QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Gino Vannelli

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Love and Emotion - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Love and Emotion





I selected "Love and Emotion"
from 6th album "Brother to Brother"
of Gino Vannelli released in 1978.



当ブログでも1973年デビュー当時の作品から推しておりますジノ・ヴァネリ氏☆
まぁ当時の彼の音楽って確実に 数年以上先を行ってたように思えます。

そんな彼が1978年にリリースした6thアルバム『Brother to Brother』から
信じられないくらいのクオリティを放つアダルト・コンテンポラリーな
ロックテイストのナンバー「Love and Emotion」をチョイス☆

しっかし・・・すべてのパートアレンジがまさにパーフェクトですね!!
これがホントに70年代のサウンドなんでしょうかね???
とにかく後半のギターソロがすんごくイカしてますです♪

彼も紛れも無く天才SSWのひとりなんでしょうねぇ。。。



Love and Emotion - ジノ・ヴァネリ
6thアルバム『Brother to Brother』 1978年

The River Must Flow - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


The River Must Flow





I selected "The River Must Flow"
from 6th album "Brother to Brother"
of Gino Vannelli released in 1978.



悪く言えば。。。
全くもって その音楽性が一貫していない奇才ジノ・ヴァネリ氏☆

全てのアルバムが良いとは無論思いませんが、
やはりサウンドクオリティが この時代において突出してるのは確かでしょうねぇ!
敢えて例えるなら中後期あたりのプリンスだろうか?

4th&5thアルバムで若干おかしな路線へと向かってしまったジノ氏であるが・・・
彼が1978年にリリースした6thアルバム『Brother to Brother』では
久々に原点に戻ったかのような極上AORサウンドを聴かせてくれます!

そんなアルバムから緻密かつ重厚なサウンドレイヤーを重ねた
ナイスな一曲「The River Must Flow」をチョイス♪

このサウンドアレンジへのこだわりは1978年にデビューを果たした
同じAOR路線のボビー・コールドウェル氏には到達出来なかった世界。
全盛期のスティーリー・ダンやスティービー・ワンダー氏に匹敵するクオリティだと思います☆


The River Must Flow - ジノ・ヴァネリ 
6thアルバム『Brother to Brother』 1978年

One Night With You - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


One Night With You


I selected "One Night With You"
from 5th album "A Pauper In Paradise"
of Gino Vannelli released in 1977.



ジノ・ヴァネリ氏が1977年にリリースした5thアルバム
『A Pauper In Paradise』 からとってもスリリングな緊張感を帯びた
エレクトリックポップナンバー「One Night With You」をチョイス♪

1977年作品でこんだけシンセ音バリバリなのも珍しいですねぇ。
※さすがにリズムボックスはまだ無いか・・・
もっと大いに評価されるべきアーティストなんでしょうが。。。

※なお。。。
このリンク先の出だしで聞こえるプリンスっぽい音は関係ないですね☆


ちなみに。。。
このアルバムの後半には壮大なオーケストレーションによる
4部構成の組曲が入ってたりして、そのアバンギャルドさと
ぶっ飛んだコンポーズスキルには驚くばかりですが・・・

まぁ。ジャンルに括れば彼はAORに属するんでしょうけど、
ちょっと他のアーバンコンテンポラリーな方々からは
路線を大きく逸脱してますね。。。



One Night With You - ジノ・ヴァネリ
5thアルバム『A Pauper In Paradise』 1977年

Mardi Gras - Gino Vannelli 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Mardi Gras


I selected "Mardi Gras"
from 5th album "A Pauper In Paradise"
of Gino Vannelli released in 1977.




AOR系シンガーだったジノ・ヴァネリ氏が
突如、その奇才ぶりを開花させた1977年リリースの
5thアルバム『A Pauper In Paradise』☆

それまでのジャズ&フュージョン系統をベースとしたオーソドックスで
シックめなサウンドから大胆にシンセを取り入れたて
サイケなAORへとスタイルを豹変させた一枚☆

そんなアルバムを代表するかのようにして
冒頭を飾った摩訶不思議なナンバー「Mardi Gras」をチョイス♪
原田シンジ氏にも通じるポップセンスです・・・
ん?一体どっちが上なんだ???



Mardi Gras - ジノ・ヴァネリ
5thアルバム『A Pauper In Paradise』 1977年

The Work Verse - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


The Work Verse


I selected "The Work Verse"
from 2nd album "Powerful People"
of Gino Vannelli released in 1974.




ジノ・ヴァネリが1974年にリリースした2ndアルバム『Powerful People』 ☆
このアルバムがAORに属するかどうかはちょっと悩むところですが、
卓越した音作りは、彼のライティングスキルが間違いなく一流であることを証明しております!

ではアルバムの終盤を支えるバラードナンバー「The Work Verse」をチョイす♪
彼は、この後に更なる音楽的な進化を遂げていきますが、それはまた追々!!





The Work Verse - Powerful PeopleThe Work Verse - ジノ・ヴァネリ
2ndアルバム『Powerful People』 1974年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」


People Gotta Move - Gino Vannelli 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


People Gotta Move


今までかなりの数のアーティストを紹介してきたが、
70年代のアーティストで誰が一番音楽的な才能があったか?
ということをあまり意識したことはなかった。

この答えは実に難しい・・・
ただひとつ言えることは、いつの時代の音楽でもそうだが、
アーティストのスキルを定義するにあたって、
オリジナリティとパーマネンスは極めて重要である。

そういう観点からすれば、ジノ・ヴァネリというアーティストは
かなり上位に入ってくるのではないだろうか?

そんなジノ氏が1974年にリリースした
2ndアルバム『Powerful People』 から
ラテンビートをベースにした超Coolなファンクナンバー
「People Gotta Move」をチョイス♪





People Gotta Move - Powerful PeoplePeople Gotta Move - ジノ・ヴァネリ
2ndアルバム『Powerful People』 1974年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Great Lake Canoe - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Great Lake Canoe


ジノ・ヴァネリが1973年にリリースした1stアルバム『Crazy Life』 も、
まるで神が降臨したかようなクオリティを放つ傑作アルバムだ。

では、アルバムからハードなボサノヴァ風ナンバー
「Great Lake Canoe」をチョイス♪

彼の曲を細部まで注意深く聴いてみると、
ホントに楽器を自由自在に使いこなしていることが良く判る。
どんな効果をその楽器で得たいのか?
をきちんと再現できるんだから、きっと天才なんだと思う☆



Great Lake Canoe - ジノ・ヴァネリ
1stアルバム『Crazy Life』 1973年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Granny Goodbye - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Granny Goodbye


1973年にリリースされたジノ・ヴァネリのデビューアルバム『Crazy Life』から、
ジャズアレンジが超アダルトなAtmosphereを漂わせたナンバー「Granny Goodbye」です♪

よく考えてみると、この当時でこのアルバムのクオリティはスゴい☆
まぁ、AORファンの方々からすれば「何をイマサラ・・・」ということでしょうが・・・

いやいや・・・なかなか作れませんね。こんな曲は・・・
つうかこのアルバム自体がスゴいケド・・・



Granny Goodbye - ジノ・ヴァネリ
1stアルバム『Crazy Life』 1973年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Crazy Life - Gino Vannelli 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Crazy Life


AORといえば・・・
相当に昔からソレっぽいサウンドを創り出していたジノ・ヴァネリさん。

1973年リリースの1stアルバム『Crazy Life』 から
オープニングを飾ったタイトルナンバー「Crazy Life」をチョイス♪
このボサな感じがイカしてまさぁねぇ。。。☆





Crazy Life - The Best and BeyondCrazy Life - ジノ・ヴァネリ
1stアルバム『Crazy Life』 1973年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。