QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Karla Bonoff

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 The Water Is Wide - Karla Bonoff 【70年代バラード】

【Re-Edit】【70年代洋楽バラードの名曲】


The Water Is Wide






1983年9月13日(火)

すでに昼の11時を少し過ぎていた。――
ボクたちは、背の高い樹々に左右を囲われた、建長寺の長い石階段をのぼりきった最奥部にある、「半僧坊」と呼ばれる高台から、幾重(いくえ)にも重なった、色深き樹林の枝葉の向こうに建ち並ぶ山門や仏殿の屋根を見下ろしている。

(ずいぶんと高いとこまで登ってきてたんだな。――そういえば、この天狗像たちが参拝客を出迎えている展望台からの眺めこそ、唯一、ボクの幼い記憶のなかに残されていた、この寺の風景だったはずだ。だけどその当時、これほど高いとこまで登ってきたっていう覚えがまったくないし、……それに、こんなにいっぱい天狗がいたっけなぁ?)

眼下の崖に転々と佇む小さな天狗像たちを見つめながら、多少、曖昧な記憶と乖離(かいり)していたそんな景色をぼんやりと眺め続け、ふとボクは、山間に響く蝉の鳴き声がすっかり小さくなってしまっていたことに、いまさらながら気づかされる。

「このペースだとさぁ、予定のコースを全部まわるのは絶対無理だよね?」

と、林ショウカが小さな顔を少し曇らす。
本当であれば円覚寺を出たあと、鎌倉街道を向こう側へと渡り、源氏山の麓(ふもと)にある「縁切寺(駆け込み寺)」として有名(らしい)な東慶寺と、そこから鎌倉街道を少しのぼった先の浄智寺を訪れる予定だった。

けれど、今回の先導役を買って出たショウカが、ボクたちを先に建長寺へと案内してしまったことで、その手前にあった道向こうの2つの寺院を素通りしてしまっていたようだ、

「でもまぁ、いまさら戻るのもなんだか面倒くさいしね」

と、ボクは小天狗たちの背中の羽を見つめながら笑う。そして「半僧坊大権現」と書かれたのぼりが無数にはためく、コンクリートで塗り固められた石塀から、建長寺の全景の向こうに広がる鎌倉の山々を見つめ続ける李メイの横顔に目をやる。

一見、クールに思えるメイの瞳はいつだって『なにか』によって曇らされてる。それがなんなのかはボクにもよくわからない。けれど、もし深い哀しみ色したせつなさを、心に抱え込んだとするならば、人はみな、誰もがきっと彼女と同じ翳(かげ)りを瞳のなかに宿すことになるはずだ。――なんとなく、そんな気がする。

「あぁっ! 忘れてた!」

突然、ショウカがそう叫ぶ。

「そういえばさぁ、すっかり忘れてたけど、発表会のときの写真を撮らなきゃいけなかったんじゃん! 田代君、カメラ持ってきてるんでしょ?」

ショウカに問い詰められると、田代ミツオはうなずき、カバンのなかからカメラを取り出す。

「もう! だったらなんで、『写真は撮らなくていいの?』って、教えてくれないのよ! さっき円覚寺の写真、撮り忘れちゃったじゃん!」

続けざま甲高い声でショウカにそう怒られて、田代はずんぐりした背中を小さく丸め込む。

「けどさぁ、さっきは写真どころじゃなかったじゃん。だって、いきなり2人で、あの不良連中を走って追いかけていっちゃったんだから」

そういってショウカをなだめると、ボクはカメラを手にしょんぼりうつむく田代に笑いかけた。

「まぁ、せっかくだから、記念にここで一枚くらい写真でも撮るべか」

田代は、なにもいわず少し歩いて距離を取ると、展望台の石塀に沿って並んでいるボクらのほうへとカメラを向ける。慌ててファインダーの外側へ逃げ出そうとする小山ミチコをメイが呼び止めた。

「ミチコ、――別に誰かに見せるわけじゃないんだから、みんなで一緒に撮ろう?」

穏やかな口調でメイがそういうと、ミチコは少しはにかみながらボクらのほうを振り返った。ふたたびメイが、薄紅色した唇を微(かす)かに開く。

「こうしてみんなと一緒にいるんだから、一緒に撮ろうよ。ね?」

優しく諭すようにそういわれると、ミチコは下を向きながら戻ってきて、細い体をボクのうしろ側へと隠すよう、一番後方の場所をみずから選ぶ。ボクは彼女を肩越しに見つめ、

「オレのほうがキミより背が高いんだからさぁ、オレの前にくれば?」

と、いって、右ひじを柔らかく掴むと前へと引っ張り、その細い背中を軽く押す。
ボクに触れられたとき、一瞬「ビクッ」としたけれど、ミチコはそのままボクのすぐ前に立ち、カメラを構える田代を見つめた。

するとミチコの少し前にいたメイが「チラッ」と振り返り、すぐ右隣までうしろ向きに二、三歩さがってくると、やがてミチコの細い両肩にそっと手を置いた。ショウカはそんな2人の前に笑顔でかがみ込んだ。

「カシャッ」――田代がシャッターを押す。するとショウカが大きなアニメ声で笑う。

「あのさぁ田代君、もし撮るならさぁ、なにかいってくれないとダメじゃん。はい! じゃぁもう一枚ね!」

ショウカにそういわれ、田代は、やや思い悩んだような素振りを見せたが、

「じゃ、じゃぁ、……撮るよ。――さん、はい、――」

恥ずかしそうに掛け声をかけ、シャッターを押した田代が、ゆっくりファインダーから目を離す。――彼はそのままなにもいわずに、じっとミチコのほうを見つめていた。ボクも、すぐ目の前にあるミチコのうしろ姿を、ただぼんやりと見つめていた。――細い肩を細かく上下に震わせながら、彼女はメイに、そっと背中を撫でられ続けていた。

(もしかしたらミチコにとって、これが、中学校に入ってからの3年間で、はじめて、ほかの誰かと一緒に彼女の姿が写し出された写真だったのかもしれない。――)

やがてボクは、田代がいるほうへと歩いていき、大きな声で彼にいう。

「そんじゃぁ、今度はお前もみんなのほうへ行け! オレが撮るから。――」



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】


【2012.03.20 記事原文】

誰が歌っている曲かは知らなくても、
一度は聞いたことがある歌っていうのは結構多いだろう。

この「The Water Is Wide」は、CM等で良く使われるが、
実際、カーラ・ボノフというアーティストを知らない人が多い。


そんなカーラの2ndアルバム『Restless Nights』から
「The Water Is Wide」を選曲♪

透明感のあるヴォーカル、歌詞、メロディ♪
三拍子揃った、まさに永遠の「ヒーリング・ソング」といえよう。

個人的に、彼女は70年代女性シンガーの中では最も好きですね。






The Water Is Wide - Restless NightsThe Water Is Wide - カーラ・ボノフ
2ndアルバム『Restless Nights(ささやく夜)』 1979年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



Wild Heart Of The Young - Karla Bonoff 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Wild Heart Of The Young


I selected "Wild Heart Of The Young"
from 3rd album "Wild Heart Of The Young"
of Karla Bonoff released in 1982.




週の始まりは、あれだけムシ暑かったのに、
すっかり週末から気温が下がりました。

歳を取ると、年々暑さが身に染みてくると同時に、
否応なく時の流れの速さには驚かされます。

ムダに過ごせる時間がさほど無くなってきたかな。
とも思ったりしますね。


重たい雲が上空を覆い
外出もせずに独り過ごしているそんな方々に!

カーラ・ボノフさんが1982年にリリースした
3rdアルバム『Wild Heart of the Young』 から
タイトルナンバーとなった切ない郷愁を誘うバラード
「Wild Heart Of The Young」をお送りいたします!


若いときの思いや気持ちって、
ボクらはいつまで持ち続けられるのでしょうね。

あの頃遊んでいた友人や恋人たちは、
今日、どこで何をしてるんだろうか。

この曲を聴いてると
ふとそんな想いに駆られます。





Wild Heart of the Young - Wild Heart of the YoungWild Heart Of The Young - カーラ・ボノフ
3rdアルバム『Wild Heart of the Young』 1982年

Just Walk Away - Karla Bonoff 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Just Walk Away


I selected "Just Walk Away"
from 3rd album "Lifetime"
of Karla Bonoff released in 1982.




さて。
梅雨っぽさ満開の土曜日の朝ですね・・・

こんなときは、しっとり女性アーティストのナンバーで目覚めたいものです☆


まずは・・・
ボクの敬愛するカーラ・ボノフさんが1982年にリリースした
3rdアルバム『Wild Heart of the Young』 から、
まさに彼女ならではの優しく包み込んでくれるようなバラード
「Just Walk Away」をチョイす♪


う~ん・・・よく考えると、彼女の歌って
雨の日が似合うなぁ。
今度「雨の日に聴きたい洋楽の名曲」のほうにまとめて追加しとこう!





Just Walk Away - Wild Heart of the YoungJust Walk Away - カーラ・ボノフ
3rdアルバム『Wild Heart of the Young』 1982年

I Don't Want To Miss You - karla bonoff  【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


I Don't Want To Miss You


ボクが好きな女性SSWのカーラ・ボノフさん☆
彼女の名曲は70年代にリリースされた2枚のアルバムから
何曲かチョイスしておりますが、1982年リリースの3rdアルバム
『Wild Heart of the Young』からは全く選曲してなかったんで・・・
※つうか、このアルバムって未CDなんだ???

このアルバム製作にはアンドリュー・ゴールドをはじめとし、
当ブログでお馴染みなミュージシャンの面々が集結しとります☆☆☆



ではアルバムからウエストコーストの香りが漂う
優しいミディアムスローなナンバー
「I Don't Want To Miss You」をチョイス♪



I Don't Want To Miss You - カーラ・ボノフ
3rdアルバム『Wild Heart of the Young』 1982年



Restless Nights - Karla Bonoff  【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Restless Nights


ボクのお気に入り!カーラ・ボノフの2ndアルバム『Restless Nights(ささやく夜)』
からスローなタイトルナンバーの「Restless Nights」をチョイス♪





Restless Nights - Restless NightsRestless Nights - カーラ・ボノフ
2ndアルバム『Restless Nights(ささやく夜)』 1979年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



I Can't Hold On - Karla Bonoff 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


I Can't Hold On


カーラ・ボノフの1stアルバム『Karla Bonoff』から、
彼女にしては珍しいロック調ナンバー
「I Can't Hold On」をどうぞ♪





I Can't Hold On - Karla BonoffI Can't Hold On - カーラ・ボノフ
1stアルバム『Karla Bonoff』 1977年
アルバムお薦め度「一度聴いてみては」



Lose Again - Karla Bonoff 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Lose Again


果たして「カーラ・ボノフver」か「リンダ・ロンシュタットver」
にすべきか悩んだが、本家カーラ・ボノフの「Lose Again」にします。


※この曲に関しては、リンダverのほうが好きだが、
オリジナル音源がなかったもので…


まさに泣きたくなくても泣けてくる悲しい歌っす。。。





Lose Again - Karla BonoffLose Again - カーラ・ボノフ
1stアルバム『Karla Bonoff』 1977年
アルバムお薦め度「一度聴いてみては」



Falling Star - Karla Bonoff 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


<※>

現在、別サイトから旧リストデータを移動中ですので、
特定のアーティストに関する記載内容の時系列が
前後する部分があると思われます。


ご了承くださいませ。






Falling Star


70年代の洋楽を大別すると、
ウエストコーストとサザンロックに分けることが出来る。


音楽ツウであれば、この当時の楽曲を好む方々が多いが、
カントリー&フォークがベースになっているが故、
昨今の音楽を聴き慣れた若い世代にしてみれば、
良くいえば「癒し系」、悪くいえば「つまらない」音楽。


確かに、アルバムとして評価の高い作品は数多く出ているが、
70年代を代表するような強烈な印象を残すシングルっていうと、
それほど多くはないと感じる。


そんなこんなで、まずは取っ掛かりとして、
70年代を代表するウエストコースト系アーティストの楽曲を
中心にご紹介していこうと思う。
(まぁ、ボクのipot収録順ですけども…)


ではでは。癒しの女性シンガーソングライター代表、
カーラ・ボノフの「Falling Star」あたりからどうぞ。





Falling Star - Karla Bonoff
Falling Star - カーラ・ボノフ
1stアルバム『Karla Bonoff』 1977年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Only a Fool - Karla Bonoff 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Only a Fool


東京は今、午後15時少し前 
PC越しに眺める窓の外はウス曇の空


そんなときに聴くのに丁度良いアルバムが、
カーラの『Restless Nights』かもしれない。


まぁ、この曲は紹介しなくても良かったケド、
丁度、いま掛かってるので「Only a Fool」をチョイス♪


これまで、ロンダ・ロンシュタット、ジャウソン・ブラウン、そして
カーラ・ボノフの楽曲を中心に70年代の名曲を紹介してきましたが、
それは、あくまでボク個人が好きだからという理由によります。


大体、彼らの楽曲からは出揃ったので、そろそろ違う角度から
70年代の名曲をご紹介していこうかなあ~と思ってます!!





Only a Fool - Restless Nights
Only a Fool - カーラ・ボノフ
2ndアルバム『Restless Nights』 1979年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



The Letter - Karla Bonoff 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


The Letter


カーラ・ボノフさまの2ndアルバム『Restless Nights(ささやく夜)』から
完璧なヒーリング・バラード「The Letter」をチョイス♪


部屋の電気を全て消し、月灯りが差し込む部屋で
ワイン片手に聴くにはピッタリでしょう!





The Letter - Restless Nights
The Letter - カーラ・ボノフ
2ndアルバム『Restless Nights(ささやく夜)』 1979年
アルバムお薦め度「持っていても良いでしょう」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。