QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Dead or Alive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The French Inhaler - Warren Zevon 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


The French Inhaler





I selected "The French Inhaler"
from 2nd album "Warren Zevon"
of Warren Zevon released in 1976.



ウォーレン・ジヴォン氏が1976年にリリースした2ndアルバム『Warren Zevon』から☆

さて。1969年のデビューアルバム『Wanted Dead Or Alive』リリース後、
10年の歳月を経て発表されたこのアルバムのプロデューサーが
ジャクソン・ブラウン氏であることはすでに以前ご紹介しておりますが。。。

収録曲「The French Inhaler」を聴いて まず驚いたのが、
あまりにメロディがジャクソン・ブラウンっぽかったからなのです。
※言ってる意味は判って頂けてますでしょうか?

ボク自身、てっきりジャクソン氏の作品だとばかりおもってたんですが、
Wikiではオールソングのライティングをウォーレン・ジヴォン氏が行ってる!!
となってるんでまぁ彼が書いたんでしょうけどねぇ。。。

とまぁそんな訳で。
非常にジャクソン・ブラウンっぽいナンバー???
「The French Inhaler」をどうぞ♪




The French Inhaler - Warren Zevon (Collector's Edition)The French Inhaler - ウォーレン・ジヴォン 
2ndアルバム『Warren Zevon』 1976年

【ALOHA STAR MUSIC DIARY No.3】 Escape - ジャーニー 

【ALOHA STAR MUSIC DIARY No.3】 Escape - ジャーニー




1982年8月

伊浦ナオトは不思議なヤツだ。
この当時、オールナイトニッポンをまともに聴いてたヤツは
このクラスではカレだけだ。

ボクもタモリとビートたけしがパーソナリティを勤める水曜と木曜は、
ごくたまに聴くことはあっても、せいぜい月に一度くらい。

しかしナオトは、大の中島みゆきファンだから
月曜日の彼女の放送だけは毎週エンディングまで聴いてるらしい。

中島みゆきの曲なんて、ヒットチャートに入った数曲と、去年の金八先生で、
加藤優が逮捕されたときに挿入された「世情」くらいしかボクは知らない。


「ありゃぁ最高だったなぁ」
ナオトは独特の低い声で呟く。
「まぁ泣けたがな。」
あのシーンが、ものすごく心に焼き付いているのは確かだ。
特に護送車を追いかけてくる加藤の母親にボクはヤラれた。


ナオトはまた、中島みゆき以上にビートルズの大ファンでもある。
親戚に貰ったというギブソンのエピフォン・カジノを弾きたくて、
学校からボクの家までの、ちょうど中間くらいに位置するナオトの家に
ボクはこうして学校帰りにたまに立ち寄っている。

そう。エレキギターを持ってるのもクラスではカレくらいなものだろう。


ボクは買ったばかりのレインボーの
『闇からの一撃(Straight Between the Eyes)』
を今日はウォークマンに入れてきている。
カレの部屋のカセットデッキにそれを差し込みちょっとだけボリュームを上げる。

カレの8畳ばかりの部屋の中で、ギターエフェクトが創り出す強烈な排気音が炸裂し、
やがてビートに乗ったリッチーのギターが始まるや否や、
ナオトはさも簡単そうに曲に合わせてリフを弾いてみせた。

この曲は何といってもイントロのリズムがものすごくカッコいい。
8ビートの刻みもイカしてる。

でも、カレはスゴイ!!

ボクは早速カレにギターを教わる。
どうしても、このリフを自分で弾いてみたかったのだ。

レインボーを何度か聴いた後、ボクは彼のレコード棚で
ジャーニーのアルバム『Escape』を見つけた。
もちろんボクもこのアルバムはすでに何百回と聴いている。

でも、「Escape」と「Dead Or Alive」のイントロのリフも
どうせなら教えて欲しかったのだ。

さすがにカレはまだこのアルバムに関しては練習してなかったようだ。
「来週までにどうにか覚えておくからよ」とカレは言った。

やがて「Don't Stop Believin'」のイントロが始まる。
ボクらは二ール・ショーンの早弾きリードが鳴り響くのを二人で待ち構えていた。



Escape - ジャーニー 



Side One
 1 Don't Stop Believin' ドント・ストップ・ビリーヴィン  
 2 Stone in Love ストーン・イン・ラヴ  
 3 Who's Crying Now クライング・ナウ  
 4 Keep on Runnin' キープ・オン・ランニン  
 5 Still They Ride 時の流れに  
Side Two
 6 Escape エスケイプ  
 7 Lay It Down レイ・イット・ダウン  
 8 Dead Or Alive デッド・オア・アライヴ  
 9 Mother, Father マザー、ファーザー  
10 Open Arms オープン・アームズ  


リリース 1981年8月|レーベル Columbia

『Escape』は全世界で1000万枚以上の大ヒットセールスを記録した1981年リリースのジャーニー通算7作目のスタジオアルバムです☆キャッチー&ハードなロックナンバーをつなぐ付箋的な役割として、アルバム両面のラストに美しいバラードソングが効果的に配置された、まさにロックの名盤と呼べるアルバムでしょう☆特にアルバムのフィナーレを飾ったナンバー「Open Arms」は、発売から30年以上経った今でさえ各種メディアのタイアップソングに使用され、彼らの新たな時代におけるファン層を獲得しています。

[ 2012/07/14 01:13 ] コラム | TB(0) | CM(2)

You Spin Me Right Round - Dead Or Alive 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


You Spin Me Right Round


まぁデッド・オア・アライヴといったら、
やっぱこっちも外せませんからね。


「You Spin Me Right Round」もどうぞ♪



通常のユーロ系サウンドとは何か音が違うんだよなぁ。。。
まぁ、リズムの作り込み方が違うのだろうけど。





You Spin Me Round (Like A Record) [Re-Recorded] - You Spin Me Right Round (Like A Record) - EP
You Spin Me Right Round - デッド・オア・アライブ
2ndアルバム『Youthquake』 1985年
アルバムお薦め度「一度聴いてみたら?」



My Heart Goes Bang - Dead Or Alive 【80年代ダンス】

【80年代洋楽ダンスの名曲】


My Heart Goes Bang


ピート・バーンズの狂気なまでのナルシシズムが
そのままバンド形態化したようなデッド・オア・アライヴ。


当時のディスコフロアを多いに盛り上げた
アッパーチューン「My Heart Goes Bang」をどうぞ♪

たぶん「You Spin Me Right Round」よりも
こっちのほうが好まれていた気がするのだが…





My Heart Goes Bang (Get Me to the Doctor) - Youthquake
My Heart Goes Bang - デッド・オア・アライヴ
2ndアルバム『Youthquake』 1985年
アルバムお薦め度「一度聴いてみたら?」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。