QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Joe Cocker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

You Are So Beautiful - Joe Cocker 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


You Are So Beautiful





I selected "You Are So Beautiful "
from 4th album "I Can Stand a Little Rain"
of Joe Cocker released in 1974.



1975年の洋楽ヒットチャートから


ジョー・コッカー氏といえば・・・
確かにウッドストックにも出演しておるほどの
輝かしい音楽キャリアをお持ちなのですけどね。。。

どうにもソロとしてのヒット曲っていうのが思い浮かばないんですよね・・・

そんな彼が自身のソロキャリアにおいて最も成功したのは
1975年にリリースされビルボードのシングルチャートで最高5位となった
不釣合いなほど?に美しいバラードナンバー「You Are So Beautiful」☆

ちなみに・・・この曲のライティングは
あの「5人目のビートルズ」と呼ばれたアフロヘアーのビリー・プレストン氏と
ザ・ビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソン氏という実に異色なコンビ☆

ビリー・プレストン氏が1974年にリリースしたスマッシュヒットアルバム
『The Kids & Me』にも収録されております。
※絶対にビリー・プレストン氏のほうが歌は上手い!
でもアレンジはジョー・コッカー氏Ver.のほうが心に刺さります☆


ジョー・コッカー氏って決して歌は上手くはない。。。
どっか片田舎の漁師のおっさんが歌ってるようにも思えます。
まぁそれがアジってヤツなんでしょうけどね(笑

アハっ♪ ☆お後がよろしいようで・・・☆テケテンテンテン♪




You Are So Beautiful - Joe Cocker: Greatest HitsYou Are So Beautiful - ジョー・コッカー 
4thアルバム『I Can Stand a Little Rain』 1974年

【Re-Edit】 Up Where We Belong - Joe Cocker & Jennifer Warnes 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Up Where We Belong





I selected "Love Lifts Us Up Where We Belong"
from Soundtrack album "An Officer and a Gentleman"
of Joe Cocker & Jennifer Warnes released in 1982.



1982年の洋楽ヒットチャートから


去年 この曲を紹介したときは記事番が20番台だったんで
相当に初期の頃だったっつうことになりますね。


※まぁ当時書かれた記事にはかな~り手抜きが多いですな・・・反省です;;;


さて映画『愛と青春の旅だち』の主題歌として
ジョー・コッカー氏とジェニファー・ウォーンズさんがデュエットし
1982年のビルボード シングルチャートでNo.1ヒットとなった
「Love Lifts Us Up Where We Belong」は同年、
ゴールデングローブ賞 主題歌賞とアカデミー賞 歌曲賞を受賞しました☆

まぁそれだけでも凄いな。と思うんですが♪


さて。ジェニファー・ウォーンズさんですが・・・
彼女についてはあまり知られておりません。

実際 カントリー系SSWとしてのキャリアは長く
すでに60年代後半にはアルバムデビューを果たしております。

まぁどうしてジョー・コッカー氏とデュエットすることになったかは
良く分かりませんけど、実は彼女ってもう一曲デュエットで
No.1ヒットをお持ちなんですね☆

1987年公開の映画『ダーティ・ダンシング』の主題歌を
元ライチャス・ブラザーズのビル・メドレー氏とデュエットした
「(I've Had) The Time of My Life」♪

この曲では。。。なんと
グラミー賞 最優秀デュエット賞、アカデミー歌曲賞、ゴールデングローブ賞 主題歌賞
と3つのメジャータイトルを獲得するんですね☆

つまり何気にスゴイ御方なんでございます☆




【2012.03.12 原文】


ジョー・コッカーをそこそこ知ってる人は、
ウッドストック出演アーティストの音楽を聴いていた年代の方々であろう。


それ以外の方々は、謎のジェスチャーをしながら歌う
怪しげなおっさんとしか思わなかったかもしれない。


しかし「愛と青春の旅立ち」は、
ラスト15分に泣かされましたねぇ。。。






Up Where We Belong - The Anthology
「Love Lifts Us Up Where We Belong」
ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
オリジナルサウンドトラック『愛と青春の旅だち』 1982年

With a Little Help From My Friends - Joe Cocker 【60年代バラード】

【60年代洋楽バラードの名曲】


With a Little Help From My Friends
↑オリジナル音源はこちら




↑ウッドストックのライブで最もクオリティが高かった!
と称されたジョー・コッカーの演奏です♪


I selected "With a Little Help From My Friends"
from 1st album "With a Little Help From My Friends"
of Joe Cocker released in 1969.




久々にウッドストック出演アーティストの特集です☆


【1969年 8月17日(土)~18日(日) 出演アーティスト】

ウッドストック・フェスティバル3日目の8月18日 pm 2:00
オープニングでの登場は!ジョー・コッカー&グリース・バンド☆


2日目のトリを務めたジェファーソン・エアプレインのライブが終了したのは、
日付が変わった8月17日(土)のam9:40だったとされています。


賞味4時間ちょいの休憩を挟んで、3日目のライブは開演しました☆
さて。ジョー・コッカー氏といえば・・・
誰もが思いつくのはジェニファー・ウォーンズさんとのデュエットで
映画『愛と青春の旅立ち』のエンディングを飾ったバラードナンバー
Up Where We Belong」ですよね☆

彼は現在もなお精力的にアルバムをリリースしておるようですが。。。


そんな彼の代表曲となると・・・
ウッドストックでのライブでもエンディングに歌われたこのナンバーしかありません!!

ビートルズのアルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』
に収録されていたナンバーをカヴァーし、自身唯一のUKチャートNo.1を獲得した
「With a Little Help From My Friends」でしょうねぇ。
※なぜかアメリカではさほどウケなかったようで・・・


では。
レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ氏やスティーブ・ウィンウッド氏が
参加した1stアルバムから同名のタイトルナンバーとなった
「With a Little Help From My Friends」をどうぞ♪





With a Little Help from My Friends - The AnthologyWith a Little Help From My Friends - ジョー・コッカー 
1stアルバム『With a Little Help From My Friends』 1969年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。