QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > The Doobie Brothers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 What A Fool Believes - Doobie Brothers 【70年代ポップス】

【Re-Edit】【70年代洋楽ポップスの名曲】


What A Fool Believes








1983年8月7日(土)

夕方4時過ぎ、――

ボクは、ベッドの上で目覚める。きっと、海のほうで打ち上げられた花火の音が南風のなかに聴こえたせいだろう。ステレオのほうへ目をやると、ずっと電源が入ったままだった。どうやらレコードをかけっ放しで眠ってしまったらしい。さっき眠る前に聴いてたのは、ドゥービー・ブラザーズのアルバム『ミニット・バイ・ミニット(Minute by Minute)』――

マイケル・マクドナルドの歌声にはいまだに馴染めなかったけど、このアルバムのオープニングトラック「ある愚か者の場合(What a Fool Believes)」は、なんだかすごく気に入っていた。グラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞をダブル受賞したこの上質でポップなメロディラインが、どういうわけか、やたらアメリカという国の風景や匂いをボクの心に思い浮かばせるんだ。

――ふと、ボクを呼ぶ母親の声がした。

どうやら佐藤マキコから電話がかかってきているらしい。ボクは下の階へと降りていき、ダイニングで受話器を手にする。

「あっ、カミュ! 夏休みにどっか行った? ちゃんと元気にしてるの?」

マキコは、そういって話を切り出す。

「どこにも行ってないねぇ、……まぁ、ほとんど毎日家にいるけど」

と、ボクは寝ぼけながら、そんなふうに棒読みで答える。

「あのさぁ、今日ってこれから会えないかなぁ? 中学校の近くの公園で盆踊りがあるでしょ? よかったら一緒に行かない?」

そういってマキコはボクのことを誘う。

「別に行ってもいいんだけど、――」

と、答えたものの、なんとなく人混みが面倒くさかった。

それに、なんだかマレンにも申し訳ないような気がしたんだ。

きっと、彼女とはもう会えないんだろうとは思うけど、2週間前、あんなふうにマレンを傷つけてしまったくせに、すぐさま、ほかの女の子と遊びに行くってことに対しては、なんとなく心のどこかに躊躇(ためら)いがあった。

「たまには外に出たほうがいいよ。それに、もうそんなに暑くもないからさ」

マキコはそういって、どうにかボクを外へ連れ出そうと説得しはじめる。

マレンにすなまいと思う気持ちとは別に、マキコに対する申しわけなさもだんだんとボクの心に生まれていく。去年も一度、マキコからの誘いを断ってしまっているし、今年に関しては、それを断る理由も、あるような――ないような、至極曖昧なものでしかない。

「わかったよ。じゃぁ、どこに行けばいいの?」

ボクは、そういってマキコと会うことにしたんだ。――

たしかに外に出てみれば、マキコがいったとおり、それほど蒸し暑さは感じられなかった。

赤橙(あかだいだい)に染まりゆく夕空に揺らめきただよう夏雲は、淡い青紫色の柔らかな煙の結晶のように、この街の上空を幻想的な色彩で覆っている。

ボクはだんだん薄暗くなっていく、いつもの通学路である細い路地裏を歩き、建ち並ぶ家々の屋根の隙間から暮れゆく空を見上げた。普段はさほど人通りも多くないこの道も、さすがに今日は家族連れや浴衣を着た若いカップルたちの姿が目立つ。

けれど道幅が狭いくせに、やたらとバイクや車が前後から通り過ぎてくものだから、そのたびに歩行者たちの歩みは止められた。

そんなふうに何度も立ち止まる人波の歩調に合わせるようにし、ボクも流れるままに海のほうへと向かって歩く。やがて路地の小さな交差点の角までくると、車椅子に乗った少女が電柱の影に隠れているのが見えた。なにげなくその子のほうへと目を向ける。一瞬、ボクと目が合ったけれど、慌ててその子は視線を逸らした。

(あの子って、たしかウチの中学の3年生だったよな。誰かのことを待ってるんだろうか?)

そう思いながら、ボクはふたたび人波を大通りのほうへと向かっていった。――

海岸線沿いに建つボクらの中学のほうへと伸びる松並木の通りと、この街の東西を繋ぐ大通りが交差するその角に、ずっとむかしから空き地になったままの広大な広場がある。ボクはマキコと、その交差点で待ち合わせをしていた。

彼女がくるまで、なんとなく広場のまわりを歩いてみた。敷地の外周を囲うように提灯が吊り下げられ、すでに燈色(だいだいいろ)のあかりが灯されはじめている。その提灯の儚(はかな)げな灯りが、松並木の通りをほんのりと照らし出す。その淡い吐息のように「めらめら」と、力なく揺れ動く灯火(ともしび)の脆(もろ)さが、涼やかな夏の夜風と相まってなんだかやけに刹那かった。

しばらくすると、白っぽいワンピース姿のマキコが、ボクのほうへ手を振って駅のほうから歩いてくるのが見えた。ボクも、少しだけ彼女に向かって右手をあげた。

それとほとんど同時に、交差点の向こう側から青信号を渡ってくる、さっき見かけた車椅子の女の子の姿が見えた。何気なくその子のほうを振り向くと、彼女の車椅子を、ボクのクラスメイトの李メイが押していることに気がついた。

(あの子って、李さんの友達だったんだ。――)

3年になってからすでに4が月過ぎているけれど、ボクは、まだ教室でメイと話したことは一度もない。いつだって、メイはどことなく近寄り難い、薄い氷のようなオーラを常にその身に纏(まと)わせていた。少なくとも、これまで彼女がこの学校のなかで、心から笑っている姿なんてものは、まったく記憶にない。

せいぜい休み時間にマキコたちと談笑しているとき、口元を微かに微笑ます程度だったんだ。――

けれど、いま横断歩道を渡ってきているメイの表情は本当に優しげで、決して作り物ではない純粋な笑顔を湛え続けている。メイがあんなふうな顔をして笑えるんだということに、正直ボクは驚いていた。

やがてその車椅子の少女がボクの前を通り過ぎるとき、なんとなくメイのほうを振り返って、笑いかけたように思えた。メイは「チラッ」と、ボクのほうを横目で見ると、少しだけ恥ずかしそうにうっすらと、そのしなやかな口元に笑みを浮かべ、なにもいわずにそのまま通り過ぎていった。ボクが2人のうしろ姿を眺めていると、少し遅れてマキコがやってきた。

「久しぶりじゃん! カミュ!」

大きな薄緑色した瞳でボクを見つめ、マキコは嬉しそうに笑った。

「あぁ、――あっ、そういえば、いまさっき、李さんが通ったよ」

ボクは、マキコにメイがきていることを告げる。

「じゃぁ、あの子も一緒だった?」

マキコは、そう訊ねる。

「あの子って? 車椅子の子?」

と、ボクは何気なく問い返す。

「そう、『ユカリ』っていうみたいなんだけどね。――メイのね、小学校のときからの親友なんだって」

マキコの言葉を聞きながら、ボクはメイたちが広場のなかを踊りやぐらのほうへ歩いていくうしろ姿をネットフェンス越しに見つめた。

(李さんの親友、――)

ボクには、2人の関係はよくわからなかったけれど、さっきメイが見せていた純粋な笑顔を思い出し、きっと「メイは唯一、そのユカリって子にだけは心を許しているんだろうな」って、なんとなく勝手に理解する。

気づけばマキコはボクの左腕に、白くて細い右腕を絡ませていた。

ウチの中学校のヤツらも大勢きてるんだろうとは思ったけれど、なんだか別にどうでもよくなった。ボクは、そのままマキコに腕を引っ張られ、すでに踊りがはじまっている広場のほうへと連れて行かれた。見上げた湘南の空はすっかり日も暮れ落ち、時折、吹き抜けてゆく少し強い南風が、踊りやぐらから放射状に吊るされた提灯の灯りを「ゆらゆら」揺らし続けてた。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】




【2012.03.26 記事原文】

そういえば。。。

ここまで70年代のロックバンドを紹介してきたが、
ドゥービー・ブラザーズは、まだ一曲も無かったなぁ・・・


ということで!
昔からのドゥービーファンは絶句したであろう
超ポップな大ヒットアルバム『Minute by Minute』から、
マイケル・マクドナルドがケニー・ロギンスと共作し、
グラミー賞最優秀レコード賞などなどを受賞した
「What A Fool Believes」をチョイスです♪


個人的にマイケル・マクドナルドは嫌いなんだけどねぇ。。。
やっぱ気持ちいい曲っすよね!






What a Fool Believes - Minute By MinuteWhat A Fool Believes - ドゥービー・ブラザーズ
8thアルバム『Minute by Minute』 1978年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



How Do The Fools Survive - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


How Do The Fools Survive


さて。ドゥービー・ブラザーズ の名曲特集も今回で終わりです。


最後にご紹介するナンバーはアルバム『Minute by Minute』で、
最もスティーリー・ダン・サウンドの影響が色濃い「How Do The Fools Survive」です♪


まぁ、個人的な結論を申し上げれば、
マイケル・マクドナルドは、スティーリー・ダンが主催する
サウンドスクールの優秀な卒業生だったということなのかなぁ~と感じる次第です。


しかしながら、こんにちに至るまで、頑なにオリジンを因襲し続ける
ドナルド・フェイゲンやウォルター・ベッカーとは異なり、
そのオリジナル・エッセンスをベースとしつつも独自の音楽的進化を遂げた面では、
あるいは先生方をも上回る時代的ニーズに対する先見性とクリエイティブ・スキルが
あったのかもなぁと思うのも確かです。

まぁ、それを「商業的な勘」というのかもしれませんが・・・






How Do the Fools Survive? - Minute By Minute
How Do The Fools Survive - ドゥービー・ブラザーズ
8thアルバム『Minute by Minute』 1978年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」


Minute by Minute - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Minute by Minute


ドゥービー・ブラザーズのアルバム『Minute by Minute』から、
アルバムのタイトル曲「Minute by Minute」をチョイス♪


ものすごく浮遊感のあるライトポップな仕上がりのナンバーですけど、
コードチェンジあたりにスティーリー・ダンの影響を何気に感じます。





Minute By Minute - Minute By Minute
Minute by Minute - ドゥービー・ブラザーズ
8thアルバム『Minute by Minute』 1978年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」


Here To Love You - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Here To Love You


ドゥービー・ブラザーズにとっては、アルバム「Livin' on the Fault Line」
に対するの世間的な評価の低さ故、マイケル・マクドナルドを中心とした
AOR路線を継続すべきか相当悩んだことでしょう。


結果的にアダルトオリエンタル路線を継続したことで、
ドゥービー・ブラザーズを世界的なビッグバンドへと押し上げることになります。


1978年のアルバム『Minute by Minute』は、先に紹介したとおり、
マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンスの手によって、
グラミー賞を獲得した「What A Fool Believes」をはじめ、
完全にAORバンドとして開き直ったような楽曲が収められました。


当時はディスコサウンドが全盛期を迎えようとしており、
世の中が求める音楽に対する嗜好性がシフトチェンジしつつありました。

ぶっちゃければ、泥臭いファンクや古臭いロックではなく、
よりお洒落で都会的なアレンジを求められるようになったのかもしれません。


そいいう意味では、マイケル・マクドナルドは、
前年にあたる1977年にグラミーを受賞したスティーリー・ダンの
アルバム『Aja』の成功をひとつの参考にしたのかも?と考えられます。


まぁ確かにマイケルは、時代が求める音というものに敏感だったために、
数多くの名作を送り出せたんだとは思いますケド。


ということで、『Minute by Minute』から、アルバム中では、
割と懐古的なピアノアレンジのナンバー「Here To Love You」をチョイスします♪





Here to Love You - Minute By MinuteHere To Love You - ドゥービー・ブラザーズ
8thアルバム『Minute by Minute』 1978年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」


Nothin' But A Heartache - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Nothin' But A Heartache


ドゥービー・ブラザーズの7thアルバム『Livin' On The Fault Line』から、
マクドナルド節が程よく利いた ほのぼの系ミディアムナンバー
「Nothin' But A Heartache」をチョイス♪


もし最初からこのアルバムをAORだと思って聴けば、まぁそこそこの評価も受けただろうが、
何てったってゴリっとしたロックバンドが前触れもなしに、突然転身したもんだから、
当時のロックファンもAORファンも、どちらも戸惑ったんでしょうね。


そういう意味では中途半端な評価になるのは仕方ないですね。





Nothin' But a Heartache - Livin' On the Fault Line
Nothin' But A Heartache - ドゥービー・ブラザーズ
7thアルバム『Livin' On The Fault Line』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」


You're Made That Way - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


You're Made That Way


さて。。。
ドゥービー・ブラザーズの6作目までを辿ってきましたが、
想像してるほどロックではないことが分かると思います。



まぁボクが聴きだした頃には、すでにロックバンドという感じではなかったケド・・・

というよりも、一番最初に聴いたドゥービーサウンドが、
この7作目のアルバム『Livin' On The Fault Line』です。


当時、ハードロック嗜好だった故、マイケル・マクドナルドの歌声が
どうしても聴き慣れられず、トラウマ的にマイケルへの拒絶反応となっておりましたが、
40歳を過ぎてくると、なかなかの味として受け容れられるようになるものです。


では、マイケル加入によって、突如としてコテコテなAORバンドへと変貌し、
ファンの賛否を大いに浴びた問題作から「You're Made That Way」をチョイス♪


どうです?どことなくスティーリー・ダンの影響が見えませんか?





You're Made That Way - Livin' On the Fault Line
You're Made That Way - ドゥービー・ブラザーズ
7thアルバム『Livin' On The Fault Line』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」


Wheels of Fortune - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Wheels of Fortune


ドゥービー・ブラザーズ の1976年にリリースされた通算6作目のアルバム
『Takin' It To The Street』から、ドゥービー作品の中ではかなり好きなナンバー
「Wheels of Fortune」をチョイス♪


従来の疾走感漂うブラックソウル風のリズムアレンジと、
AORを意識した感のあるメロディがマッチした名曲です♪

何といっても最大の見せ場は、後半訪れる長~いベースラインのソロですね。
ベースライン好きのボクは一撃でハマりました。





Wheels of Fortune - Takin' It to the Streets
Wheels of Fortune - ドゥービー・ブラザーズ
6thアルバム『Takin' It To The Street』 1976年


China Grove - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


China Grove


まさに、今ボクの目の前にあるのが、
このドゥービー・ブラザーズの3rdアルバム
『The Captain and Me』 なのである。


では、イントロ リフが超気持ちいい、まさにド直球のロックナンバー
「China Grove」をチョイスです♪


う~ん!まさに海岸線をドライブしたくなりますよねぇ♪♪


なんで、こういうドライブ・ロックっぽいのを
もっと続けなかったのかなぁ~。。。ちょっと勿体無いっすね。





China Grove - The Captain and Me
China Grove - ドゥービー・ブラザーズ
3rdアルバム『The Captain and Me』 1973年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」


Jesus Is Just Alright - The Doobie Brothers 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】



Jesus Is Just Alright



ドゥービー・ブラザーズの2ndアルバム『Toulouse Street』 からもう一曲!
サウス系っぽいソウルフィール炸裂のナンバー「Jesus Is Just Alright」♪


カッコイイっすねぇ。。。
なんかこのフレーズって頭から離れなくなるのです。。。

しかし・・・なんちゅう歌詞やねん。





Jesus Is Just Alright - Toulouse Street
Jesus Is Just Alright - ドゥービー・ブラザーズ
2ndアルバム『Toulouse Street』 1972年



Listen to the Music - The Doobie Brothers

【70年代洋楽ロックの名曲】



Listen to the Music



ものすご~く遠回りしたものの。。。
ようやく本日の目的だったドゥービー・ブラザーズの名曲紹介です(笑)


まぁ、ドゥービー・ブラザーズを知らないという人も
かな~り多いと思います。


実際、アルバムやシングルを聞いてなくても、
CMなどで使用される楽曲も多いので、
「あ!これってドゥービー!!」と思われる方もいるでしょう。


まぁ、ボク自身もリアルに聴いてたのは、
マイケル・マクドナルドが加入してからの作品なんで、
初期の熱いソウル♪が込められたアルバムは、もっと大人になってから聴きましたかね。


では、ドゥービー・ブラザーズの名曲をアルバムから辿ってみましょう!


まずは、1972年リリースの2ndアルバム『Toulouse Street』 から、
たぶん聴いたことがあるであろうヒットナンバー「Listen to the Music」をどうぞ♪



Listen to the Music - Toulouse Street
Listen to the Music - ドゥービー・ブラザーズ
2ndアルバム『Toulouse Street』 1972年




The Doobie Brothers are an American rock band that has sold over 40 million albums worldwide throughout their career.
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。