QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Mountain

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Ain't No Mountain High Enough - Diana Ross 【70年代ポップス】

【Re-Edit】【70年代洋楽ポップスの名曲】


Ain't No Mountain High Enough





I selected "Ain't No Mountain High Enough"
from 1st album "Diana Ross"
of Diana Ross released in 1970.



1976年の洋楽ヒットチャートから


シュープリームスからソロとなったダイアナ・ロスさんが
1970年にリリースしたデビューアルバム『Diana Ross』から
シングルカットされ ビルボードのシングルチャートで
初のNo.1ヒットに輝いた記念すべきナンバー

「Ain't No Mountain High Enough」です☆

全盛期を迎えようとしていたモータウンの
まさに" いいとこ取り " をしたような清涼感漂う良質なソウルナンバーっす。

まぁ このデビューアルバム全体に通じるお洒落感を
代表したような感じのナンバーですね♪

ホント 休日にぼんやり流すにはお勧めのアルバムです☆





【2012.05.11 記事原文】

1970年の洋楽ヒットチャートからの選曲です☆
シュープリームスからソロとなったダイアナ・ロスのファーストシングル!
マーヴィン・ゲイ&タミ・テレルのナンバーをカヴァーして大ヒットした
「Ain't No Mountain High Enough」をどうぞ♪


語り系のラブバラードですが、コーラスが絡むサビのゴージャスさに思わず震えます・・・
こりゃ絶対にプロフェッショナルでなければ表現できませんわね・・・☆






Ain't No Mountain High Enough (Long Single Version) - Diana RossAin't No Mountain High Enough - ダイアナ・ロス
1stアルバム『Diana Ross』 1970年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Jackie Blue - Ozark Mountain Daredevils 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Jackie Blue





I selected "Jackie Blue"
from 2nd album "It'll Shine When It Shines"
of Ozark Mountain Daredevils released in 1974.



1975年の洋楽ヒットチャートから


サザンテイストなカントリー系ロックバンドである
オザーク マウンテン デアヴィルズ☆

彼らの初期サウンドは間違いなく
カントリーテイストなサザン・ロックなんですけれど・・・

1974年リリースの2ndアルバム『It'll Shine When It Shines』に収録され
ビルボードのシングルチャートで突如3位にランクインした
「Jackie Blue」だけがすんごく異質な感じなんですよねぇ。。。

「Jackie Blue」だけが明らかにアレンジも方向性も違い
シックでAOR寄りなロックナンバーだったので御座います。

まぁ。どうやらこの曲のライティングに関わった
ドラマーのラリー・リー氏の影響が大きいようですね。

このアルバムでも数曲 彼がライティングを担当してますが
やっぱり他の楽曲に比べると何となく雰囲気が別物です。

まぁビルボードのセールスチャート的にも
この曲だけアクションが異質だった訳でして。。。

このヒットに気を良くして さらにAOR風に仕上げた次作「If I Only Knew」も
ラリー・リー氏がライティングするんですが 結果的にはさっぱりヒットせず・・・
う~ん。。。この辺の微妙な さじ加減が難しいんでしょうねぇ・・・


ちなみに。。。
ラリー・リー氏は1982年にソロとして AOR系好きから
「究極のドライブアルバム」と称される爽やかなアルバム
『Marooned(ロンリー・フリーウェイ)』をリリースいたします☆
まぁこの方はソロになって正解だったかもしれませんね♪





Jackie Blue (Re-Recorded) - Greatest Hits (Re-Recorded Versions)

Jackie Blue - オザーク マウンテン デアヴィルズ
2ndアルバム『It'll Shine When It Shines』 1974年

Caribbean Blue - Big Mountain 【90年代レゲエ】

【90年代洋楽レゲエの名曲】


Caribbean Blue


I selected "Caribbean Blue"
from 3rd album "Lifetime"
of Big Mountain released in 1996.



あんまりハードアレンジなフロア系レゲエよりも、
何となくのんびり聴けるようなミディアムスロー系のほうが
個人的には好きですね☆

ビッグ・マウンテンが1996年にリリースした3rdアルバム
『Resistance』から夕暮れのビーチに映えそうなナンバー
「Caribbean Blue」をチョイス♪

いやぁ。。。
どこぞかへバカンスに行きたくなりますわねぇ・・・





Caribbean Blue - ResistanceCaribbean Blue - ビッグ・マウンテン 
3rdアルバム『Resistance』 1996年

Tsunami ~ A Wave of Love - Big Mountain 【90年代以上レゲエ】

【90年代以上洋楽レゲエの名曲】


Tsunami ~ A Wave of Love


I selected "Tsunami"
from Best album "Greatest Moments"
of Big Mountain released in 2004.




さて。
夏だ!レゲエだ!!といえば・・・
ビッグ・マウンテンがサザン・ナンバーをカヴァーした
「Tsunami (A Wave of Love)」も、
この時期には、とっても良い感じですん♪

まぁ、この曲が名曲過ぎるので、どんなアレンジにも対応できるんですが、
以前紹介した初音ミクの「TSUNAMI」も個人的評価は高いです☆

ちなみに。。。
「TSUNAMI」はCDのシングル・J-POP楽曲としては歴代セールス1位との事。
全体では3位(1位は子門真人『およげ!たいやきくん』、
2位は宮史郎とぴんからトリオ『女のみち』)☆
そう考えると・・・ちょっと複雑。。。

まぁ、ぴんからトリオが決して悪い訳ではないですが・・・
ぴんからトリオよりは上であって欲しいという願望はありますね。
「わ~たし~がぁ ささぁーげぇーた~ そ~のひとぉ~にぃ~」ですね♪


こないだテレビの特番で桑田さんを久々に観ました。
個人的な意見は近いうちに書こうかな。と思います。。。




Tsunami - ビッグ・マウンテン
ベスト盤『Greatest Moments』 2004年

Don't Look Around - Mountain 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Don't Look Around


I selected "Don't Look Around"
from 2nd album "Nantucket Sleighride"
of Mountain released in 1971.



マウンテンの場合、当然ウッドストックへの出演が
メジャーへの足掛かりになったんだろうとは思いますが、
じっくり彼らのアルバムを聴いてみると、なかなかイカしたロックバンドだったことに
改めて気付かされるのですね。

そんな訳で・・・
1971年にリリースされた2ndアルバム『Nantucket Sleighride』 から
鼓笛隊っぽい?ドラミングに何故か圧倒される「まさにRock」な逸曲
「Don't Look Around」をチョイス♪





Don't Look Around - Nantucket SleighrideDon't Look Around - マウンテン 
2ndアルバム『Nantucket Sleighride』 1971年

Baby I Love Your Way - Big Mountain 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


Baby I Love Your Way


もうちょいレゲエをいきますか!!
まぁ。これはRakiのカラオケナンバーでもありますが・・。・(笑


アメリカのレゲエバンドであるビッグ・マウンテンが1994年リリースの
2ndアルバム『Unity』から、ピーター・フランプトンのヒットナンバーを
レゲエ調にカヴァーして彼ら自身、最大のヒットを記録した
レゲエバラードソングの「Baby I Love Your Way」をチョイス♪

映画『リアリティ・バイツ』の挿入歌ということです・・・
※内容は知りませんが。。。


当時中の良かった女性がレゲエファンで、
野外フェスだので、この手の音を散々聴かされてた時期ですね・・・☆





Baby, I Love Your Way - The Best of Big MountainBaby I Love Your Way - ビッグ・マウンテン
2ndアルバム『Unity』 1994年

Blood of the Sun - Mountain 【60年代ロック】

【60年代洋楽ロックの名曲】


Blood of the Sun


ウッドストック出演アーティストの特集です☆


【1969年 8月16日(土) 出演アーティスト】

ウッドストック・フェスティバル2日目の8月16日 pm 9:00
8組目で登場したのがマウンテン☆
※Wikiネタは合ってるだろうな?だんだんと自信なくなってますが・・・


彼らを境に、超大物アーティストが続々と登場するのである・・・


現在、当ブログにてウッドストックに関する
新たなアンケートを実施中ですので是非ともご参加ください!
※現時点でメンテ中の模様・・・IEだと見れますがねぇ・・・
もしダメなら後ほど再度お越しの際にお願いしますね;;;


ま。要するに、もしウッドストックの2日目と3日目(ジミヘン含む)だったら、
どっちに行きたかったか???というのは非常に悩みますよねぇ。

アンケートでは、さらに限定して「誰のパフォーマンスが見たかったか?」
ですんで、ものすご~く難易度の高い質問になってます(笑)




さて。当ブログで何度か登場のマウンテン☆

ま。彼らのデビュー盤から揃えてる人ならお分かりのとおり、
デビューアルバムのリリースはウッドストック翌年の1970年。

ですんでウッドストック当日のセットリストは、ヴォーカルのレスリー・ウェストが
ソロ時代にリリースしたアルバム『Mountain』からもチョイスされた訳ですね☆


では。
ウッドストックライブの一曲目!
レスリー・ウェストが1969年にリリースした1stアルバム『Mountain』から
ヘヴィなリフがイカす「Blood of the Sun」をどうぞ♪
※YでのUpデート日時が浅いので早々に無くなるかも?ご視聴はお早めに!



Blood of the Sun - レスリー・ウェスト/マウンテン
1stアルバム『Mountain』 1968年



For Yasgur's Farm - Mountain 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


For Yasgur's Farm


70年代初期のアメリカンハードロックを牽引したマウンテン☆
彼らが1970年にリリースした1stアルバム『Climbing!』 から
渋いロッカバラードの名曲「For Yasgur's Farm」をチョイす♪

後のロック調バラードのお手本になった曲かも?
と思えちゃうほど全てが完璧な仕上がりですよね☆





For Yasgur's Farm - Climbing!For Yasgur's Farm - マウンテン
1stアルバム『Climbing!』 1970年



Theme for an Imaginary Western - Mountain 【70年代バラード】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Theme for an Imaginary Western


さっき「ブログ村」のカテゴリーを、今までの「懐メロ洋楽」から「洋楽」に変えてみた。
まぁ。10倍くらい参加者が多いケドがんばります!!

さて。
幼少時代にビートルズよりも、はるかに聴く(聴かされた?)回数が多かったのが、
アメリカのロックバンド「マウンテン」のLPである。

結果的に、音楽の聴きはじめというものが、
兄弟や親戚縁者が聴いていた音楽に影響されるのがスタンダードならば、
ボクにとってマウンテンとボブ・ディランが最初に影響を受けたアーティストである。


そんなマウンテンが1970年にリリースした1stアルバム『Climbing!』 から
ロッカバラードの「Theme for an Imaginary Western」をチョイス♪

幼心に残った美しくも壮大なナンバーです☆
ん?こんな声だったっけかな???さすがに記憶がやや曖昧です・・・





Theme for an Imaginary Western - The Best of MountainTheme for an Imaginary Western - マウンテン
1stアルバム『Climbing!』 1970年



Mississippi Queen - Mountain 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Mississippi Queen


1970年のヒットチャートから選曲☆

70年代初期に現在のハードロック&へヴィメタの礎となる、
まぁボクらが口にするところのホンモノの「Rock」サウンドを築いた
アメリカン・ロックバンド「マウンテン」!

同じくHR寄りのバンド「The Guess Who」と並び、
70年代初期のロックシーンを牽引したバンドです☆

1970年にリリースされた1stアルバム『Climbing!』 から
彼らの代表曲で、後のソッチ系バンドに大いなる影響を与えた
メタル・フィールなナンバー「Mississippi Queen」をチョイス♪

リードとリフが絡み合うイントロは、
なるほどロックの教本になるのも頷けます☆





Mississippi Queen - Climbing!Mississippi Queen - マウンテン
1stアルバム『Climbing!』 1970年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。