QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Elvis Presley

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rip It Up - Elvis Presley 【50年代R&R】

【50年代洋楽R&Rの名曲】


Rip It Up





I selected "Rip It Up"
from 2nd album "Elvis"
of Elvis Presley released in 1956.



エルヴィス・プレスリーといえば 
まぁ50'sの代表的アーティストなんですけどね。

ボク自身 中学のとき一番最初にファッション的に傾倒したのが
やっぱ50'sスタイルだったんです。

当時は あまり音楽的に50年代のR&Rなんてのは聴いてませんでしたけど 
原宿辺りに行くと 自然とそういうサウンドが街中から流れていて
記憶のなかでは 当時の風景と一番リンクしてるような気もします。


そんな プレスリーが1956年にリリースした
2ndアルバム『Elvis』 からオープニングトラックの
「Rip It Up」をチョイス♪

もう60年近く前の曲ですけど 基本的に現在のR&Rも
この時代の音を因襲しているに過ぎませんのでね。

決して古びれておりませんですね♪




Rip It Up - Elvis RockRip It Up - エルヴィス・プレスリー
2ndアルバム『Elvis』 1956年



Tutti Frutti - Elvis Presley 【50年代R&R】

【50年代洋楽R&Rの名曲】


Tutti Frutti





I selected "Tutti Frutti"
from 1st album "Elvis Presley"
of Elvis Presley released in 1956.



GENが自分でレコードを選曲するときは
大抵 "フィフティーズ "ばかりを選ぶ。

まぁG'Zに来る連中の半分くらいがR&Rバンド系なんで
あまり文句を言われるということもない。


G'Zでバイトするようになる前までは
"フィフティーズ "なんてほとんどマトモに聴いたことはなかった。

でも 中学に入って最初に憧れたファッションは
原宿の" クリームソーダ "や"チョッパー "などの50'sファッションに
リーゼントヘアだったから "フィフティーズ "の音楽自体
別に嫌いというわけでもない。

ただ 毎日同じものばかり掛けられてると
ちょっと飽きてくるんだ。


客からのリクエストで 一番多くのが
やはり初期エルヴィスのアルバムだ。

今流れてるエルヴィスの1stアルバム『Elvis Presley』も
かなりリクエスト率が高い作品だった。


リトル・リチャードのカヴァー曲「Tutti Frutti」。

ボクには この意味がずっと分からないままだ。

なんか向うのチューインガムかなんかの名前っていうような話を
誰かがしてたような気もする。


"フィフティーズ "といってボクが勝手に連想するのは
映画『アメリカン・グラフィティ』。

あのジョージ・ルーカスとフランシス・フォード・コッポラが
タッグを組んだっていう青春映画だ。

あの映画のなかで使われてたサントラって
確か50'sの音楽だったんじゃないかな。


ボクが 今 こうして白いへインズのTシャツの左袖に
タバコを包めてるのは この映画に登場する
リーゼントヘアの誰かの影響だ。

名前は忘れたけど・・・その姿が なんだかすんごくイカしてたから。


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】





Tutti Frutti - Elvis Presley (Remastered)Tutti Frutti - エルヴィス・プレスリー 
1stアルバム『Elvis Presley』 1956年

Just Because - Elvis Presley 【50年代ロック】

【50年代洋楽ロックの名曲】


Just Because






I selected "Just Because"
from 1st album "Elvis Presley"
of Elvis Presley released in 1956.




オリジナルは1930年くらいに作曲されたハワイアンソングみたいなんですけどね。。。
※どんだけ古いんでしょうか?さっぱり時代感がつかめません。。。

まぁエルヴィスもハワイ好きだったみたいなんで
特に違和感はないですけどね~☆


では!!
エルヴィス・プレスリーが1956年(これもかな~り古いすね。)
にリリースしたデビューアルバム『Elvis Presley』で
そんなハワイアンテイストを残しつつR&R風アレンジでカヴァーした
「Just Because」をチョイス♪

う~ん。。。思いのほか古臭くないかもな。

このアルバムも実際3分未満のR&Rが
全編に渡って引っ切り無しに続いてくんですけどね。

このライトフィールな感じは
もしかしたら何気にドライブ向けかもしれませんなぁ♪
ボクは初期エルヴィスのナンバーは結構好きですね☆




Just Because - Elvis Presley (Remastered)Just Because - エルヴィス・プレスリー
1stアルバム『Elvis Presley』 1956年

I Got A Woman - Elvis Presley 【50年代ロック】

【50年代洋楽ロックの名曲】


I Got A Woman





I selected "I Got a Woman"
from 1st album "Elvis Presley"
of Elvis Presley released in 1956.



エルヴィス・プレスリーといえば・・・
ロカビリー系アーティストだと子供時代には思っておりました。
まぁハズれてはいないだろうけど、ロカビリーの括りだけに
全て収まってる訳でもありませぬ。。。

しかしながら。。。
デビューアルバム『Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー登場!)』に関しては、
明らかにディープなロカビリー・アルバムだと思います。

ではアルバムからレイ・チャールズ氏がライティング・クレジットされている
高速R&Rナンバー「I Got A Woman」をチョイス♪

しかし・・・彼の目力のない?セクシー過ぎる視線に
当時の女性たちが彼に惹かれたのも無理はないでしょうね☆




I Got a Woman - Elvis Presley (Remastered)I Got A Woman - エルヴィス・プレスリー
1stアルバム『Elvis Presley』 1956年

Blue Suede Shoes - Elvis Presley 【50年代R&R】

【50年代洋楽R&Rの名曲】


Blue Suede Shoes





I selected "Blue Suede Shoes"
from 1st album "Elvis Presley"
of Elvis Presley released in 1956.



当ブログで今までほとんどご紹介していないのが50'sサウンド。。。
まぁアメリカ音楽シーンも60年代以降はUKロックに飲み込まれてしまうのですが、
最もアメリカらしい音楽というのは実際のところ50'sなんだろうな。と思います☆


このボク自身、中学のときは一時期 完全にファッションも50's化しておりました。
まぁ影響を受けたのは数本の映画のせいですけどね。
特に『アメリカン・グラフィティ』『アウトサイダー』『ランブルフィッシュ』。。。
中でも1979年公開の『ウォリアーズ』は未だに名作だと思っております☆
※ん?これらの舞台って別に50年代ではないか・・・

まぁ。リーゼントヘアに原宿『クリームソーダ』で買った豹柄シャツ!
ってのが中学時代のボクにとっての最高にCoolなスタイルだったのですね☆

当時の原宿の街は、まさに50'sそのものだったと言えます。
※竹の子族は・・・ニューウェイブですけど。。。


そんなこんなで。
ちょいとキング・オブ・ロックンロールこと
エルヴィス・プレスリーあたりもマジメにご紹介してみようかと!

正直ボクがエルヴィスを聴いてたのって中学までなんですが;;;
彼の歌うR&Rコードは、まさに永久不滅の普遍的コードとして
現代でもその流れを継承されておりますです。

そんな彼のデビューアルバムのOPを飾ったナンバー
「Blue Suede Shoes」をどうぞ☆
まさにこれぞ究極のR&Rコード!ですね☆☆☆
ん?PVで手にしてるのはエレキではなさそうですが;;;



Blue Suede Shoes - エルヴィス・プレスリー
1stアルバム『Elvis Presley』 1956年



Burning Love - Elvis Presley 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Burning Love


I selected "Burning Love"
of Elvis Presley released in 1972.



1972年の洋楽ヒットチャートから


「エルヴィスは好きか?」と聞かれればキライではない。
「どのくらい好きか?」と聞かれると、そんなでもない。。。

代表曲くらいは知ってるが、
彼の作品はベスト盤っぽいのがどっかに1枚あったかな?
程度な訳で御座います・・・

無論、R&Rのトラディショナルなコード進行は好きですので、
まともにアルバムを聴けば、すんなり聴けてしまうのでしょうがね。


さて。
1972年にエルヴィス・プレスリーがリリースした
「Burning Love」を改めてYで聴いてみた。

ん?これって72年オリジナル録音の音源なのか???
と思わず感じざるを得ないクオリティなのですけど・・・

この曲は単なるR&Rではなくってポップなロックナンバーって感じです♪
ノリは非常に良いですね☆





Burning Love - Looking Back - Elvis Presley, Vol. 1Burning Love - エルヴィス・プレスリー 1972年
ベスト盤『Mega Elvis』

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。