QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Orleans

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 If I Don't Have You - Orleans 【70年代バラード】

【Re-Edit】【70年代洋楽バラードの名曲】


If I Don't Have You





I selected "If I Don't Have You"
from 4th album "Waking and Dreaming"
of Orleans released in 1974.



1983年9月13日(火)

鎌倉市北部と横浜市南部との境に位置する、標高約160メートルの大平山(おおひらやま)から、少し低い約140メートルの天台山(てんだいさん)を結ぶルートは、通称「鎌倉アルプス」と呼ばれ、鎌倉市内にいくつか定められたハイキングコースのなかでは、最長となる天園(あまくさ)ハイキングコースが、その山中の尾根筋に沿って整備されている。

建長寺で、もっとも高台にある半僧坊は、このハイキングコースへの入り口にもなっていた。――

【せっかくここまできたんだから、十王岩まで行ってみようよ】

天狗たちの見つめる長い石階段を、ボクたちが山門のほうへ、くだっていこうとしかけたとき、ショウカが急にそんなことを提案しはじめ、ボクたちは黙ってそれに従った。そしていま、時折、血管のように太い木の根がうねりながら足元に露呈した土褐色のダート路を、こうして歩いている。

「十王岩」――そう呼ばれる巨石の近傍(きんぼう)からは、どうやら鎌倉市内が、もっともキレイに一望できるらしい。

――半僧坊の本殿裏から、細い石段をしばらくのぼっていくと、「勝上献(しょうじょうけん)展望台」に到着する。この場所から、今日はじめてアクアブルー一色で満たされた湘南の海の青さを目にしたとき、なんだか少しだけ「ホッ」としたように思う。

ハナウタを歌いながら先頭を行くショウカの少しうしろを、メイとミチコが並んで歩く。そんな2人の背中を見つめるボクの数歩うしろを、田代はゆっくりついてくる。

高木に繁る緑の葉々の隙間から、眩輝(グレア)によって拡散させられた放射状の光輝が燦々(さんさん)と溢(あふ)れ返っている。その木漏れ日の眩(まばゆ)さは、この山に繁茂(はんも)する無数の樹々が吐き出す霧状の吐息を、ほんのり乳白色に霞(かす)ませているように感じられた。――

たしかにそれは、天から降り注がれた一瞬の微笑みのように神々しくもあり、何百年もの長きに渡って、この場所に棲み続けてるのであろう精霊たちの口元からこぼれ落ちた、淡い息吹きのようでもある。

(しかし、もしこのグループに林ショウカがいなかったら、ほとんど会話なんてものは成立しなかったんだろうな。――まぁ、メイと田代が、極端に無口過ぎるだけなのかもしれないけれど)

さんざめく葉々の揺らぎを木漏れ日の下に聴きながら、ボクは急に立ち止まり、うしろを歩く田代が隣に並ぶのを待つ。――怪訝(けげん)そうに、横目で視線を投げかける田代へ向かってボクは微笑んだ。

「――お前ってさぁ、普段、どんな音楽聴いてるの?」

別にそんなことを知りたかったってわけじゃない。本当は、さっき山門の楼上(ろうじょう)から小山ミチコを見つけたとき、どうして田代がいきなり彼女の名前を呼んだのか、――そっちのほうの真相が知りたかった。しかし田代は、そのとき意外なアーティスト名を口にする。

「ボクは、高中正義が好きかな」

「高中?」

高中正義の代表曲、「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」くらいなら、なんとなく知っていたけれど、アルバムを聴いたことは一度もなかった。思わずボクは訊ねる。

「お前、エレキが好きなのか?」

すると、田代は口元にほんの少しだけ笑みを浮かべながらいった。

「高中の『虹伝説』ってアルバムが好きでね。ボク、いつかハワイに行ってみたくって、――このアルバム聴いてると、なんとなく浮かぶんだ。そんなハワイの情景が」

田代が笑顔を見せたことにも驚いたけれど、なにより彼の口から「ハワイ」という言葉を聞かされて、つい、ボクは田代の横顔に微笑みながら告げたんだ。

「オレもね、いつか行きたいなって思ってるんだよ。――ハワイにね」

ボクは田代と並んで落ち葉に埋もれた土肌の上を歩く。――なんの気なしに訊いた音楽の話が、ボクらの関係をうっすら変化させたのかもしれない。やがて、本当に訊きたかったほうの質問をボクは口にする。

「お前さぁ、さっき小山さんを見つけたときにさ、なんで彼女の名前を呼んだんだ? 別に変な意味じゃねぇけど、彼女と話したことなんてないんだろ?」

田代はじっと黙り込み、前を行くミチコの背中を見つめた。そして風のせせらぎのなかへ、やんわり言葉を溶け込ませていった。

「ボク、小山さんとは小学校の三、四年で一緒のクラスだったんだ」

「えっ? あぁ、そういえば同じ小学校だったな、お前たちって」

うつむく田代の横顔に、ボクはつぶやく。

「彼女とは一度も話したことはないけど、――でも、ボクはずっと見てきた。いままで彼女がどんなことをみんなからされてきたのか、を。――でも、変わると思ったんだ。中学校に入れば、きっと、そんな生活も終わるんだろうって思ってた。けど、――もっとヒドくなった。それに彼女は、もうすぐ本当にひとりぼっちにさせられてしまうんだ」

ボクには、そのとき田代がなにをいおうとしているのか、まだよくわからなかった。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.10.09 記事原文】

オーリアンズって世間的にはほとんど評価されてないバンドですケド。。。
個人的には好きなんですよねぇ♪

何とな~く自分たちの出来る範囲で音楽を作ろう!みたいな
ある種「収まり感」のあるサウンドが心地よいのですね☆

そんな彼らが1974年にリリースした4thアルバム『Waking and Dreaming』から
ほのぼのとした温かみを感じられる優しいバラードナンバー
「If I Don't Have You」をチョイス♪

ちょっと人恋しくなる肌寒い秋の夜更けには。。。
ジワジワと効いてきますなぁ。。。






If I Don't Have You - Waking & DreamingIf I Don't Have You - オーリアンズ
4thアルバム『Waking and Dreaming』 1974年

Sails - Orleans 【バラードの名曲】

【洋楽バラードの名曲】


Sails





朝焼けに色づきはじめた街並みは微塵も淀むこともなく、
風にたゆたう淡白(あわじろ)きパステルカラーの光のなかに包まれてゆく。

生み出された朝の光に、夕暮れの残光が濃厚な琥珀のなかに閉じ込めている
「永い歳月の深さ」のような力強さを感じることはない。

その光がもたらすものは、
昨日までの過去と決別した新しい未来の訪れ――
柔らかな希望への予感が、その淡白きシルクのような輝きのなかには、
いつだって「きらきら」と満ち溢れている。


アメリカのロックバンド、オーリアンズが1976年にリリースした
4thアルバム『Waking and Dreaming』 から、
そんな朝の光を見つめながら聴くのに最適なアコースティックなナンバー
「Sails」をチョイスです☆




Sails - Waking & DreamingSails - オーリアンズ
4thアルバム『Waking and Dreaming』 1976年



The City of New Orleans - Arlo Guthrie 【70年代フォーク】

【70年代洋楽フォークの名曲】


The City Of New Orleans


I selected "Arlo Guthrie"
from album "Hobo's Lullaby"
of GRAPEVINE released in 1972.




1972年の洋楽ヒットチャートから


1984年代に白血病で36歳という若さでこの世を去った
フォークシンガーのスティーヴ・グッドマン氏。


しかしながら彼の死後、ウィリー・ネルソン氏が
「The City Of New Orleans」をカヴァーし、
グラミー賞でBest Country Song部門を受賞!

さらに翌1985年に彼を偲んで開催されたトリビュート・コンサート
を収録したライブアルバム『Tribute To Steve Goodman』が
1986年のグラミー賞最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム賞を受賞!

さらには翌1987年のグラミー賞最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム賞も
彼の死後にリリースされた「Unfinished Business」が獲得するなどなど。。。


実に偉大な御方なのでした☆


では早速、ウィリー・ネルソン氏がカヴァーした...

と言いたいとこですが、今回はアーロ・ガスリー氏が1972年にカヴァーし、
ビルボードでスマッシュヒットを記録したバージョンをご紹介!

この曲って実際のところ、そんなすごい曲には思えませんケド、
ウィリー・ネルソン氏をはじめ、ジョンデンバー氏、ジョニーキャッシュ氏など
カントリーロック界の大御所がこぞってカヴァーしておりますね。

歌詞の内容がスゴいのかな?とも思いましたが・・・
う~ん。。。そうでもない気もしますケドね...

いずれにしてもアメリカフォーク界においては傑作なる歌なのである!
ということで☆





The City of New Orleans - Hobo's Lullaby (Remastered)The City Of New Orleans - アーロ・ガスリー 
アルバム『Hobo's Lullaby』 1972年

Love Takes Time - Orleans 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Love Takes Time



I selected "Love Takes Time"
from 5th album "Forever"
of Orleans released in 1979.




オーリアンズのナンバーからもう一曲ご紹介☆

ちなみに。・・
彼らの楽曲で最もセールスチャートが高かったのは、
1976年リリースの4thアルバム『Waking and Dreaming』収録で
最高位5位となった「Still the One」みたいです。。。


でも。
ボクが一番好きなナンバーは1979年リリースの5thアルバム
『Forever』に収録された「Love Takes Time」ですね☆
チャートアクションは最高位11位止まりだったみたいですけどね・・・

まぁ、彼らのアルバムは隣の兄貴に借りたこれ1枚しか
ぶっちゃけ聴いたことはないのです・・・


いずれにせよボクがアメリカに憧れていた中学2年当時、
まさにカリフォルニアあたりの風景を音楽によって
イマジネーションさせてくれた超心地よいロックナンバーです☆


ポコよりも、メロディアスでキャッチーなナンバーが多い
オーリアンズなんですけども・・・
あまりメジャーではないですわね。
もし興味があればこのベスト盤あたりはかなりお勧めですよ♪


久々に聴くと・・・
やっぱ泣きそうになりますねぇ。。。





Love Takes Time (Re-Recorded) - Still the One - The Best of Orleans (Re-Recorded Versions)
Love Takes Time - オーリアンズ 
5thアルバム『Forever』 1979年(※未CDかな?)
ベスト盤『The Best of Orleans』

Dance With Me - Orleans 【70年代フォーク】

【70年代洋楽フォークの名曲】


Dance With Me


I selected "Dance With Me"
from 2nd album "Orleans II"
of Orleans released in 1974.



せっかくジョン・ホール氏が出てきたので
ついでと言っちゃあ何ですが・・・
オーリアンズの代表曲を少々いきますね!!

まぁ一番有名なのは1975年にリリースの3rdアルバム
『Let There Be Music』に収録さて、ビルボートチャートで
最高位6位となった「Dance With Me」ですね♪

コーラスワークがまさに70年代中期ウエストコーストっぽいっす☆






Still the One - Dance With Me: The Best of OrleansDance With Me - オーリアンズ
3rdアルバム『Let There Be Music』 1975年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。