QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > The Who

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 God Will Make A Way - Don Moen 【90年代以上バラード】

【Re-Edit】【90年代以上洋楽バラードの名曲】


God Will Make A Way





I chose "God Will Make a Way" of the title song from the album
"God Will Make a Way" which Don Moen released in 2003.



1983年9月13日(火)


稲村ガ崎の駅を過ぎると、江ノ電は緩やかに右のほうへとカーブしながら海岸線へと向かう。そんな江ノ電のうしろ姿を、ボクたちは線路沿いの住宅街の路地から見送った。しばらくは線路に沿って進んでから交差点を左に折れ、国道134号線へ出る。すぐ目の前には、藤色に染まりゆく波紋を岸辺へ寄せる鎌倉の海原が広がっていた。

「うわぁ! すごいキレイだね」

と、ショウカが思わず感嘆の声を海へと投げかける。――

「オレ、ちょっと次の稲村ガ崎で降りるから、みんなは帰っていいよ」

暮れゆく山影に抱かれた極楽寺駅のホームで電車を待ちながら、さっきボクがみんなにそう告げたとき、李メイがいった。

「ワタシも、一緒に行ってもいいかな?」

って。――
それを聞いて、ショウカは、

「だったらさぁ、みんなで行こうよ」

と、田代ミツオヤや小山ミチコに同意を求めた。―――まぁ、さすがにメイと2人っきりにはさせてくれないだろうとは思ってたけど。

――去年、川澄マレンの誕生日に、葉山の海で一緒に流れ星を見たあの日より、江ノ島は、遥か沖合いに淡い墨色(ぼくしょく)のシルエットを浮かばせている。鎌倉の海岸を国道と並走する江ノ電が、内陸のほうへと折れていく腰越駅手前の小動岬(こゆるぎみさき)と江ノ島のちょうど真ん中には、あまりにも美しい富士山の輪郭が描き出されていた。

「本当に、すごくキレイ」

琥珀に黄昏(たそがれ)ゆく海の向こうに、そんな幻想的な風景を見つめ、ミチコも小さくつぶやいた。

ボクたちは砂浜へとは降りず、国道沿いの歩道を歩いた。7月にマレンと見つめた七里ガ浜の海岸が、だんだんと近づいてきている。薄明の空に浮かぶ葡萄(ぶどう)色した雲の端から、筋状の光芒(こうぼう)が無数に降り注ぐ。気つけば、ボクの左隣をメイが歩いていた。

「天使のはしご、――」

ふいにメイは柔らかく、そうささやいた。

「ん?」

ボクは彼女の横顔に目をやる。まどろんだ寝息のように、穏やかな波音を湛(たた)えて揺らぐ薄紫の海を背に、メイは微笑む。

「あの光の筋はね、そういわれてるの。『天使のはしご』って」

彼女の瞳に映し出されている空を、ともに見上げてボクも微笑む。

「へぇ、なんだかいい響きだね」

「ワタシ、あの光が照らし出す場所にね、子供の頃からずっと立ってみたいって思ってたの。そうすれば、『きっと願い事が叶うんじゃないかな』って信じてたから」

そんなメイの優しい言葉の余韻に、ボクは問いかける。

「えっ、李さんの願い事ってなに?」

するとメイは、少し恥ずかしそうにはにかんだ。ボクは、そんな彼女の表情をいままで一度も見たことがなかった。

「シーナ君、――ノストラダムスの予言って知ってる?」

意表を突いたそんな彼女からの質問に、ボクは一瞬、首を傾げながらも、

「あぁ、1999年に人類が滅ぶとかなんとかっていうヤツね」

と、笑う。メイは、はにかんだままでボクを見つめた。

「1999年って、ワタシたちがちょうど30歳くらいでしょ? ワタシね、そのとき人類が本当に滅んでも構わないって思ってるの」

江ノ島の灯台に明かりが灯され、瑠璃色の海にはほんのり街灯りが揺らいでいる。
メイは灯台の光が一周するのを待ってから、途切れた言葉をつむぎ合わせた。

「――その瞬間だけは、好きな人と一緒にいたい」

考えてみれば、彼女はまだ中学3年の女の子なのだ。だから、そうしたロマンティックな願い事を持ってたからって、なにも特別驚くような話ではない。――

けれど普段、透き通るほどの涼やかさをその身に纏(まと)い、ひとりだけボクらとは違う、まるで氷の世界に住んでるようにも感じられてた彼女から、そんな言葉を聞くだなんて思ってもみなかった。

「おかしい?」

そのとき、ボクがどんな顔をしてたかはわからないけど、きっとメイがそう質問したくなるような顔だったんだろう。

「いや、ぜんぜんおかしくないよ。きっと、みんなそう思うんだろうしね」

彼女の向こう側に、七里ガ浜の海が広がっていた。

(人類最後の瞬間、いちばん一緒にいたい人、――)

ボクの口からは自然と言葉が滑り落ちていく。

「オレの願いはね、――もう一度、2ヶ月前のこの場所に戻ること、かな」

たぶんさっきのボクと同じように、メイは不思議そうな顔をして涼やかな視線を向けた。

(失ってしまったものの大切さに気づかなかったあの日に、もう一度戻ることができるなら、きっともう手放すことはないのだろう。マレンも、――マレンと過ごす人生も)

「マキコから聞いたんだけど、――もしかしたら鎌倉に転校した彼女のこと?」

メイが、静かに問いかける。

「後悔っていう気持ちってね、時間とともに消えてくもんだと思ってたんだけど、なんだか違うみたいだ。――別に大きくもならない、……けれど決して小さくもなってくれない。いつだって勝手に心を連れ戻そうとするんだ。その気持ちが生み出されてしまった場所と時間まで」

「もう暗いからさぁ、とりあえず七里ガ浜の駅に向かうよ?」

前を歩くショウカが振り返ってボクらに訊ねる。
大きな声でボクは答えた。

「あぁ、もう帰ろう」

そして小さくつぶやいた。

「――こんな場所にきてみたところで、なにも変わらない」

気づくと、メイの右手がボクの背中に、そっと触れていた。

「よかった」

そんなメイの言葉に思わず振り向くと、彼女は口元にうっすら微笑みを湛(たた)えながら

「――最後にシーナ君の悩みが聞けて」

と、いいながらボクを見つめた。
西のほうから、秋めいた夜風が海辺を吹き抜ける。

「そりゃオレにだってさぁ、悩みくらいあるよ」

そういって言葉を風に投げかけて、ボクも少しだけ微笑んだ。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.06.24 記事原文】

ボクは基本的には無宗教であります!

が。強いていうならカトリック系のゴシックデザインは好きです。
教会建築も絵画も彫刻もロザリオも好き!
さらに、身に着けるのは常にクロスのペンダントです☆

さて。
ドン・モーエン氏と聞いて分かる人は一般的には少ないでしょうね。
おそらく日本で知ってるとすればクリスチャン系で音楽好きな人くらいでしょう。

彼は俗にいう「クリスチャンミュージック」系SSWで御座います。

彼が2003年にリリースしたアルバム『God Will Make a Way』 ☆
タイトルソングとなった「God Will Make A Way」は、Wikiると
彼の「子供三人が自動車事故で重傷を負い、一番上の息子を亡くした」
際に作られた歌であるということ。

まぁ内容を踏まえると、
哀しみを乗り越えて、これから生きていくための道を神はきっと示してくれる!
ということでしょうか。。。


とても優しいメロディですが、そういう背景を知ると哀しさが漂っているようにも感じます。
思想や宗教を超えて、何か哀しいことがあったときに聴いてみてはいかがでしょうか?






God Will Make a Way - God Will Make a Way: The Best of Don MoenGod Will Make A Way - ドン・モーエン 
アルバム『God Will Make a Way』 2003年




The title song was written for his wife's sister and her husband,
who lost their oldest son in an auto accident while three other children were seriously injured.

Whole Lotta Rosie - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Whole Lotta Rosie





I selected "Whole Lotta Rosie"
from 4th album "Let There Be Rock"
of AC/DC released in 1977.



AC/DCのアルバムは 全部聴いたってわけじゃなかった。

隣の兄貴から 一番最初に貰ったカセットは
1977年にリリースされた4thアルバム『Let There Be Rock』。

それ以降の作品は 何枚か自分で買ったけど
それ以前のアルバムは まだ聴いたことがない。


AC/DCってハードロックバンドなんだろうけど
この『Let There Be Rock』って ハードなR&Rっていう感じの
ドライなナンバーが並んでて すんごく好きだ。

特に 「Let There Be Rock」や「Bad Boy Boogie
の疾走するアンガス兄弟の乾いたリフは すごくイカしてると思う。

とにかく このアルバムは大音量で聴けば聴くほど
" ライブな生っぽさ "が伝わってくるんだ。

きっと ヴォーカルに必要以上のエフェクトを掛けてないせいだろう。


ボクは 兄貴から貰ったテレキャスターを抱え
B面のラストナンバー「Whole Lotta Rosie」に針を落とす。

この曲の序盤のギターフレーズは 偶数小節をブレイクさせる。
ライブで" ブレイク "を多用するのって案外難しい。

きっとこの曲もライブで演ったら ヨシトのリズムが
バラつきそうな気がする。

でも 確かにAC/DCのリフって アンガス・ヤングほどには
過激にならなくても 弾いてるうちに 気付くと" ヘッドバンキング "
しちゃってるんだ。


不思議なことに 他のハードロックナンバーを弾いてても
あまり そういうことにはならない。

だからきっと このバンド特有のリズムっていうのがあるんだろうな。
何となくそんな気がする。


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】





Whole Lotta Rosie - Let There Be Rock

Whole Lotta Rosie - AC/DC 
4thアルバム『Let There Be Rock』 1977年

Squeeze Box - The Who 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Squeeze Box






I selected "Squeeze Box"
from 7th album "The Who by Numbers"
of The Who released in 1975.



1976年の洋楽ヒットチャートから


ザ・フーといえば・・・
なんだかすんごく60年代のバンドというイメージしかないんですけどね・・・
実際 彼らは何度か活動停止期間を挟みつつも 未だに現役バンドなんですねぇ!
※そういえば・・・昨年のロンドンオリンピックでも登場してましたなぁ。。。


ぶっちゃけ個人的には彼らの70年代以降の楽曲って
ほとんど興味がない訳なんですね。。。
まぁピート・タウンゼント氏のソロ作品は 結構気に入ってましたけどもねぇ☆


そんな彼らが1975年にリリースした7thアルバム『The Who by Numbers』から♪
ビルボードのシングルチャートで最高16位のスマッシュヒットとなった
「Squeeze Box」をチョイス☆

シンプルでフォーキーなドライブ系ロックナンバーっす♪
後半パートでインしてくるバンジョーの音色がなかなかによろす☆




Squeeze Box - The Who By Numbers (Remastered)Squeeze Box - ザ・フー
7thアルバム『The Who by Numbers』 1975年

December, 1963 (Oh, What a Night) - The Four Seasons 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


December, 1963 (Oh, What a Night)





I selected "December, 1963 (Oh, What a Night)"
from album "Who Loves You" of The Four Seasons released in 1975.



1976年の洋楽ヒットチャートから


1960年にデビューした白人系ヴォーカルグループのフォー・シーズンズ☆

※フロントマンであるフランキー・ヴァリ氏がフォー・シーズンズの前身として
活動していたフォー・ラヴァーズはすでに50年代に結成されてるようです。。。

まぁ。さきのホール&オーツを称する
ブルー・アイド・ソウルという言葉の創成期の代表的グループが
このフォー・シーズンズなんでしょうかねぇ☆

彼らの60年代の活躍については ほとんど知りませんけれど
ドゥーワップによるコーラスワークで全米No.1ヒットを連発していたようですね☆

そんなフォー・シーズンズが1975年にリリースし英米ともにNo.1ヒットとなったのが
爽やかなポップハーモニーが心地良い「December, 1963 (Oh, What a Night)」☆

邦題は「あのすばらしき夜」ということですけどね・・・
2大主要国のシングルチャートでトップとなったのも納得の
様々なポップエッセンスが凝縮された すんごくいい曲だと思いますねぇ☆




December 1963 (Oh What a Night) - Oh What a NightDecember, 1963 (Oh, What a Night) - フォー・シーズンズ
アルバム『Who Loves You』 1975年

Who Said the World Was Fair - Daryl Hall& John Oates 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Who Said the World Was Fair





I selected "Who Said the World Was Fair"
from 8th album "X-Static"
of Hall& Oates released in 1979.



さて!推し系アーティストねたに戻ります☆

ダリル・ホール&ジョン・オーツが1979年にリリースした
8thアルバム『X-Static』からベースラインのグルーヴ感がほとばしる
イカしたダンサンブル・チューン「Who Said the World Was Fair」をチョイス☆

この曲はスタイリッシュですんごくカッコいいと思いますねぇ☆
でも・・・せっかくイントロ&インタリュードのフレーズがナイスなのに
サビ・パートがちょいチープに感じてしまうのですわな・・・
変にこのパートをメジャーコードにしないほうがCoolだったのではなかろうか???



Who Said the World Was Fair - ダリル・ホール&ジョン・オーツ
8thアルバム『X-Static』 1979年

Let My Love Open The Door - Pete Townshend  【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Let My Love Open The Door





I selected "Let My Love Open The Door"
from 3rd album "Empty Glass"
of Pete Townshend released in 1980.



1980年の洋楽ヒットチャートから


ピート・タウンゼント氏といえば・・・
派手なアクションを信条としたご存知ザ・フーのギタリストですね☆

しかしながら。。。
全く個人的嗜好から言わせてもらえば。
ボク自身、ザ・フーのアルバムはさほど好んで聴いたことはありません。
トム・ペティ氏のアルバムと同じくらい聴いておりません(笑
※無論、数枚持ってはいましたが・・・

どっちかといえばピート氏がソロになって以降、
ま。特に80年代以降のサウンドのほうが断然好きです☆


そんなピート・タウンゼント氏が1980年にリリースした
3rdアルバム『Empty Glass』から、氏のリリースシングルでは、
唯一ビルボードシングルチャートでトップ10入り(最高位9位)
を果たしたキュートなポップナンバー
「Let My Love Open The Door」をチョイス♪

※どうやら今年の8月に公開された映画『Hit & Run』で使われいてるようです☆


シンセを導入した、まさに80'sテイストに溢れたポップロックです☆
もしこの曲をアナログなバンドサウンドで再現したら・・。・・
う~。。。もしかしたらThe Whoの音っぽくなるかも?





Let My Love Open the Door - Hit & Run (Original Motion Picture Soundtrack)Let My Love Open The Door - ピート・タウンゼント
3rdアルバム『Empty Glass』 1980年

Who Let The Dogs Out - Baha Men 【90年代以上レゲエ】

【90年代以上洋楽レゲエの名曲】


Who Let The Dogs Out





I selected "Who Let The Dogs Out"
from 5th album "Who Let The Dogs Out"
of Baha Men released in 2000.



バハマ諸島の伝統的なお祭り音楽"JunKanoo(ジャンカヌー)"
という一風変わったサウンドをベースに突如として
各国のダンス系ヒットチャートに登場したバハ・メン☆

そんな彼らの代表曲!一度聴けば必ずアタマに焼きつく
超ハイテンションなレゲエフィールなダンスナンバー
「Who Let The Dogs Out」をチョイスです♪


まぁ彼らも一発屋の感は否めませんが・・・
しかしながらこのナンバー!2001年グラミー賞で
「最優秀ダンス・レコーディング賞」を受賞したという
格式のあるダンスミュージックなのですわね☆

なんでグラミー獲れたのかなぁ?とも思いますが。。。
確かに今までに聴いたことのないサビへと移行するコード進行かもな?
とは感じますですね☆





Who Let the Dogs Out - Who Let the Dogs OutWho Let The Dogs Out - バハ・メン
5thアルバム『Who Let the Dogs Out』 2000年

Who's Right, Who's Wrong - Pages 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Who's Right, Who's Wrong


I selected "Who's Right, Who's Wrong"
from 2nd album "Future Street"
of Pages released in 1979.




ペイジズが1979年にリリースした2ndアルバム『Future Street』から
ケニー・ロギンス&リチャード・ペイジズの競作による
ゴージャスな雰囲気漂うAOR風ナンバー
「Who's Right, Who's Wrong」をチョイス♪

ちなみにこの曲は同年リリースされたケニー・ロギンス氏の
ソロ3rdアルバム『Keep the Fire』にもテンポダウンされた
バージョンが収録されてますが、こちらは何と!!!
マイケル・ジャクソンのコーラス参加という
なんとも豪華な仕上がりになってます!


Who's Right, Who's Wrong
↑ ケニー・ロギンスVer

ボクの好みでいえば、やっぱペイジズVerのほうが
アレンジが洗練されてる感じがするので好きですね!





Who's Right, Who's Wrong - Future StreetWho's Right, Who's Wrong - Pages
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』 1979年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」

【ALOHA STAR MUSIC DIARY No.3】 Escape - ジャーニー 

【ALOHA STAR MUSIC DIARY No.3】 Escape - ジャーニー




1982年8月

伊浦ナオトは不思議なヤツだ。
この当時、オールナイトニッポンをまともに聴いてたヤツは
このクラスではカレだけだ。

ボクもタモリとビートたけしがパーソナリティを勤める水曜と木曜は、
ごくたまに聴くことはあっても、せいぜい月に一度くらい。

しかしナオトは、大の中島みゆきファンだから
月曜日の彼女の放送だけは毎週エンディングまで聴いてるらしい。

中島みゆきの曲なんて、ヒットチャートに入った数曲と、去年の金八先生で、
加藤優が逮捕されたときに挿入された「世情」くらいしかボクは知らない。


「ありゃぁ最高だったなぁ」
ナオトは独特の低い声で呟く。
「まぁ泣けたがな。」
あのシーンが、ものすごく心に焼き付いているのは確かだ。
特に護送車を追いかけてくる加藤の母親にボクはヤラれた。


ナオトはまた、中島みゆき以上にビートルズの大ファンでもある。
親戚に貰ったというギブソンのエピフォン・カジノを弾きたくて、
学校からボクの家までの、ちょうど中間くらいに位置するナオトの家に
ボクはこうして学校帰りにたまに立ち寄っている。

そう。エレキギターを持ってるのもクラスではカレくらいなものだろう。


ボクは買ったばかりのレインボーの
『闇からの一撃(Straight Between the Eyes)』
を今日はウォークマンに入れてきている。
カレの部屋のカセットデッキにそれを差し込みちょっとだけボリュームを上げる。

カレの8畳ばかりの部屋の中で、ギターエフェクトが創り出す強烈な排気音が炸裂し、
やがてビートに乗ったリッチーのギターが始まるや否や、
ナオトはさも簡単そうに曲に合わせてリフを弾いてみせた。

この曲は何といってもイントロのリズムがものすごくカッコいい。
8ビートの刻みもイカしてる。

でも、カレはスゴイ!!

ボクは早速カレにギターを教わる。
どうしても、このリフを自分で弾いてみたかったのだ。

レインボーを何度か聴いた後、ボクは彼のレコード棚で
ジャーニーのアルバム『Escape』を見つけた。
もちろんボクもこのアルバムはすでに何百回と聴いている。

でも、「Escape」と「Dead Or Alive」のイントロのリフも
どうせなら教えて欲しかったのだ。

さすがにカレはまだこのアルバムに関しては練習してなかったようだ。
「来週までにどうにか覚えておくからよ」とカレは言った。

やがて「Don't Stop Believin'」のイントロが始まる。
ボクらは二ール・ショーンの早弾きリードが鳴り響くのを二人で待ち構えていた。



Escape - ジャーニー 



Side One
 1 Don't Stop Believin' ドント・ストップ・ビリーヴィン  
 2 Stone in Love ストーン・イン・ラヴ  
 3 Who's Crying Now クライング・ナウ  
 4 Keep on Runnin' キープ・オン・ランニン  
 5 Still They Ride 時の流れに  
Side Two
 6 Escape エスケイプ  
 7 Lay It Down レイ・イット・ダウン  
 8 Dead Or Alive デッド・オア・アライヴ  
 9 Mother, Father マザー、ファーザー  
10 Open Arms オープン・アームズ  


リリース 1981年8月|レーベル Columbia

『Escape』は全世界で1000万枚以上の大ヒットセールスを記録した1981年リリースのジャーニー通算7作目のスタジオアルバムです☆キャッチー&ハードなロックナンバーをつなぐ付箋的な役割として、アルバム両面のラストに美しいバラードソングが効果的に配置された、まさにロックの名盤と呼べるアルバムでしょう☆特にアルバムのフィナーレを飾ったナンバー「Open Arms」は、発売から30年以上経った今でさえ各種メディアのタイアップソングに使用され、彼らの新たな時代におけるファン層を獲得しています。

[ 2012/07/14 01:13 ] コラム | TB(0) | CM(2)

Somebody to Love - Jefferson Airplane 【60年代ロック】

【60年代洋楽ロックの名曲】


Somebody to Love





Featured artist who appeared in Woodstock☆
I selected "Somebody to Love"
from 2nd album "Surrealistic Pillow" of Jefferson Airplane released in 1967.




ウッドストック出演アーティストの特集です☆



【1969年 8月16日(土)~17日(日) 出演アーティスト】

ウッドストック・フェスティバル2日目の8月17日 am 8:00
2日目のトリ!14組目で登場したのがジェファーソン・エアプレイン☆


しかし・・・朝の8時スタートって・・・「2日目のトリ」というよりも
「3日目のオープニング」ってコトにはならんかったんかね?

am9:40に彼らのライブ終了後、pm2:00までのあいだ休憩となります☆



では。。。彼らの一番メジャーなナンバーをいきましょう!
1967年にリリースされた2ndアルバム『Surrealistic Pillow』 から
全米チャート第5位を記録した最大のヒットナンバー
「Somebody to Love」をチョイス♪
グレース女史のソウルフルなヴォーカルとグルーヴィなベースかキマってますね☆





Somebody to Love - Surrealistic PillowSomebody to Love - ジェファーソン・エアプレイン
2ndアルバム『Surrealistic Pillow』 1967年




Jefferson Airplane was an American rock band formed in San Francisco in 1965. A pioneer of the psychedelic rock movement,
Jefferson Airplane was the first band from the San Francisco scene to achieve mainstream commercial and critical success.
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。