QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Debbie Gibson

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Lost In Your Eyes - Debbie Gibson 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Lost In Your Eyes





1983年9月13日(火)

涼風彷徨(さまよ)える初秋の宵闇は、過ぎゆく晩夏の燐光(りんこう)を、ひっそりと藍染めするよう、深紫(ふかむらさき)の黄昏色に包んでいった。輝きはじめた星たちが、月光を湛(たた)えた濃い碧色(へきしょく)の波の彼方でキラキラ踊る。

七里ガ浜の駅へと向かう道すがら、隣を歩く李メイがボクに、そっと訊ねた。

「シーナ君、彼女とは、――川澄さんとは、もう別れてしまったの?」

薄暗い駅前通りを歩きながら、ついボクはそんな夜空を見上げた。――そしてつぶやく。

「そうだね、正しくいうなら離れてしまったのかな。きっと距離も、……心も」

枯れた落葉の湿り気が仄(ほの)かに香る坂道を、「ポツリポツリ」と照らしてる水銀灯の淡白く冷たい灯(あか)り、――映し出される林ショウカや小山ミチコの華奢(きゃしゃ)な影、――路面たゆたうそんな二つのシルエットを避けるよう、ボクたちは、ゆったり歩調を合わせていく。

「心も、――」

メイがボクの言葉を繰り返す。

「まぁ、オレが悪いんだけどね。――実は彼女のお母さん、ずっと鎌倉の病院に入院してたんだ。……そしたら、なんだか昏睡状態になっちゃったみたいで、意識が戻らなくなってね。そんなお母さんのこと、毎日看病して、辛く悲しい気持ちをひとりで抱え込んでた彼女の気持ちを一番知ってたはずなのに、……

『彼女をどうにかしてあげたい』って本気で思ってたはずなのに、――オレはね、全然いいたくもない言葉ばかりを彼女に吐き出してしまったんだよ。本当にいいたかった言葉はすべて心に残したままで、……いわなくてもいいような、……絶対、彼女にいっちゃいけないような言葉ばかりを、ね」

こんなこと、メイにいう必要もない話なんだろうだとは思ってたんだ。けれど、彼女はどんな苦しみも哀しみも、すべて受け入れられるほどに深い闇色の翳(かげ)りを、絶えず心に秘めている。――だから、きっとメイになら話してもいいような気がしたんだ。なにも慰めて欲しいだなんて思っちゃいない。気休めの言葉なんて、――いまはいらない。

「ワタシのお父さん、――」

メイが、キレイに整った薄い唇を静かに開く。

「ワタシが生まれる前から、いろんな仕事をしてたみたいなんだけど、なにをしてたのかは、お母さんも教えてくれなかったし、ずっとワタシにもわからなかった。ワタシが小学校に入った頃からね、ウチは生活が苦しかったの。……だから、誕生日にどれだけ欲しいものがあったとしても、『別に欲しいものなんてない』って、気づいたときには、毎年そうやって答えるようになっていた」

ショウカとミチコ、それに、うしろからボクらを追い越していった田代が、ホームの先のほうへと歩いていく。ボクたちは駅員のいないホームの手前で立ち止まる。

「けれど本当は、小学校に入ったときからワタシはピアノが欲しかった。でも、そんなもの買ってもらえるはずがないことなんてわかってたの。――小学校2年のとき、学校で七夕の短冊に願い事を書かされたことがあったんだけど、……そのときワタシは、生まれてはじめて自分の本当の気持ちを、――ずっと抱え続けてきた夢をね、その短冊に込めることができたの」

「ポツポツ」と、高校生らしき数名の学生が佇むだけの、七里ガ浜駅のホームを照らす蛍光灯が、向こうのほうでこちらを振り返ったショウカとメイの小さな顔を映し出す。ボクたちはゆっくり歩きはじめた。

「――その七夕の願い事がね、文集になって参観日のとき配られた。ワタシ、本当はお母さんにそんなもの見られたくなかったんだけど、けっきょく見られてしまったの。その夜、――お父さんが帰ってきてからワタシのことを呼んでね、『お前にピアノを買ってあげる』って、いきなりそういったの。ワタシ、本当に信じられないくらい嬉しくって、その日は全然眠れなかった」

メイは一瞬、黙り込む。ボクは彼女の横顔を見つめた。

「――2週間くらいしてから、ウチの応接間にピアノが届いた。ワタシ、本当に嬉しくって何度もお父さんに抱きつきながらお礼をいったの。お父さんは笑って『お前には、いままでなにも買ってやれなかったから』ってね、ずっとあたまを撫でてくれていた。――

でも、それからしばらくして、ある朝早く、ウチに男の人たちが3人きてね、そのままお父さんは連れて行かれてしまった。ワタシがビックリして玄関のほうへ出ていこうとすると、お母さんがね、『大丈夫、すぐ戻ってくるから』って、ワタシの腕を掴みながら笑った。――だけど、何ヶ月経ってもお父さんは戻ってこなかった。『お父さんはいま、海外で働いてるから』って、お母さんはいったけど、ワタシには、なんとなく嘘なんだろうってことはわかってた。たぶん警察に連れてかれたんだろうなって、とっくにわかってたの」

ボクは、なにもいわずに彼女の横顔を見つめ続けていた。

「あのとき、『ピアノが欲しい』だなんて七夕の短冊に書いてしまったから、お父さんは捕まってしまったんだって、ずっと後悔してきたの。……それが理由だったんだって、思い込んでしまったの。――ワタシはね、本心じゃない気持ちをいってしまったことで後悔し続けているシーナ君とはまったく逆でね、本当の気持ちを言葉にしてしまったことを死ぬほど後悔し続けてきた。――ワタシはもう、なにも望んじゃいけないんだって、そのとき思ったの」

そういって、メイは口元に、哀しくなるほど儚(はかな)い笑みを浮かびあがらせた。

そう、――彼女のほうがボクなんかよりも遥(はる)かに深い哀しみを抱え続けて生きてきた。――そんなこと、中3になってメイの瞳をはじめて教室のなかで見たときから、とっくにわかってたんだ。

【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.21 記事原文】

デビー・ギブソンちゃん1989年の全米NO.1アルバム『Electoric Youth』
からシングルでもNO.1を獲得したやさしいナンバー「Lost In Your Eyes」を選曲♪
しかし…可愛かったなぁ。。。


何かの映画のエンディングにでも使えそうな曲ですよね。





Lost In Your Eyes - Electric YouthLost In Your Eyes - デビー・ギブソン
2ndアルバム『Electoric Youth』 1989年



【年末スペシャル☆】 Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

Rakiが選んだ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」


さて。。。
クリスマスまであと1ヶ月となりました☆
ということは間もなく今年も終わろうとしてるのですね・・・
うwww!!はやっ!

ちなみに☆☆☆
ついに当ブログがGoogleとYahooで「洋楽/バラード/名曲」で検索すると
トップページ(7位)に掲載されますです☆☆☆

「洋楽/ダンス/名曲」だとGoogleで6位、
「洋楽/ポップス/名曲」はGoogleで13位くらい!
「洋楽/ロック/名曲」はGoogleで17位くらい!

まぁ。開始から1年で、全てのジャンルでトップページ入りを果たす!
という夢もまんざらではなくなってきたような。。。
でも「名曲」というワードが入ってないと全然ダメです。
ダブル・キーワード程度だとやっぱあと数年は上位ページには入れませんね。

ただ音楽ジャンルを検索する場合「名曲」ってキーワードは結構、出現頻度が高い。
そういう意味で音楽に関してはトリプル・キーワードでもアリかなと思います・・・


※その割りにページランクが上がらないのは
Yだのアフェリだのに外部リンク貼りまくってるせいだろうあぁ。。。
やっぱカスタマイズせねばいかんですね。。。


ということで!!
当ブログで今年ご紹介してきた名曲の中から
ボクが独断で選んだベスト100を総括がてら発表いたします☆
まぁメジャーなナンバーはそこそこランクインしてるはハズなんで
洋楽ビギナーの方々には多少なりとも参考になるかとは存じます☆

上位20曲くらいはボクの好きな曲順に並んでますが
残り80曲については特に順位は関係ありませんですよ・・・


しかしながら・・・
果たしてオールジャンルで100曲づつ選べるかどうかは
ちぃ~とばかし自信がありません。。。スンマソン・・・
※過去記事チェックするのもかなり体力を要します故・・・。。。

とりあえずクリスマスが近いこともあるので
まずは洋楽バラードのベスト100だけはきっちりセレクトしときましょう!!
クリスマスシーズンには極上のバラードが必要ですからねぇ ♪(✿ฺ´∀`✿ฺ)
恋人との素敵なひとときのためにご参照になれば幸いですです☆

あ!失恋系ナンバーも含まれてますので歌詞の内容は無視してくださいね☆

ちなみにリンク先はボクの過去記事へのリンクです。。。
Yへの直リンクではありませんのであしからず・・・


もしかしたらYで削除されてるものもあるかもしれませんので
その場合ご容赦願います☆



「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

第 1位 The Way We Were - Barbra Streisand 【70年代】
第 2位 Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel 【70年代】
第 3位 Just Once - James Ingram 【80年代】
第 4位 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代】
第 5位 Where Did We Go Wrong? - The Manhattans 【80年代】
第 6位 Your Song - Elton John 【70年代】
第 7位 We're All Alone - Boz Scaggs 【70年代】
第 8位 Wind Beneath My Wings - Bette Midler 【80年代】
第 9位 Love takes time - Mariah Carey 【90年代】
第10位 Just the Way You Are - Billy Joel 【70年代】

第11位 A Song For You - Leon Russell 【70年代】
第12位 The Water Is Wide - Karla Bonoff 【70年代】
第13位 Didn't We Almost Have It All - Whitney Houston 【80年代】
第14位 I Need To Be In Love - Carpenters 【70年代】
第15位 Somewhere Out There - Linda Ronstadt and James Ingram 【80年代】
第16位 A Whiter Shade of Pale(青い影) - Procol Harum 【60年代】
第17位 I Still Believe - Mariah Carey 【90年代】
第18位 Endless Love - Diana Ross & Lionel Richie 【80年代】
第19位 Almost Paradise - Ann Wilson & Mike Reno 【80年代】
第20位 Nothing Love Can't Do - Bryndle 【90年代】

第21位 Hard To Say I'm Sorry - Chicago 【80年代】
第22位 Beauty And The Beast - Celine Dion & Peabo Bryson 【90年代】
第23位 Alison - Elvis Costello 【70年代】
第24位 All At Once - Whitney Houston 【80年代】
第25位 A Love So Beautiful - Michael Bolton 【90年代】
第26位 Separate Lives - Phil Collins and Marilyn Martin  【80年代】
第27位 Do Me Baby - Prince 【80年代】
第28位 Honesty - Billy Joel 【70年代】
第29位 Still They Ride - Journey 【80年代】
第30位 Still - The Commodores 【70年代】

第31位 Listen - Beyonce 【90年代以上】
第32位 Dilemma - Nelly feat. Kelly Rowland 【90年代以上】
第33位 You Can Have Me Anytime - Boz Scaggs 【80年代】
第34位 Let It Be - The Beatles 【70年代】
第35位 To Be With You - Mr.Big 【90年代】
第36位 You'll Never Let Me Go - Bruce Hibbard 【80年代】
第37位 Beautiful in My Eyes - Joshua Kadison 【90年代】
第38位 Heart Of Mine - Bobby Caldwell 【80年代】
第39位 Nothing's Gonna Change My Love for You - George Benson 【80年代】
第40位 I'll Make Love to You - Boyz II Men 【90年代以上】

第41位 The First Time - Surface 【90年代】
第42位 Bohemian Rhapsody - Queen 【70年代】
第43位 How Am I Supposed To Live Without You - Michael Bolton 【80年代】
第44位 Hey Jude- The Beatles 【60年代】
第45位 Lost In Your Eyes - Debbie Gibson 【80年代】
第46位 One More Try - George Michael 【80年代】
第47位 Company - Rickie Lee Jones 【70年代】
第48位 Against All Odds - Phil Collins 【80年代】
第49位 Last In Love- Nicolette Larson 【70年代】
第50位 Because I Love You - Stevie B 【90年代】

第51位 Stickwitu - The Pussycat Dolls 【90年代以上】
第52位 Wonderful Tonight - Eric Clapton 【70年代】
第53位 Crazy For You - Madonna 【80年代】
第54位 Baby I Love Your Way - Big Mountain 【90年代】
第55位 Sailing - Christopher Cross 【80年代】
第56位 That's What Friends Are For - Dione Warwick & Freands 【80年代】
第57位 If You Leave Me Now - Chicago 【70年代】
第58位 Glory Of Love - Peter Cetera 【80年代】
第59位 She - Gram Parsons 【70年代】
第60位 My One and Only Love - Sting 【ジャズの名曲】

第61位 It Will Be Alright - Airplay 【80年代】
第62位 Falling - Boyz Ⅱ Men 【90年代】
第63位 Love Will Lead You Back - Taylor Dayne 【80年代】
第64位 This I Promise You - 'N Sync 【90年代以上】
第65位 She's Out Of My Life - Michael Jackson 【70年代】
第66位 Rock Wit'cha - Bobby Brown 【80年代】
第67位 All My Life - K-Ci and Jo-Jo 【90年代】
第68位 Baby Come Back - Player 【70年代】
第69位 Miss You Like Crazy - Natalie Cole 【80年代】
第70位 Can you feel the love tonight - Elton John 【90年代】

第71位 A Groovy kind Of Love - Phil Collins 【80年代】
第72位 Tonight, I Celebrate My Love - Peabo Bryson&Roberta Flack 【80年代】
第73位 Tears in Heaven - Eric Clapton 【90年代】
第74位 If I Don't Have You - Orleans 【70年代】
第75位 If - Bread 【70年代】
第76位 I've Never Been To Me - Charlene 【80年代】
第77位 Just When I Needed You Most - Randy VanWarmer 【70年代】
第78位 How Do I Live - LeAnn Rimes 【90年代】
第79位 Next Time I Fall - Peter Cetera& Amy Grant 【80年代】
第80位 Should've Never Let You Go - Neil Sedaka  【80年代】

第81位 You Are Everything - Diana Ross & Marvin Gaye 【70年代】
第82位 Sometimes Love Just Ain't Enough - Patty Smyth & Don Henley 【90年代】
第83位 Right Here Waiting - Richard Marx 【80年代】
第84位 Betcha By Golly, Wow - The Stylistics 【70年代】
第85位 Don't Fall in Love with a Dreamer - Kenny Rogers (with Kim Carnes) 【80年代】
第86位 Take Me Back To Then - Bobby Caldwell 【70年代】
第87位 Stay With Me - Peter Cetera & Bobby Caldwell 【80年代】
第88位 I Guess That's Why they Call it the Blues - Elton John 【80年代】
第89位 Nobody Does it Better - Carly Simon 【70年代】
第90位 In This Life - Collin Raye 【90年代】

第91位 Blowin' In The Wind - Bob Dylan 【60年代】
第92位 Wild Heart Of The Young - Karla Bonoff 【80年代】
第93位 For Your Eyes Only - Sheena Easton 【80年代】
第94位 The Morning After - Maureen McGovern 【70年代】
第95位 I'll Take Care of You - J.D. Souther 【80年代】
第96位 More Than Words - Extreme 【90年代】
第97位 True Colors - Cyndi Lauper 【80年代】
第98位 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代】
第99位 Always Gonna Love You - Gary Moore 【80年代】
第100位 The Smile Has Left Your Eyes - Asia 【80年代】



とりあえずダラ~っと100曲並べてみました。。。
お酒のみつつ「しっとり」「まったり」したいときにでもいかがでござんしょう???

変な話ですが・・・
ボクがこのブログを始めたきっかけって「洋楽バラードの名曲を聴きたいなぁ」
と思ってサイト検索してみたんですが、あまり参考になるサイトがなかったんで
だったら自分で作るか!というような感じだったんですよね☆

時間があればそのうち、もうちょいこのランキングの見栄えを良くしようかと思っております☆
[ 2012/11/24 23:04 ] コラム | TB(0) | CM(0)

Shake Your Love - Debbie Gibson 【80年代ポップス】

【80年代洋楽ポップスの名曲】


Shake Your Love





デビー・ギブソンちゃんが、ちょうどAKB48の若手メンバーくらいの年齢に
リリースしたデビューアルバム『Out of the Blue』から


ダンスポップなヒットナンバー「Shake Your Love」をチョイス♪





Shake Your Love - Out of the BlueShake Your Love - デビー・ギブソン
1stアルバム『Out of the Blue』 1987年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。