QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Sting

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【バンド・エイド特集】 The Soul Cages - Sting 【90年代ロック】

【バンド・エイド特集】【90年代ロック】


The Soul Cages





I selected "The Soul Cages"
from 3rd album "The Soul Cages"
of Sting released in 1991.



実際にところ。・・・
スティングのオリジナルスタジオアルバムは
1991年リリースの3rdアルバム『The Soul Cages』までしか聴いたことが無い。
です。。。

元々、決してポップで分かりやすい音楽性とは言えない彼ですが、
このアルバム全体を包み込むダークカラーな内向的作品群は、
聴いててあまり気分良くなる音楽ではありませぬ。
良く言えばソロ1stの『The Dream of the Blue Turtles』を
より重くしたような感じ。。。ですかねぇ。。。

感覚的にジェネシスの大ヒット12thアルバム『Genesis』聴いたときのような
「薄暗くってどよ~ん」とした空気感に支配されております。

ボク自身、2ndアルバム『Nothing Like the Sun』が
あまりにもツボにはまったお洒落な作品だったんで、
その延長上のサウンドを期待していたのですが・・・

そんなアルバム『The Soul Cages』から、
ソロとなって以降、久々にロックギター音が前めに出ている
タイトルトラックの「The Soul Cages」をチョイス☆
。。。まさに内向的なタイトルでござんすな!

この曲はUKで57位、ビルボードはチャート圏外と
全くセールス的には振るわなかったものの
なぜがグラミーの最優秀ロック・ソングを受賞しておるようです。
う~む・・・選考基準が判らんですたい!




The Soul Cages - The Soul Cages (Remastered)The Soul Cages - スティング
3rdアルバム『The Soul Cages』 1991年

NEVER STOP! - Every Little Thing 【ポップスの名曲】

【邦楽ポップスの名曲】


NEVER STOP!


Every Little Thingが1997年にリリースした1stアルバム
『everlasting』は何とな~くお気に入りの1枚でしたかねぇ。

持田さんはライブだとどうにもならんがスタジオ録音だと、
妙にオリジナリティのある歌声に思えてしまうから不思議!


そんな彼女たちの楽曲で一番の名曲は
ボク的には「NEVER STOP!」です☆

この曲には。。。何ていうのかな・・・
とにかく無性に楽しい恋をしたくなる。
そんな気分にさせるポジティブさがあるんですかね☆

ただ。この曲はシングルVerじゃなくって、
アルバムVerじゃなくちゃぁダメです。
なんでアレンジでこんなにも出来が違うのか?
という意味では非常に好例でしょう。


最近Yにupされたみたいなんで、いつ削除されるか分かりませんが・・・
とりあえずご紹介しちゃいます☆
削除されてたらiTunesで御視聴ください☆





Never Stop! - EverlastingNEVER STOP! - Every Little Thing 
1stアルバム『everlasting』 1997年

To Know What You've Got - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


To Know What You've Got


AORといえば「ボビー・コールドウェル」か「ボズ・スキャッグス」と言われますケド。。。
実際ボビーさんの場合、2nd&3rd&4thアルバムは、あまり面白くありません。
あくまで1stアルバム『What You Won't Do for Love』 と
5thアルバム『Heart of Mine』がAORの名盤だということですね☆

同様に、ボズさんの場合も7thアルバムの『Silk Degrees』が
AORの名盤だった!ということでしょう☆


まぁ、そんな細かい話はさておいて、
ボビー・コールドウェル 1980年リリースの2ndアルバム『Cat in the Hat』から
イントロギターが80年代のフォリナーっぽいシンプルアレンジなナンバー
「To Know What You've Got」をチョイス♪

However...This album isnt interesting...





To Know What You've Got - Cat In the Hat (ロマンティック・キャット)To Know What You've Got - ボビー・コールドウェル
2ndアルバム『Cat in the Hat』 1980年



All For Love - Bryan Adams, Rod Stewart, Sting 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


All For Love





ブライアン・アダムス、ロッド・スチュアート、そしてスティングという
当サイトでも名曲紹介数の多い(ん?ブライアンは少ない?)スーパーな三人組が
映画『三銃士』の主題歌を歌って大ヒットしたナンバー「All For Love」です♪

皆さん、いい感じに枯れて超シブいっすね。
このPVの歌い出しで、アカペラのブライアンにスティングが被る瞬間がナイス☆


ちなみに・・・
このクレジットの並び順はアルファベット順か?



All For Love - ブライアン・アダムス、ロッド・スチュアート、スティング 1993年

All For Love - The Best of Me

Do It Again - Steely Dan 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Do It Again





今週は、自宅に引き篭もっての作業ばかりだったので、
久々に、大量の音楽に囲まれて優雅?な時間を過ごしました。


おかげで現在、大規模なブログテンプレのカスタム中でございます。
近いうちに、アーティスト別インデックスも完成させますね・・・
※これが、なかなか面倒な作業でして・・・



さて。

久々に引っ張り出したドゥービー・ブラザースのCDに、
すっかりハマってしまった訳だが、ここいらで、ちょっとまとめて
ドゥービー作品の名曲をご紹介しましょう!


と、思ったが・・・


その前にスティーリー・ダン特集が
前から、どうしてもやりたかったので、
そちらから始めます。。。

まぁ、流れで必然的にドゥービー・ブラザースにも
繋がっていくと思います!


スティーリー・ダンといえば70年代初期、
ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーを中心に、
独自の崇高な音楽世界を創造した偉大なグループです。


マイケル・マクドナルドが、優れた音楽クリエイターとしての才能を発揮できたのも、
マイナー時代、スティーリー・ダンに加わっていたことが非常に大きかったと思います。

まぁ、詳細はWikiなどをご覧ください。



では、スティーリー・ダンのアルバムを時系列で追いつつ、
名曲をご紹介していきます。


まずは1972年のデビューシングル「Do It Again」をチョイス♪
この当時に、このサウンドは有り得ません・・・




Do It Again - Can't Buy a Thrill
Do It Again - スティーリー・ダン
1stアルバム『Can't Buy A Thrill 』 1972年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」




Steely Dan is an American rock band consisting of core members Donald Fagen and Walter Becker. The band's popularity peaked in the late 1970s, with the release of seven albums blending elements of jazz, rock, funk, R&B, and pop.Rolling Stone has called them "the perfect musical antiheroes for the Seventies.

My One and Only Love - Sting 【ジャズの名曲】

【洋楽ジャズヴォーカルの名曲】


My One and Only Love


スティングといえば…
ニコラス・ケイジ主演の1995年のアカデミー受賞映画
「リービング・ラスベガス」挿入歌で、スティングがカヴァーした
甘いジャズナンバー「My One and Only Love」が妙に良かったなぁ♪


My One and Only Love - スティング
アルバム『Sting at the Movies』



Englishman In New York - Sting 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Englishman In New York


シャインヘッドがレゲエ調にカヴァーした
「ジャマイカン・イン・ニューヨーク」も良かったが、
スティングの本家「Englishman In New York」も
当時メチャクチャ良く聴いた曲。


アルバム『Nothing Like the Sun』は、
まさに、ボクのバブル期の思い出と共にある一枚だ。。。


ジャジーかつアダルト・コンテンポラリーなアレンジに
レゲェのリフがMixした名曲っす。





Englishman In New York - Nothing Like the Sun (Remastered)Englishman In New York - スティング
3rdアルバム『Nothing Like the Sun』 1987年
アルバムお薦め度「☆名盤です☆」



If You Love Somebody Set Them Free - Sting 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


If You Love Somebody Set Them Free


スティングのソロ一発目となるジャズベースの超クールなナンバー
「If You Love Somebody Set Them Free」です♪
※スティングは、いきなりジョー・ジャクソン化したのか?
と思わせたが…


少なくとも、ボクのなかでは10本指に入る洋楽の名曲です。


アレンジもメロディも完璧です。


アルバム自体は、ロックやポップス嗜好の方々には、
ちょい重たい感じでしょうか?





If You Love Somebody Set Them Free - The Dream of the Blue Turtles (Remastered)If You Love Somebody Set Them Free - スティング
1stアルバム『The Dream Of The Blue Turtles』 1985年



Big City Nights - Scorpions 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Big City Nights


マイケルシェンカーが在籍したハードロック界の雄!スコーピオンズ!!
スタジオ9thアルバム『Love at First Sting』から
「Big City Nights」です♪

このアルバムも良く聴いたなぁ。。。





Big City Nights - Bad for Good: The Very Best of ScorpionsBig City Nights - スコーピオンズ
9th『Love at First Sting』 1984年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。