QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > The Wailers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

400 Years - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


400 Years





I selected "400 Yearse"
from 2nd album "CatchAFire"
of The Wailers released in 1973.



これは レコード会社にも責任があると思うんですけど・・・

本来 " ウェイラーズ " と " ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ "
とでは の別物のバンドなんですよね。

しかし 音楽業界全般的に ボブ・マーリーの関与する作品を
すべてひっくるめて" ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ "と
言ってるようにも思えます。

まぁ 実際言ってますけどね・・・

この2つのグループの相違を明確に定義するならば

1973年にリリースされたアルバム『Burnin'』までと
それ以降・・・というのが正しいようですね。


このアルバム『Burnin'』までは
ボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラー
という結成当初の中心メンバーが勢揃いしてるんですけど 次作以降
ピーター・トッシュとバニー・ウェイラーの両氏がグループを脱退し
ボブ・マーリーを中心とした" ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ "
としての活動をスタートするんですね。


さて。つまりは まだ名義上" ウェイラーズ "であるはずの
1973年リリースのアルバム『Catch a Fire』・・・


彼らは このアルバムを" アイランドレコード "というメジャーレーベルから
リリースすることになるようですが レコード会社の思惑としては
ボブ・マーリーをフロントに押し出してプロモーションしたいと
思ってたみたいですね。

まぁ 結果的に それに反発してピーター・トッシュ氏らは
脱退するみたいなんですが このアルバム『Catch a Fire』も
オリジナルメンバーとしては最後のアルバム『Burnin'』も

初プレスのアルバムジャケットの名義は「The Wailers」でした。
しかし 次のプレス以降は レコード会社が勝手に「Bob Marley & The Wailers」
に変えてしまったみたいです。

まぁ あの御馴染みの "マリファナ堂々吸いまくり"のジャケですね☆

そんなアルバムから ピーター・トッシュ氏ライティング&ヴォーカル作品
「400 Years」をチョイス♪

まぁ居様に暗~い 初期ウェイラーズの代表作で御座います。
このテンポの速いヴァージョンのほうが有名ですけどね・・・


さて。そういうことからして Yにupされてるこの曲の動画タイトルを
" Bob Marley & The Wailers "という書いてる方々がやたら多い。
(Amaなんて ずばり「ボブ・マーリー」って言い切ってますからね・・・)


きっとこの曲をボブ・マーリーが
歌ってるんだと勘違いしてるんでしょうけど;;;


でも。おそらくは熱心なファンが 大抵のコメントに

"これはボプじゃなくってピーター・トッシュ!"

と書き込んでおりますね☆

誰かが教えなきゃ 事実が捏造されたまんま
まかり通ってしまいますわいなぁ☆





400 Years (Original) - キャッチ・ア・ファイアー+2400 Years - ザ・ウェイラーズ 
アルバム『CatchAFire』 1973年


Stop That Train - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Stop That Train





I selected "Stop That Train"
from 4th album "Catch a Fire"
of The Wailers released in 1973.




みなさま!お早う御座います~♪

さて。。。
このところ すっかり洋楽ヒットチャートからの選曲ばっかだったんでねぇ~。

たまにはボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズが1973年にリリースした
4thアルバム『Catch a Fire』あたから☆
のんびりまったりな日曜の朝に心地よくハマる「Stop That Train」をチョイスです☆


このアルバム『Catch a Fire』は
彼らにとって初のメジャーレーベルからのリリースとなり
またビルボードのアルバムチャートで初めてチャートインした記念すべき一枚なんですね☆

※でも171位だったみたいですけどね。。。


さて。。。
現在における大抵のCD作品のクレジットは"ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ"
となっておりますので ボブ・マーリーのことを良く知らない方々は
全ての楽曲を彼がライティングしてると思ってるかもしれませんが・・・


初期のアルバムでは ザ・ウェイラーズのメンバーのひとりである
ピーター・トッシュ氏のライティング作品も結構あるんですわね。
この「Stop That Train」もピーター氏の作品で御座います。

それまでは陽気で肩の力が抜けたジャマイカン・レゲエを作ってきた
ボブ・マーリー氏は このアルバムあたりから急速に
社会的メッセージが色濃いプロテストソングを書き始めます。

人種差別を非難する歌詞の内容に同調するかのようにして
メロディも暗めなマイナーコードを多用しはじめます。


ただ 結果的にこの路線が多くの黒人社会に受け入れられることとなったため
レコード会社はボブ・マーリー一人だけを より前面に押し出したバンドとして
ザ・ウェイラーズを売り出そうとしたようです。

それに反発し 初期トリオ時代のザ・ウェイラーズのメンバーだった
ピーター・トッシュ&バニー・ウェイラー氏は
1973年にリリースされたアルバム『Burnin'』を最後にグループを脱退します。

それ以降リリースされたアルバムから 正式に"ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ"
というグループ名がクレジットされるようになったみたいです。

当然ながら・・・
結成当初のザ・ウェイラーズのメンバーはボブしか残っておりませんでした。
ですんでボクらに馴染み深い"ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ"のメンバーは
新たに彼専属のバンドとして集められた方たちみたいですね。




Stop That Train (Jamaican Version) - キャッチ・ア・ファイアー<デラックス・エディション> (Deluxe Edition)Stop That Train - ザ・ウェイラーズ
4thアルバム『Catch a Fire』 1973年

Concrete Jungle - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Concrete Jungle

↑ オリジナル音源Ver.




↑ ライブVer.


I selected "Concrete Jungle"
from 4th album "Catch a Fire"
of The Wailers released in 1973.




ボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズが1973年にリリースした
4thアルバム『Catch a Fire』から☆

この時期のボブ・マーリーは、まさに神のレベルに達したかのように
普通の精神状態(笑)では作れないであろう素晴らしい楽曲を放ちまくりな訳ですね。

・・・様々な国で違法とされる「大麻/マリファナ」ですが
彼は露骨な肯定派だったのは有名ですよね☆

こんなこと言い切ってます! → ハーブを多く使用すればラスタに近づく
※明らかに酔って?ますわね;;;


そんなこんなでアルバムから☆
個人的には彼の傑作ナンバーのひとつだと思う
「Concrete Jungle」をチョイス♪

フリーセッション前の音調整風なイントロが超イカしてます☆


Concrete Jungle - ザ・ウェイラーズ
4thアルバム『Catch a Fire』 1973年

Stand Alone - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Stand Alone


I selected "Stand Alone"
from 3rd album "Soul Revolution"
of The Wailers released in 1971.



さて。。。
ここんとこあまり騒がれなくなってきましたが・・・
ご存知のとおり来月から違法ダウンロード刑罰化が施行される訳です。

その場合、おそらく邦楽系アーティストねたに関しては
投稿サイトへのアップロードが激減すると思われますんで、
今のうちに日本人アーティストを多めに特集しとこうかな。
と思いまして・・・☆

違法ダウンロードしたかどうかをリサーチするのは
実際問題かなり難しいですが、違法アップロード先は簡単に辿れます。

もし自宅等からUPしてたら即バレますからねぇ。
※わざわざネカフェ使うとも思えないですしねぇ・・・

まぁ。そんなこんなで来月になってみないと、
音楽系ブログに対する規制がどうなるか分からないのですが、
とりあえずクレームが入るまでは現行スタンスでいく予定です☆


さて。。。
そういう理由もあって、
洋楽ねたに関してはあまりご紹介してませんでしたので
ちょいと久々にボクの推し系アーティストの楽曲をご紹介です☆


まずはボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズが1971年リリースの
3rdアルバム『Soul Revolution』から何気に深~い愛の真理を問う
ラブリーなメロディのレゲエバラード「Stand Alone」をチョイス♪
まだまだ夏は終わりませんですよ♪♪





Stand Alone (Mono) - Best of the Early Singles - Single VersionStand Alone - ザ・ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年

Soul Rebel - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Soul Rebel 


I selected "Soul Rebel"
from 3rd album "Soul Revolution"
of The Wailers released in 1971.




さて。
盆休み前にプチっとヘヴィな案件が入ってしまって
ブログ更新がままならない訳ですが・・・
※きっとお盆中は仕事ですかね・・・・
まぁ息抜きがてら数曲更新しますね☆


では!
推し系アーティストの楽曲から!!

このアルバムは、ホントに捨て曲がないですね☆
ボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズが1971年にリリースした
3rdアルバム『Soul Revolution』 から
ヘヴィなベースラインがイカす「Soul Rebel」をチョイス☆

まぁ彼のベスト盤にはほぼセレクトされてるので
相当にメジャーなナンバーですケドもね♪


ここで演奏された全ての楽器パートのアレンジこそ
まさにレゲェのお手本と呼ぶべきものでしょう☆

ピピ島あたりのビーチでサンセットを眺めつつ
テキーラ&ライムをちょいと口にする!
そんなときにピッタリでしょうね☆





Soul Rebel - The Complete Lee Soul Rebel - ザ・ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年 

Duppy Conqueror - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Duppy Conqueror


I selected "Duppy Conqueror"
from 3rd album "Soul Revolution"
of The Wailers released in 1971.




いやぁ。。。
それにしても暑いっすなぁ。。。

そんなときはやっぱレゲエっすね♪

ボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズ1971年リリースの3rdアルバム
『Soul Revolution』から、彼らの代表曲のひとつでもあるナンバー
まったくやる気を感じさせない脱力系ナンバー
「Duppy Conqueror」をチョイス♪

海!テキーラ!ソルト&ライム!!
みたいな感じでダラけた休日を過ごすのにピッタリですよね☆





Duppy Conqueror - Best OfDuppy Conqueror - ザ・ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年

Fussing And Fighting - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Fussing And Fighting


I selected "Fussing And Fighting"
from 3rd album "Lifetime"
of The Wailers released in 1971.



しっかし暑いっすねぇ。。。
こうなると裸で出歩きたいっす・・・
決して変態的趣味ではありませんが・・・

そんなときは!
ボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズが1971年にリリースした
3rdアルバム『Soul Revolution』 から
「Fussing And Fighting」あたりをチョイス☆
※スンマセン。便宜上「レゲエ」は「ポップス」カテゴリーと見なしてます。


彼らのグループ名が「ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」となるのは、
どうやら1974年リリースの『Natty Dread』からみたいですね。
全く意識したことなかったけど、それ以前の表記は単に「ザ・ウェイラーズ」らしい。


さて。。。
個人的には「ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」に改名する以前の作品、
つまりは、この3rdから5thアルバム『Burnin'』あたりまでが、
一番サウンド的にカッコいいと感じます♪

後年、いろんなコンピものが数多くリリースされる彼らですが、
ここいらからはボクが好きなナンバーがあまり選曲されてません。

ですんで、ボクが勝手なベストをセレクトしてるのですけどね(笑
今回紹介の「Fussing And Fighting」は、結構好きですね☆
これはいくつかのコンピ盤にも収録されとるようですが・・・

全体のトーンは重く暗い感じだケド、プロテストソングにも聞こえる
歌詞がズシンと心に響きます。





Fussing and Fighting - The 30th Anniversary, Vol. 1Fussing And Fighting - ザ・ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年 

Put It On - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Put It On


以前このブログで紹介したザ・ウェイラーズの1stアルバム『The Wailing Wailers』
に収録されてた「I'm Gonna Put It On」をセルフカヴァーし、
テンポを下げて、よりモダンな仕上がりとなった「Put It On」を1971年の
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの3rdアルバム『Soul Revolution』 からチョイス☆
※「I'm Gonna Put It On」はレゲエというよりスカですよね。


だんんだとこういうサウンドが心地よ~く思えてくる時期です☆
夏の休日はビール片手に昼から音楽三昧!!
っていっても特に平日も休日もあまり関係ないボクですケド・・・
日曜くらいは特別な気持ちでいたいもんす☆



Put It On - ザ・ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年

Don't Rock My Boat - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Don't Rock My Boat


ボブ・マーリーをフロントマンとしたウェイラーズが
1971年にリリースした3rdアルバム『Soul Revolution』 から
ファンの間では人気の高いレゲエバラード調のナンバー
「Don't Rock My Boat」をチョイす♪


まぁ直訳すれば「俺のボートを揺らさないで!」なんだが、
実はものすごく深い愛の歌なんですね☆
日本語訳のサイトはあるのかな?
名曲です☆





Don't Rock My Boat - Bob Marley & The Wailers, Greatest HitsDon't Rock My Boat - ウェイラーズ
3rdアルバム『Soul Revolution』 1971年



Corner Stone - The Wailers 【70年代レゲエ】

【70年代洋楽レゲエの名曲】


Corner Stone


ボブ・マーリー率いるウェイラーズ
1970年リリースの2ndアルバム『Soul Rebels』 から
まさにレゲェのノリに酔いしれる「Corner Stone」をチョイス♪
この揺らめくような単調なリズムにも、相当なTrip作用があるんですよねぇ(笑

眩い灼熱の日差し、マリンブルーの海、テキーラ&ライム!
そしてレゲエミュージック♪♪それが夏の基本ですなぁ☆





Corner Stone - Soul Rebels (Bonus Track Edition)Corner Stone - ウェイラーズ
2ndアルバム『Soul Rebels』 1970年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。