QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Whitney Houston

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Didn't We Almost Have It All - Whitney Houston 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Didn't We Almost Have It All






1984年2月4日(土)

「ワタシね、本当はもう諦めかけてたの。『シーナ君にはアロハのメンバーがいるんだから、ワタシなんていなくても、――』ってね。そしたらユカリが、金曜日の夜、電話口でワタシに泣きながら2時間以上もね、ずっと訴え続けていたのよ。――絶対に後悔だけはもうしないで。――本当に欲しいものがあるんなら、大きな声で『それが欲しい』って相手に伝えなきゃ、なにも手になんて入らないんだよ。ってね」

メイは優しげにユカリの寝顔にそういった。――そして、ボクのほうを横目で見つめた。

「――だから、今日の夕方、シーナ君に本当の気持ちを伝えることができた。きっとユカのおかげなんだろうな。……本当の気持ちをいえたからね、ワタシにはもう、なにも後悔することなんてないの。来月、卒業ライブが終わったとき、どんな結果が待っていたとしても構わない。一番いいたかったことを一番訊いて欲しかった人に、ちゃんと伝えられたのだから。――」

夕方、音楽準備室でメイは、はじめて彼女の本当の気持ちをボクに告白してくれたんだ。マレンに対する後悔を心のなかに閉じ込めたまま、どうすることもできなかったボクに、メイは、かつてボクがマレンへ贈った曲を「卒業ライブのとき、みんなの前で歌って欲しい」って、そういっていた。――

【歌ったあとに、シーナ君がなにをどう感じるのかはわからない。でも、シーナ君は絶対に歌うべきだと思う。――もしワタシがそれを聴き終わったとき『絶対に川澄さんには叶わないな』と感じたのならば、ワタシはシーナ君を好きでいることをやめる。でも、歌ったことで、その後悔が少しでも晴れて、『彼女のことを完全に忘れられなかったとしても、シーナ君が先に進められそう』だとワタシ自身そう感じたならば。……

もしワタシがそう感じたのならね、――ワタシはシーナ君を、いまよりもっと好きになる。――もしワタシがそう感じられたのなら、いままでいろんなものを得る前に自分のほうから諦め続けてきたワタシ自身、ちゃんと生まれ変わりたい。……生まれ変わって一番好きなその人に、『一緒にいて欲しい』って、もう一度ちゃんと伝えたいって思ってるの。――】

ボクが、家の玄関を出ようとすると、白いスウェットに薄紫色のカーディガンを羽織ったメイが微笑みながら閑(のど)やかにささやいた。

「そう、さっきユカがいってたこと、――『いつか3人だけで暮らせたら』って話ね、……もしそうなれたらすごい幸せなんだろうなって、ワタシも本当に思ったの。それにね、『シーナ君とワタシがいなければ修学旅行に行く意味なんてなかった』って、ユカがいってたでしょう。――

それもね、本当だったのよ。……たぶんマキコも同じことを感じてたんでしょうけど、……ワタシ、クラスのみんなと旅行に行ってるあいだじゅう、ずっと『シーナ君がいないのなら、旅行になんてきたって仕方なかったな』って、思ってた。どこに行ってもね、ずっとそうだった。たとえほかに何人いようとも、誰と一緒にいようとも、そこにシーナ君がいなければね、ワタシも旅行になんてくる意味なかったんだって、ずっと思ってた。――」

ボクは一瞬、ものすごくメイのことを抱きしめたくなったんだ。それはきっと、今夜のボクらにしてみれば、さほど難しいことではなかったはずだろう。けれど、なぜだか妙に格好つけて最後にはいつだってスマートさを気取ってしまう。――まったくホントにイヤになっちまう。――結局、ボクは彼女に抱いた衝動を「グッ」と堪(こら)え、

「じゃぁ、明日、昼くらいにまたくるからね」

と、メイに別れを告げてから玄関を静かに開け、星明りが灯る氷点下の路地裏へと出ていった。――漆黒の街に点々と浮かびあがった街灯の淡い光はまるで、きめ細やかなヴェールのように向こう側の景色を白く霞(かす)ませている。――ボクは、そんなサンドブラストされたような水銀灯の白光色に包まれながら、ふと立ち止まり、そしてメイの家のほうを振り返った。

マレンへの後悔の想いが決して小さくなったわけじゃあないのだろう。けれど今日、メイがボクにくれたいくつもの素直な想いが、――はじめて解き放たれた正直な言葉が、彼女の穏やかな口調そのままに、後悔だけしかなかった闇色の心の奥から、何度も繰り返し聴こえてきていた。いや、――そうやって彼女の声を繰り返し再生せているのは、なんてことない、……ボク自身の意思なんだ。ボクが彼女の声を、いつまでも繰り返しずっと「聴いていたい」と願っていたからなんだ。――



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】


【2012.03.17 記事原文】



↑ Live. Ver


誠にタイムリーなことに。。。
ボクのipotに収められた「洋楽バラード集」の1曲目が、
ホイットニー・ヒューストンのセカンドアルバムに収録された
この「Didn't We Almost Have It All」なのである。


ホイットニーは、ライブでバラードを
原曲とは全く違ったテンポアレンジにして歌いあげる。


YouTubeでは、いくつかのLIVE ver.がアップされているのだが、
特に、このライブは、彼女のヴォーカリストとしての
才能と艶やかさが一番現れていると感じる。


ちなみにボクが行ったコンサートでは、この曲はメドレーで
全編歌わなかったよぉ~な?定かではありませんが。。。



しかし。。。
マライアでもなく、ビヨンセでもなく、
率直に歌の上手い人なんだなぁとつくづく思うのである。







Didn't We Almost Have It All - ホイットニー・ヒューストン
2ndアルバム『Whitney』 1987年



I'm Your Baby Tonight - Whitney Houston 【90年代ポップス】

【90年代洋楽ポップスの名曲】


I'm Your Baby Tonight






I selected "I'm Your Baby Tonight"
from 3rd album "I'm Your Baby Tonight"
of Whitney Houston released in 1990.



1990年の洋楽ヒットチャートから


やっぱ久々にホイットニー・ヒューストンさんの歌声を聴くと圧倒されますね・・・

前2作が2000万枚超えのビッグ・セールスを記録してるんで
やや霞んで見えますが・・・1990年にリリースされた彼女の通算3枚目のアルバム
『I'm Your Baby Tonight』も それなりに1000万枚超えはクリアしておるんですね☆

では!
アルバムからのタイトルトラック!
L.A.リード&ベイビーフェイスのライティングによって
ビルボードのシングルチャートでNo.1をゲットした
ハウス系のビートにアダルトエレガントなメロディラインが乗っかる
Coolなダンスポップナンバー「I'm Your Baby Tonight」をチョイス☆

しかし・・・すんごい歌声だぁ。。。
単なるハイトーンっつうだけでもなく
パワフルなだけでもない。。。

声質に艶やかなオリジナリティがあって どんだけ高音を出してても
どことなく女性としての優雅な気品を感じるんですよねぇ☆




I'm Your Baby Tonight - I'm Your Baby TonightI'm Your Baby Tonight - ホイットニー・ヒューストン
3rdアルバム『I'm Your Baby Tonight』 1990年


Hold Me - Teddy Pendergrass & Whitney Houston 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Hold Me





I selected "Hold Me"
from 1st album "Whitney Houston"
of Teddy Pendergrass & Whitney Houston.



ホイットニー・ヒューストンさんが1985年にリリースし、
ビルボードのシングルチャートNo.1ヒットを3曲も生み出した
大ヒットデビューアルバム『Whitney Houston』☆

しかし。。。ホイットニーさんがビルボードチャートに初めて登場するのは
その前年の1984年にソウルの大御所テディ・ペンダーグラス氏とのデュエットで
テディ氏のアルバム『Love Language』からシングルリリースとなった
「Hold Me」だったんですね☆

彼女にとって実質的には1stシングルとなったこのナンバーは
ホイットニーさんのデビューアルバムのエンディングにも収録されました☆

まぁ壮大なスケールを感じさせる爽やか系ラブソングっす♪




Hold Me (Duet With Whitney Houston) - Love LanguageHold Me - テディ・ペンダーグラス & ホイットニー・ヒューストン
1stアルバム『Whitney Houston』 1985年

Battle Hymn Of The Republic(リパブリック讃歌) - Whitney Houston 【讃歌の名曲】

【洋楽讃歌の名曲】


Battle Hymn Of The Republic(リパブリック讃歌)





さて。
たまには趣きを変えて童謡・民謡・讃歌などの名曲もご紹介してみましょう!

まずはボクらの中では「ま~るい緑の山手線♪」もしくは「ひとりとひとりが腕組めば♪」
のイメージのほうが圧倒的に強い「リパブリック讃歌」☆
※マニアックなところだと「ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた♪」
なんじゃそりゃ???

この曲をWikiると どうやら起源は南北戦争まで遡るようで。。。
何でも「北軍の行軍曲」だったとか・・・

「アメイジング・グレイス」もそうですけど
「Glory, Glory, Hallelujah!」
なんていう神々しい歌詞が普通に出来ちゃう
この辺のセンスがアメリカって素晴らしいですよね☆

さて動画はホイットニー・ヒューストンさんが歌ったVerをご紹介☆
彼女の歌声ってライブでは さらに凄みを増しますな。
インプロヴァイゼーションによって変幻自在に新たなメロディを創造してゆく彼女!

確かに・・・彼女は紛れもなくピュア・ナチュラルな「歌の女神」ですね♪


ヨドバシのCMもクリスマスシーズンくらい、たまには趣向を変えて、
こういうアレンジでMISIAあたりに歌わせたらいいのになぁ。。。
※ボチボチマンネリを打破せねばいかんでしょう。。。

もしボクがプレゼンするなら絶対にこの案を出しますね☆


Battle Hymn Of The Republic(リパブリック讃歌) - ホイットニー・ヒューストン 

Greatest Love Of All - Whitney Houston 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Greatest Love Of All


こちらもホイットニーの1stアルバムから、
まさに「これぞバブルなバラード・アレンジ!」と世界中を納得させた
「Greatest Love Of All」です♪





Greatest Love of All - Whitney Houston
Greatest Love Of All - ホイットニー・ヒューストン
1stアルバム『Whitney Houston』 1985年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



All At Once - Whitney Houston 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


All At Once



ボクと同じ世代の年齢の方々であれば、
バブルな日本において、高級イタリアンレストランや
一流とされるホテルなどで恋人と特別なイベントを過ごすことは当たり前であった。


そんな甘い時間を支えてくれたのが、
ホイットニー・ヒューストンの1stアルバム『Whitney Houston』。



アルバムの中から、すっかり代表的な定番のバラードナンバーを2曲ご紹介♪
まずは「All At Once」をどうぞ♪





All At Once - Whitney Houston
All At Once - ホイットニー・ヒューストン
1stアルバム『Whitney Houston』 1985年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。