QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > James Ingram

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Somewhere Out There - Linda Ronstadt and James Ingram 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Somewhere Out There





1984年2月4日(土)

土曜日の夜、すでに9時半近かったろうか。――
ピザ屋を出た瞬間、すぐに凍った北風が纏(まつ)わりついて、まるで砕けたガラスの破片みたいに冷々とした痛みを指先の爪のあたりに思い出させた。小さな掌で口元を覆(おお)い、そのなかに「ハーッ」と、白い息をほんわり浮かばす倉田ユカリの車椅子を押しながら、ボクは駅へと向かう。大気を漂う微(わず)かな湿り気さえも、すべて夜風に凍らされ、そのシャーベット状の微粒子が街明かりに「キラキラ」輝く真冬のこの街の気配そのものがなんだかやけに眩しかった。

ユカリはその胸のなかに、ボクの学生カバンと、さっきユカリとメイからもらった誕生日プレゼントの入った紙袋を抱きかかえながらうしろを振り返る。

「なんだか、すごく空気が澄んでますね」

ユカリにそういわれ、ボクは光瞬く夜空を見上げた。

(もう15歳になっちまったんだな)

なんとなく、さっきまでボクらがいた、――ちょうど1年前の今日、川澄マレンとともに過ごしたピザ屋のウィンドウからこぼれる暖かな明かりを見つめた。すこし感傷的にもなったけど、「ガヤガヤ」と、ざわめく酔っ払いたちの喧騒が賑やか過ぎて、そんな気持ちなどずぐにどこかへ消え去ってしまった。――


「これ、メイと私からなんですけど、シーナ君へのお誕生日プレゼントです」

ソファに隠してあった白い紙袋を差し出すと、ユカリは「ニッコリ」笑ってそういった。

「えぇっ! マジで」

ペーパーナプキンで口を拭きながらボクは驚き、ユカリと、その隣で微笑むメイを交互に見つめる。

「なんかさぁ、アタシたちが手ぶらっていうのが目立つんだけど」

ボクの隣で竹内カナエがそういうと、細野も少し笑いながら、

「じゃあ僕たちは、この店の分をいくらか多く払おうか」

と、カナエを見つめた。

やがてメイが、その淡いピンク色の唇を静かに開く。
「なにがいいか、ユカと結構悩んだんだけど、――シーナ君がね、普段しているのが少しだけ切れてたみたいだから」

ボクは、紙袋からプレゼントの中身を取り出してみる。包装紙をひざの上で広げると、そこには「レヴィース(LEVY'S)」というブランドの黒い革製ギターストラップが入っていた。

「うわぁ、スゲエかっこいい!」

おもわずボクは目を輝かせ、歓喜の声をあげた。丸め込まれた、その丁寧かつ重厚な仕上がりの黒いストラップをひざの上でまっすぐに伸ばしていく。そして笑いながらいった。

「たしかにいま使ってるのはさぁ、去年、音楽部の棚で拾ったヤツだしね」

レモンティーを一口飲んでから、メイがつぶやく。

「お店の人に訊いたらね、なんか有名なギタリストが愛用してるっていうからね」

オレンジジュースが半分入ったグラスのなかでストローを「くるくる」まわし、ユカリが言葉を繋いだ。

「それに、なんかシンプルでカッコよかったからね。シーナ君に似合うかな、と思って」

ボクの隣で竹内カナエが目を細めた。

「あぁ、レヴィースね」

「レヴィース?」

ストローを止めて、ユカリはそう繰り返す。

「あぁ、レザー製のギターストラップではすごい有名なブランドなんだよ。コレ、かなり高かったでしょ?」

そういうとボクはまた、手にした黒いストラップを眺めた。そのとき、長さ調節用のホール部分に、赤っぽいお守りみたいなものが紐で巻きつけられ、ぶら下がっていることに気づく。ボクがそれをつまみあげると、メイが、「フフッ」と笑ってユカリを見つめた。

「それは、ユカが冬休みから一生懸命手編みでね、作っていたものなのよ」

赤い布地には楕円形の黄色い波型のフレームが縫い込まれ、その上には、サーフボードに乗ってるようなローマ字のフォントが刺繍されていた。

(ALOHA STAR、――)

ユカリが少し恥ずかしそうに口を開く。

「ホントはね、クリスマスのライブまでに間に合わせたかったんですけど、――あっ、でも今回は、ちゃんとカナエさんの分とかも作りましたからね。アロハのみんなに、卒業ライブでつけてもらえるように」

横からカナエはボクのストラップについているそのお守りを見つめ、嬉しそうに笑った。

「えぇっ、本当に! じゃぁ、アタシもストラトにぶら下げようかな」

「いいよ! すごくイカしてるじゃん。これってさぁ、倉田さんがデザインしたの?」

正直、ユカリにこれほどのデザインセンスがあるなんて思ってなかったんで、ボクは本気で感心しながらそういった。照れるユカリはつぶやく。

「私ね、将来、パッケージとかのデザイナーになりたいなって、最近思うんです。それならば、別に車椅子でも毎日、仕事できるじゃないですか」

ユカリを優しく横目で見つめてメイがささやく。

「むかしからユカは手先が器用だったし、絵を書くことも好きだったものね、――すごく素敵な職業だとワタシは思う。――」


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.21 記事原文】

1986年、ジェームス・イングラム&リンダ・ロンシュタットという
実に意外なカップがデュエットし大ヒットとなった
「somewhere out there」をチョイス♪

映画『アメリカ物語』の主題歌です。
※この映画、日本でやってない気がするが。。。



Somewhere Out There - ジェームス・イングラム&リンダ・ロンシュタット
オリジナルサウンドトラック『アメリカ物語』 1986年





【Re-Edit】 I Don't Have The Heart - James Ingram 【90年代バラード】

【Re-Edit】【90年代洋楽バラードの名曲】


I Don't Have The Heart





I selected "I Don't Have The Heart"
from 3rd album "It's Real"
of James Ingram released in 1989.



1990年の洋楽ヒットチャートから


ジャマイカ出身の音楽プロデューサーであるトム・ベル氏☆
ロマンティックなフィリーソウル系バラードのヒットメーカーとして
スピナーズやスタイリスティックスの大ヒットナンバーをライティングしてきた御方☆

ダイアナ・ロス&マーヴィン・ゲイでスタイリスティックスのナンバーをカヴァーした
超名曲「You Are Everything」の作者として有名ですね☆

そんなトム・ベル氏が手掛けたジェームス・イングラム氏
1989年リリースの3rdアルバムからのシングルナンバー☆

1990年のビルボード シングルチャートで
ジェームス・イングラム氏のソロリリース作品では
初となるNo.1へと導いた80'sフィール満載のコンテンポラリーバラード
「I Don't Have The Heart」をチョイス☆




【2012.03.29 原文】

さて、USAフォーアフリカでは、ビッグネームの中に、
プロデューサーであるクインシー・ジョーンスの推薦なのか
どっちかといえばキャリアが足りないジェームス・イングラムが入っている。
※しかもブルッジ部分で2箇所も登場。


そんな彼が久々に放ったヒットナンバー「I Don't Have The Heart」をチョイス♪
お得意のスイートなバラードナンバーです。


ボクは持ってなかったが、3rdアルバム『It's Real』収録。





I Don't Have the Heart - It's RealI Don't Have The Heart - ジェームス・イングラム
3rdアルバム『It's Real』 1989年




Baby, Come to Me - Patti Austin with James Ingram 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


Baby, Come to Me





I selected "Baby, Come to Me"
from 4th album "Every Home Should Have One"
of Patti Austin with James Ingram released in 1981.



1983年の洋楽ヒットチャートから


かのクインシー・ジョーンズ氏に100%サポートされるという
実に恵まれた環境で音楽キャリアを積んできたパティ・オースティンさん。


クインシー氏の代表アルバムである『The Dude(愛のコリーダ)』でも
全9曲中5曲(ソロ作品で4曲)でヴォーカルを勤めておりました。


そんな彼女がクインシー氏のレーベルであるクエスト・レコードに移籍後の
1981年にリリースした4thアルバム『Every Home Should Have One』から
もうひとりの秘蔵っ子であるジェームス・イングラム氏と共にデュエットし
ビルボードのシングルチャートでNo.1となったアダルトコンテンポラリーなナンバー
「Baby, Come to Me」をチョイス♪

まぁこの2人がクインシー・ジョーンズ氏のアルバム
『The Dude(愛のコリーダ)』のメインヴォーカルだった訳なんですけどね。

さて。Wikiを読むと・・・
どうやら1982年のリリース当初はシングルチャートで73位と振るわなかったものの
米ABCの昼ドラマ『ジェネラル・ホスピタル』でテーマソングとして使用され
反響の大きさに再リリースされたようですね。

その結果 今度は見事に全米チャートNo.1に輝きました☆


まぁ。クインシー・ジョーンズ氏がプロデュースし
ジェームス・イングラム氏とデュエットし
さらにはバックヴォーカルにマイケル・マクドナルド氏が参加していれば
別に驚くことでもないっつう気もしますねぇ☆




Baby Come to Me (Remastered) - Baby Come to Me & Other HitsBaby, Come to Me - パティ・オースティン with ジェームス・イングラム 
4thアルバム『Every Home Should Have One』 1981年

One Hundred Ways - Quincy Jones with James Ingram 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


One Hundred Ways





I selected "One Hundred Ways"
from album "The Dude"
of Quincy Jones released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


さて。
クインシー・ジョーンズ氏が1981年にリリースした
彼の代表アルバム『The Dude(愛のコリーダ)』☆

このアルバムは1982年のグラミー賞でいくつかの部門賞を獲得いたします☆

そのなかで最優秀男性R&Bパフォーマンス賞を受賞したのが
ジェームス・イングラム氏をヴォーカルFeatした
「One Hundred Ways」でござんした☆

※ちなみに。クインシー氏は最優秀プロデューサー賞を受賞します♪


しかし。。。
勘違いしがちなのは クインシー氏はこのアルバムでは
一切楽曲のライティングには関与しておらず
あくまでプロデュース業のみに徹しております。

普通であれば 単なるプロデューサー1個人の名義で
このアルバムをリリースしちゃうっつうのも?マークが付くんですけど・・・
まぁ如何せん大御所ですのでね。。。


では!
このアルバム『The Dude』からのシングルカットナンバーでは
ビルボードのシングルチャートで最高位となる14位を獲得した
ミディアムスローなAORナンバー
「One Hundred Ways」をどうぞ♪




ワン・ハンドレッド・ウェイズ - 愛のコリーダOne Hundred Ways - クインシー・ジョーンズ with ジェームス・イングラム
アルバム『The Dude』 1981年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」

I Just Can't Let Go - David Pack, Michael McDonald & James Ingram 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


I Just Can't Let Go


アンブロージアのギター&ヴォーカルだったデビッド・パック。
彼が1985年にリリースしたソロアルバム『Anywhere You Go』は、
まさにボクが現時点(少なくとも本日)でお勧めできる最高の作品なのである☆
バックを支えるミュージシャン陣も、まさに宮大工の職人のようないぶし銀の面々。。。

アルバム自体は全体を通じて非常にポップな仕上がり。
以前のようにAORとかっていうジャンルにこだわらず、
リラックスして自分の好きな音楽を演ってるなぁ~と感じさせるアルバムですね。



まずは、アルバムからマイケル・マクドナルド&ジェームス・イングラム
をコーラスにフューチャしたバラードナンバー「I Just Can't Let Go」をチョイス♪





I Just Can't Let Go - Anywhere You GoI Just Can't Let Go
デビッド・パック,マイケル・マクドナルド&ジェームス・イングラム
1stアルバム『Anywhere You Go』 1985年
アルバムお勧め度「☆超名盤です☆」



How Do You Keep the Music Playing? - James Ingram 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】



How Do You Keep the Music Playing?



最後のレイ・チャールズは割愛するとなると、
長々と辿ってきた「ウイ・アー・ザ・ワールド」歌い手順の名曲紹介も
今回がラストとなります。


こんな佳境で、またまたジェームス・イングラムが登場してくるあたり、
クインシーの推しぶりが伺えます。


さて、ジェームス・イングラムの1983年デビューアルバムから、
パティ・オースティンとのデュエットでエンディングを飾った
せつないバラードナンバー「How Do You Keep the Music Playing?」をチョイス♪


いやいやぁ。。。
思いのほか今回の「ウイ・アー・ザ・ワールド」ネタはしんどかったっす・・・
いかんせん、中にはアルバムを持っていないアーティストも何人かいたもので。。。
※男性カントリーものは苦手っす・・・





How Do You Keep the Music Playing - Love, QHow Do You Keep the Music Playing? - ジェームス・イングラム
1stアルバム『It's Your Night』 1983年
アルバムお薦め度「一度聴いてみては?」



Yah Mo Be There - James Ingram & Michael McDonald 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


Yah Mo Be There


ジェームス・イングラムといえば。。。


やっぱマイケル・マクドナルドとのデュエットで、グラミー賞
(最優秀R&Bパーフォーマンス賞)を受賞した
「Yah Mo Be There」でしょう。


余談と偏見であるが。
ボク的には、どうしてもマイケル・マクドナルド
というミュージシャンを好きになれない。。。


しかし、彼が在籍する(していた)バンドが、
必ず大ヒット作を飛ばすことを考えたら、
掛値なしの天才の一人であることは間違いない!


ちょうど打ち込みやシンセサイザーが音楽作りの中心となり始めた当時、
「Yah Mo Be There」における音作りは、まさに別格の出来栄えであった。



Yah Mo Be There - ジェームス・イングラム
1stアルバム『It's Your Night』 1983年
アルバムお薦め度「一度聴いてみては?」



Just Once - James Ingram 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Just Once


「嘉門雄三」こと桑田佳祐が、洋楽カヴァーを中心にライブ演奏した
1982年発表のレアなアルバム「嘉門雄三&VICTOR WHEELS LIVE! 」
で歌われた「Just Once」


DVDを含む桑田の洋楽カヴァーのなかでも、
際立ってハマっているよぉ~な気がする。


原曲は「We Are The World」を取りまとめた超敏腕プロデューサー、
クインシー・ジョーンズのアルバム『The Dude(愛のコリーダ)』
にヴォーカルとしてジェームス・イングラムを起用し大ヒットした
バラードの名曲です。





Just Once - Ultimate Collection: Quincy JonesJust Once - ジェームス・イングラム
アルバム『The Dude(愛のコリーダ)』 1981年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。