QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Rick Springfield

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Affair of the Heart - Rick Springfield 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Affair of the Heart - Rick Springfield





I selected "Affair of the Heart"
from album "Living in Oz"
of Rick Springfield released in 1983.



1983年の洋楽ヒットチャートから


ボクらがリアルにその名を知ったのは 無論80年代中期なんですけど・・・

60年代後半から すでに音楽キャリアをスタートさせていた
リック・スプリングフィールド氏☆
ボク的には 彼がこんなに前から活動してたっつうのが すんごく意外でしたねぇ。。。
※つうかすっかり80年代デビューだとばっかり思ってましたが。。。


さて。そんな彼ですけんども
70年代初期は俳優としても そこそこ活躍してたようですけど
80年代に入るとロックミュージシャンとしての活動に力を注ぎ始めます☆

そんな彼が1983年にリリースし ビルボードのシングルチャートで
最高9位となったのが「Affair of the Heart」です☆

割とライトめなロックナンバーを主としていたロック氏にしてみれば
かなりハードリフを聴かせる80'sエレクトリック系ロックってな感じですな♪




Affair of the Heart - The Best of Rick SpringfieldAffair of the Heart - リック・スプリングフィールド
アルバム『Living in Oz』 1983年

Don't Talk To Strangers - Rick Springfield 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Don't Talk To Strangers





I selected "Don't Talk To Strangers"
from album "Success Hasn't Spoiled Me Yet"
of Rick Springfield released in 1982.



1982年の洋楽ヒットチャートから


リック・スプリングフィールド氏が1982年にリリースしたアルバム
『Success Hasn't Spoiled Me Yet』のジャケットって
当時やたらと見覚えがあるんですけど・・・
ベストヒットUSAかなんかで見てたのかなぁ???

ではでは。
リック氏のリリースアルバムではビルボードのセールスチャートで
唯一ベスト3入り(最高2位)したこのアルバムからの1stシングル!
「Don't Talk To Strangers」をチョイス☆

若々しくエネルギッシュなR&R系サウンドだった前作
『Working Class Dog』よりも サウンド的にはシックな
AOR路線に走った感のあるアルバムを代表したようなナンバーっす☆

この曲もシングルチャートで最高2位をGetしますが・・・
コレが彼にとっては最後のトップ3ヒット作品となりました;;;

まぁ。この当時はTOTOやフォリナーに代表されるように
こういうテイストの控えめなロック?が好まれてた時代ですからね。

でも・・・
ビックリなのが彼って ついこないだ最新アルバムをリリースしてたようで。。。
う~・・・まだまだご健在だったのですね☆




Don't Talk to Strangers - Success Hasn't Spoiled Me YetDon't Talk To Strangers - リック・スプリングフィールド
アルバム『Success Hasn't Spoiled Me Yet』 1982年

Jessie's Girl - Rick Springfield  【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Jessie's Girl





I selected "Jessie's Girl"
from album "Working Class Dog"
of Rick Springfield released in 1981.



1981年の洋楽ヒットチャートから


オージーでありながら・・・っつうのも変ですが。。。
80年代中期のアメリカ音楽チャートを駆け抜けた
爽やか系ロック・シンガーのひとりであるリック・スプリングフィールド氏☆

バンドではなくってソロの男性ロック・アーティストという点では、
オーストラリア出身で最も成功したひとりでしょうね☆

全米でのシングルデビューは1971年リリースと意外に古いのですが
そんな彼にとって全米人気に火をつけたのがこの1曲♪

1981年リリースで初のプラチナアルバムとなった『Working Class Dog』から
1982年グラミー賞「最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞」をGetした
ビルボード・シングルチャートNO.1ヒットの「Jessie's Girl」をチョイス♪
・・・ふぅ。。。

「これがロックか?」と言われると・・・ちょい悩みますが まぁロックでしょう☆
醤油系の薄味ロックが好まれる80年代においても、
なお一際薄い「減塩醤油」的ロック・サウンドとでも言うべきでしょうか???




Jessie's Girl - The Best of Rick SpringfieldJessie's Girl - リック・スプリングフィールド
アルバム『Working Class Dog』 1981年

Speak To The Sky - Rick Springfield 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Speak To The Sky


I selected "Speak To The Sky"
from 2nd album "Lifetime"
of Rick Springfield released in 1972.


80年代全米音楽チャートの常連になるリック・スプリングフィールド氏。

ロックミュージシャンを夢見てオ-ストラリアから渡米するも、
70年代はほとんど売れず俳優家業と二束のわらじ状態だったようですね。

そんな彼のデビューナンバーにして70年代唯一のベスト20入りを
果たしたナンバー「Speak To The Sky」をチョイス♪
何となくポジティブ路線のビートルズっぽい遊び心のある
ポップテイストを感じられます。

この曲が収録された1972年リリースのデビューアルバム『Beginnings』は
一応アルバムチャートでTOP40入りを果たしてますが、
その後彼は80年に入るまで音楽的には全く評価されません。。。
Wikiを読む限りレコード会社トラブルで移籍を繰り返してたみたいですね。


ボクらにしてみれば彼が70年代初期にデビューしてたことのほうが
どっちかというと驚きなんですけどね☆





Speak to the Sky (Original) - Rick SpringfieldSpeak To The Sky - リック・スプリングフィールド 
1stアルバム『Beginnings』 1971年

Love Somebody - Rick Springfield 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Love Somebody


 


80年代風なロックサウンドといったら・・・
やはりリック・スプリングフィールドは外せませんね☆

この当時高校生だったボクら世代では1984年にリリースされたアルバム
『Hard to Hold』 あたりから彼の知名度は上がったと思われますが、
実際は1972年にアルバムデビューしてたんですね・・・


まぁ。このアルバムが映画のサントラだったということも知りませんでしたし、
大抵の方々も知らなかったのではないでしょうか???
※さっと調べる限り、リック・スプリングフィールド氏ご本人が主役らしい・・・


では。
アルバム『Hard to Hold』から、青春時代を共に過ごした
ライトロックな軽~い仕上がりの「Love Somebody」をチョイす♪
最大の聴きどころはラスサビ前のギタリフでしょうね。やっぱり☆
※まぁ、久々にPV観た方々は、きっと懐かしがっておられるものと存じます☆





Love Somebody - The Best of Rick SpringfieldLove Somebody - リック・スプリングフィールド
オリジナルサウンドトラック『Hard to Hold』 1984年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。