QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Dionne Warwick

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Heartbreaker - Dionne Warwick 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Heartbreaker





I selected "Heartbreaker"
from album "Heartbreaker"
of Dionne Warwick released in 1982.



1983年の洋楽ヒットチャートから


ディオンヌ・ワーウィックさんが 高名な割りに
ソロ名義で全米No.1ヒットを持っていない。
という話は以前にもしましたね☆

ただ。ビルボードチャートでNo.1になった曲が
イコール当時のボクらにとって深く印象に残った曲という訳でもないんですよねぇ。


なぜかと言えば・・・


1983年からテレビ神奈川の『SONY MUSIC TV』と『Billboard TOP40』がスタートしますが。

それ以前に ボクらがリアルで最新の洋楽を知ることが出来たのは
TV番組では『ベストヒットUSA』 そしてラジオ番組では
『DIATONE ポップスベストテン』くらいだった気がします。

実際 ボクはこの2つのプログラムに育てられた!
と言っても過言ではないでしょう。

ただ いずれのプログラムでもビルボードという週刊音楽業界誌のランキングが
ベースだった訳ではなく 全米チャートをカウントダウン形式で発表していた
『ベストヒットUSA』のコーナーのひとつ「COUNT DOWN USA」も
『ラジオ&レコーズ』のランキングが参照されておりました。


ですんで その当時のボクらにとってビルボードチャートというのは
あまり馴染みのない言葉だったんですよね。


少なくともボク自身は『SONY MUSIC TV』の番組内でヘヴィロテされてた
PVの印象が一番強いんですけど・・・

まぁいずれにせよ かつて この4つの番組で聴いたことのある曲の
記憶を頼りに80年代の名曲を紹介してる!」
ということになるんですかねぇ。。。


そういう意味ではディオンヌ・ワーウィックさんが1982年にリリースし
ビルボードのシングルチャートで最高10位を記録した「Heartbreaker」は
かなり印象に残ってますねぇ。。。

ビージーズのギブ3兄弟によってライティングされたナンバーで御座います☆
が・・・不思議とPVの内容は全く思い出せませんけんども・・・




【2012.03.29 原文】

ボクにとって、ディオンヌ・ワーウィックといったら、
この曲と「ザッツ・ホワイト・フレンズ・アー・フォー」以外の印象はありません。

1982年にリリースされたアルバム『Heartbreaker』 から、
マイナー調のイントロが、メジャー・キーへ切り替わる
ミディアムスローなやさしいオーラ漂うタイトルナンバーの
「Heartbreaker」をどうぞ♪






Heartbreaker - Golden Legends: Dionne Warwick LiveHeartbreaker - ディオンヌ・ワーウィック
アルバム『Heartbreaker』 1982年



Then Came You - Dionne Warwick & The Spinners 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Then Came You





I selected "Then Came You"
from album "Then Came You"
of Dionne Warwick & The Spinners released in 1974.



1974年の洋楽ヒットチャートから


1962年デビューの言わずもがなの大御所女性ソウルシンガー
ディオンヌ・ワーウィック女史でございますが。。。

高名な割に 彼女ってソロでのNo.1ヒットが1曲もなかったのには驚きます。。。
彼女の30年以上に渡る音楽キャリアにおいて
No.1を獲得した楽曲はたったの2曲のみ。

その1曲がエルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト
との競演を果たした おそらく最も有名であろう1985年リリースの
That's What Friends Are For」でございますね☆


さて。もう1曲はというと・・・

1974年にスピナーズをFeatしビルボード シングルチャート
No.1ヒットとなった「Then Came You」です☆

この曲はディオンヌさんのアルバム『Then Came You』と
スピナーズの5thアルバム『New and Improved』に収録されました☆

この曲のライティングは当時スピナーズの作品を数多く手掛けていた
フィラデルフィア・ソウルの名プロデューサーのトム・ベル氏。

すんごくハッピーフィールに満ち溢れた実に気持ちいいナンバーです☆


しっかし・・・このジャケ画。。。
もうちょっとデフォルメするなり補正するなりは
できんかったんでしょうかのう???
LPサイズで見たらかなりコワいでしょ。。。これじゃぁ・・・




Then Came You - My Friends & MeThen Came You - ディオンヌ・ワーウィック & スピナーズ
アルバム『Then Came You』 1974年

Deja vu - Dionne warwick 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


Deja vu





I selected "Deja vu"
from album "Dionne"
of Dionne warwick released in 1979.



1980年の洋楽ヒットチャートから


ディオンヌ・ワーウィック女史がアリスタ・レコードに移籍後リリースされた
バリー・マニロウ氏プロデュースによるアルバム『Dionne』☆

ワーナー時代の前作まではアルバムチャート100位圏外をさ迷っていた彼女を
久々にトップ20入り(最高12位)させた作品なんでござんすね☆


そんなアルバムから。。。奇才アイザック・ヘイズ氏のライティングによって1979年の
「グラミー女性ベスト・R & B ・ヴォーカル賞」を受賞したアダルトコンテンポラリーな
ミディアムスローのバラードナンバー「Deja vu」をチョイス☆


しかし・・・アイザック・ヘイズ氏も他人の曲はマトモなのを作りますけど
ご自身の曲に関しては。。。たま~に遊んどります!!




Déja Vu - My Friends & MeDeja vu - ディオンヌ・ワーウィック
アルバム『Dionne』 1979年

I'll Never Fall In Love Again - Dionne Warwick 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


I'll Never Fall In Love Again


1970年代のヒットソングから選曲です♪

ダイアナ・ロス、アレサ・フランクリンとくれば、
この人にも登場してもらうしかありません☆


ディオンヌ・ワーウィック女史が1970年にリリースした
アルバム『I'll Never Fall in Love Again』から
サザンにも歌われてた(似たような「タイトル」のみですが。。。)
「I'll Never Fall in Love Again」をチョイス☆

こちらはボサっぽいアレンジの可愛らしいナンバーです☆
でも・・・こちらは「もう恋をしない!」って言ってますので、
ダイアナ、アレサとは逆の内容ですけどね(笑





I'll Never Fall In Love Again - I'll Never Fall In Love AgainI'll Never Fall In Love Again - ディオンヌ・ワーウィック
アルバム『I'll Never Fall in Love Again』 1970年



I’ll Never Love This Way Again - Dionne Warwick 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


I’ll Never Love This Way Again


ディオンヌ・ワーウィックからもう一曲!

1979年 バリー・マニロウのプロデュースによって
大ヒットした壮大なバラードナンバー「I’ll Never Love This Way Again」♪

なぜにプロディースがバリー・マニロウだったのかは不明ですね。。。
まぁ名曲なのは間違いないです。





I'll Never Love This Way Again - The Best of Dionne Warwick LiveI’ll Never Love This Way Again - ディオンヌ・ワーウィック
アルバム『Dionne』 1979年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。