QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Cher

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit/3rd】 いとしのシェリー - ムービング・ピクチャーズ 【80年代ポップス】

【Re-Edit/3rd】【80年代洋楽ポップスの名曲】


Sweet Cherie





I selected "What About Me"
from 1st album "Days of Innocence"
of Moving Pictures released in 1982.




Epi-23 

1983年8月7日(土) 中学3年の夏休み
 夕方の午後5時過ぎ、

 不思議と人の気配が薄れてしまった夕暮れどき。あらゆる物音は、かげろうのように揺らめきながら、そこらじゅう存在してはいるけれど、 降り注ぐ太陽熱に溶かされて住宅街の風景とすっかり融和しているみたいだ。 ――
 
 日暮れのビーチに残されたサンオイルのねっとり人工的でどこか不自然な甘み、草木の吐き出す真新しい息吹きや生き物たちが蠢(うごめ)く微かな余香。――それらが複雑に交じり合いつつ調合されて、一斉に大気へ放出されてるせいなのだろうか? この季節の風にだけは、唯一「夏色」とでも呼ぶべき青く滲んだ光の色味を感じ取ることができるような、――そんな気がする。

 小学校のときクラスメイトだった佐藤マキコとは、中学3年になってからふたたび同じ教室のなかで出会う。川澄マレンも顔立ちがすごくはっきりしてたけれど、佐藤マキコは小学生の頃から外国人のように透き通る色白の肌と大きな二重まぶたがものすごく印象的な女の子だった。

 それに「フワッ」と天然カールした金に近い茶色い髪を授業中、うしろに束ねている様は、まるでどこか英国あたりのテニス好きな令嬢のようでもある。
 
 去年の夏休み、中学に入ってからは一度も同じクラスになったことのない、……いや、ほとんどまともに会話すらしていなかったマキコから突然電話がかかってきて、

「どこかへ遊びに行こう」

 と誘われたことがある。――ボクが覚えている限り、それがマキコからもらったはじめての電話だったろうと思う。そのときはまだ川澄マレンとつき合ってたんで、結局どこにも行ってはいないが、そんな誘いの電話からちょうど一年が過ぎようとしていた今日の夕方、昼寝をしてると、ふたたび彼女から電話がかかってきた。

「盆踊りを見に行かない?」

 マキコはそう切り出すと、一年前に受話器の向こうでささやいた台詞を少し変化させながら最後に笑ってこういった。


「マレンと別れたんなら、もう遊びに行っても怒られないでしょ?」って。――

(そういえばクラスは違ったけど、マキコもマレンのことは小学校の頃から知ってるんだよな)

 寝ぼけながらボクは、つい、

「べつに行ってもいいんだけどね、……」

 って、答えてしまったもののあまり気乗りはしていなかった。

(っていうか、はたしてマレンとは、完全にもう別れてしまったのだろうか? ……)

 佐藤マキコのことが嫌いなわけではないけれど、ボクの心のなかはまだマレンの面影の欠片(かけら)ばかりで満ち溢れてしまってたんだ。しかも激烈な後悔の余情を伴いながら、……
 
 きっといまならば「はじめて誰かを失ってしまった」喪失感をボクに残して去っていったマレンに伝えられる言葉なんていくらでもあるんだろうな、とは思う。――――



 1983年9月2日(金) 中学3年の二学期
 5時間目の授業が終わる頃、

 オーストラリアのバンド、ムービング・ピクチャーズが去年リリースしたデビューアルバム『デイズ・オブ・イノセンス(Days Of Innocence)』の7曲目に収録された「いとしのシェリー(Sweet Cherie)」のエンディングフレーズがフェードアウトしていった。――

 ウォークマンの停止ボタンを押すとヘッドフォンを外し、ボクは南側の窓から晴れ渡る空を見つめた。
(しかし、昨日降った大雨はすごかったな。あの雨で、一瞬のうちに街の汚れがすべて洗い流されてしまったような気がする)

 このアルバム自体、まともに最後まで聴いたことなんてないけれど、中2のとき、ラジオから流れてきた「いとしのシェリー」を、はじめて聴いたマレンが、

「この曲ってさぁ、なんだか、すごくせつなくなる曲だねぇ」

 と、やけに気に入ってたんで、なんとなくLPを買ってみたんだ。たまたま今朝、カセットを選んでるとき、ふと、そんなマレンの言葉があたまをよぎった。そして、最近ほとんど聴くこともなくなってたこのアルバムのカセットを、ケースの奥のほうから探し出し、ウォークマンに挿し込んだんだ。――





【2013.05.10 記事原文】

オージー系ロックバンドであるムービング・ピクチャーズが
1982年にリリースしたUS1stアルバム『Days of Innocence』 ☆

ボクがこのアルバムを買った最大の理由は・・・
単にこの曲が聴きたかったからですねぇ☆

「Sweet Cherie」

まぁ今聴けば何てことない気もしますけど・・・
やはり当時の思い出のシーンと併せて記憶された曲って
どうしたって心に深く刻まれててしまうもんですわ♪


このアルバムジャケットって
当時 " ベストヒットUSA " で良く見た気がするんですけどね。

この曲自体は ビルボードチャートにランクインしてなかったんですね・・・

まぁ 確かにベストヒットって
「ラジオ&レコーズ」のチャートがベースだったんですけど

はて? 

この曲ってソッチのチャートではランクインしてたんだろうか???


まぁ どうでも良いです。。。


いずれにしたって 「Sweet Cherie」のイントロが流れると
この曲のメロディの中に染み込まれた中2のときのセピアカラーな思い出が
心の中に蘇り 何だか鼻の奥をくすぐられるような 
そんな郷愁の想いに駆られてしまいます・・・




【2012.03.21 記事原文】

軽~い演奏なのに ちょいギャップのあるシャウトめなヴォーカル。
何となく印象に残ってたのでムービング・ピクチャーズの
「Sweet Cherie」をご紹介しておきます。

どことなくチェッカーズのナンバーっぽくも聴こえるケドねぇ。




Sweet Cherie - ムービング・ピクチャーズ
1stアルバム『Days of Innocence』 1982年

Pretty Vacant - Sex Pistols 【70年代パンク】

【70年代洋楽パンクの名曲】


Pretty Vacant





I selected "Pretty Vacant"
from 1st album
"Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols"
of Sex Pistols released in 1977.




セックス・ピストルズが
1977年にリリースした唯一のオリジナルアルバム
『勝手にしやがれ!!(Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols)』☆

まぁ・・・年に1回くらいは聴きたくなりますね♪
全曲ではないにせよ・・・ですけどね☆


さて。
このアルバムですけど。

収録曲で一番好きな歌は何か?

といわれると非常に悩みます・・・


正直 ほとんどサウンド自体には違いがないっつう気がしますんでね☆


そんな中で あめぶろの小説ブログ執筆中に登場してきたのが・・・
「Pretty Vacant」なのでござんす☆

確かに・・・中学時代カヴァーしたような?
記憶がありますなぁ☆

つうか この曲しかカヴァーした覚えがないですね。


しかしながら・・・
じゃぁ この曲がアルバム中 一番好きか?
というのはなんともいえませんけどね・・・

でも。この「Pretty Vacant」のPVはカッコええっす☆

まさに ボクが中学時代に彼らに最も憧れてたときの
パンキッシュな雰囲気がすごく出てて宜しい☆

グラサン姿のジョニー・ロットンも
やる気のないシド・ヴィシャスも超Coolっす☆


サウンド的にはザ・ランナウェイズの「Cherry Bomb」を
ソフトにしたような感じっすかね☆




Pretty Vacant - セックス・ピストルズ
1stアルバム『Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols』 1977年



Just Like Jesse James - Cher 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


Just Like Jesse James





I selected "Just Like Jesse James"
from 20th album "Heart of Stone"
of Cher released in 1989.



1990年の洋楽ヒットチャートから


オールマン・ブラザーズ・バンドの弟
グレッグ・オールマン氏の元奥様であるシェールさん☆

彼女の印象っていうと どうしても70年代の
" インディアン・ルック "しか思い出せないんですけどね。。。

実際は彼女の音楽キャリアって フォーク系シンガーとして
60年代半ばからスタートしてるらしいですな。。。
まぁ年齢的にも クラプトンと同期くらいでしょうかね?


さて!最近のシェールさんは?というと・・・
2010年にクリスティーナ・アギレラさん主演で
公開された映画『バーレスク』で女性支配人を演じておりましたね☆

この映画の中でも彼女は歌っておりますが
未だに音楽作品をリリースし続けている現役シンガーなんですね♪

では!
彼女が1989年にリリースした節目となる20thアルバム『Heart of Stone』から☆
ビルボードのシングルチャートで最高8位となった
天才女性SSWのダイアン・ウォーレン女史ライティングの
ロッカバラード調のナンバー「Just Like Jesse James」をチョイス♪


しかし・・・素晴らしい声量&歌唱力ですね☆
彼女ってこんなに歌が上手かったかなぁ???




Just Like Jesse James - Heart of StoneJust Like Jesse James - シェール 
20thアルバム『Heart of Stone』 1989年


Play That Funky Music - Wild Cherry 【70年代ファンク】

【70年代洋楽ファンクの名曲】


Play That Funky Music






I selected "Play That Funky Music"
from 1st album "Wild Cherry"
of Wild Cherry released in 1976.



1976年の洋楽ヒットチャートから


70年代半ばから 音楽シーンを席巻しはじめるディスコ・ムーヴメントにおいては
従来のファンクよりも ピッチを早めたライトテイストなディスコ・ミュージックが
主流となってくるのですけど。。。


白人系ファンクバンドであるワイルド・チェリーが 1976年にリリースし
ビルボードのシングルチャートでNo.1を獲得したのが
70年代を代表するファンクナンバー「Play That Funky Music」でした☆

唸るベースライン 絡むリズムギター 呼応するホーンセクション・・・

まさに この曲は70's中期のネオ・ファンクスタイルではなくって
完全にスライ&ザ・ファミリー・ストーンを踏襲したような
オールドテイストかつアーシーなドロっとしたファンクナンバーっす☆
・・・ただしヴォーカルはすんごくソウルなんですけどね☆


まぁこの曲を聴いて白人系バンドだと思う人はいないだろう!
つうくらい サウンドが濃厚っすねぇ☆


ちなみに1976年の年間チャートでこの曲は第5位を記録しました。




Play That Funky Music - Wild CherryPlay That Funky Music - ワイルド・チェリー
1stアルバム『Wild Cherry』 1976年


Lady Marmalade - Labelle 【70年代ファンク】

【70年代洋楽ファンクの名曲】


Lady Marmalade





I selected "Lady Marmalade"
from 4th album "Nightbirds"
of Labelle released in 1974.



1975年の洋楽ヒットチャートから


パティ・ラベルさんの名前は存じておりますけども・・・
彼女の代表曲ってマイケル・マクドナルド氏とデュエットした
1986年の全米No.1ヒット「On My Own」くらいしか浮かんできません。


そんな彼女はデビュー当時は「ラベル」という
女性コーラスグループのリードシンガーだったようです。

そのラベル時代の1974年にリリースした「Lady Marmalade」が
彼女にとって初のビルボード シングルチャートNo.1ソングとなりました。

というか上記の2曲しか全米チャートでトップ10入りはしておりません。。。


では!
何となくサンタナの「Black Magic Woman」をファンクテイストな
アレンジに仕上げたようなナンバー「Lady Marmalade」をチョイスっす♪
歌詞は限りなく卑猥な内容みたいですけどね・・・


ちなみに。。。
この曲は2001年公開の映画『ムーラン・ルージュ』の主題歌として
ミッシー・エリオット女史のプロデュースでクリスティーナ・アギレラさんをはじめ
リル・キム、ピンク、そしてマイアの4人のコラボによって
超ディープ ファンクなアレンジにカヴァーされとります。

こちらのバージョンでも全米シングルチャートNo.1をGetです☆


当然コッチのカヴァーVer.のPVのほうが圧倒的にゴージャスで良いわいな!
まさに " Voulez-vous coucher avec moi (ce soir)? " な気分になりまさぁね☆









Lady Marmalade - Lady Marmalade: The Best of Patti & LabelleLady Marmalade - ラベル
4thアルバム『Nightbirds』 1974年

Half Breed - Cher 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Half Breed





I selected "Half Breed"
from 10th album "Half Breed"
of Cher released in 1973.



1973年の洋楽ヒットチャートから


グレッグ・オールマン氏の奥方(だった)ハーフ・インディアンのシェールさん。
まぁインディアンカラーを売りにしたナンバーで大ヒットしたのって
彼女だけだろうなぁ~と思われます☆

そんな彼女が1973年にリリースした10thアルバム『Half-Breed』から
まさにSexyインディアン!な衣装で登場しビルボードチャートNo.1を獲得した
ヘヴィなリズムにキレの良いストリングスがナイスなナンバー「Half Breed」をチョイス☆
メロのラインもカッコいいですね♪(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)♥ 
※でも・・・やっぱ衣装がすんごく気になります。。。(´^ิ∀^ิ`*)

彼女は2000年以降も精力的な音楽活動を続けておるようですね!




Half Breed - The Way of Love - The Cher CollectionHalf Breed - シェール 
10thアルバム『Half Breed』 1973年

Cherry Bomb - The Runaways 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Cherry Bomb





I selected "Cherry Bomb"
from 1st album "The Runaways"
of The Runaways released in 1976.




さて。
せっかくなんでザ・ランナウェイズのナンバーもご紹介☆

Wikiで初めて知りましたが、彼女たちって1976年のデビューだったんですね!!
しかも当時の平均年齢が16歳だったとか・・・
※ホントか???


確かにメインヴォーカルのシェリー・カーリーさんは当時17歳で
ジョーン・ジェットさんが18歳くらいですねぇ・・・☆
うぅぅ?未成年があんな過激なランジェリースタイルで登場しちゃってええんか???


ちなみに。ボクがこのバンドの事を知ったのは 80年代以降、
ジョーン・ジェット女史がソロでブレイクしてからです。
ですんで彼女の元バンドというくらいの知識しかありませんが。。。

とまぁ今の日本の売れ筋アイドル以下の年齢でリリースしたのが
ザ・ランナウェイズの代表曲でもある「Cherry Bomb」☆
このヘヴィでクールなR&Rサウンドは、
ちょっと10代ギャルのライティング作品とは思えませんな。。。


ボク的には。。。
この曲はジョーン・ジェットさんのセルフカヴァーVer.のほうがカッコいいかも




Cherry Bomb - The RunawaysCherry Bomb - ザ・ランナウェイズ 
1stアルバム『The Runaways』 1976年

The Way of Love - Cher 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


The Way of Love


1972年の洋楽ヒットチャートから

オールマン・ブラザーズ・バンドの弟、
グレッグ・オールマン氏の元奥様であるシェールさん☆

母方がインディアンの家系ということで、
ご自身もアパッチなルックスを売りにして一世を風靡しました!
確かに言いようのない独特の魅力がある女性だと思います☆

そんな彼女が1971年にリリースした7thアルバム『Gypsys, Tramps & Thieves』
から、壮大なミュージカルのエンディングにでも相応しいドラマティックなバラード
「The Way of Love」をチョイス♪悲しみと希望が交差するようなメロディがナイス♪
思わず聴き終わったとたんスタンディングオベーションしたくなりますね(笑

妙に高音質なデータがYに残ってたんでリンク☆





The Way of Love - The Way of Love - The Cher CollectionThe Way of Love - シェール 
7thアルバム『Gypsys, Tramps & Thieves』 1971年


My Cherie Amour - Stevie Wonder 【60年代ポップス】

【60年代洋楽ポップスの名曲】


My Cherie Amour


本日は、爽やかな日差しの土曜日です☆
では、週末恒例のお勧め湘南ドライブサウンドを少々・・・


まずは1969年にリリースされた
スティーヴィー・ワンダーの11thアルバム『My Cherie Amour』から
全米チャートで大ヒットしたアルバムタイトルナンバー
「My Cherie Amour」をチョイス♪

ミディアムスローのアダルトコンテンポラリーな一曲っす♪





My Cherie Amour - My Cherie AmourMy Cherie Amour - スティーヴィー・ワンダー
11thアルバム『My Cherie Amour』 1969年



Kiss Me - Sixpence None the Richer 【90年代ポップス】

【90年代洋楽ポップスの名曲】


Kiss Me





ボーイッシュで可愛いボーカルのリー・ナッシュさんが妙に気になった
長ったらしい名前のバンド「シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー」☆

彼らの代表曲であるキャッチーポップなはっぴーソング「Kiss Me」をチョイス☆
そうです!「恋」というのはこういうモノなんです☆
まぁ・・・「キス」をせがみ過ぎな気もあるケドねぇ・・・





Kiss Me - Sixpence None the RicherKiss Me - シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー
3rdアルバム『Sixpence None the Richer』 1997年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。