QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Gary Moore

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Out in the Fields - Gary Moore and Phil Lynott 【ロックの名曲】

【洋楽ロックの名曲】


Out in the Fields





I selected "Out in the Fields"
from 5th album "Run for Cover" of Gary Moore and Phil Lynott released in 1985.




アイルランド出身の偉大なるロッカー、
ゲイリー・ムーアとフィル・ライノットの両氏。

彼らは60年代後半のスキッド・ロウ結成時に出会い、
70年代半ば、シン・リジィで再会します。

まぁ、音楽的な方向性の違いからか、
決して長く同居し続けることのなかった彼らですが、
80年代半ば、ともにソロとなって活躍していたふたりは、
三度(みたび)競演を果たします。

そして共同名義で1985年にリリースされ、UKチャートではともに初のベスト10入り
(最高5位)ヒットを果たした「Out in the Fields」を生み出すのですね☆


翌1986年、フィル氏はヘロインのオーバードーズで
36歳の若さでこの世を去ります。

「Out in the Fields」を共作した経緯については詳しく知りませんけれど、
なんとなくそんな遠からない別れに対する、
なんらか予感めいたものが互いにあったのかもしれませんね。




アウト・イン・ザ・フィールズ - ワイルド・ワンーザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シン・リジィOut in the Fields - ゲイリー・ムーア&フィル・ライノット
7thアルバム『Run for Cover』 1985年

Parisienne Walkways - Gary Moore 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Parisienne Walkways


やはり、夕暮れ時には泣きのギターがハマります。

ゲイリー・ムーアが1978年にリリースした
ソロ名義での第一弾アルバム『Back on the Streets』から
まさに「Europa(哀愁のヨーロッパ)」に対抗したかのような
ネットリと絡みつくギターが泣かせる「Parisienne Walkways(パリの散歩道)」をチョイス♪

あれ?この曲ってヴォーカル入りだったんだっけ???





パリの散歩道 - ワイルド・ワンーザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シン・リジィParisienne Walkways(パリの散歩道) - ゲイリー・ムーア
1stアルバム『Back on the Streets』 1978年



Always Gonna Love You - Gary Moore 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Always Gonna Love You


ちなみに。。。
ゲイリー・ムーアのアルバム『Corridors Of Power(大いなる野望)』
からシングルカットされたバラード「オールウェイズ・ゴナ・ラヴ・ユー」は、
ボクが独学でピアノを演り始めた頃によく弾いた曲。
せっかくだから、こちらも紹介しておきたい。





Always Gonna Love You - Corridors of Power
Always Gonna Love You - ゲイリー・ムーア
移籍後1stアルバム『Corridors Of Power(大いなる野望)』 1982年
お薦め度 「☆☆☆超名盤です☆☆☆」



End Of The World - Gary Moore 【80年代ロックの名曲】

【80年代洋楽ロックの名曲】


End Of The World


早弾きのギタリストは?
の質問に対する答え。


ボクなら、やはりゲイリー・ムーアを選ぶかな。
(彼はお亡くなりになったのね・・・ご冥福を祈ります)


1982年発表の『Corridors Of Power(大いなる野望)』 は、
ゲイリー・ムーアの代表作となった傑作揃いの名盤。


収録曲である「エンド・オブ・ザ・ワールド」のイントロに
度肝を抜かれたギターフリークも多い。

鳴き狂うギターソロから重厚なリフへと変化する流れは、
ただただ圧巻なのである。
(※しかしヴォーカルとしての資質は微妙やねぇ。。。)





End of the World - Corridors of Power
End Of The World - ゲイリー・ムーア
移籍後1stアルバム『Corridors Of Power(大いなる野望)』 1982年
お薦め度 「☆名盤です☆」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。