QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Chicago

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Hard To Say I'm Sorry - Chicago 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Hard To Say I'm Sorry




1983年9月13日(火)

ボクたちは結局、円覚寺には戻らずに、坊主あたまたち5人の不良学生と決闘を繰り広げた駐車場を出ると、そのまま横須賀線の線路を右手に見ながら鎌倉駅のほうへと向かう。このまま行けば、やがてその細いわき道は、交通量の多い「鎌倉街道(県道21号線)」と丁字(ていじ)状にぶつかるはずだ。

子供の頃、七五三で鶴岡八幡宮へ行った帰りなど、何度かこの道を車で通った覚えはあるが、海沿いの国道134号線から鶴岡八幡宮の参堂に沿って北上し、北鎌倉駅前で横須賀線と並走するように大船駅方面へと通じる鎌倉エリア随一の主要道路ということもあって、当時からこの鎌倉街道は週末などには大渋滞することで有名な道だった。

左右に歩道を配した、さして広くもない二車線道路に突き当たると、ボクたちは鶴岡八幡宮の裏手のほうまでなだらかに続いてゆく、そんな鎌倉街道の坂道をのぼりはじめた。いまはまだ平日の午前中ということもあり、この坂道にそれほど多くの観光客の姿は見受けられない。

林ショウカと李メイは、ボクの少し前を並んで歩き、ボクの数歩うしろを田代ミツオがついてきていた。山向こうの海から鎌倉街道を這うようにして穏やかな南風が絶えず吹き流れてくる。

さっきの駐車場を出てからしばらく経つが、4人のあいだで会話らしい会話などは、その後、ほとんど交わされていない。ただ、ときどきショウカがうしろを振り返っては、ボクのほうへ何度か微笑みかけたりしている。そのたびに、メイもボクのことを涼やかな眼差しで見つめた。ボクは、ショウカの長い黒髪と、メイの肩先で揺れる少し茶色いうしろ髪がふんわり風にそよぐさまをぼんやりと見つめながらウォークマンを聴いていた。湿度が低いせいもあり、木陰に入るとそんな柔らかな南風さえも、なんとなくひんやり感じられる。

基本的には左右ともに一般住宅が建ち並ぶこの通り沿いにも、小さな店舗が「ポツポツ」と点在してはいたけれど、北鎌倉の駅のほうから鎌倉方面へ向かう観光客で連日賑わう目抜き通りのわりに、飲食店や土産物を売ってるようなお店の数があまりにも少ないように思える。

そういえば、さっきは、不良連中に走って逃げられてしまったので、結局、田代が取られたお金を取り返すことができなかった。ボクがサシでやり合った坊主あたまの野郎には、負けこそしなかったものの、最初に蹴られたわき腹がまだなんとなく痛むし、それ以上に田代の大きな顔面を殴ったときの右手首が「ジンジン」と疼(うず)いている。なんだかものすごく無駄なことをしたような気分だった。ショウカはときどきうしろを振り返り、ボクに微笑みかけていた。そのたびに、メイもボクのことを涼やかな眼差しで見つめた。

ヘッドフォンからは、去年、アメリカのロックバンドのシカゴがリリースし、大ヒットした「素直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」が流れている。――心の奥底をくすぐられるような、この淡くノスタルジックなピアノの旋律を、中2の夏休みに入る少し前まで、ボクは学校から帰ると、よく応接間で弾いていた。そして、この曲をなんとなく弾きこなせるようになった頃、ボクは川澄マレンと付き合いはじめたんだ。

いつだったかな。――学校帰りにマレンがボクの家へ遊びにくるようになった、とある土曜日の午後。両親が留守のあいだに、ボクはこの「素直になれなくて」を彼女の前で一度だけ弾いたことがあるんだ。そのときマレンは大きな瞳を輝かせ、大喜びでその演奏を褒めてくれてたな。たかだか一年ちょっと前の出来事なのに、なぜだろう、――なんだかあの日の情景が、青い靄(もや)が揺らめくような時間の流れの、ずっとずっと遠くのほうで、映し出されているように思えてしまう。

マレンと過ごした日々の記憶は、日常のほんの些細な光景さえも、ほとんどすべてが薄いフィルム状に記録され、一枚一枚積み重りながらボクの心のどこかにしまわれている。

きっといままで生きてきた14年間の人生で、心に焼き付けられたありとあらゆる彼女以外の想い出なんかより、マレンの面影が映し出されるたった一年分の記録映像のほうがはるかに膨大で、ときどき心のなかで勝手に再生されはじめてしまうそれらの映像は、いつだって、なんだかやけに青みがかって見えるんだ。

その青さは、そのときボクが彼女に抱いた感情をあらわしている色なのだろうか? 
青、――はたしてボクはあの頃、心でなにを思いながら彼女と過ごしていたのだろう?

(そういえば、すっかり蝉の声がしなくなったな)
ほんの数週間まで街の空気を振動させ続けていた「夏の風物詩」が、潔く鳴りやんだ深緑の影をボクは見上げた。――



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】




【2012.03.21 記事原文】

さて。ピーター・セテラといえば、やっぱしシカゴの歴史的バラード
「Hard To Say I'm Sorry(素直になれなくて)」ですよね♪

ボクが中学生の頃の風景が鮮やかに蘇る名曲。


でも…シカゴは、さほど売れていなかった頃のほうが好きだな。






Hard to Say I'm Sorry / Get Away - Chicago XXVIHard To Say I'm Sorry(素直になれなくて) - シカゴ
アルバム『Chicago 16』 1982年



The Night Chicago Died - Paper Lace 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


The Night Chicago Died





I selected "The Night Chicago Died"
from 3rd album "Paper Lace"
of Paper Lace released in 1974.



1974年の洋楽ヒットチャートから


UK出身のポップ・グループであるペーパー・レース☆

そんな彼らがアメリカでのセールスを狙って放ったナンバーが
1974年リリースの3rdアルバム『Paper Lace』収録の
「The Night Chicago Died」でした。

シンプルなビートにチープなシンセ音が被さるイントロから
ラップ風なヴォーカルが乗っかてきて歌謡ソウルっぽいメロディに変化し
やがてポップなサビへと移行する!みたいな・・・

まぁソウルのテイストをベースとしつつどこかコミカルで
何とも形容し難い 実にクロスオーバーなナンバーは
まさに狙い通りビルボードチャートでNo.1を獲得いたします☆

でもまぁこの1発で彼らは終焉を迎えます。。。



The Night Chicago Died - ペーパー・レース
3rdアルバム『Paper Lace』 1974年

What Kind Of Man Would I Be? - Chicago 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


What Kind Of Man Would I Be?





I selected "What Kind Of Man Would I Be?"
from 19th album "Chicago19"
of Chicago released in 1988.



1981年の洋楽ヒットチャートから


1985年にバンドのフロントマンだったヴォーカルのピーター・セテラ氏脱退後、
どうなるものかと思いきや、意外にしぶとく?健闘していたシカゴの面々。

アルバムセールスチャートでのランキングはガクっと落ち込んだものの、
ピーター氏脱退後にリリースされた2枚のアルバムは
どうにかプラチナセールスはキープし、シングルのほうは
ビルボードチャートNo.1を含め、ベスト3ヒットも数曲リリース・・・
とまずますのご活躍☆

そんな彼らが1988年にリリースの19thアルバム
『Chicago19』からのシングルカットで全米5位を獲得したバラード☆
「What Kind Of Man Would I Be?」をチョイス♪

ライティング・クレジットにボビー・コールドウェル氏の名前がありますな!!
往年のセンチ&メロウなシカゴの王道風メロディでごわす☆




What Kind of Man Would I Be? - Chicago 19What Kind Of Man Would I Be? - シカゴ
19thアルバム『Chicago19』 1988年

Chicago - The Bliss Band  【70年代AOR】

【70年代AOR洋楽の名曲】


Chicago


UKのAOR系バンドのブリス・バンドが1979年にリリースした
2ndアルバム『Neon Smiles』 から、
名曲とされるミディアムスローなナンバー「Chicago」をチョイス♪

何となく、後のフォリナーの『4』あたりに繋がるような雰囲気漂う
アーバン&クールなサウンドが印象的ですわね☆


Chicago - ブリス・バンド
2ndアルバム『Neon Smiles』 1979年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」



天気読み - 小沢健二 【ポップス】

【ポップスの名曲】


天気読み


オザケンのデビューシングルとなった「天気読み」
歌詞を見るとなかなかに難解な純文学的な内容☆

このサウンドってメチャ洋楽って感じではないんだけど
やっぱジャパニーズポップという枠では括りきれないのです。

ホーンを前目に出してるあたりは70年代Chicagoの影響も感じられますが・・・
何気にヘヴィに唸るベースが大変宜しい☆
「ブラック・アイド・ソウル」と言えるかもですね(笑


個人的に好きなアルバムの一枚です☆



天気読み - 小沢健二 
1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』 1993年
(※『dogs』にタイトル変更された模様)



Make Me Smile - Chicago 【70年代ファンク】

【70年代洋楽ファンクの名曲】


Make Me Smile


シカゴ1970年リリースの2ndアルバム『Chicago (Ⅱ)』 から、
今でも、たま~に何かのタイアップで聴く機会もあるソウルフルな時代だった
シカゴのヒットナンバー「Make Me Smile」をチョイスっす♪


イントロが、かな~りガッチャマン。。。
しかし・・・リズムもですケド、異様にホーンセクションがぶっ飛んでますねぇ!
なぜ、このサウンドが後年あんなにも変化するのか???





Make Me Smile (Single Version) - Chicago II (Remastered)

Make Me Smile - シカゴ
2ndアルバム『Chicago』 1970年
アルバムお勧め度「一度聴いてみては?」



25 or 6 to 4 - Chicago 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


25 or 6 to 4


ここ数日、ブログの検索データベースのカスタムに没頭していて、
更新する時間がありませんでしたもんでして・・・


さて。では久々に名曲紹介をしていきます!!


まずは、シカゴ1970年リリースの2ndアルバム『Chicago (Ⅱ)』 から、
唸るベースラインが強烈な初期シカゴのソウルフルなヒットナンバー
「25 or 6 to 4 (長い夜)」をチョイス♪


ん?そういえばボクのフレンドが、以前「ベースラインのかっこいい洋楽」(だったか?)
の特集でベスト10にランクインしてたっていってたなぁ。。。まぁ確かに・・・



25 or 6 to 4 (Single Version) - Chicago II (Remastered)

25 or 6 to 4 (長い夜) - シカゴ
2ndアルバム『Chicago』 1970年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



If You Leave Me Now - Chicago 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


If You Leave Me Now


シカゴ初の全米Mo.1ヒットとなったバラードの名曲「If You Leave Me Now」をチョイス♪
まぁ、シカゴのアルバムも全部は聴いてないケド、初期一桁台には、
あまり万人にお勧めできる作品は御座いません。


唯一聴いてみても良いのは、この曲が収録されてる、
開き直った感じのポップ感が非常に心地よいアルバム『X』のみでございます!





If You Leave Me Now - Chicago X (Remastered)If You Leave Me Now - シカゴ
10thアルバム『X』 1976年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。