QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Jamiroquai

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

When You Gonna Learn? - Jamiroquai 【90年代ポップス】

【90年代洋楽ポップスの名曲】


When You Gonna Learn?





さて!
最近は、諸々の案件対応に追われ、
なかなかブログ更新ができておりませんです・・・

ちょっと前なら、帰宅してからドーンっと、
記事を書きまくるエネルギーもあったんですが、
ここんとこ、どうにも体力が落ちておりましてねぇ。。。

まぁ。どうにか時間を見つけて継続していくつもりですけど、
以前のように毎日更新!というのは、ちょっと難しいっすねぇ。。。

ただ週末には、なるべく記事投稿していくつもりなので、
たまに覗いてみてくださいね☆

で。
1992年、UKクラブシーンに突如として誕生したジャミロクワイ☆
こないだ彼らの楽曲を紹介したばかりですけど、
最近、BGMでよく流している初期のジャミロクワイ作品が、
どうにも個人的にはお気に入りなもんですんで、
ちょくちょくご紹介していこうかな?と思っております♪

そういう意味で、やっぱハズせないのは1992年リリースのデビューシングル
「When You Gonna Learn?」でしょう☆

アシッド・ジャズをベースに、
アフリカ民族系のネイティなサウンドエフェクトを取り込んだ
相当にクールなナンバーっす♪





When You Gonna Learn? (Digeridoo) - Emergency On Planet EarthWhen You Gonna Learn? - Jamiroquai 
1stアルバム『Emergency on Planet Earth』 1993年




Space Cowboy - Jamiroquai 【90年代ポップス】

【90年代洋楽ポップスの名曲】


Space Cowboy




↑ シングル尺Ver.ですね。。。


アルバム収録の長尺のほうが断然カッコいいっす!!
とくにエンディングのバッキングフレーズはホントに秀逸!!



さて!アシッドといえば・・・

UKアシッド・ジャズ系出身のジャミロクワイのサウンドも
最初聴いたときはぶったまげましたねぇ。。。

世の中に、こんなにもお洒落な音があったのか・・・て。。。
しかも当時はみんな20代半ばになるかならないか・・・って年齢ですからねぇ。
こんなサウンド生み出されたら、何聴いても陳腐に聴こえそう・・・

かれこれ20年も前の曲になっちまいましたけど
いまだに この曲を超える「お洒落ソング」をボクは知りませんねぇ。


全米ダンスチャートでNO.1を獲得した、一切の濁り気をフィルタリングした
まさに洗練された超ノーブル系アシッドサウンドっす♪


むろん。ジェイ・ケイの幼さが残るピュアクリーンな歌声も、
このバンドの特徴なんでしょうけど、ひたすら生音にこだわる彼らの姿勢は、
まさに「本物のアーティストだったんだなぁ」ってことを
今さらながら証明しておりますねぇ・・・

まぁ。シンセも使ってますけんどね。。。
それは上から乗せてるだけのことで
基本、彼らのサウンドは「なま」系・・・ですわいねぇ。




Space Cowboy - The Return of the Space CowboySpace Cowboy - ジャミロクワイ
2ndアルバム『The Return of the Space Cowboy』 1994年

Virtual Insanity - Jamiroquai 【90年代ポップス】

【90年代洋楽ポップスの名曲】


Virtual Insanity


UKアシッド系グループの中で最も成功したジャミロクワイ☆
90年代主流のコンピューター制御された打ち込み系の
エレクトリックサウンドではなく、あくまで生音にこだわりを持った硬派バンドである。


彼らの名前を一躍全世界に轟かせた大ヒットアルバム
『Travelling Without Moving』から、
ボクが知る限り90年代最高のナンバー「Virtual Insanity」です☆
このゴージャス感を超える作品って、今でも少ないと思われます・・・


彼らも決してコピーできないバンドのひとつだろう。。。なぁ☆





Virtual Insanity - Travelling Without MovingVirtual Insanity - ジャミロクワイ 
3rdアルバム『Travelling Without Moving』 1996年



Sunday Morning - Maroon5 【90年代以上ポップス】

【90年代以上洋楽ポップスの名曲】


Sunday Morning


さて。またまた日曜を迎えました☆
今日は、かなり天気が良いですねぇ☆

しかしながら・・・
今朝方6時過ぎにようやく仕事のメドがたち、
それからウィスキーをストレートで数杯やっちまったもんで、
ここ暫く睡眠不足気味なボクは、今、異様な睡魔に襲われておりますです。。。


ですんで、数曲だけ名曲をご紹介します。。。
そしたら寝ます(笑



この曲も初めて聴いたときは「お洒落だなぁ」と思いました。
最初FMで流れたとき「ん?Jamiroquai?」かと・・・
勘違いした覚えが・・・

では2002年にリリースされたデビューアルバム『Songs About Jane』 から
爽やかな日曜の朝に相応しいマルーン5の「Sunday Morning」をチョイス♪
ピアノアレンジがなんともCoolっす☆


Sunday Morning - マルーン5
1stアルバム『Songs About Jane』 2002年



Supersonic - Jamiroquai 【90年代ファンク】

【90年代洋楽ファンクの名曲】


Supersonic





ボクが思う洋楽史上に残るスーパーヴォーカリストといえば
グラハム・ボネット、フレディ・マーキュリー、
そしてジャミロクワイのJay Kayの名前が挙がる。

この三人に共通しているのは、オクターブが上がっても
さほど声の質量が変化しないという点であろう。

グラハムは、まぁシャウト系の人ですから別として、
フレディとJay Kayに関しては、人の歌声というよりは、
もはや楽器パートに近い感覚である。


90年代以降のアーティストでアルバムを全部持ってたのは、
ジャミロクワイだけですね。。。

ジャミロやインコグニートのようにアシッド系をベースとし、
さらには一発録りも可能なテクを持ったリアルなミュージシャンが
最近の音楽シーンにいるのかどうか定かではありません☆


では、ジャミロクワイの4thアルバム『Synkronized』から
アフロぽいリズムアレンジとシンセベースが異様にCOOLなナンバー
「Supersonic」をチョイス♪





Supersonic - SynkronizedSupersonic - ジャミロクワイ
4thアルバム『Synkronized』 1999年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。