QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > The Alan Parsons Project

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Damned If I Do - The Alan Parsons Project 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Damned If I Do





I selected "Damned If I Do"
from 4th album "Eve"
of The Alan Parsons Project released in 1979.




アラン・パーソンズ・プロジェクトが1979年にリリースした
4thアルバム『Eve(イヴの肖像)』からシングルカットされ
ビルボードのシングルチャートで27位のスマッシュヒットを記録した
「Damned If I Do」をチョイス♪

インパクトのあるシンセのイントロが冴えるソフトプログレ系ナンバーっす☆
彼らはこの当たりから かなりポップな音楽性を前面に打ち出していくのですが
それが結果的に80年代初期のブレイクにつながっていくことになるんですね。

何となくジャパニーズポップシーンにも影響を与えてそうな
メロディアスな1曲ですわいねぇ☆



Damned If I Do - アラン・パーソンズ・プロジェクト
4thアルバム『Eve』 1979年


【Re-Edit】 Eye in the Sky - The Alan Parsons Project 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Eye In The Sky





I selected "Eye in the Sky"
from 6th album "Eye in the Sky"
of The Alan Parsons Project released in 1982.



1982年の洋楽ヒットチャートから


80年代のヒットチャートに登場する楽曲は
すでに過去にも当ブログでかなりの曲数をご紹介してますんで
編集がてら掘り起こしては再利用させていただいております☆

※決して手抜きではありませんよ。。。あくまで加筆修正しているのでして・・・

アラン・パーソンズ氏といえばご存知のとおり
ピンク・フロイドが1973年にリリースした推定5,000万枚という当時では
規格外のセールスを記録したアルバム『The Dark Side of the Moon(狂気)』
のレコーディング・エンジニアだったんですね☆

そんな彼が1975年に結成したアラン・パーソンズ・プロジェクトなんですが
デビューしてから数年は特に目立ったヒットシングルも御座いません。
ようやく1982年リリースの6thアルバム『Eye In The Sky』からの
タイトルトラック「Eye In The Sky」がビルボードのシングルチャートで
3位まで上昇いたします☆

が・・・彼らにとっては唯一のベスト10入りを果たしたナンバーとなりました!!





【2012.03.12 原文】


60年代からスタジオエンジニアとして活躍し、プログレッシブ・ロック
というジャンルの開拓者の一人であるアラン・パーソンズを中心とした
音楽グループ「アラン・パーソンズ・プロジェクト」。


1982年リリースの6thアルバム『Eye In The Sky』から
同名のシングルヒットナンバー「Eye in the Sky」をどうぞ♪






Eye In the Sky - Platinum & Gold Collection: The Alan Parsons ProjectEye in the Sky - アラン・パーソンズ・プロジェクト
6thアルバム『Eye In The Sky』 1982年

You Won't Be There - The Alan Parsons Project 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


You Won't Be There


I selected "You Won't Be There"
from 4th album "Eve"
of The Alan Parsons Project released in 1979.




ミスチルの動画リンクが重過ぎるせいか、
ブログ全体の動作がやけに重くなってしまっております・・・
よって、他アーティストの動画リンクはちょいと控えてます;;;


さて。
間違いなく70年代を代表するプロデューサーのひとり
アラン・パーソンズ氏!

しかしながら自身のグループ?である
アラン・パーソンズ・プロジェクト名義でリリースした70年代作品は
さほど高い評価を得るには至っておりません。

※まぁ彼らのブレイクは80年代に入ってからですね☆

従って1979年の4thアルバム『Eve』からシングルリリースされた
「You Won't Be There」なんて全米チャートで105位ですから;;;
どんだけ売れてないんだ!と思いますです。。。

でも爽やか系のなかなか良いバラードなんですよ!
ということで「You Won't Be There」をチョイスしてみました♪



You Won't Be There - アラン・パーソンズ・プロジェクト
4thアルバム『Eve』 1979年

Games People Play - The Alan Parsons Project 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Games People Play


I selected "Games People Play"
from 5th album "The Turn of a Friendly Card"
of The Alan Parsons Project released in 1980.



80年代のエレクトリックサウンドを、いち早く取り入れたバンドのひとつが
アラン・パーソンズ・プロジェクトであろう。

まぁ元々ピンク・フロイドなど、かなりコアなバンドの
レコーディング・エンジニアを経験していたアラン・パーソンズ氏。
ですんで当時のミュージシャンとしてはかなり多彩な引出しを持ってたのは当然!

では、アラン・パーソンズ・プロジェクトが1980年にリリースした
5thアルバム『The Turn of a Friendly Card』 から
エレクトリック・フレーズをループさせた「Games People」をチョイす♪





Games People Play - The Turn of a Friendly CardGames People Play - アラン・パーソンズ・プロジェクト
5thアルバム『The Turn of a Friendly Card』 1980年

FC2ブログ

You Lie Down With Dogs - The Alan Parsons Project 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


You Lie Down With Dogs


アラン・パーソンズ・プロジェクトが1979年にリリースした
4rdアルバム『Eve』 から押さえ気味のR&Bっぽいリフがイカす
「You Lie Down With Dogs」をチョイス♪

この手のけだるい感じのリフは大好きですね☆


You Lie Down With Dogs - アラン・パーソンズ・プロジェクト
4thアルバム『Eve』 1979年




I Wouldn't Want To Be Like You - The Alan Parsons Project 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


I Wouldn't Want To Be Like You


東京にあるボクの部屋の窓には、
強烈な西陽が差し込んでいる。。。

おそらく湘南エリアでも、ちょうど海の表面が金色に輝いていることだろう。
され、朝からドライブModeなサウンドをチョイスしてたんで、
湘南から都心へ戻るときを想定したナンバーを選曲します☆


70年代に数多くのAOR系アーティストのプロデュースを手掛け、
世に名盤と謳われる作品を多く残した職人アラン・パーソンズ。

彼の音楽実験場ともいえるグループ「アラン・パーソンズ・プロジェクト」が
1977年にリリースした2ndアルバム『I Robot』 から、
横浜ベイブリッジあたりを走りながら聴くのに似合うクールなナンバー
「I Wouldn't Want To Be Like You」をどうぞ☆





I Wouldn't Want to Be Like You - Platinum & Gold Collection: The Alan Parsons ProjectI Wouldn't Want To Be Like You
アラン・パーソンズ・プロジェクト
2ndアルバム『I Robot』 1977年



Don't Let It Show - The Alan Parsons Project 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Don't Let It Show


アラン・パーソンズ・プロジェクト1977年リリースの
2ndアルバム『I Robot』から、神聖な光を放つかのような
ストリングスと後半のロックアレンジのバランスが見事な
バラード「Don't Let It Show」をどうぞ♪



Don't Let It Show - アラン・パーソンズ・プロジェクト
2ndアルバム『I Robot』 1977年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。