QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Pages

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Runaway - Mr. Mister 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Runaway





I selected "Runaway"
from 2nd album "I Wear the Face"
of Mr. Mister released in 1984.



ペイジズ解散から3年後の1984年、
リチャード・ペイジ氏を中心に結成されたロックバンドのMr. ミスター☆


同年リリースのデビューアルバム『I Wear the Face』は
アルバムチャート170位と ギリギリ200位圏内をクリアするに止まります。

全体的なサウンドとしては 1981年にリリースされた
ペイジズ時代のラストアルバム『Pages』 のほうが
どちらかといえば洗練されてたかな?
という感じはしますna。


まぁリチャード・ペイジ氏がMr. ミスターにおいて
デビュー当初に求めた音楽的な方向性ってのは
若干ニューロマンティックでエレクトリックなエッセンスが含まれた
ロックサウンドだったんでしょうけどね。。。


でも。。。結果的にペイジズ時代の濃密なAORとしての
アダルトテイスト感は薄らぎ 誰にでもつくれそうな?
至極ありがちな安物ポップサウンドになってしまった気がしますね。


まぁ。彼らは翌1985年リリースの2ndアルバム
『Welcome to the Real World』で
世界的に大ブレイクすることになるんですが。。。

その最大の勝因は チープなエレクトリック・ロック路線から早めに軌道修正し
リチャード・ペイジ氏が最も得意とするアダルトで緻密なサウンドエッセンスを
強調したっつうことが大きいんでしょうね。


そんな彼らの1stアルバム『I Wear the Face』から☆
かなりライトなサウンドながらも疾走感のあるポップンロックなナンバー
「Runaway」をチョイス☆

メロディ・ベースは中期のポリスっぽい感じなのかな???




Runaway - Mr. ミスター
1stアルバム『I Wear the Face』 1984年

Midnight Angel - Pages 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Midnight Angel






I selected "Midnight Angel"
from 3rd album "Pages"
of Pages released in 1981.



ボクの推し系バンドのひとつ!
ペイジズが1981年にリリースした
通算3枚目にしてラストとなったアルバム『Pages』から♪

どことなく凛とした儚げな空気感が漂うバラードナンバー
「Midnight Angel」をチョイス♪
東欧あたりの暮れゆく石畳の街並みの風景を思い起こさせます。

全ての音が眠りに就いた静かな深夜に
濃いめのバーボンを飲みながら
独りでしっとりと聴きたいですなぁ☆

さて!
ペイジズ時代のアルバムでは最もロックテイストを感じさせる
3rdアルバムなんですが この曲には初期のAORバンドとしての
名残りがどことなく漂っていますね。

実に味わい深い荘厳なナンバーですわいな☆



Midnight Angel - Pages 
3rdアルバム『Pages』 1981年

Only a Dreamer - Pages 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


Only a Dreamer





I selected "Only a Dreamer"
from 3rd album "Pages"
of Pages released in 1981.



ボクの推し系バンドのひとつ!
ペイジズも とうとうラストアルバムとなった
1981年リリースの3枚目『Pages』からのチョイスっす♪

70年代リリースの前2作よりは、若干(ホントにちょっとだけ)
ロック寄りな楽曲作りが意識されてるような。。。

今回紹介の「Only a Dreamer」は、
何となく80年代のフォリナーっぽいような
ちょいロックテイストが強めなAORナンバーかな☆

この3年後にMr. ミスターとして再始動するリチャード・ペイジ氏☆
ある意味で新たなバンドサウンドの試金石となったアルバムでしょうか?



Only a Dreamer - ペイジズ
3rdアルバム『Pages』 1981年

Keep on Movin' - Pages 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Keep on Movin'


I selected "Keep on Movin'"
from 2nd album "Future Street"
of Pages released in 1979.



ペイジズが1979年にリリースした
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』 から
アルバムの中では異色なファンクアレンジのアッパー系ダンスナンバー
「Keep on Movin'」をチョイス♪

しかし・・・久々にペイジズの2nd聴くと、
ホントにいいアルバムだなぁ~と素直に思うのですね。
手抜きしてる訳ではなく、すんごく作り込んでる音なんだけど、
ものすごくライトな後味というべきか・・・



Keep on Movin' - ペイジズ
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』 1979年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」

【※注 過激にエロい歌詞】 FACK - Eminem 【90年代以上ダンス】

【90年代以上洋楽ダンスの名曲】


FACK


I selected "FACK"
from Best album "Curtain Call"
of Eminem released in 2005.



さて。
白人系ラッパーでは間違いなく最もメジャーなエミネム☆


ボク自身、あちらのギャング系と称される
ヒップホップやラップに関してはほとんど聴いてませんが・・・

いつだったか、たまたまエミネムのベストアルバム
『Curtain Call: The Hits』を聴いたとき、
あまりにブっ跳んだ歌詞に思わず耳を疑ったのが「FACK」です☆

何となく「F○CK」の造語だろうなぁとは想像つくんですが・・・
※「A」の意味は・・・言われてみれば「なるほどね」と。。。

少なくとも、ここまで露骨にアブノーマルなプレイ内容を歌った歌詞って
これまで聴いたことがありませんでしたので逆に感動?しました!


ただ重たいリズムがループするシンプルなバックトラックは超Cool♪
エミネム楽曲中で一番イカしてます☆

まぁ。英語の解るお子様や女性には絶対に聴かせないことですね。。。


和訳は・・・宜しければどうぞ!
くれぐれもお子様や女性は閲覧しないように!
http://www36.atwiki.jp/gachmuch/pages/278.html




FACK - Curtain CallFACK - Eminem 
ベスト盤『Curtain Call: The Hits』 2005年


Chemistry - Pages 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Chemistry


I selected "Chemistry"
from 2nd album "Future Street"
of Pages released in 1979.




う~ん・・・
なんてカッチョいい名曲なんだろう!!
これはまさに究極のドライヴサウンドってな感じでしょうかね!


久々のペイジズねたですが、ちょい聴いてて感動しちゃいました・・・

70年代の音って当然ながら全てのパートがヒューマンスキル
によって作られている訳で、昨今のような
ウソっぽい機械的な疑似音では決してない訳で・・・

こんなにもソウルフルでエレガントなアレンジも出来るんだなぁ。。。と
改めて感動です♪

ではペイジズが 1979年にリリースした
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』から
どっかで聞いたことのある名前だなぁの「Chemistry」をどうぞ♪
リチャード氏の天才性がスパークしております☆





Chemistry - Future StreetChemistry - ペイジズ
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』 1979年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」

Who's Right, Who's Wrong - Pages 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Who's Right, Who's Wrong


I selected "Who's Right, Who's Wrong"
from 2nd album "Future Street"
of Pages released in 1979.




ペイジズが1979年にリリースした2ndアルバム『Future Street』から
ケニー・ロギンス&リチャード・ペイジズの競作による
ゴージャスな雰囲気漂うAOR風ナンバー
「Who's Right, Who's Wrong」をチョイス♪

ちなみにこの曲は同年リリースされたケニー・ロギンス氏の
ソロ3rdアルバム『Keep the Fire』にもテンポダウンされた
バージョンが収録されてますが、こちらは何と!!!
マイケル・ジャクソンのコーラス参加という
なんとも豪華な仕上がりになってます!


Who's Right, Who's Wrong
↑ ケニー・ロギンスVer

ボクの好みでいえば、やっぱペイジズVerのほうが
アレンジが洗練されてる感じがするので好きですね!





Who's Right, Who's Wrong - Future StreetWho's Right, Who's Wrong - Pages
2ndアルバム『Future Street(フューチャー・ストリート) 』 1979年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」

Room At The Top - Pages 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Room At The Top


I selected "Room At The Top"
from 1st album "Pages"
of Pages released in 1978.




さて。ボクの推し系AOR系アーティストものを少々・・・


ん?推し系のAORで思い出しましたが・・・
当ブログでも各人の名曲特集を敢行したスティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、
ドゥービー・ブラザーズのマイケル・マクドナルド、そしてボズ・スキャッグスの
御三人が結成したという「ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー」☆

そんな彼らがこの秋に来日するみたいですね☆
しかもバックバンドでスティーリー・ダンのメンバーって書いてるケド、
ウォルター・ベッカー氏も来るってことかぁ???

ものすご~く気になって、いくつかアップされてるライブの様子を観たのですが。。。


う~・・・我が敬愛すべきマイケル・マクドナルド氏のヴォーカルも
無理やり出してる感があり。。。ボズさんに至っては、
かな~り前から高音域が全く出せなくなってしまってるし、
もはや、聴くというか「観に行く」って感じになるんでしょうかね。
でも。。。ヴォーカルはさておき、彼らの演奏は気になります☆


あ。
話はソレましたが・・・
ペイジズが1978年にリリースした1stアルバム
『Pages(ファースト・ペイジズ)』 から、このアルバムではベストトラックだと思う
超Coolなサウンドアレンジの「Room At The Top」をチョイス♪

今、まさにこういう曲が聴きたいんですwana☆





Room At the Top - PagesRoom At The Top - ペイジズ
1stアルバム『Pages(ファースト・ペイジズ)』 1978年

Take My Heart Away - Pages 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Take My Heart Away



I selected "Take My Heart Away"
from 2nd album "Future Street"
of Pages released in 1979.




さて。ここんところすっかり推し系アーティストの楽曲をチョイスできませんでした。。。
まぁ、ちょっと本業のほうで納期が短い案件が増えてきたせいで(おかげで!ですね☆)
すっかりブログ更新頻度が落ちてきております・・・・

ですんで、イケるときにイケるだけいっておきましょう?!!


まずはペイジズから!
彼らが1979年にリリースした2ndアルバム
『Future Street(フューチャー・ストリート)』 から、
哀愁を帯びたメロディの先に希望と悲しみが交差する
「Take My Heart Away」をチョイス♪

彼らがリリースした3枚のアルバムは持っててもホント邪魔になりませんが、
特にボクは、この2ndを良く聴いてたかな???



すっかり余裕を無くしたレコード会社の「ヒット至上主義」的な意向に押されて
拙速な作品を次々に乱発している今の音楽シーンに慣れてしまった方々。

音楽には流行なんてものはありません。。。
それはあらゆる芸術ジャンルに通じることなんでしょうが、結局のところ
「良い作品」か「悪い作品」、もしくは大多数を占める「普通の作品」しかないのです。
「心に残る音楽」は、どんなに長い歳月を経てもボクらの中に永久にとどまり続けるのです。





Take My Heart Away - Future StreetTake My Heart Away - ペイジズ
2ndアルバム『Future Street』 1979年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」

It's Alright - Pages 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


It's Alright


I selected "It's Alright" of the beautiful ballade song,
from memorable 1st album "First Pages" of Pages released in 1978.



1978年にリリースされたペイジズの記念すべき
1stアルバム『Pages(ファースト・ペイジズ)』 からの選曲☆

シックなピアノの旋律に、まったりメロディアスな
リチャード・ペイジ氏の歌声が重なるスイートなバラードナンバー
「It's Alright」をチョイス☆
でも・・・データ音源がアナログ盤っぽいので。。。
プチプチとチリを拾うノイズが入ってますます・・・
まぁ。それも懐かしいですね☆ん?今の若い世代には謎でしょうがね(笑



It's Alright - ペイジズ
1stアルバム『Pages(ファースト・ペイジズ)』 1978年



The album featured an impressive array of session musicians. The roster of talent included Colomby, Philip Bailey (Earth, Wind & Fire), Steve Forman, Dave Grusin, Claudio Slon, Victor Feldman and Michael Brecker. Although Page provided most of the lead vocals, George took the lead on "Let It Go" and "Listen For The Love."
Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。