QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Carole Bayer Sager

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

It's The Falling in Love - Carole Bayer Sager 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


It's The Falling in Love


ええっ?
このアルバムって廃盤だったの?
と驚いたのがキャロル・ベイヤー・セイガー1978年リリースの
2ndアルバム『...Too 』である。

はっきり言ってアコースティックアレンジで勝負した
デビュー盤『Carole Bayer Sager 』に比べれば、
はるかにポップな広がりに満ち満ちた作品なのになぁ・・・


まぁ、こんなときに役立つのがYですね(笑
廃盤、未CD化の作品までも規制するのであれば、
それらの作品が永遠に闇に埋もれてしまうというとこを
果たしてレコード会社は考えてるのだろうか???

もし彼らがPRしないとすれば「隠れ名曲」は永遠に日の目を見ないのである。


では、まずはアルバムの・・・オープニングを外して2曲目いきます♪
なんか知らんが幸せ感満載なポップナンバー「It's The Falling in Love」です♪

別にこの曲が一番良い訳じゃないですよ。
このクラスの作品が揃ってるのに、CD化されないつうのが不思議・・・
たぶん、今のところYでしか聴くことが出来ません☆


It's The Falling in Love - キャロル・ベイヤー・セイガー
2ndアルバム『...Too 』 1978年

Home To Myself - Carole Bayer Sager 【70年代バラード】

【70年代洋楽の名曲】


Home To Myself


女性シンガーソングライターのキャロル・ベイヤー・セイガーが
1977年にリリースした1stアルバム『Carole Bayer Sager』 から
優しいバラードナンバー「Home To Myself」をチョイス♪

このデビューアルバムは、佳作が揃ってますね☆
しかし・・・もうちょいヴォーカルエフェクト掛けられなかったのだろうか???
とは素直に思いますが・・・



Home To Myself - キャロル・ベイヤー・セイガー
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 1977年



I’d Rather Leave While I’m In Love - Carole Bayer Sager 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


I’d Rather Leave While I’m In Love


キャロル・ベイヤー・セイガーが1977年にリリースした
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 から、
アコースティックなスイート系のバラードナンバー
「I’d Rather Leave While I’m In Love」っす♪


う~ん。。。
やっぱ別のヴォーカルで聴きたいっつうのがホンネですなぁ・・・



I’d Rather Leave While I’m In Love - キャロル・ベイヤー・セイガー
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 1977年



Until The Next Time - Carole Bayer Sager 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Until The Next Time


キャロル・ベイヤー・セイガーのデビューアルバム『Carole Bayer Sager』 から、
ソウルフルな合いの手がカッコいいスイート系ポップナンバー
「Until The Next Time」をチョイス♪♪


な~んかホノボノしてて好きな曲です☆
でも・・・Y音源は、最後に盛り上がってきたところで切れてます・・・


Until The Next Time - キャロル・ベイヤー・セイガー
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 1977年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Come In From The Rain - Carole Bayer Sager 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Come In From The Rain


もうひとり女性アーティストを紹介しましょう♪

70年代後半から優れたソング・ライティング能力を発揮し、
様々な音楽賞を受賞した天才肌のキャロル・ベイヤー・セイガー。

彼女は基本的にバラードを得意とするライターだが、
巷がいうところのAOR系シンガーかというと、ちょっと違うような気もする。


まぁ個人の尺度によりますが・・・
彼女の声はぶっちゃけヴォーカルとしてのクオリティは低いっす。
※それを「味」だという見方をしたとしても・・・ちょいと・・・ねぇ・・・
作品のクオリティが高いので、違うヴォーカルが歌ってたら、
もっと評価も高かったとも感じる。(十分高いですケドね。。)


そんな彼女の1st&2ndアルバムは、まさに名盤と呼ぶべき仕上がり!
ですので名曲をチョイスしようにも、ほとんど捨てるべき要素がありません・・・


まぁそんな訳で1曲目から順にご紹介(笑)
まずは、ピアノの調べにのせて優しく歌い上げる「Come In From The Rain」です♪


Come In From The Rain - キャロル・ベイヤー・セイガー
1stアルバム『Carole Bayer Sager』 1977年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。