QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > The Clash

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ALOHA STAR MUSIC DIARY】 Complete Control - The Clash 【70年代パンク】

【ALOHA STAR MUSIC DIARY】【70年代パンク】





「次の曲が ワタシたちのバンド・・・

" ロアー " ・・・え~と

" ウエイブス " の最後の曲になっちゃうんですけど
この曲を今日でこの学校からホントに・・・」


木下ケイコは突然 涙声になった。


「ホントに今日で
この学校からいなくなっちゃう先輩たちに捧げます。


シーナ先輩がアタシたちのために選んでくれた
この " Complete Control " っていう曲。

" 完全なる支配 "

って意味らしいんですけどね。

" クダらない大人たちの権力になんて負けるな " って・・・
先輩は アタシたちに あのとき言ってくれたんですけど。

だけど・・・

先輩たちも 負けないでくださいね。

" クダらない大人たちの権力 " になんか

絶対 負けないでくださいね」


ケイコが泣きながら そう言い終わると同時に
佐久間リョウがバスで強烈な8ビートのキックを
2フレーズ分 響かせ始める。


3フレーズめのあたまから サイドギター3姉妹の2人が先に
" E " コードのリフを ライト気味にストロークし始め
老け顔の2年生男子が少し遅れて 小節エンドに
リード・フレーズをつなぎ合わせていった。


キックとギタリフのみで進行するバッキングに
Aメロからツインヴォーカルがインすると ケイコもようやく
サイドギター姉妹に混じり込みながら " E " コードをストロークし始めた。


「いいねぇ。クラッシュは」

希崎ユウトはリズムに合わせて 長い髪を揺さぶりながら
嬉しそうに笑った。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY】 " For the Memories with You " より "



Complete Control




↑ シングルVer.




↑ ライブVer.



I selected "Complete Control"
from 1st album "The Clash"
of The Clash released in 1977.



ザ・クラッシュが1977年にUKでリリースした
1stアルバム『The Clash(白い暴動)』 に
数曲のシングルを追加して 1979年にアメリカでリリースされた
US版『The Clash(白い暴動)』から クラッシュが最もパンクらしい
エネルギーを放出してるナンバー「Complete Control」をチョイス☆


なんたって US Verには
「Complete Control」と「I Fought the Law」が入ってますかね。
どう考えたって こっちを買うのが普通でしょうね♪




Complete Control - The SinglesComplete Control - ザ・クラッシュ
US 1stアルバム『The Clash(白い暴動)』 1979年

[ 2013/05/08 11:18 ] コラム | TB(0) | CM(0)

【Re-Edit】 I Fought The Law - The Clash 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】





やがて ノーカウントで ヨシトが
16ビート調の激しいオープンロールをスタートさせる。

そのロール・エンドを1テンポずらし
ショートめのフィルインが入ると同時に
ボクとカナエの白黒ツインのストラトがリフを乗せる。

カナエは 10フレッドからのDコードをチョーキングさせ
ボクは5フレッド側でDコードの前音を3フレッド付近から
引き寄せるようにスライドさせながらスウィープ・ピッキングした。


今回のクリスマス・ライブ用の練習曲中
ヨシトが最もイントロのリズムパートで苦しんだナンバー。
そしてライブの選曲のとき タツヤがどうしても演りたいと譲らなかった曲。


1979年に ザ・クラッシュがリリースした「I Fought the Law」


これって誰かの曲のカヴァーらしいけど
オリジナルのほうは まだ聴いたことが無い。

まぁ カヴァー曲ってこともあるんだろうけど
ザ・クラッシュの中では かなり軽快でキャッチーなナンバーだ。

ミック・ジョーンズには きっとこんなメジャーコードの曲なんて
恥ずかしくって作れないだろうと思う。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY】 " I Fought the Law " より "







I Fought The Law





I selected "I Fought the Law"
from Best album "The Singles"
of The Clash released in 2007.




日本では、最近CMで使用されていたが、たぶん(ですけど)オリジナルアルバムに
未収録のクラッシュ1979年にリリースの「I Fought The Law」です♪


なんでこの曲が入ってないんだろう?
彼らは当時、何十曲も入ってるアルバムをリリースしてるのになぁ…


クラッシュの何かのベスト盤(B面ソング集みたいな…)に入ってたんだけども…




I Fought the Law - The SinglesI Fought The Law - ザ・クラッシュ
ベスト盤『The Singles』 2007年



【Re-Edit】 Rock the Casbah - The Clash 【80年代パンク】

【80年代洋楽パンクの名曲】


Rock the Casbah





I selected "Rock the Casbah"
from 5th album "Combat Rock"
of The Clash released in 1982.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて。。。
このところアルジェリアでのイスラム過激派武装勢力の人質事件が話題になってます。。。
アルジェリアの首都アルジェの旧市街を構成する一画を「カスバ」と呼ぶそうですね。


かつては ちあきなおみが" ここは地の果て アルジェリア "
と「カスバの女」で歌っとりました。

次に有名なのは・・・やっぱクラッシュでしょうか???


実際 クラッシュのことをまったく知らないというロックファンはいないだろう。
とは思いますが・・・

70年代後半のUKパンク・ムーヴメントを牽引したメジャーバンドではあるものの。。。
チャートアクションだけを見れば UKではスマッシュヒットを出してますが
全米シングルチャートでは全くヒットチャートにランクインできませんでした;;;


そんな彼らがアメリカで商業的に最も成功したのが
1982年にリリースした5thアルバム『Combat Rock』☆

ビルボードのアルバムセールスチャートで初の一桁ヒットの7位となり
2×プラチナセールスを記録いたします☆

またアルバムからのシングルカットナンバー「Rock the Casbah」も
シングルチャートでは初となる一桁ヒットの8位を獲得いたしました☆

まぁ。彼らにとってはこのアルバムのヒットが" 最後の打ち上げ花火 "となります。。。


でもボクはこの「Rock the Casbah」がスンゴク好きでしたね☆
イントロ部分とサビのバックトラックで使われている
ピアノフレーズがホントに印象的ですよねぇ♪


まぁ以前にも書きましたけど歌詞がホントに難解というか・・・
いくつかの翻訳サイトを見ても どれが正しい内容なのかさっぱり判りません。

「カスバ」という言葉の意味にも諸説あるようですので
ここで歌われてるのがアルジェリアのことなのかどうかは判りません・・・

でも内容的には「石油施設」だの「イスラム」だのって出てきてますんで
もしかしたら舞台はアルジェリアなのかもな?と思います。。。



【2012.03.18 原文】

SEXピストルズと並ぶ、UKパンクの元祖「ザ・クラッシュ」。

ヴォーカルのミック・ジョーンズがライブ中、観客に向かって
「お前等ブタだ!」と連呼する様に、「これがパンクなんだ!」
と感嘆したものだ。


ピストルズもクラッシュも、かなり聴きこんだバンドであるが、
個人的には、「Rock the Casbah」が一番印象に残った。
その後ウィル・スミスが「Will 2K」でサビ部分をサンプリングしている。


当時、ベストヒットUSA内で小林氏が「翻訳が難解」と語ったとおり、
「何の話してんねん?」的内容を歌っている。






Rock the Casbah - Combat Rock
Rock the Casbah - ザ・クラッシュ
5thアルバム『Combat Rock』 1982年



Tommy Gun - The Clash 【70年代パンク】

【70年代洋楽パンクの名曲】


Tommy Gun


こちらも初期クラッシュの代表的ナンバー!!
アメリカでの人気に火をつけた1978年リリースの2ndアルバム
『Give 'Em Enough Rope』から マーチっぽいドラムラインの使い方が面白い
「Tommy Gun」です♪





Tommy Gun - Give 'Em Enough RopeTommy Gun - クラッシュ
2ndアルバム『Give 'Em Enough Rope』 1978年




White Riot - The Clash 【70年代パンク】

【70年代洋楽パンクの名曲】


White Riot





クラッシュのデビューアルバム『The Clash(白い暴動)』から
これぞパンクの源流となった初期の代表曲「White Riot」です♪


たしかアナーキーも演ってたな。





White Riot - The Clash (US)
White Riot - クラッシュ
1stアルバム『The Clash(白い暴動)』 1977年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。