QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Kool the Gang

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Get Down On It - Kool & The Gang 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


Get Down On It





I selected "Get Down On It"
from 15th album "Something Special"
of Kool & The Gang released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


ボクが そのアーティスト名をちゃんと認識したうえで
初めて聴いたクール・アンド・ザ・ギャングのナンバーといえば
この「Get Down On It」だったろうなぁ~と思います♪

※当時は「げったーのねっ」のコーラスパートを何て歌ってるのか
さっぱり分かりませんでしたなぁ・・・
まぁ未だにボクのあたまの中で再生されるときは「げったーのねっ」のまんまですが・・・

まぁ実際、彼らのそれ以前の楽曲も聴いたことはあったと思いますが
誰が歌ってるのかまでは知らなかったよぉ~な・・・

ではでは!
前作アルバム『Celebrate!』が大ヒットした勢いをそのままにリリースされた
1981年の15thアルバム『Something Specia』から
ビルボードのシングルチャートで最高10位をGetした
80年代風にアレンジされた彼らならではのファンク チューン
「Get Down On It」をチョイス♪


この曲のグルーヴ感は非常にCoolで好きなんです。が・・・
後にメロウなAOR路線に入ってからの彼らの作品は個人的にキライですねぇ。。。

まぁそっちの路線のほうが結果的に売れたんですけどね。。。




Get Down On It - Get Down On It: The Very Best of Kool & The GangGet Down On It - クール・アンド・ザ・ギャング
15thアルバム『Something Special』 1981年

Celebration - Kool & The Gang 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


Celebration





I selected "Celebration"
from 14th album "Celebrate!"
of Kool & The Gang released in 1980.



1981年の洋楽ヒットチャートから


70年初期にデビュー後、数曲のスマッシュヒットを記録したものの、
その後は低迷し続けていたファンクグループのクール・アンド・ザ・ギャング☆

とうとう1978年には、リリースしたシングルが1曲も
200位にすらチャートインすることができず
グループはサウンドの方向性をシフトせざるを得なくなります。。。

そして1979年にオーディションでジェームス "J.T".テイラーをヴォーカルとして起用、
さらにはこれまでのディスコサウンド路線とは異質なブラジルの
フュージョン系アレンジャーであるエウミール・デオダート氏を
プロデューサーに迎えたことが彼らにとって成功への扉を開くきっかけとなりました。

トラックアレンジはホーンセクションとグルーヴィなベースラインといった
従来からのクール・アンド・ザ・ギャングの音楽的特性を継承しつつ、
よりフュージョン色の強いファンク・サウンドへと生まれ変わった彼らは
1980年にリリースした『Celebrate!』からの同名リードシングル「Celebration」で
ついにビルボードチャートNo.1を獲得するのでした~♪

彼らは2000年以降も音楽活動を継続中のようですが、
彼らにとってこの曲が唯一のNo.1ヒットとなりました。。。

まぁ。クラッシク・ディスコソングにおける不朽の名曲ですよね☆




Celebration - GoldCelebration - クール・アンド・ザ・ギャング 
14thアルバム『Celebrate!』 1980年

Ladies' Night - Kool & the Gang 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Ladies' Night


I selected "Ladies' Night"
from 13th album "Ladies' Night"
of Kool & the Gang released in 1979.



1980年の洋楽ヒットチャートから

70年代初期からベル兄弟を中心に、
ブラス編成の大所帯バンドでソウルファンク系サウンドを
得意としてきたクール・アンド・ザ・ギャング☆

彼らが1979年にリリースした13枚目のアルバム『Ladies' Night』から
久々にビルボードチャートベスト10入りとなる最高位8位を記録した、
ホーンが炸裂しベースラインが唸る得意のグルーヴィなダンスチューン
「Ladies' Night」をチョイスっす♪

かな~りパーフェクトなダンスサウンドですね♪





Ladies Night - スーパー・ベストLadies' Night - クール・アンド・ザ・ギャング
13thアルバム『Ladies' Night』 1979年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。