QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Elvis Costello

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Alison - Elvis Costello 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Alison




◆PVリンク先変更しました(2012/11/23)


1983年9月13日(火)

灰色がかった積乱雲の向こう側から、ようやく太陽が僅(わず)かに顔を覗かせる。けれど、その陽射しには、もはや炎暑の 路面にかげろうをくゆらせていたときのような灼熱の威勢などはまったく感じられない。

だんだん遠のく初秋の太陽からは、光と影のコントラストを地上へと鮮明に描き出していた頃の熱放射エネルギーなんてものは、いまやすっかり失われ、その仄(ほの)かな陽光は、日を追うごとにパステルカラーへとみずからの色調を変化させつつ、いずれ、あらゆる風景たちと次第に共存しはじめてゆくことだろう。

そんな白々と、淡く色づく木漏れ日が、ゆるやかに降りしきる円覚寺の境内にボクたちはいた。――

境内全体の案内看板を見つめていた林ショウカが、

「円覚寺のなかって、こんなにいっぱいお寺があるの?」

と、おもわず、その小さな顔いっぱいに驚きの表情を浮かべた。
すると、海のほうから山伝いに届けられる、心地よい涼風を白い頬に携えながら、

「そうね、山のうえまでいくつも小さな寺院があるみたい」

と、李メイが、静かにつぶやいた。
ふと、うしろに立っている田代のほうに目をやると、彼はまるっきりそんなものには興味なさそうに、ずっと薄墨(うすずみ)色した山影のなかを吹き渡る風の音色を聴いていた。――

ボクは右耳にだけヘッドフォンを差すと、ショウカのうしろを歩き出す。
「世 界初」――たしか、そういわれていた気がするけど、去年、SONYが発売した左右のイヤフォンがふたつに分かれたインナーイヤータイプのヘッドフォン。

――中2の頃からずっと欲しかったんだけど、今年の夏休みに入る直前、それまで使ってたヘッドフォンのコードが皮膜の内側で切れたらしく、何度も音が飛ぶ ようになったんで、それを機にようやく買い換えたんだ。けれど、このセパレートタイプは耳への装着感がゆるくって、ちょっとした弾みですぐイヤフォンが下 へに落っこちてきてしまう。だから相当強く耳のなかに押し込まなければならなかった。――

スイッチを押してウォークマンを再生させると、 イギリスのロックシンガーである、エルヴィス・コステロのデビューアルバム『マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim is True)』に収録された甘く優しげなロッカバラード「アリスン(Alison)」が、そのインナーイヤータイプのイヤフォンの右側から流れてきた。

このアルバムは結構気に入ってたんで、中2の 頃、よく聴いたんだけど、ハードめなナンバーが並ぶなか、この「アリスン(Alison)」のセンチメンタルなメロディラインだけが、異質なほど、やけに くっきり際立っていた。コステロのボーカルのうしろ側を変幻自在に追いかけるギターのオブリガートが、なんだかお洒落で、すごく印象的な曲だ。――

山 門を見上げながらくぐり抜けると、ほぼその正面には、やけに真新しい仏殿が構えていた。どうやら関東大震災で倒壊したものを再建したらしいのだが、長いあ いだ歴史の風雪に耐え、絶え間なく時の流れに磨かれ続けてきた荘厳なうしろの山門と比べれば、どうしたって赴(おもむ)きや佇まいが大きく異なって見えて しまう。その仏殿の入り口から、ボクたちがなかを覗き込んでいると、

「ちょっとトイレに行ってくる」

と、田代はいい残し、さっき登ってきた石段のほうへひとりで歩いていった。

「田代ってなんだか、根暗でキモち悪いんだけど、……ねぇメイ?」

ショウカは、ずんぐりした田代の大きな背中を見つめ、メイに向かって小声でそうささやく。
メイはなにもいわず、ただうっすら微笑んだ。

ボクは、遠ざかる田代のうしろ姿を眺めつつ、なんとなく口を開く。

「まぁアイツも、しょっちゅう谷川たちにイジめられてるからね。それにクラスでもあんまり友達いなさそうだし。……暗いのは仕方ねぇんじゃない?」

すると、ショウカが「あぁっ!」と、なにかを思い出したように声をあげ、

「そういえば、きのうシーナ君さぁ、昼休み、いきなり谷川たちのことを殴ったでしょ? ミチコのことで。――すごいびっくりしちゃったよ。なんであのときあんなに怒ってたの? だってミチコと一度も話したことなんてないんでしょ?」

と、ボクの横顔に早口で問いかける。
ボクは、一瞬なにも答えられなかった。自分でも理由なんてよくわからなかったからだ。
けれどボクを見つめる涼やかなメイの瞳に、なにかしら言葉を促されているような気がした。

「だってさぁ、せっかく気持ちよく人が寝てるのに、すげぇうるさかったから。アイツらが」

なんとなくその場で思いついたことを、ボクは笑って適当に口にする。

「そういえば、あのときさぁ、アイツらってメイのこともなんだか悪口いってたよね。『アジアン』とかってさ。それをいったらアタシだって『アジアン』なんだしねぇ、なんだかムカついちゃったよ」

と、いってショウカは、くっきりした二重の上で、少しだけ細いまゆ毛を吊り上げた。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】




【2012.04.28 記事原文】

後年「シ~♪↑」とかってオールドスタンダードなナンバーをヒットさせた
エルヴィス・コステロが、まだカッコいいパンキッシュなロックを演ってた頃の、
超名曲「Alison」をチョイス♪

まぁすぐにDeleteされるでしょうが、
Yでオリジナル音源見つけました☆

ぶっちゃけ1stアルバムもこのナンバーも、ものすご~く好きです!
しかし・・・すっかりコステロも、ジャジーな方向にいっちゃいましたねぇ・・・
もう一度ロッカーだった頃の初心に戻って欲しいっすね☆






Alison - My Aim Is True (Deluxe Edition)Alison - エルヴィス・コステロ
1stアルバム『My Aim Is True』 1977年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」

Oliver's Army - Elvis Costello 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Olivers Army


エルヴィス・コステロ 1979年リリースの3rdアルバム『Armed Forces』から
シングルヒットとなった、かなりポップなテイストの「Oliver's Army」をチョイス♪
アルバムもかなりキャッチー&ポップなナンバーが揃っており、まぁ名盤だと思います☆
ロックのアルバムではありませんがね・・・☆





Oliver's Army - Armed ForcesOlivers Army - エルヴィス・コステロ
3rdアルバム『Armed Forces』 1979年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」

Chelsea - Elvis Costello 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Chelsea





エルヴィス・コステロ 1978年リリースの2ndアルバム『This Year's Model』 から
どことなくデヴィッド・ボウイ中期のニューウェイブっぽさも感じるクールなナンバー
「Chelsea」をチョイス♪


コステロも、70年代はすごくカッコいいんだけどねぇ・・・
ギター弾く立ち姿がイカしてますよねぇ☆





(I Don't Want To Go To) Chelsea - This Year's ModelChelsea - エルヴィス・コステロ
2ndアルバム『This Year's Model』 1978年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。