QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Olivia Newton John

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Xanadu - Olivia Newton John & ELO 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Xanadu






1982年8月10日(火)

原宿はボクらにとって、なにもかもが想像以上の街だった。――

昼前、原宿駅に着いたボクらは、竹下通り口ではなく、どうやら明治神宮側の改札を出てしまったらしくって、そのまま渋谷のほうへと歩き出していた。けれど、国立競技場の手前まできて、ようやく道を間違えていたってことに気づくと、2人して笑って、ふたたび駅のほうへと引き返したんだ。

そうして、いったん駅前まで戻ってきたけれど、通りの向こう側の角にある雑貨屋のウインドウディスプレイに、マレンがすっかり興味を持ってしまったので、仕方なく歩道橋を渡って、まずはそのショップに立ち寄る。結局、店を出てすぐには竹下通りへと向かわずに、そのまま表参道を明治通りのほうまで歩いてみることにした。

いずれにしたってマレンは、物珍しかったり、可愛らしかったりするものを道すがらで目にするたびに必ず立ち止まってしまうものだから、ボクたちは何度となくハグれそうになる。もし、こんな街で彼女とハグれてしまったならば、絶対に彼女を見つけ出すことなんてできやしない。だからボクは、マレンの少しうしろを歩くことにしたんだ。――


やがてボクたちは表参道に面した古着屋に入る。当然ながら古着屋なんていう形態の店舗は、ボクらの地元界隈には一軒もない。今日、こうしてはじめて入ってみたのだけれど、ジーンズとかが本当に安くてビックリしたんだ。ボクが店の奥のほうで、大量にディスプレイされているジーンズをしばらく眺めていると、マレンは、チャイナドレスっぽい光沢のある服が気に入ったらしくって、ボクのほうへ何枚か手にしながら見せにきた。

「どれががいいかなぁ」

と、彼女が訊ねるので、ボクは迷わず赤いほうを指差す。どうやらマレン本人は、黒い服が欲しかったみたいで、鏡の前で何度も体に当てながら、あれこれ悩んでいたけれど、最終的には赤いほうの服を選んだんだ。ボクはその店でリーバイスの安いジーンズと、グレーっぽい太めのオーバーオールを買う。

その古着屋を出ると、ようやくボクらは念願の竹下通りへと向かった。――だけど、竹下通りの入り口で、そのあまりの人の多さに、おもわず2人で顔を見合わせる。
「竹下通りってさぁ、こんなに混んでるんだね」

マレンも、想像以上の混雑ぶりに、唖然(あぜん)としながらそうつぶやく。
「じゃあさぁ、またあとでこようか?」
ボクはそういってから、今回、絶対に行ってみたかった、ロックンローラーファッションの超有名店であるクリームソーダを、とりあえず探すことにした。ボクの学校でクリームソーダに行ったことのあるヤツから、なんとなく場所は聞いていたんだけれど、細い路地に入って、2人でどれだけ「ウロウロ」してみても、結局、それらしき店を見つけることはできなかった。

マレンは「誰かに聞こうよ」って、いってたけれど、ボクはなんだか少し恥ずかしかったんで、それを断ってしまう。そして、マレンが、前からずっと行きたがっていたキデイランドを目指すことにしたんだ。――

表参道に出てから、しばらく歩いていくと、すぐにキデイランドは見つかった。店内に入るなり、マレンは、その薄茶色の大きな瞳を瞬く間に輝かせていた。

キャラクター雑貨などを、いろいろと手にしながらあちらこちらと走りまわり、とにかく彼女は嬉しそうにハシャイでいた。ボクは、それから一時間以上、彼女のうしろを、ただひたすら連れまわされることになったんだ。

やがて、大量の雑貨を買い込んだマレンは、すっかり上機嫌になって、
「パル! キデイランドって、やっぱりスゴイ楽しいねぇ。ホントはもっと見たいけどさぁ、時間がなくなっちゃうから、――またいつかこようね」

そういってボクに笑いかけた。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】




【2012.03.22 記事原文】

中学生当時、メロディ重視のボクに最も感動を与えた名曲!
オリビア・ニュートン・ジョンの「ザナドゥー」です♪


確か、SoftbankのCMでカヴァーver.が使われてましたね。


しかし。。。30年以上他って、さっき初めてPV観たのだが。。。
いいですねぇ♪♪キレイな御方です!

正直、特別 歌が上手いって訳じゃぁないのにね。。。

非常にヒット曲が多いですわねぇ。。オリビアは!





Xanadu (In the Style of Xanadu - オリビア・ニュートン・ジョン
オリジナルサウンドトラック『Xanadu』 1980年



Twist of fate - Olivia Newton-John 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Twist of fate





I selected "Twist of fate"
from Soundtrack album "Two of a Kind"
of Olivia Newton-John released in 1983.



1984年の洋楽ヒットチャートから


オリビア・ニュートン・ジョンさん&ジョン・トラボルタ氏が
1978年公開の『Grease(グリース)』以来、ふたたび競演を果たした
1983年の映画『セカンド・チャンス』の主題歌でオリビアさんが歌い、
ビルボードのシングルチャート最高5位を獲得のナンバー
「Twist of fate」をチョイス☆

なんとも80’sなエレクトリック系ダンサンブル・チューンですけどもね。
ライティングを手がけたのは、かのデイヴィッド・フォスター氏なんでござんす♪


ちなみに・・・
映画のほうの興行収益は相当に悲惨だったようで、
Wikiを引用すれば

”この失敗はトラボルタのキャリアにも影を落とし、
のちの『パルプ・フィクション』(1994年)で
再浮上を果たすまで約10年の歳月を要している”

ということのようですな。
オリビアさんのほうも・・・
コレ以降、主役級での出演はないようで。。。

まぁ、仕方ないっしょ☆



Twist of fate - オリビア・ニュートン・ジョン
オリジナルサウンドトラック『Two of a Kind』 1983年


Heart Attack - Olivia Newton John 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


Heart Attack





I selected "Heart Attack"
from Best album "Olivia's Greatest Hits Vol.2"
of Olivia Newton John released in 1982.



1982年の洋楽ヒットチャートから


おそらくはアメリカで最も成功したであろう
オージー系女性シンガーのオリビア・ニュートン・ジョンさん☆
まぁ。言い換えれば世界で最も成功したオーストラリア人女性シンガーだと思います。

彼女も長い音楽キャリアにおいて いくつかのピークを迎えているんですが
80年代に入ってからはエレクトリックなダンス・ポップへと方向性を切り替え
最後のピークを迎えることになります。

そんな彼女にとって全米チャート最後のトップ3ヒットとなったのが
1982年にリリースされた「Heart Attack」☆

ロック・テイストなアレンジであればもっとCoolに仕上がったんでしょうけど・・・
あまりにも80年代のトレンドを意識し過ぎて
何だか非常に軽~い印象を受けますな。。。




ハート・アタック (1982 Greatest Hits Vol, 2 Version) - 虹色の扉+2Heart Attack - オリビア・ニュートン・ジョン 
ベスト盤『Olivia's Greatest Hits Vol.2』 1982年

Make a Move on Me - Olivia Newton John 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Make a Move on Me





I selected "Make a Move on Me"
from 12th album "Physical"
of Olivia Newton John released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


オリビア・ニュートン・ジョンさんの黄金期?って
70年代半ばと70年代後半、そしてイメチェンを果たした80年代初期
の3回程度あった訳なんですけど。。。

ボクがリアルに知ってるのはやっぱり80年代に入ってからの
「Xanadu」や「Physical」以降なんでしょうかね。

彼女が1966年デビューっていうのが
どうしてもイメージ的には信じられないです。
※ボクが生まれる前だし・・・

まぁ。そんなこんなで実に音楽キャリアの長い彼女が
まさに80年代エレクトリックなポップサウンドと見事にマージした
1981年リリースの12thアルバム『Physical』から
まさにIts just a sound of 80sなナンバー「Make a Move on Me」をチョイス☆




ムーヴ・オン・ミー - 虹色の扉+2Make a Move on Me - オリビア・ニュートン・ジョン
12thアルバム『Physical』 1981年

Suddenly - Olivia Newton-John & Cliff Richard 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Suddenly





I selected "Suddenly"
from Sundtrack album "Xanadu"
of Olivia Newton-John & Cliff Richard released in 1980.



1981年の洋楽ヒットチャートから


1980年に公開されたオリヴィア・ニュートン・ジョンさん主演映画『ザナドゥ』☆

この映画がヒットしたかどうかは定かではありませんが
ELOのライティングによる主題歌「Xanadu」のほうは大ヒットしましたね☆

さて。
この映画の愛のテーマとしてシングルカットされた
クリフ・リチャード氏とのデュエットナンバー「Suddenly」も
ビルボードのシングルチャートで最高20位まで上昇しました♪

この曲の雰囲気で何となく勝手にアンディ・ギブ氏あたりが
ライティングしてるものかと思ってましたが・・・
違いましたね。。。


浮遊感のある どこかヨーロピアンテイストで
アダルティなアレンジの1曲っす☆




Suddenly - Private Collection 1979-1988Suddenly - オリヴィア・ニュートン・ジョン with クリフ・リチャード
オリジナルサウンドトラック『Xanadu』 1980年

Let Me Be There - Olivia Newton-John 【70年代カントリー】

【70年代洋楽カントリーの名曲】


Let Me Be There





I selected "Let Me Be There"
from 3rd album "Let Me Be There"
of Olivia Newton-John released in 1973.



1974年の洋楽ヒットチャートから


オリビア・ニュートン・ジョンさんが1973年にリリースした
3rdアルバム『Let Me Be There』からのタイトルトラック!
彼女にとってビルボードのシングルチャートで初の一桁台(6位)ヒットとなった
カントリーテイストな一曲「Let Me Be There」をチョイス♪

彼女はこの曲のヒット以降、大ブレイクを果たすことになります。

まぁデビュー当時のイーグルスナンバーを
リンダ・ロンシュタットさんがカヴァーしたような感じ。
というのがこの作品に対する正しい講評のように思えます。


Let Me Be There - オリビア・ニュートン・ジョン
3rdアルバム『Let Me Be There』 1973年

The Best Of Me - David Foster&Olivia Newton John 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


The Best Of Me





I selected "The Best Of Me"
from 2nd album "David Foster"
of David Foster released in 1986.




さて。
クリスマスも近い(・・ん?まだ先か? (╬ ◣д◢ )こともありますので
有名どころの女性アーティスト絡みなバラードナンバーをご紹介しております☆


その流れを継承しつつ・・・

たぶん当ブログで最も名前の登場回数が多い音楽プロデューサーである
デイヴィッド・フォスター氏がオリビア・ニュートン・ジョンさんとデュエットし
プチっとヒットしたバラードナンバー「The Best Of Me」ですが。。。

Wikiると どうやらケニー・ロジャースが1985年にリリースしたアルバム
『The Heart of the Matter』に提供した楽曲のセルフカヴァーみたいです。

イントロが始まれば判る人ならすぐ「あ~デイヴィッド!」
と判るメロディ&アレンジで御座いますな☆。。。(´^ิ∀^ิ`*)
まぁ歌うとこんな声をしていたんだなぁ~!
と思われる方も多いかもしれませんね♪


ちなみに。。。
この楽曲が収録されたデイヴィッド・フォスター氏1986年リリースの
彼がかつて映画サントラ等へ提供した楽曲を集めたらしいアルバム『David Foster』。
まぁ実に彼らしいサウンドに満ちた作品ですね・・・

でも。。。ボクは何といっても1988年公開の映画『君といた夏』
のオープニング「Stealing Home」がダントツに好きです!(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
このナンバーだけは、まさに神曲!!




君にすべてを - The Best of MeThe Best Of Me
デイヴィッド・フォスター&オリビア・ニュートン・ジョン
アルバム『David Foster』 1986年

Have You Ever Been Mellow - Olivia Newton-John 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Have You Ever Been Mellow


あれ?
この曲のオリジナルテイクってYにあったんだ!!

オリビア・ニュートン・ジョンさんが1975年にリリースした
全米No.1アルバム『Have You Ever Been Mellow』 から
タイトルナンバーで誰もが知ってるスイートポップスの代表曲
「Have You Ever Been Mellow(そよ風の誘惑)」をチョイす♪


無論、名曲なのですけどね・・・
もし英語が分かる方がこの曲を聴いたとしたら
「何のことやら?」という内容なんですが・・・
ましてどこが「そよ風の誘惑」なのか???になりますね☆

興味があればネットで和訳を探してみてください♪
ボクにはさっぱりシチュエーションが分かりません・・・





Have You Never Been Mellow - Have You Never Been MellowHave you never been mellow - オリビア・ニュートン・ジョン
6thアルバム(なのかな?)『Have You Ever Been Mellow』 1975年



I Honestly Love You - Olivia Newton-John 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


I Honestly Love You


初期オリビアの初々しさが漂う全米No.1ヒット
「I Honestly Love You」を選曲♪


こんなにも清々しい彼女が、10年と経たないうちに、
なぜにレオタード姿でデブと歌うのかね???





I Honestly Love You - Olivia's Live Hits (Live At the Sydney Opera House)I Honestly Love You - オリビア・ニュートン・ジョン
『If You Love Me, Let Me Know』 1974年



Physical - Olivia Newton-John 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


Physical


オリビアの「そよ風の誘惑」は、Yにオリジナル音源がなかったので諦めます。。。
だもんで1981年の大ヒットナンバー「フィジカル」をご紹介します♪


「ザナドゥ」から一転して・・・イヤハヤすごい歌詞っす。。。
とうとうオリビアもリミッター外れたか。。。



デブなおっさん連中と絡むPVも凄いけども・・・
マドンナも影響されたかも???





フィジカル - 虹色の扉+2Physical - オリビア・ニュートン・ジョン
アルバム『Physical』 1981年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。