QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Michael Schenker Group

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Looking for love - Michael Schenker Group 【80年代ロック】

【Re-Edit】【80年代洋楽ロックの名曲】


Looking for love





Epi-6

 1982年5月13日(木)
 四時限目の終わり頃

 最初はクラスの誰かが「むかしの漫画の主人公」に似ている担任の髪型をからかったことがきっかけだった。教室内には的を射た、その誰かの言葉に小さな同調の笑いが起こる。

 忘れもしないけど、担任教師はそのとき確かに笑ってた。――口元に笑みを浮かべたまま、ゆっくりとその生徒に近寄っていき、ただひと言「お前なぁ」と、だけいった。……いや、それをいい終わる前に、なんの前触れもなくおもいきり彼の顔面を素手で殴り飛ばした。――――

 そもそもボクらは教師に平手で叩かれたり、あたまをゲンコツで殴られたことはあっても「拳で顔面をぶん殴られる」なんて、それまでの人生では、ほとんど経験したことがない。その担任はずっと口元に微笑を浮かべ続けながら、唇を押さえ、顔をそむけたその生徒の左頬をさらに激しく右フックの軌道で殴りつけた。

「ゴツッ」と頬骨が放つ鈍い衝撃音とともに彼はイスから真横へ転がり落ちる。――教室内は一瞬にして静まり返った。――誰かが殴られている光景を日常のなかで間近に見ること自体、きっとそれまでの人生で一度も経験がなかったからだろう。

「いま笑ったヤツは全員立て」

 担任はゆっくり教壇に戻ると、「ギョロッ」と飛び出した眼球を小刻みに震わせながら教室を見渡し、あまりにも普通の口調でそういった。当然、誰もすぐに席から立ちあがることなんてできるはずもない。すると担任は窓際のほうの席へと歩きはじめ、一番前に座っていた男子生徒の脇に立つなり、無表情のまま彼のあたまをおもいっきり上から殴りつけた。

「お前、さっき笑ってただろ。俺は『立て』といったんだぞ」

 ゆっくり立ちあがったその生徒は、すっかり顔面蒼白になっていた。きっと一瞬で血の気が引いてしまったんだろうから、視界のなかは「チラチラ」と灰色がかった暗がりに包まれ、耳もまともには聴こえていないはずだ。――教室内は、痛いくらいに重々しい戦慄の空気によって支配されていく。

「ほかにはいないのか?」

 ボクにはこの殺伐とした空間がものすごく息苦しくなってきた。同時に、なんだかすごくバカらしく思えてきた。不思議なんだけど、誰かほかの生徒が殴られている姿を見ると自分も殴られなきゃいけないような気になってくる。別にソイツのことをかばうわけじゃないが、ソイツだけ殴られてるのが、なんとなく可哀想に思えてしまうからだ。

 少し笑いながらボクは椅子から立ちあがった。こうした極度の緊張感に支配された場所にいると、おかしくもないのに、むかしからなぜだかいつも笑ってしまう。我慢しようとすればするほど、余計吹き出しそうになっていく。だからお坊さんが延々とお経を唱える法事やらがものすごく苦手だ。とてもじゃないけど沈痛な顔をして、じっと座ってなんかいられやしない。

 ボクのあとを追うように、5人くらいの男子が重そうにイスを「ズズズッ」と引きずって渋々立ちあがる。担任はさらに窓際の列をうしろへ移動していきながら、

「お前も笑ってただろう。『立て』といってるんだよ」

 そういうなり、ひとりの女子生徒のあたまをおもいっきり「ゴォンッ」と、力いっぱい殴りつけたのだ。ボクはその光景におもわず目を疑ってしまう。いきなり殴られたその女子生徒はショックのあまり、震えながら泣き出した。

「立てよ早く」

 この狂った担任教師は泣いてる女の子を無表情のままそういって脅し、無理やり立ちあがらせる。すると連鎖反応的に数名の女子生徒らも顔色を失い、うつむきながら立ちあがる。なかには怯えて「ガクガク」と、足が震え出す子もいた。……そのなかにマレンの姿はなかった。彼女は自分の席に座ったままで、その大きな瞳に恐怖の色を浮かべている。

(大丈夫だよマレン。もしコイツがキミに手を出そうとしたら、ボクが絶対許しはしない。半殺しにすらしない。――その場で始末してやるからさ)

「お前ら、こっちにこい」

 すごく冷静な口調で、そうヤツは指示した。ボクたちは教室のうしろの壁に沿って横一列に並ばされた。一番窓側に立っていたのは伊浦ナオト(イウ)だ。担任教師は黙ったまま窓際のほうへと移動し、「ギョロ」ついた眼球でイウを見つめる。……と、同時に「メリッ」と木製ボードの軋む音がし、イウがうしろの壁におもいきり後頭部を打ちつけた。――――



【2012.03.17 記事原文】

マイケル・シェンカー・グループ2nd「MSG」より。
アルバムとしては、3枚目よりもカッコイイ!

「Looking for love」は、哀愁を帯びたメロと
後半の鳴きまくるギターソロがCOOL♪







Looking for love - マイケル・シェンカー・グループ
2ndアルバム『MSG』 1981年
アルバムお薦め度 「持っていても良いでしょう」

【年末スペシャル☆】 Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽ロックの名曲ベスト100」

Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽ロックの名曲ベスト100」


ロックのジャンルに関しては、まだ全然紹介しきれていないのでございまする。。。
とりあえず今年、当ブログで紹介した中からのチョイスということで。。。
上位20曲くらいはボクの好きな曲順ですが、あとは順不同でございます☆

正直ロックの名曲って一言でいっても。。。
あまりに定義が広すぎて選曲が非常に難しいのですわいね・・・

多分ロック系ブロガーが自分の好きな100曲をチョイスしたら
数曲はみんなと被るけど、ほとんど違うランキングになるんじゃないでしょうかね?

ボクのサイトでは「ハードロック」が主ですのでメタルとかパンクは
今のところほとんど紹介してませんし・・・(※メタル系はほぼ知りませんし・・・)。
ですんで決して公的な洋楽ロックのベスト100ではなく、
あくまでボク個人の狭義的な選曲!ということでひとつご理解くださいね☆

まぁ上位5曲くらい聴けばボクの嗜好性は何となくご理解頂けるかと存じます☆
もしこの辺を聴いてもカラダが何ら反応しないとすれば・・・
ロックに興味がない体質!ということだろうかな。と思われます。。。


こちらも当ブログ記事へのリンクで御座います。
Yでの元リンク切れの場合ご了承くださいませ。



「未来に残したい洋楽ロックの名曲ベスト100」

第 1位 You Could Be Mine - Guns N' Roses
第 2位 Somebody Get Me A Doctor - Van Halen
第 3位 Dr. Feelgood - Motley Crue
第 4位 Rock Bottom - UFO
第 5位 Up Around The Bend - Hanoi Rocks
第 6位 End Of The World - Gary Moore
第 7位 I Surrender - Rainbow
第 8位 Sweetness - Jimmy Eat World
第 9位 I Was Made For Loving You - Kiss
第10位 I Fought The Law - The Clash

第11位 Why Can't This Be Love - Van Halen
第12位 Rock the Casbah - The Clash
第13位 Paranoid - Black Sabbath
第14位 Miss You - The Rolling Stones
第15位 Dancer - Michael Schenker Group
第16位 The Other Side - Aerosmith
第17位 Da Ya Think I'm Sexy? - Rod Stewart
第18位 Layla - Derek and the Dominos
第19位 You're So Vain - Carly Simon
第20位 All Night Long - Rainbow

第21位 Don't Look Back - Boston
第22位 I Might Lie - Andy Taylor
第23位 Atomic Punk - Van Halen
第24位 Away From Home - Bachman Turner Overdrive
第25位 Don't Come Back - Wishbone Ash
第26位 Lick It Up - Kiss
第27位 I Saw Her Standing There - The Beatles
第28位 Wheels of Fortune - The Doobie Brothers
第29位 Have You Ever Seen The Rain? - Creedence Clearwater Revival
第30位 Cum On Feel the Noize - Quiet Riot

第31位 Holidays In The Sun - Sex Pistols
第32位 Don't Tell Me You Love Me - Night Ranger
第33位 Beauty and the Beast - David Bowie
第34位 Stay - Poco
第35位 Tattoo'd Lady - Rory Gallagher
第36位 Listen to the Music - The Doobie Brothers
第37位 Starcage - Paris
第38位 The Monkees (Theme From) - The Monkees
第39位 Knock Me Down - Red Hot Chili Peppers
第40位 Highway Star - Deep Purple

第41位 Wishing Well - Free
第42位 Hold The Line - TOTO
第43位 Long Train Running - The Doobie Brothers
第44位 Tommy Gun - The Clash
第45位 Hot Love, Cold World - Bob Welch
第46位 Love Song - The Damned
第47位 Pretty Fly (For A White Guy) - The Offspring
第48位 Nellie The Elephant - Toy Dolls
第49位 Let It Ride - Bachman Turner Overdrive
第50位 Peace Of Mind - Boston

第51位 Light My Fire - The Doors
第52位 On Fire - Van Halen
第53位 Cradle Rock - Rory Gallagher
第54位 Beat It - Michael Jackson
第55位 Could You Be Loved - Bob Marley And The Wailers
第56位 My Way - Sid Vicious
第57位 Separate Ways - Journey
第58位 Heart Of Stone - Paris
第59位 Don't Be Afraid - Boston
第60位 The Stranger - Billy Joel

第61位 Easy Lover - Phil Collins & Philip Bailey
第62位 Stand Back - Stevie Nicks
第63位 School's Out - Alice Cooper
第64位 Caught Up in You - 38 Special
第65位 Got My Mind Set On You - George Harrison
第66位 Ebony Eyes - Bob Welch
第67位 25 or 6 to 4 - Chicago
第68位 Aces High - Iron Maiden
第69位 Hold On - Santana
第70位 Used to Bad News - Boston

第71位 Never - Heart
第72位 Dancing in the Dark - Bruce Springsteen
第73位 Magic - Rainbow
第74位 Surrender - Cheap Trick
第75位 You've Got Another Thing Comin' - Judas Priest
第76位 Love Takes Time - Orleans
第77位 Rock And Roll - Led Zeppelin
第78位 Blitzkrieg Bop - The Ramones
第79位 Only Time Will Tell - Asia
第80位 House At Pooh Corner - The Nitty Gritty Dirt Band

第81位 Harlem Shuffle - The Rolling Stones
第82位 State Of Shock - Michael Jackson
第83位 I Do' Wanna Know - REO Speedwagon
第84位 (You Gotta) Fight for Your Right (To Party!) - Beastie Boys
第85位 On The Run - Blackfoot
第86位 China Grove - The Doobie Brothers
第87位 Little Willy - Sweet
第88位 Dont Stand In The Open - Graham Bonnet
第89位 Jesus Is Just Alright - The Doobie Brothers
第90位 I Just Want to Celebrate - Rare Earth

第91位 Cherry Bomb - The Runaways
第92位 Lucky Ones - Loverboy
第93位 Jet to Jet - Alcatrazz
第94位 Another One Bites the Dust - Queen
第95位 Fallin' in Love - The Souther-Hillman-Furay Band
第96位 Gypsy Eyes - Jimi Hendrix
第97位 Rebel Yell - Billy Idol
第98位 I'm Easy - Boz Scaggs & Duane Allman
第99位 American Woman - The Guess Who
第100位 Love Somebody - Rick Springfield


たぶん。ロックのベスト100に関しては、
今後紹介するナンバーと相当入れ替わる気がしますね。
それが反映されるには来年度のランキング発表までお待ちください(笑
[ 2012/11/25 02:47 ] コラム | TB(0) | CM(0)

Into the Arena - Michael Schenker Group 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Into the Arena


あ!マイケル・シェンカー・グループのデビューアルバムで
気分的にボクが聴きたかったのはこっちのほうでした。。。

では1980年リリースの『The Michael Schenker Group』 から
あらゆるロックインストの中で最もCoolだと思うナンバー
「Into the Arena」をチョイす♪

このヘヴィなリフ♪
なんか「うぉぉぉっ」ってな感じに燃えませんか???





Into the Arena - Michael Schenker Group (Remastered)Into the Arena - マイケル・シェンカー・グループ
1stアルバム『The Michael Schenker Group』 1980年



Cry For The Nations - Michael Schenker Group 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Cry For The Nations
 

ん?何だこのイントロ??
と思わず首を傾げてると「ドカーン」と爆発してロックし出すナンバー!
UFO脱退後のマイケル・シェンカーが結成したマイケル・シェンカー・グループの
記念すべきデビューアルバムから「Cry For The Nations」をチョイす♪

このイントロはCメロ部分を引用してたんですね。。。
でも、これ以上長かったら、きっとこの曲聴かずに飛ばしてます・・・





Cry for the Nations - Michael Schenker Group (Remastered)Cry For The Nations - マイケル・シェンカー・グループ 
1stアルバム『The Michael Schenker Group』 1980年



Dancer - Michael Schenker Group 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Dancer


「音楽史に名を刻んだハードロックのギタリストといえば」
の質問に対しては、リッチー・ブラックモアが選出されるだろうが、

「2番目に好きなハードロックのギタリストは?」
と聞かれたら、大いに意見は分かれるだろう。


ただし、マイケル・シェンカーは、やっぱ外す事は出来ない。



レインボーを脱退したコージー・パウエルとグラハム・ボネットが
参加したアルバム「黙示録」。

中でも「Dancer」は、グラハムのヴォーカリストとしての真髄が
最も発揮された楽曲である。

また、作りこまれたギターフレーズの嵐。



キャッチー&ポップなナンバーだが、密度は非常に濃い。
後世のどんな有名ロックバンドでも、
絶対にライブでカヴァー不可能な1曲といえる。
※まぁ・・・すべてはヴォーカル力に掛かっているとも言える・・・

ただ。。。アルバム的には、ボクは面白みを感じなかったが…




Dancer - Assault Attack
Dancer - マイケル・シェンカー・グループ
4thアルバム『Assault Attack(黙示録)』 1982年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。