QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Ned Doheny

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

'Til Kingdom Come - Ned Doheny 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


'Til Kingdom Come


まぁ、ここんとこ週末には湘南ドライブに最適な
AOR系アーティストの楽曲を多めにチョイスしております☆


さて。
ネッド・ドヒニー氏が1989年にリリースした
4thアルバム『Life After Romance』 ☆
個人的に彼の作品では一番好きなんですよねぇ・・・

まぁ。彼の場合、サウンド的に夏向きな楽曲が多いのですが、
特にこのアルバムは、そうした傾向が非常に顕著ですなぁ☆

ですんで、もしこの夏、どこか南国バカンスへご旅行に行くのであれば、
是非ともBGMとしてお持ちになられてはどうでしょう☆
きっと、どんなシーンにもハマりますよ☆☆

ではアルバムからスイートなバラードナンバー
「'Til Kingdom Come」をチョイスです♪



'Til Kingdom Come - ネッド・ドヒニー
4thアルバム『Life After Romance』 1989年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Whatcha Gonna Do For Me? - Ned Doheny  【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Whatcha Gonna Do For Me?


3rdアルバム『Prone』 を1979年にリリースしてから、
実に13年振りのリリースとなったネッド・ドヒニーの
4thアルバム『Life After Romance』☆

ボク的には、このアルバムはかなり好きなんですケド・・・
まぁ2nd『Hard Candy』以上の評価を得られなかった訳で・・・

そんな4thアルバムから、チャカ・カーンのカヴァーで大ヒットしたナンバー
「Whatcha Gonna Do For Me?」をチョイス♪
実にCoolですよねぇ~☆



Whatcha Gonna Do For Me? - ネッド・ドヒニー
4thアルバム『Life After Romance』 1989年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Funky Love - Ned Doheny 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Funky Love


さて。本日は夏の日差しに逆戻りしましたね☆
では、夕暮れ時に向けて、当ブログ恒例の
AOR系推しアーティストのナンバーを少々・・・


まずはネッド・ドヒニー氏1979年リリースの3rdアルバム『Prone』 から
メロウでシックなナンバー「Funky Love」をチョイス♪

まぁ、このクラスのアーティストであれば、
どの曲を選んでもビタっとSunset Driveにマッチしますがね☆



Funky Love - ネッド・ドヒニー
3rdアルバム『Prone』 1979年



Who's Looking For Love Again - Ned Doheny  【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Who's Looking For Love Again


ネッド・ドヒニーの3rdアルバム『Prone』から、
ボクらを南国バカンスModeにいざなう心地よいナンバー
「Who's Looking For Love Again」をチョイス♪

あ~!早くリゾートに行きたいっす!!
と誰もが感じるキャッチー&メロウな一曲ですね☆


Who's Looking For Love Again - ネッド・ドヒニー
3rdアルバム『Prone』 1979年



Think Like A Lover - Ned Doheny 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Think Like A Lover


2ndアルバム『Hard Candy』 は、
どっちかといえばバカンスタイム向けのアルバムだったケド、
ネッド・ドヒニーが1979年にリリースした3rdアルバム『Prone』 は、
かなりアーバンテイストなサウンドに仕上がってます☆

ではアルバムの中からクールなアレンジがお洒落なナンバー
「Think Like A Lover」をチョイスっす♪
ものすごくパーツパーツが丁寧に作られてます☆

何か彼も一気に垢抜けた感がありますね☆☆☆



Think Like A Lover - ネッド・ドヒニー
3rdアルバム『Prone』 1979年



On The Swingshift - Ned Doheny 【70年代ファンク】

【70年代洋楽ファンクの名曲】


On The Swing shift


当ブログ推しのAOR系アーティストのひとりであるネッド・ドヒニー☆
ブレイクした1976年リリースの2ndアルバム『Hard Candy』から、
かなりファンクアレンジなナンバー「On The Swing shift」をチョイス♪
まぁ、中期のスティービー・ワンダーをライトにした感じですかね☆

まさに、この夏お勧めのドライブ向けアルバムの一枚です☆
36年前の作品なんですけどね(笑
決して古臭くないでしょ???



On The Swing shift - ネッド・ドヒニー
2ndアルバム『Hard Candy』 1976年



When Love Hangs In The Balance - Ned Doheny 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


When Love Hangs In The Balance


「湘南サウンド」ってことならば・・・
まぁアルバムコンセプトが、ジャケからしても夏!っな
ネッド・ドヒニーの2ndアルバム『Hard Candy』からどうしたってチョイスせざる得ません☆


各種ストリングスがドラマティックに盛り上げるミディアムスローなバラード
「When Love Hangs In The Balance」をチョイス♪

まぁ、このあたりが一番「湘南」っぽい音なのかもな☆



When Love Hangs In The Balance - ネッド・ドヒニー
2ndアルバム『Hard Candy』 1976年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



If You Should Fall - Ned Doheny 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


If You Should Fall





ネッド・ドヒニーの代表作となった2ndアルバム『Hard Candy』 から
リラックスしたポップサウンドが心地よいナンバー「If You Should Fall」をチョイス♪

まぁ、このアルバムって、ジャケ見ても分かるとおり、
リゾートあたりに持っていって聴く向けのアルバムなんですよね。

まぁ大瀧詠一氏の『A LONG VACATION』みたいな感じか???


If You Should Fall - ネッド・ドヒニー
2ndアルバム『Hard Candy』 1976年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



Get It Up For Love - Ned Doheny 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Get It Up For Love


音楽ファンのあいだで名盤と名高いネッド・ドヒニー1976年の2ndアルバム『Hard Candy』 から、
フォークのカッティングが超かっこいいナンバー「Get It Up For Love」です♪
ものすごくカッコイイんですけど、個人的にはイントロのシンセは全く不要だと思われます。
あとオバケが出そうな効果音も不要!!

まぁ単にシンセが使いたかったんでしょうね。


Get It Up For Love - ネッド・ドヒニー
2ndアルバム『Hard Candy』 1976年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



I Know Sorrow - Ned Doheny 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


I Know Sorrow


イーグルスを含め、トム・ウェイツ、ジョニ・ミッチェル、ジャクソン・ブラウン、
そしてリンダ・ロンシュタットなどウェストコーストの売れっ子ミュージシャンを
多数抱えていたレコードレーベルのアサイラム。

そんなアサイラムつながりで、ネッド・ドヒニーも登場させちゃいます。


彼は数年後に、AORの名盤と称される作品をリリースすることになりますが、
まずはデビューアルバムとなった1973年リリースアルバム『Ned Doheny』から
その後の音楽性を暗示するかのようなメロディが印象的なアコースティックナンバー
「I Know Sorrow」をチョイス♪





I Know Sorrow - Ned DohenyI Know Sorrow - ネッド・ドヒニー
1stアルバム『Ned Doheny』 1973年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。