QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Kenny Loggins

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Heart to Heart - Kenny Loggins 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】



Heart to Heart






I selected "Heart to Heart"
from 4th album "High Adventure"
of Kenny Loggins released in 1982.



1983年の洋楽ヒットチャートから


さて。ドライブサウンドとしてお勧めなアルバムといえば・・・ですね



80's世代のボクらからすれば・・・

1984年の映画『フットルース』のテーマソング「Footloose」が
全米No.1ヒットになるまでケニー・ロギンス氏の楽曲なんてものは
ほとんど知らなかったといえましょう。

つまりは印象として エレクトリカルかどうかはさておき
いずれにしてもR&R系のアーティストなんだろうって誰もが思ったような・・・

でも実際 彼自身の音楽性的には R&RとAORのセンスが
ちょうど半々づつくらいのアーティストなのでありましょう。

少なくとも ソロとなってからリリースされたアルバムは
1982年の4thアルバム『High Adventure』 まで
かなりAOR色が強い作品だろうなって思います。


さて。

このアルバムからのシングルカットでビルボード シングルチャート
最高15位のスマッシュヒットとなったのが「Heart to Heart」☆

で。

もしこの曲を聴いた瞬間 " マイケル・マクドナルド臭い "
って感じられる方は まぁ普通な音楽好きの方だろうと思います。

つうか誰が聴いてもマクドナルドの匂いしかしませんね(笑


ドゥービー・ブラザーズが1980年に
グラミーの最優秀レコード賞&最優秀楽曲賞をW受賞した
What a Fool Believes」を共作したロギンス氏&マクドナルド氏なんですけど
まぁ「Heart to Heart」にも似たようなサウンドフレーバーを感じますね☆


さて。4thアルバム『High Adventure』ですけど・・・
ぶっちゃけ侮れないアルバムでして。。。

プロデューサーのデイヴィッド・フォスターをはじめとした
ゲスト陣がかなりスゴイ!

サックスでデビットサンボーン
ヴォーカルfeatでジャーニーのスティーヴ・ペリー
さらにはキーボードでマイケル・マクドナルド&デヴィッド・ペイチ
などなど。。。


まぁ。そんなお洒落音楽のクリエイターたちが
集まったようなアルバムですんで ハズしようがないんですけどね☆




Heart to Heart - High AdventureHeart to Heart - ケニー・ロギンス 
4thアルバム『High Adventure』 1982年



This is it - Kenny Loggins & Michael McDonald 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


This is it


ケニー・ロギンス1979年の3rdアルバム『Keep the Fire』から、
グラミーコンビのケニー&マクドによる「This is it」をチョイスです♪


やっぱマイケル・マクドナルドが絡むと、
サウンド自体がググッと重くなります。



このアルバムにはマイケル・ジャクソンとのデュエットなども入ってますが、
ちょっと全体のトーンが暗い感じを受けます。

まぁ、ケニーさんの作品としては、
1stの軽い感じなAORポップス路線が一番良いですね。


とまぁ、こんな感じで初期ケニー・ロギンスの名曲特集でした!





This Is It - The Best Duets and Songs of Pop DuosThis is it - ケニー・ロギンス&マイケル・マクドナルド
3rdアルバム『Keep the Fire』 1979年



Wait a Little While - Kenny Loggins 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Wait a Little While


ケニー・ロギンス1978年リリースの2ndアルバム『Nightwatch』から、
爽やかポップなAORの名曲「Wait a Little While」をチョイス♪


う~ん!!
春先のドライブなんかに最適かも??





Wait a Little While - NightwatchWait a Little While - ケニー・ロギンス
2ndアルバム『Nightwatch』 1978年



Celebrate me home - Kenny Loggins 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Celebrate me home


さて。
もう一曲ケニー・ロギンスの1stから。
イントロのやさしいピアノの旋律とエンディングのゴスペル調
コーラスワークが印象的な「Celebrate me home」をチョイスです♪


まぁ、ケニーさん初期作品の中では、この1stが一番まとまってます。



Celebrate me home - ケニー・ロギンス
1stアルバム『Celebrate Me Home』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Why Do People Lie? - Kenny Loggins 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Why Do People Lie?


ケニー・ロギンスの1stアルバムから続けます。


アコースティックな穏やかなイントロで始まりつつ、
徐々にリズム・コーラス・ブラスetcのレイヤーが重なる
ことで広がりをみせる「Why Do People Lie?」をチョイス♪



Why Do People Lie? - ケニー・ロギンス
1stアルバム『Celebrate Me Home』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



If You Be Wise - Kenny Loggins 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


If You Be Wise


ロギンス&メッシーナ解散後、ソロとなったケニーさん。
これまでのR&R路線を変更し、初期は非常にAOR風作品が目立った。


ボクとしては、フットルースで再びR&R路線に戻る以前の、
1970年代後半にリリースされた3枚(2作目あたりまで)が特に好き。


という訳で、しばらく初期ケニー・ロギンスの名曲をご紹介していきます♪

まずは1977年ソロ1stとなる『Celebrate Me Home』から、
モロAORアレンジの「If You Be Wise」を選曲♪


昔は聴かなかったんですけどね。
この手の曲って・・・(笑)
ボクもやっぱ歳なんでしょうか???


If You Be Wise - ケニー・ロギンス
1stアルバム『Celebrate Me Home』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Whenever I Call You Friend - Kenny Loggins 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Whenever I Call You Friend


ケニー・ロギンズといえば、
「フットルース」や「トップガン」など大作のテーマソングで有名ですが、
70年代後半にソロで活動し始めた時期くらいの楽曲が非常に素晴らしい。
※大作のテーマは飽きました。。。



こないだ紹介して以来、すっかりハマってしまった
ドゥービー・ブラザーズの「What A Fool Believes」も、
マイケル・マクドナルドとの共作だったしねぇ。。。


1978年リリースのソロ2作目のアルバム『Nightwatch』にも、
What A Fool Believes」が入ってますね(笑)。

個人的には、ものすごくお気に入りのアルバムです!


では、その中から、フリードウットマックのスティービー・ニックスとのデュエットで
大ヒットした才気爆発の名曲「Whenever I Call You Friend」をどうぞ♪





Whenever I Call You Whenever I Call You Friend - ケニー・ロギンズ
2ndアルバム『Nightwatch』 1978年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。