれば誰でも絶対にわかるはずだ。たしかに、音楽に言葉なんていらないんだな。って、――

 けれど、ボーカルが入るAメロ直前になって、ギターを弾くボクの手がふと止まる。

「オレ、……この曲ってイントロしか知らないんだよね。つうか歌詞も知らないし」

 カナエに向かってそういうと、

「まぁ、それが普通なんじゃないの?」

 と、カナエはクールな一重を薄く細めて「フッ」と笑った。――――




【2012.03.14 記事原文】

イマサラながら感はありますが、
まだ当ブログで一曲も選曲していなかったので、
まとめてディープ・パープルを数曲チョイスしときます。


エレキフリークじゃなくとも必ず一度は弾いてみたであろう
世界で最も有名なギターフレーズ「Smoke on the Water」♪
ロックのビギナーバンドにとっては入門書みたいなもんすかね。


ハードさを追求してない「だらだら感」が良いのかなぁ?


まぁ、本当にイマサラですけどね。。。
でも・・・忘れた頃にふと聴くと、相変わらずクールです!!







Smoke on the Water - ディープ・パープル
6thアルバム『Machine Head』 1972年
アルバムお薦め度「☆名盤です☆」



【Re-Edit】 Yes - No - オフコース 【ポップスの名曲】

【Re-Edit】【ポップスの名曲】


Yes - No






Epi-14

 1981年10月7日(水) 中学1年の二学期
 3時限目が終わった休み時間

 晩秋にそよぐ風。――ただ、その余韻のなかにしか感じられないはずなのに、嗅覚で記憶されたそれまでのあらゆる匂いを、ときに激しく、絶えずほんのり甘やかなこの香りは一瞬のうちに上塗りし、すべて残らず消し去ってゆく。

 あらゆる風情に紛れ込み、毎年、記憶の深奥(しんおう)へ、その存在を印象づけていく金木犀(きんもくせい)の芳香(ほうこう)だけが、映像のなかに色とともに漂い続け、繰り返し、――繰り返し、積み重なっていきながら、ボクたちの記憶の端に付箋(ふせん)となって残されていく。

 だから、この香りが遠慮しがちにこの街を包み込む季節がくるたびに、ボクらは、その色めく薫香(くんこう)が浮かびあがらす淡い懐かしさの追憶にふけるのだ。

 中学1年になってから三度目の席替えで、春山サエが目の前の席に決まった瞬間、きっとボクは、この学校に入ってはじめてのときめきと沸き立つ喜びを同時に感じていたに違いない。八重歯が印象的な彼女の瞳は、眼鏡をはずすといつだって泣き止んだ直後の子供のように少し寂しげに潤んでいた。

 うららかな春の陽光がこぼれ落ちる4月、この教室ではじめてサエの可憐な笑顔を見たときから、ボクは彼女に惹かれていたんだ。

 校門を出ると、学校の敷地に沿って設けられたネットフェンス越しに軟式テニス部の練習風景が見える。放課後になると、ボクはいつも足早に家路へと向かいながら、先輩部員たちよりも少しだけ背の高いショートヘアのサエのうしろ姿を見つめていた。

 すっかり日没が早くなりはじめた秋の夕暮れ。――

 少し前まで、しなやかな素足を隠さなかった彼女も、いまでは濃紺色のジャージ姿で、細長く延びた影を引き連れながらコート上を懸命に駆けまわり続けている。――

「わたし、オフコースが好きなんだよねぇ」

 ある日の休み時間、春山サエはうしろに座るボクのほうへ、少し陽に焼けた小さな横顔を向けながら突然、そう話しかけてきた。それが中学に入ってから彼女とマトモに話した最初の会話だった。

 ボクがオフコースの「さよなら」をはじめて聴いたのは、小学校5年くらいのときだったろうか。おそらくは、どこかのスキー場のレストハウスで流れていたように思う。ちょうどこないだ、オフコースが二枚リリースしていたベスト盤『セレクション(SELECTION)』のカセットを買ったばかりだった。そのカセットを取り替えながら、毎日、気に入った曲ばかり繰り返し聴いていたんだ。――――

「オレも、たまに聴いてるけどね」

「えっ! シーナ君は、どの曲が好きなの?」

 と、サエは右肩越しに微笑みながら訊ねてきた。

「うぅ~ん、……イエス・ノー(Yes-No)かな」

 この曲が一番好きだというわけでもなかった。けれど、オープニングで奏でられるシンセサイザーのイントロがすごく印象的だったんで、たまたまそう答えてみた。

「あの曲ってさぁ。すっごくイントロがいいよね!」

 と、サエも微笑みながら小さく頷く。結果的に2人の会話はうまくかみ合いながら、よい方向へと繋がっていったんだ。

 授業中、彼女のうしろ姿しか見たことのなかったボクのほうへ、その瞬間、サエは嬉しそうに微笑みながら、おもいっきり体ごとイスの向きを変える。そして眼鏡をしたままの潤んだ瞳でボクのことを見つめた。

 おそらくこんなにも間近で彼女の顔をちゃんと見たことなんてなかったろう。放課後、格子状のフェンスの外側から、遠目にコート上を走りまわっている彼女の姿を追っていただけのボクに、そんなことなんてできるはずもなかったのだから。――

 おもわずサエから目をそらし、教室の窓のほうを眺めた。微笑んだときの彼女の八重歯が、やけに可愛く思えたので、なんだか少しだけ照れくさくなったのだ。

 彼女は、そっとささやいた。

「こないださぁ、シーナ君、『時に愛は』を、はなうたで歌ってたでしょ? だから、もしかしたら『オフコースを聴いてるのかな』って思ってね」

 もう冬も近いせいだろうか。

 弱い西陽に照らし出された窓の外側の世界は、いつも以上に静かに、そしてゆっくりと時間が流れているように思えた。結局、サエにはいわなかったけれど、ボクがホントに好きな曲は「ワインの匂い」なんだけどね。でもそれは、彼女と交わす次の会話のきっかけとしてとっておいたんだ。……

 ほかの人からすれば他愛もないことなのかもしれない。けれどボクにとっては、とても大切なオレンジ色に染まる夕暮れのひととき。

 やがて、深かった新緑の木々たちもいっせいに枯葉色へと変わってゆくのだろう。いまではすっかり色白になってしまった彼女の頬を、北風がピンク色に染めてゆく季節が、もう間もなくこの街に訪れるのだ。――――



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



Yes - No - オフコース
ベスト盤『SELECTION 1978-81』 1981年


【Re-Edit】 Owner Of A Lonely Heart - Yes 【80年代ロック】

【Re-Edit】【80年代洋楽ロックの名曲】


Owner Of A Lonely Heart





I selected "Owner Of A Lonely Heart"
from album "90125" of Yes released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて。

当ブログでは たま~に70年代~90年代あたりの洋楽ヒットチャートから
名曲をご紹介しておるのですけどね。


80年代に関しては 現在1983年のビルボードチャートからの
選曲をしておりやす☆

今から ちょうど30年前の1983年くらいって
まぁ 当時 中学生だったボクが 最も洋楽に傾倒していた時代とも言えます。
また同時に PVにやたらと金掛け始めた時代でもあります☆


ですんで 当ブログでも過去に相当楽曲を紹介してますけど
とりあえず再編集がてらご紹介☆


まずは 60年代デビューのUKプログレバンドであるイエスが
1983年にビルボード シングルチャートで初にして唯一の
Mo.1を獲得したソリッドなロックチューン
「Owner Of A Lonely Heart」をチョイス♪

曲以上にPVの印象が強烈でしたわねぇ~
「なんじゃこりゃ???」って内容ですけども・・・

さて!見事に全米チャートを制したにも関わらず
なぜかご地元のUKチャートでは28位止まりだったようで・・・

つうかシングルに関しては UK&USともに
彼らって さして売れておりませんなぁ。。。



【2012.03.22 記事原文】

70年代ブリティッシュ・プログレバンドといえば。。。
ひとつ、イエスについても少々。。。


クリムゾンもイエスも、メンバーチェンジが非常に激しい。
メンバー総入替え?みたいなノリの時期もあったりする。
※ギターのスティーヴ・ハウ等は、後にエイジアを結成する。


初期イエス作品は、長くて聴くのも面倒臭い?ものばっかり。。。
そんなイエスが復活させたのが83年にビルボードNO.1ヒットとなった
「Owner Of A Lonely Heart」である。

グログロなPVの完成度が非常に高かったですね。






Owner of a Lonely Heart - 90125Owner Of A Lonely Heart - イエス
アルバム『90125』 1983年



Roundabout - Yes 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Roundabout


I selected "Roundabout"
from 4th album "Fragile" of Yes released in 1971.



1972年の洋楽ヒットチャートから


ちょっと前、ボクの名古屋のフレンドから、「ベースラインがクールな洋楽?」
的なランキングについて教えてもらったことがある。

そこでもランクインしていたイエスが1971年にリリースの
4thアルバム『Fragile』 からのシングルカットナンバー「Roundabout」☆

UKにおけるプログレッシヴ系サウンドの一翼を担った彼ら。


しかしながら・・・
プログレッシヴなロックというものにあまり食指を動かされなかったボクにとって、
初期イエスの作品は、さほど興味の対象にはなりませんでした。

でも。
この曲は本当にスゴイですね♪
無論、ムダに弾けるベースラインもさておきつつ、
アレンジパターンを変化させながら、実にドラマ性に満ちた、
この一曲だけでも十分であろう8分30秒の壮大なストーリーを展開しております☆

まぁ。彼らの初期作品は、8分どころか20分近い楽曲もザラですんで・・・
短いほうなのかもしれませんがねぇ・・・☆





Roundabout - Fragile (Remastered)Roundabout - イエス
4thアルバム『Fragile』 1971年


Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。